old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
エイプ 50
部品選びですが
バルブはキタコ強化バルブ
シリンダーはキタコライトボアアップ
この二つに決まりました。

理由は
バルブはノーマルでは不安が残るので強化したかった
シリンダーはノーマルシリンダーヘッドが使えるタイプにしたかった

スーパーヘッドのビッグバルブタイプの方がピークパワーは高いとは思いますが
オーナーさんはそこまでのパワーより安さと耐久性を重視していたので
この二つに決定!
カムとバルブスプリングは以前から使用しているキタコ製をそのまま使います。
初めから付いていたビッグキャブは何処製か分からないけど
エンジン内部パーツは気づいたらオールキタコになりました。


ライトボアアップといってもスーパーボアアップと排気量は同じです。
基本的にスーパーヘッドのあるなしの違いです。

あとは壊れたヘッドの修理です。
バルブガイド交換
強化バルブフェース加工

バルブガイド交換ですが
純正品の場合、バルブに合わせてリーマー加工しなくてはいけないので
ワンオフでガイド製作するのとそれほど?価格に差がでないようです。
というわけでりん青銅バルブガイドをワンオフで製作しました。
こいつはスーパーヘッドにさえ採用されていない超高級高性能な素材です。
ノーマルシリンダーヘッドにりん青銅バルブガイドとはある意味 
とても贅沢な仕様ですよね。


強化バルブですが
エイプ50用は無いようでした。
スーパーヘッド用またはエイプ100用が販売されていました。
バルブ径が少し大きいのでそのままでは使えません。
シートリング打ち換えかバルブ径を50サイズに削るかですね。
リング打ち換えをするんだったらスーパーヘッドを初めから使ったほうがお買い得です。
迷わずバルブ径を50サイズに削りました。
このバルブはシャフトがくびれたウエストタイプですから
取り付けただけでポート拡大加工と同様にパワーUPが期待できます。
ビッグバルブならもっとパワーUPできたのに!って?
ビッグバルブだとその分重いのでサージングしやすくなります
ブンまわすオーナーさんですからバルブ系は軽いに越したことはありません。


ボアアップにあわせ燃焼室を小加工しました


スキッシュエリアのバリ取りしました。
あまりやり過ぎると圧縮下がっちゃうのでこれくらいです。

あとはサクサク組み立ててっと

完成です。

その後
スプロケを交換して快適に90はでるそうですが
壊して以来 怖くて高回転までまわさなくなったそうです。
せっかく、強化したのに…
ま エンジンを大切に思ってくれている気持ちはうれしいですけどね。




エイプ 50
ホンダ4サイクルエンジンは縦型と横型があります。
性能についてはどちらが良いとかは分かりませんが
子供のころの憧れが縦型エンジンでした。
そのエンジンが時を経てエイプに搭載され
僕の前にやってきました。

まずはハイカムと強化バルブSPの交換を依頼されました。
これらの交換はそれほど難しくないので
純正を外して、交換してバルブクリアランスを調整して完了。
慣らし後、かなり速くなったようで
90オーバーする。とオーナーさんがいっておりました。

数ヶ月後、
壊れたので見て欲しいとのこと。
預かってバラしてみると


バルブエンド部がちぎれ
ピストンと接触 バルブガイドも破損していました。
スプロケはノーマルのまま90オーバーさせていた訳ですから
エンジン回転数はかなり高かったのだと思います。
完全にサージングさせっぱなしで走行していたのでしょう。

修理ついでにボアアップもしたいとのことでしたので
まずはパーツ選びから始めました。

つづく