old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
TPTP祭 ありがとうございました。

JUGEMテーマ:車/バイク






 

 

TPTP祭 始まるよ!!

JUGEMテーマ:車/バイク
 

 

さて、いまさらリード90のポート加工ですが、

 

 

おっと その前に大切なお知らせがあります。


 

 

 

 

明後日の6日はTPTP祭ですのでカスタムバイクに興味のある女子は是非ご参加ください。

おっさんは… むさくるしいからいいんじゃないかな。(笑)
 

 

TPTP祭というのは ズーマー等のカスタムで有名な東京パーツ(TP)さんと多摩ピット(TP)さんのコラボ企画だから

並べてTP・TPという安直なネーミングから始まった夏のお祭りなんです。

 

場所は茨城県の大洗サーキット! もちのロンで前夜祭OKです!!←ほぼ、メイン企画

 

詳細はhttps://blogs.yahoo.co.jp/sapa777/15690105.htmlでよろしくです!!

 

 

 

 

んで、わたくしは今回 DIO で参加致します。

以前に作ったスーディオ12インチ仕様です。

せっかく作ったのに まったく活躍する事が無かったので…

 

しかし、前回にKNカップに持って行ったときにTP仕様のスクーターと比べると車高が高い高い(@@)

なので、ローダウンに取り掛かりました。

ですが、あくまでも公道が走れるようにノーサスにはしません。

 

バネが遊ばない程度だと、20mm位しか落とせません。。。

 

とりあえず、これで一度組んでみてみようと。

 

 

うーん…

変わったような?変わらないような??

こりゃだめだ。

 

 

ってことで

タップを切ってショートロッドにします。

 

 

測ってないので何センチショートになったのかは分かりませんが

短くなったことに間違いはありません。(^^)

 

 

さて、フロントのローダウンですが

こっちは割と簡単に済ませたいと思います。

以前にフォークの突き出しが出来るようにウエストボルト加工してあったので

こんな感じでローダウン。

 

 

 

フロントカウルに当たるので、走りながら加工いたしました(笑)

 

 

 

 

どうだろうか?

一応サスも効くし街乗りOKの限界じゃなかろうか?

ミリ単位で逃がしているけど、これ以上下げるとなるとノーサスもしく超強化サスが必要になるでしょうね。

 

 

前回のKNカップでおかっちさんたちがキャブのOHをしてくれたので、EGはキック一発で掛かります。

ガソリン腐ってるけど走るから、今回はこれでいきたいと思います。

前夜祭 たのしみですね(^^)

 

 

あ。

ポート加工の話は また次回という事で… m(__)m

 

 

 

 

 

 

宮ケ瀬ツーリング

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

17日 海の日に毎年恒例の宮ケ瀬ツーリングに参加してまいりました。

既に興味は失われていると思われるポート加工の話は次回致しますね(^^;;

 

参加前日ですが、

一応メンテナンスをしました。

 

 

メンテナンスの前に腹ごしらえです。  

 

 

 

オイルサーディンの油でいろんなものを素揚げするの楽しいです。

 

 

 

んで、これ トルクカムなんですが… あれ??なーんか?変なような??

 

 

割れている… あぶねー!! 点検しといて良かったですよ(^^;; ま。 消耗品なんで仕方がないですね。

 

 

 

ということで! 毎度おなじみ 集合場所の一つである?シンコーメタルに集まり始めました。 朝から暑くなりそうな予感…

 

 

 

シンコーメタルを出発して、2りんかん座間へ 段々と台数が増えていきます。

 

 

 

 

途中、ホイールハブナットの増し締めしたりはありましたが、致命的なトラブルはあまりなく順調に走れました。

 

 

 

例年はトンネル内は寒いくらいでしたが、今年は少しだけ涼しいくらいでした。

つまり、そんだけ暑いということでしょう。 橋の上の温度計は35°になっていました。

 

 

 

到着して少しするとお昼になったので、伝説の生姜焼き定食を食べに行きました。

 

 

 

何が伝説かというと、つくるおばちゃんによって全く違う生姜焼きになるところです。 あごがつかれるほど固かったり、お味噌汁がスーパーしょっぱかったりといろいろですが 今回はタレが甘ーい感じでした。

暑い日だったけどしっかりとした味付けなのでペロリでした。 大盛にすればよかったかな…

 

 

 

今回一番衝撃だったのがこのマシンです。

全体的なセンスはピカイチですね。

とても、僕にはマネできません。

 

 

 

 

 

トランポのトラックもかっこいい(^^)

 

 

乗せている姿もカッコいい〜!

 

 

 

って

なにが凄いのかってね。

ペイントですよペイント!

 

 

 

すごいでしょう?

良ーく見てください!

 

 

 

 

水玉模様ですよ!?

これどうやって塗ったんだろ??

 

ご本人に聞いてみました。

そしたら、ホントに水玉だったんです。

ホントの水玉に塗料を吹きかけて、水分を飛ばしたんだそうです。

発想が凄いし、どんだけ時間かかるんだって話です(><)

 

 

 

 

 

雰囲気はこんな感じです。

 

 

 

 

恒例のじゃんけん大会です。

うちは今回、キャノピー用のスタビダンパーのステンレスのUパイプでしたが、これが何なのか?良くわからなかったようです…(^^;;

でも、GETしたひとは超ラッキーですよ!

 

 

 

 

って ことで 宮ケ瀬ツーリングはこんな感じでした。

帰りはなんとなく解散していきました。

 

 

 

 

僕らはここからラーメンツーリングの始まりです。

行きとは違って、土山峠を下り246へ出て 家系総本山の厚木家に向かいます。

 

やっててよかった!

 

 

ここは味が濃いので初老には味薄目がお奨めです。

みなさんはそのまま注文していました。

中には味濃めの人も居たようで…

初めに忠告しておけばよかったかも…

 

 

その後は246の渋滞をちびちび進んで、東京組とお別れして 家について風呂入って缶ビールをやりました。

 

疲れたけど とーっても たのしい一日でした!!(^^)

 

 

 

リード90のエンジンオーバーホール&チューン

JUGEMテーマ:車/バイク



少し前になりますがリード90のエンジンのオーバーホールをさせて頂きました。
かなり、少なくなってきたリード90ですので、このエンジンを触れることは大変喜ばしい事です(^^)

オーナーさんの使い方は通勤快速という事でしたので、気合いが入ります。
スクーターの通勤快速仕様というのはですね。
実はレースマシンよりも要求がシビアなんですよ。

たとえば


速さ
レーサー  何かを犠牲にしても、速いに越したことは無い
通勤快速  速いに越したことは無いが、何かを犠牲にはできない。


燃費  
レーサー  速ければ気にしない
通勤快速  速い方が良いが、燃費が悪いと生活にかかわる


耐久性
レーサー  何レースか持てばよい
通勤快速  毎日使っても、何年も壊れてはいけない


乗りやすさ
レーサー  テクニックでねじ伏せる
通勤快速  仕事で疲れているのに、乗りにくいとかあり得ない



と まあ こんな感じなんですよ。
じゃあ、デカいバイクで通勤すればいいじゃん? と 思うでしょうが 朝の渋滞を舐めちゃいけないです。
むしろビッグバイクの方が時間が掛かってしまう…
そんな場面はいくらでもあります。



ということで!
どんなふうにOH&チューニングしたのかを 紹介したいと思います。



メニューはこちら

〇クランクサイドベアリング交換
〇クランク曲がり修正
〇クランクケース吸気ポート拡大(豚鼻ポート)
〇リードバルブ&インテークマニホールド拡大
〇シリンダー吸気&排気ポート拡大
〇シリンダー&ピストンのドライフィルムコーティング(リング新品交換)

といった感じです。



では、クランクOHからいきますか

動画にしたら こんな感じです。(^^)







ケース吸気ポート拡大



ノーマル


加工後




ノーマル


加工後





ここは丁重に加工したいところです。
ホンダスクーターのサイド吸気は特徴でもありますが、同時に欠点でもあります。
ここは気流を乱さないように導く形状にしてあげます。
細かい積み重ねですが大切な事です。









という事は?
ここに続く流れのある リードバルブやインマニも丁重に繊細に加工しないといけません。


これがノーマル


加工後
分かりにくいかな?
ノーマルのバリを取りつつ拡大してあります。



ノーマル


加工後

注目は三つ穴の拡大加工です。
画像の左側だけ拡大してあります。
理由は気流は壁面に沿って流れるからなんですが、百聞は一見に如かずってことで動画を撮りました。

あ!
インマニのポート穴の上にある四角いスペースは、ポートと繋げてしまいます。
インテークチャンバーの効果を持たせるためです。
小さいところですがコツコツと(^^)



ほらね?
インマニが曲がっているので、外周にそって流れた結果
動画では下側に偏って流れているでしょう?
沢山流れる方を拡大して、反対側は緩やかなRを重視して拡大しないのです。
緩やかなRだと、流体は壁面に沿って流れることが出来ます。
拡大するとRが急になるので流体は壁面から剥がれてしまいます。
動画をよく見てください。
三つの穴は下側が一番多く流れていますが、上のポートもちゃんと流れています。
Rにそって斜め上に吹き出しているのが分かります。

なんでも拡大すればいいってもんじゃないってことなんですよ!

などと偉そうに言ってみる(^^;;




見るところは 三つ穴の奥のインマニとの段差です。
ノーマルは結構 段差がありますね。
流速が速くなってくると、こういう段差で気流が渦をまいて抵抗になって邪魔するようになるんです。


もちろん、段差は最小に抑えます。
この画像なら、インマニが曲がってるのが良くわかるかな?
全部のポートを拡大しちゃうと(この画像だと左側)Rがきつくなり気流がジャンプして真ん中のポートに向かってしまう事が分かると思います。






さあ、次はリードバルブの開き拡大です。


赤い丸のところを見てください。
ガスケットを重ねてある分だけリードバルブが上に移動します。
その分だけ、リードバルブストッパーを開くことが出来るのです。
ポイントは少し多めに開いておいて、組み付けるときボルトで締めていくとケースとストッパーがピッタりと密着します。





とは言えですね。
ここまで頑張ってもですね。
インマニもですが、当然キャブもノーマルを使う事が前提ですのでピークパワーが大幅に上がることはありません。

最大パワー = 吸える吸気量(キャブの大きさ)

な訳ですから 当然そうなります。

ラリーカーのレギュレーションの様な感じです。
最大に吸える量は決められているから、ピークパワーは決まってしまいます。
なので目指すところはいかに低回転からピークパワーを出すか!となります。
ピークパワーは同じでも、トルク特製が変われば別物のエンジンになるのはご存知の通りです。

これらの加工も当然そこを狙っての加工ですが、
エンジンの特性を決めるシリンダーのポートタイミングはもっとも重要なポイントとなります。


はてさて?
どんなポートタイミングにするのか?

みなさんなら どんな風に加工しますか?




ということで 次回はシリンダーポート加工の巻 です。

では、また 会いましょう~




トヨタのアルミテープ

JUGEMテーマ:車/バイク




知らない人も多いかと思いますが
トヨタがアルミテープを真剣に開発して来ました。

使い方はボディーに貼るだけで、効果があるとかなんとか?

何事も経験しないと分からないが…


ま、そのうち試してみようと 思っていてもなんとなーくやりませんでした。

カー雑誌でもちょいちょいテストされていて、確実に変わる!とか?気のせいの様な?とか?

なんでも静電気が良くないそうです。
車乗る人で静電気が好きな人は居ないですよね?(^^;;
冬場なんか大嫌いですよ。

その静電気じゃない??

実際のテストでは高速道路が使われているので、ある程度の空気の流れが無いと影響ないのかな?
なんて考えていました。

そんな時、リード90のエンジンOHを依頼して頂いたお客様がこんなことを教えてくれました。


アルミテープはエアクリーナーBOXに貼ると、効果が体感できますよ!
との事でした。
確かにエアクリの吸入口の流速は、時速何キロに相当するのだろう?ってくらい速いですよね。
そりゃー静電気もたまるって事なのでしょうか?

さっそく、ジャイロで試そうかと思ったのだが、あいにくその時は手元にありませんでした。
そこで軽トラックのエアクリーナーにアルミテープを張ることにしました。

さて、張るて言ってもどんな形が良いのか??
そこで静電気除去で調べてみると、コロナ放電というなんだかよくわかならい現象があるらしい。
それは尖っている尖端から、空気中に放電するらしい。

ほほ〜う





こんな感じにしてみました。


それでは インプレを紹介します。




ええ。
そうなんですよ。
いままで何をやってもうまくいかなかったんです。
それで…
先輩に進められて…
ヒランヤステッカーを貼ってみたんです。
半信半疑ですよ。
その日は何もなかったんですが、次の日にポケベルが鳴ったんですよ。
誰かなー?って思ったら、ずっと好きだった人からのデートの誘いだったんですよ!
本当にびっくりで それからは何をやってもうまくいくようになりました!
こんなに効果のあるヒランヤステッカーは、みんなに教えるのが勿体ないくらいです。


(個人の感想です)




いやいやいやいやいや

本当に効果がありましたよ。
びっくりしました。
しかし、それはヒランヤパワーのお陰かもしれません。(笑)
アルミテープ関係ないかも…






ということで、違う形でテストする事にしました。



今度は星形にしました。
これはキャラバンのエアクリに貼りました。




ハイエースにも




VTR250にも





このスターテープを貼った車両のオーナーは、全員違いを体感する事が出来ました。

しかし、よく考えたら
スターって、マリオだったら無敵になるほど効果がある訳だから
アルミテープ関係ないかもしれないですね。

そこで違った形を試してみました。








幾何学模様です。

なんと!!
幾何学模様でも、効果が体感できたそうです。
違いが判らない人はよっぽどバカなのかもしれません。








やはり、アルミテープ 効果があるのかもしれません。
そこで本来の使い方であるボディーに貼ってみました。


なんか… アメリカンヒーローっぽくて… こっぱずかしい(^^;; 




なので、見えにくい下側に貼ってみました。



 インプレ


ええ。
最初は半信半疑だったんですよ。
先輩に勧められて、参加したんですけど、朝、鏡のまえに立ってみたらびっくりですよ。
髪の毛がフッサフサになっていたんですよ。
ここまで効果があるとは思っていませんでした。

ちがうちがうちがうちがう
ほんとほんとほんとほんと

冗談ではなくて本当です!!
本当に効果があったんです!!








本当にこの幸運の壺を手に入れてから、何をやってもうまくいくように…

ちがうちがうちがうちがう
冗談ですって冗談!!

見て頂きたいのは幸運の壺に静電気が帯電したら、きっとこんな風になってるのかな?というイメージ図です。
静電気の分 全面投影面積が増えてしまっているのでは?
髪の毛とか静電気たまると なんかこう モワッっとしません??

実際、軽トラのミラーの風切り音は結構うるさかったんですが、静かになったような気がします。
速度が上がるたびにビタッと安定する感じです。
圏央道を全開で走るんですが、今まで見たこともない所までメーターが示すようになりました。
これはホントのホントです。



ホントーーーです!!!




その後、ジャイロにも貼ってみました。


貼りましたが、あるいて2分のコンビニとかしか乗っていないのでよくわかりませんが
なんか、レスポンスが良いような?



キューピーさんのキャラバンもボディーに貼ってみました。
ゴミ袋から拾ったアルミテープがあったので、適当にちぎって
バンパー四隅の裏側に適当にペタ。
ミラーの下側にペタ。
リヤのウイングがつく辺りにペタ。

しげさんのハイエースにも同じようにペタペタと。

どちらも僕は助手席に乗っていましたが、助手席でも違いはわかりました。
これは、もしかしたら、もの凄い事なんじゃないか?と思うようになってきました。

しげさんのハイエースの変化具合って言ったらもう、別の車になったんじゃないか?ってくらいの激変ぶりでした。
ガソリンの4速なんですが、乗っている人ならわかると思うのですが
荷物を積んでエアコン掛けていると、ギヤ費の関係でうまく走らない速度域があるんです。
そこでしげさんはいつもちょっとした上りになると、ACのスイッチをOFFにしたりして走っていました。
それがなんと!AC掛けっぱなしでも走れるようになったのです。
この差はデカい!デカいですよ!!



しかし、ボディーに貼った場合は時速100kmを超えてこないと体感するのは難しいと思います。
でも、エアクリーナーBOXはどんな車両でも速度でも体感できるんです。


僕なりに理屈を考えてみました。


これはファンネルとぶった切りの違いを表しています。
ぶった切りは角で渦を巻いてしまってうまく吸えないのです。
ですので、なだらかなRを付けるんです。



静電気が帯電しても吸入口にモワっとした邪魔者が出来ると思うんです。
それを取り除けば?
すっと入ってくる気がしません??



ボディーはこんなイメージです。
せっかく、ウイングとか設計しても静電気が帯電するとモワーンとしちゃってうまく機能しないはずです。

逆にボディー形状によってはあえてモワーンさせた方がうまく空気が流れるなんて場所もあるかもしれません。


あくまでも僕がそんな気がするという理屈ですが
そんな事を考えながら アルミテープを貼ってみると 楽しいですよ(^^)




あ!
そうだ!
女の子から全然連絡がこないので、携帯にアルミテープを貼ってみようかと思います。
星形がいいかな?
ハートにしとく???

サイトウさんはおでこにでも貼ってみてください。



信じる者は救われるってね。


それではみなさん お幸せに!






周回X (G悪用アルミセンターリブシリンダー流用エンジン)

JUGEMテーマ:車/バイク




分類するカテゴリーをすこし迷いましたが、スリーターミーティングにしました。


何の話かって?

えっと… なんでしたっけ??




いや、もう時間が経ちすぎたし もういいかな〜?と思ったんですけどね。
周回Xの悲劇 とかなんとか…


ですので、簡単に書きますね。



遥か昔にジャイロケースで162佞鮑遒辰拭覆韻鼻|戮った)過去の遺産ともいえるケースを保管していたのですが、
その時つかったシリンダーはG悪シリンダーでした。
ですので、G悪用ならボルトオンで取り付けが出来るようになっていたのです。
そこにKN企画さんのアルミセンターリブシリンダーを載せたら…
うふふ
と思っていたのです。

そのケースに、ジャイロ用のスーパーロングクランク(台湾クランクを作ったときに少しだけ特別に作っておいた物)47mmストロークを組み合わせたエンジンです。

G悪は47.6mmストロークなので、0.6mmショートストロークとなりますがこれくらいなら範囲内です。




結論から言うと 頑張って作りましたが まったくもって走りませんでした。
原因は、出来る範囲でパーツ交換したりして探りましたが突き止めることは出来ませんでした。
あと考えられるのは一つだけです。



ケース側の吸気ポートです。
ノーマルG悪と比べても明らかに小さいのです。
小さいと言っても、ジャイロケースとしては、穴が開くほど拡大してあります。
(穴が開くので裏側を溶接で肉盛りして拡大しているので、かなり拡大しました)

しかし、それでもかなり小さいのです。
CDIもキャブもインマニも交換してみたけど、まったく力が出ないのです。
もはやここしか考えられない。。。


これ以上の拡大は現実的には難しいレベルです。

なると、対策は一つです。

ノーマルタイプ(排圧式)のマフラーにして、10000回転以下で走るようにすれば、そこまで吸気量を必要としないので走るようになるはずです。
しかし、公道用ではなくサーキット専用マシンです。
高回転でパキーンとこないエンジンではね…


ということで、このエンジンは周回X用としては諦めようと思っています。

以上、周回Xの悲劇でした。










誤解を招きたくないので、KNアルミセンターリブシリンダーの説明をしたいと思います。
このシリンダーは、ノーマルクランクから54mmクランクまで対応出来るように設計されています。
ですので、キッチリ組むととんでもないポテンシャルを発揮します。

このぇっちんさんのジャイロXのエンジンはG悪ニコイチエンジン(グランドアクシスとジャイロを合体させたもの)です。
シリンダーはKNアルミセンターリブシリンダー+54mmクランクです。
これ、ものすごいです。
ものすごく、ふつーです。
そう、ノーマルのTZR125のように普通に乗りやすいです。
ちょっと弄ったランナー125のような感じです。

あ。
知らない人も居るかもしれないので、教えちゃいますが
エンジンをチューンしてのインプレで普通ですって言うのは最高ランクの表現です。

分からない人の為にもう少し説明しますが、特に2ストをチューニングすると乗りにくくなり過激になります。
それはそれで楽しいのですが、犠牲になっている領域があると言う事なのです。
それがチューニングの醍醐味と言えますが、チューニングのレベルが上がっていくとどうなると思いますか?
それはメーカーの新型ということになりますね。
新型は大変ですよ。
前車より、パワー、トルクと共に乗りやすさも上げてこないといけない訳でですから。

そう、まるで新型のノーマルの様に普通に走ります。という表現はチューニングのインプレとしては異次元の高評価という事を知っておいてくださいね。

って事で改めてKNアルミセンターリブシリンダー搭載のこのニコイチジャイロのインプレですが
ジャイロがTZR125のように加速するし、低速のトルクもあって渋滞も苦になりません。
こんな異次元のポテンシャルを発揮できるのも、このシリンダーのお陰なのです。

このシリンダーは本当に最高のシリンダーです。


ちょっと難しいのは、ノーマルクランクからロングクランクまで対応するという事は
逆に言えば
このクランクがぴったり合いますと言うところが無いと言えます。
ですので、
ノーマルクランクの場合はコーやって組む。
ロングクランクの場合はアーやって組む。
ご自分が使いたいクランクや使用回転数によって加工やセッティングが必要です。

個人的には、そのまま組んでいくと10000回転オーバーでトルクが出てくる過激なシリンダーだと感じています。


カージさんの14000rpmはとても楽しかった(^^)
もちろん、その回転でパワーが付いてくるようにするのは簡単ではありません。
僕の周回Xはそのバランスを取ることが出来ずに、撃沈しましたし(^^;;


僕はこれからのグランドアクシスは、過激なチューンだけではなく
メーカーの新型のように普通に乗れるチューンも必要だと思っています。
ぇっちんさんのマシンはジャイロニコイチですが、エンジン部分はまんまG悪エンジンです。
あれだけ普通に走れるように仕上がったのは、一つの結果が出たと判断するのに十分だと思います。


ってことで、
KNアルミセンターリブシリンダー改シンコーメタルバージョンってのを作ろうと思っています。
完成したら
改めて紹介しますね。


え?
そうですよ?
宣伝ですよ(笑)
よろしくお願いしまっす!






第六回 スリミ

JUGEMテーマ:車/バイク



第六回 スリミ 無事に終了いたしました!

参加されたみなさま!
お疲れ様でした〜〜!!!

いやー 楽しかったですね〜 (^^)


サーキット イベントという事で怪我が続いておりましたが
参加者の皆さんの協力で、今回は負傷者、死亡者は0人でした!

参加台数は60台以上!!
参加人数は…

プライスレスです!!

や、マジで嬉しいのは、家族での参加です。
奥様や子供たちが参加してくれたのは、最高に嬉しかったです。
だって、スリミに参加することは、家族を省みない人たちと言われてしまいますから…



クラッシュが多かった最終コーナーに、公道のラインにあるような凸凹を割り箸でつけました。
次回はメロディーラインになるようにしますね(笑)



さて、参加した人にしか分からない 恐怖の前夜祭!(^^)


もつ煮込みうどんは美味しかった〜
ゲコッチ料理もやばかった(^^)
しかし、これ以上は放送禁止レベルなので控えさせていただきます。




さあ、本番当日!
僕は責任感からお酒を控えたのでスッキリと目覚めました(嘘)


今回はスタジオABRさんより、音響システムを準備していただきました。
SS1/32mileのタイムもゴール後にスピーカーから自動で読み上げるという最新システムでした!




サーキット藤野は湖畔にあるので、とても気持ちの良いところです。
普段はレンタルカートで走れるので、遊びに行きたいなと思っています。
圏央道できたので、めちゃめちゃアクセス良くなりましたし(^^)

で、
午前中はSS1/32mileです。

ちゃんと公式タイムが測れます。(スリミ公式だけどね)
私のタイムは7秒台に入ったようです。
昭和48年式としては頑張った方だと思います。
翌日はすこし筋肉痛ですが、2日後にどうなるかはわかりません。。。




なんとー!
今回はドローン撮影していただきました。
ドローンはね。
マジカで見るとミライです。
映画の世界でした。
今頃ドローンで撮影した動画を編集して、ものすごーくカッコいいスリミ映像をUPしてくれることでしょう♪
あーたのしみだ!!(^^)




シンコーメタルの新ステッカー(反射シート)ガムテープ貼り!!



お昼は生ビールとモツ煮と焼きそば!
最高においしかった(^^)


そして、午後からはサーキット走行です!
ジャイロでサーキットは本当に楽しいですよ!
と、いくら僕が言っても、
そりゃ〜 ジャイロが好きだからだべ? と脳内変換されてしまいそうですが
現実は違います。
本当に楽しめるんです。
ジャイロは構造的に安定しているので、二輪バイクとは比べものにならないほど安心安全なんです。
その証拠に!

だれとは言いませんが、この人! 脳の血管が詰まって2回も救急車で運ばれて管をさして入院していました。


だれとは言いませんが、この人! 大病を患っていて、現在 闘病中のはずです。


だれとは言いませんが、この人! メタボで明日にも死にそうです。

決してこの人達が、変な人だからではありません。
ジャイロが!安心安全なのです!!!













やっぱり、サーキットはいいですね!





ここからは、参加車両を撮影しましたので紹介したいと思います。
撮影出来なかった車両があったらごめんなさいm(__)m




















































































それぞれのマシンのセンスに、感心したて刺激を受けました〜






ここからは試乗したり触ったりしたマシンです。



ミキピーさんとこのオモチャ
今回は試乗できなかったが… たのしそう。



カージさんのニコイチ
試乗したらタコメーターが14000以上を示していました。
うーん、デンジャラス!
運転には細心の注意が必要でした。
へたにアクセル開けたら、マシンだけ飛んでいきます。


ちゃっぴーさんは…
タイム更新&入籍おめでとうございます!!




ジャイロ三兄弟
39号車は去年のスリミで僕の周回Xに積んでいた75侫▲襯潺轡螢鵐澄爾WJチャンバーですが
バランスのとれた良いエンジンを再確認いたしました。
理由はあとで…



四国は愛媛の松山より、ジャイロ自走で参加した やんちゃ親父さん ヤバ過ぎ!
めちゃくちゃ静かでトルクフルなマロッシ改75佞郎嚢發防當未望茲譴泙靴拭!



オータさんの4スト エックス
純正ホイール加工ハブや静音マフラーなど、シブイカスタムです。
赤フン相場さんの2ストエックスを試乗した時に楽しくランデブーバトルしましたが
2ストと同等以上の走りでした。
へんな癖がまったくなく乗りやすさ、たのしさNO,1でした。
4ストのフレームの強化が効いているのかな?
2ストより全然乗りやすかったです。



赤フンXです。
エンジンはノーマルですが、むしろ これくらいのほうが楽しかったです。





カエル様 2スト ターボ製作中です。
車でもキャブターボは難しかったのに、2ストでキャブを制御しきれるのか??
とてもチャレンジングですね!!





のっぶーさん のターボマシンです。
二気筒ジャイロに続いて相変わらずの変態ですが、これからのチューニングの一つの答えなのではないでしょうか?
試乗しましたが、めちゃくちゃ完成度高いです。
ターボがいつ効いているのか?分からないけどすごく速い!!
これって21世紀のダウンサイジングターボでいうところの最高の評価なんですよね。
違和感がない!!
これからの時代はスクーターもインジェクションチューンで新たなる世界が見えてくる!!!





キューピー号です。
直線の伸びだけなら 今でも最速でしょうね。






恥ずかしながら
わたくし
スリミがこんなにいいもんだと
今回初めて認識いたしました。

いつも、自分の事しか考えたことがないんです。
もちろん、今回も自分の事しか考えておりません。
しかし、なんだろうか?
この 感覚。。。

あれ?
スリミを思い出すと…
画面が歪んで見える…




 

あ。
メガネ メガネ っと。
歳をとると眼鏡が必需品ですよっと。






次回はわたくしの周回Xの悲劇です。




















スリミ… 怖い…

JUGEMテーマ:車/バイク






さぁ

みなさん

スリミが近づいて来ましたね!!

僕はニゲル準備万端です(嘘)


違うんですよ。
うん、全く違うんです。
忘れていただけなんですよ。



そういえばですが
やんちゃ親父さん いらしてます。
四国は松山から。。。


ジャイロで自走です。。。
この男危険につき…










そう!
わすれていました!

なぜ?
グランドアクシス用アルミセンターリブシリンダーを欲していたのかを!!!





ジャイロに使おうと思っていたんでした!

誰も知らない記憶の彼方…
ジャイロケースで162佞鮑遒辰燭海箸あります。
この時はあまりの遅さに、永遠に秘密です!とかいってごまかしていました。

そう、このケースはグランドアクシスシリンダーがジャイロに載るように加工されたケースだったのです。
アルミセンターリブシリンダーを載せたら、今度こそはきっとうまくいく!と熱望していたのでした。

ま、熱望していたのに 忘れていましたが 何か?




ふっふっふ
この日の為に、ジャイロ用スーーーーパーーーーーロングクランク!!
47mmストロークのクランクを作って待っていたのでした!!

忘れていたけど…







やっぱね。
これは必要ですよ。



最終的にこんな感じになりました。





ピストンデカいからね。
振動対策っと。



んで、強烈なパワーが出る?と想定してピン溶接!
ま、NOS吹かないんで、大丈夫でしょ(笑)




って ことで まだ エンジン組めていません。。。

こわい。。。

スリミが怖いです。




いや?
前日はちゃんと早めに行って、交通整理とか もろもろ その…  やりますので。
明日から追い込みかけます!!!




では、おやすみなさい。


フォークオイルとATオイル

JUGEMテーマ:車/バイク




むか〜し、むかし フォーク用のオイルが無かったそうな。。。

指定オイルはATオイル

そういう時代があったそうな。。。



時は平成29年!!

もはや、フォークにATオイルを使う時代ではなく、専用フォークオイルがあふれる時代になったとさ。

めでたしめでたし。

とっぴんぱらりのぷう












僕は車のオートマチックトランスミッション(AT)が嫌いでした。
何というか いつまでも半クラッチみたいな感覚が嫌いでした。
いつしか、ATにもロックアップ(滑らせない)が付くようになり多段化されてあまり気にならないようになりましたが…





うちのサンバーは3速ATです。
感覚から言ってロックアップは無さそうです。

アクセル踏むと ぶぉ〜〜とか言って なんていうか回転のわりに進まない感覚。

嫌いです。
こういう感覚。








いつだったか
ショックの油の話になったんです。
今やショックの油は硬さが自由に選べる時代になった。
そんな話をしていました。





ん????




硬さを選べる????




逆に!!!!




ATオイルの硬さも選べるという事にならないか?????

















とりあえず、川崎のフォークオイル#15を選びました。
理由は安かったから。
(だって、最悪 ダメだったら交換しないといけないし)



いやーーー!!
サンバーってホントにしっかりと造り込んでありますね!
こんな、アンダーカバーなんて普通車にだってついていませんよ〜(^^)


おっと! 
フォークオイルの話でしたね。というかATオイルのはなし。

サンバーのATオイルを抜いてですね。
(何リッター抜いたか忘れたがたぶん2L弱)
フォークオイル#15を1L+適当なATオイルを足してみました。

たった1L硬いオイルを入れたたところで、、、

さて、どうなるか。






たまーにしか乗らない僕のインプレ



なんだろ?いい??? んじゃないか? 
たぶん…
てか、エンブレの効きは確実に良くなった。
うーむ。
そもそも、交換する前のフィーリングが良くわからない…
しかし、交換後のフィーリングは嫌いじゃない。
むしろ、普通になった。
普通ゆえに いやだなぁ と感じながら運転している事が消えて 普通だから何も感じないようになりました。
つまり、運転してて ストレスがなくなったのです。








そして、オーナーである親父さんのインプレ


いきなり、おふくろの意見ですが、いつも助手席に乗っているお袋さんですが
親父がアクセルを踏んだ瞬間から違ったそうです。
いつもはブワァ〜となってから、スルスルと動き始めるのに、 ブワァ〜と動くのが殆ど同時になって
アレ? いつもより早く動くなぁ と思ったそうです。
そして、親父さんですが、いいと思うよ!なんか分からないけど良くなったと思う との事でした。



僕は 車の事が良くわかっていない 女性や子供の感想を一番重視しているので
親父はともかく、おふくろさんの意見はとても参考になりました。






その後、車を借りて僕自身また運転してみました。

ん?
これ良くない?
てか、だいぶ良くない?
つーか、コレよくなくなくなくなくsay yeah!!!




冗談はさておき

本当にいい感じです。
たしかにロックアップがないから、滑りが減ったぶん前に進むしエンブレも効く
じゃあ、ロックアップがない旧車だけに効果があるのだろうか?

おふくろさんの感覚を大切にしたい。

つまり、アクセルを踏んだ瞬間の一転がりの違いを感じ取った訳という事は?
ロックアップ付きであっても、ロックアップする前の段階から違いが出る訳です。


フィーリングは確実に良くなることは分かった。
しかし、考えられるのが燃費の悪化です。
だって、硬いオイルにしたら抵抗が増えて燃費が悪くなりそうですよね。




月日が経ってから 親父さんに燃費を聞いてみました。



1L 7.4km  →  1L 8.8km


ん? リッター1.4km伸びてるよ??

滑りが減って 前に進むようになったから???

じゃあ、ロックアップ機能付きATだったら、走り始めたら滑らない訳だしそんなに変化はないのか?



どちらにしても燃費が悪くなることはなさそうだ。
いままで、ATにフォークオイルを流用する人が居たのか?どうか?わからないが
たしかにフィーリングと燃費は良くなりました。

ま、こんな与太話 こわくて誰も信じやしないだろうけどさ、、、

そしたら、僕の言ってることなんて 最初は殆ど与太話と思われていたんですけどね。




とっぴんぱらりのぷう
Honda VTR250 ビュンビュン加工

JUGEMテーマ:車/バイク




今回はVTR250のお話です。

突然ですが、わたくし今年で44歳になります。
だからなによって?
いえね。
友人の息子がですね。
もう、今年から大学生なんですよ。
歳をとる訳ですよ(^^;;



そんな大学生になった友人息子から連絡があり、
VTR250を改造したいと言ってきたんです。
最近の若者には珍しくマシン好きらしく、大学も自動車部に入るんだそうな。
聞くところによると、VTスパーダのカムとミッションが流用できるらしくそれを組みたいということでした。
仲良しの友人と共にやってきたわけです。
友情パワー!!とか言ってました。(笑)



はい、エンジン降りました。
関心なのは何とか自分たちでやろうとしていたことです。
なのでおじさんは横目でチラチラしていましたよ(^−^)



そしたら、フレーム塗りたい!とか言いはじめましてね…


塗装はわたくしのお仕事です。


そしたら、ホイールも塗りたい!とか言いはじめましてね。

マスキングとペーパー掛けは自分たちでやらせました。

そしたら、キャリパーも!フロントフォークも!スイングアームも!サイドカウルも!となっていきました。もう好きにしなさい(笑)


肝心のエンジンはほったらかしですが…




塗装の為の全バラからの組立に時間を取られ過ぎてタイムオーバー間近!
しょうがないので、わたくしがエンジンバラします。


ここのシャフトのクラッチ側のネジ部がスパーダ用は少し短くてナットのかかりがあまいので
シャフトをVTR用に入れ替えました。



そして、これがフライホイールですが、スパーダよりも300gも重くなっているらしいです。
しかし、発電システムが違うので流用不可らしい。
って事で。



600gほど削りました。
この辺はss1/32mileで培った技術ですね。
強度が必要な角と縁は少しだけ肉厚を持たせ、それ以外を結局的に軽量するって感じです。



うーん、どうなるのか?楽しみです。

カムシャフトはそのまま入れ替えればOKって感じでした。
あ、そうそう、エンジン割るのにシリンダーヘッドを外す的な説明でしたが、ヘッドはそのままでバラすことができました。

工場が雑然としているのには目をつむってくださいm(__)m





さあ!あと少しですね。
エンジンが無事に掛かったときは珍しく喜んでいました。
普段はあまり感情を出さないのですが、余程嬉しかったのでしょう。
(^^)




その後、すべての作業を終わらせ、帰るときがやってきました。
そして、クラッチをミートすると…
前よりトルクがあって良く進むと言ってました。

え?フライホイール軽量化したんだからそれはないでしょ?と思ったが、
もしかしたら6速化したことで1速がローになっているのかもしれませんね。

そして、短い直線で無理に6速まで入れようとしながら、帰っていきました。(笑)


そして、その後にインプレを聞きました。
彼曰く

まず、ちゃんと走ったこと。 すこぶる元気が良くなったと。

高回転の伸びはどうか?と聞いたら

ビュンビュンです。

だそうです。

つまり、VTR250にハイカム&6速クロス&軽量フライホイールにするとビュンビュンなるという事がわかりました。(^^)

大変分かりやすいインプレでした。



ノーマルが良くわからないですが、確かに回転の落ち方は鋭いように感じます。
ま、ビュンビュンですから(笑)


もしかしたら、ですが
いつもはフライホイールを重たくするのになんで軽量化?と思う人が居るかもしれないので説明しますが
まずMT車はフライホイールが重たいとシフトチェンジに時間が掛かってしまうので、軽い方が速い。
そして、多気筒だとポンピングロスが少ない(隣の気筒がクランクを回してくれる)のでフライホイールの慣性はあまり必要としない。
という理由があるのです。

ま、ビュンビュンの方が楽しいですからね。(^^)