old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
原付レストア JOG
JUGEMテーマ:車/バイク

DIOを納車して すこしたった頃
またまた 知り合いから連絡が。
娘さんのお友達のお友達もなんかスクーターが欲しいという。
速攻でバイク屋?さんに電話してみると
今度はJOGがあるらしい。

ま なんでも良いので 宜しく!
っと 伝えると。。。


こんな車両がやってきました。
どうだろう?写真ではまあまあか?
しかし、実際はなかなか手ごわいヤレ加減でした。
そんな状態でもさすがJOG!
CDIが変わっているようだが 速い!
メーターの下まで余裕である。

さて、ここからがレストア。
悪いところは
リヤサスが死んでいて折れそう。
フロントサスが死んでいて折れそう。
フロントタイヤが偏摩耗。
マスターシリンダー、お前はすでに死んでいる。
マフラーが詰まってそう。
セルが効かない。
シートが切れている。

まず、Fサス。バラしてみたがもうどうにもならないレベルなので交換です。
リヤはバイク屋?さんが使えそうなロングサスを探して来てくれていたので交換。
マスターは。

腐ってやがる。。。。
早すぎたんだ。。。

蓋の+ネジも50%舐めてて 、やばかったんですが 
マスターをバーナーで炙って インパクトドライバーでやっつけました。
(電動インパクトじゃないよ、本物のインパクトね)
炙ると熱膨張とかで緩みやすい。

一応セルを

ばらして磨いてみました。

セルモーターをバラスにはRタイヤを外す必要があります。
Rタイヤをばらすにはマフラーを外す必要があります。

なので、外したマフラーはカーボン焼き。
アセチレンバーナーとコンプレッサーを使った本格的な焼き加減です。
萌えた萌えた。どんだけー?ってくらい。
そして、耐熱黒で塗装。

マスターはしつこく清掃して 割れている窓はコーキングで埋めました。
これで液漏れはバイバイです。
新しいFフォークが届いたので交換して、ブレーキのエア抜きをします。
そんなに拘っていないけどDOT4を使いました。
Fタイヤも交換しました。

あとは、シートの張替え。

今はFフォークもそうですけど安いですね。
中華さまさまです。


僕は前後を引っ張ってから横に行くのが好きです。


こんな感じになる。






まあまあまあ。
どうだろう。
わるくはないと思う。

しかし、バッテリーを新品にしたにもかかわらずセルが効かない。
モーターをバッテリー直につなぐとガンガン回る。
これはカチカチと音はしているがセルリレーが逝かれているに違いない。

カットして開けてみた。
接点が黒くなっていたのでヤスリで磨いて接点復活剤を塗布しておいた。


まず、コーキングで固めてから


ビニールテープを巻いておいた。
これで防水OKでしょう。
テスト後、当然のようにセルは勢いよく回るようになりました。
モーターが逝かれることはあっても、リレーは交換したことはほとんどない
と本職の修理屋が言っていたのでレアなケースだったのかもしれない。
おかげで結構 時間かかってしまった。
わたしもまだまだである。

後は若者に合わせ、リヤッパネは15mmカチ上げにしてみました。
これ以上、上げるのはキライ。
給油しづらくなるからね。

切れ目を入れてステーを黒く塗ります。
単に上げるとステーが見えちゃってカッコ悪いからね。


ステッカー貼ってみた。

試乗してみると やはりJOGは軽くて速い。
Uターンでアクセルを開けると簡単にフロントタイヤがどっか逝く。
こりゃ、初心者には危険なレベル。

やっぱ、手とり足取り教えないといかんな。

いやいや、違いますって!
変な意味じゃないですよ。

スクーターを愛する一人の人間として当然のことをするまでです。




冗談はさておき、やっぱり原付を弄るのは楽しい。










アクシス90のレストア
JUGEMテーマ:車/バイク

長年 放置してあった アクシス90のエンジンが掛からないので
OHしました。

最初は キャブOHとピストンリング交換で いけると思いました。
あとは 駆動系OH ブレーキOH タイヤ交換というメニュー。

まず キャブからいきました。
にじんだオイルに誇りがたまり
ベトベトです。
ワコーズのアルカリ洗浄剤を吹き付けて
ブラシで擦ります。
だいたい 落ちたら
パーツを外し
電気ナベで 洗浄剤を溶かした スープで煮ます。

グツグツと煮込むとかなり落ちます。
キャブとエアクリをつなぐ ジョイント部分はカッチカチ!になっていて
外すのも大変ですが
煮込めば ポロリ でございます。

お次は シリンダー
バラしてみると 思いのほかキレイなあたりだったので そのままにしておきました。

あとは 組んで ためしにキックしてみましたが
うんとも
すんとも。

あれ?ガスがこない 

どーも 不圧コックがあやしい。

ばらすと うぇぇー

これは
ひどい。
ということは タンクもデロデロ。

タンクを外し ひたすら 洗浄しましたが
問題はコックです。
スペアパーツないし 正月だし。
コックなしにフィルターを追加することにしました。


コックの不圧部分をなくして
ディオのフィルターをついか。
これで ガスが来るようになりました。
キックしてみると あっさり 掛かりました。

よし

あとはブレーキです。
リヤはワイヤーが渋かったので ワイヤー給油器をつかって 洗浄&給油。

問題はフロントのディスクです。
長年使わなかったから 油圧は抜け すかすかです。
事前に マスターOHキットとキャリパーOHキットを買っておきましたが
あまり酷いと OHできず 交換となる場合があります。



これも清掃。

結構 きてましたが
ピストン交換で 油圧が復活しました。
マスターのフタを止める+ねじをふかくにも なめてしまい
ビビリましたが
インパクトドライバー(電動じゃないですよ)
でなんとか 外しました。

いまは中華製の補修マスターがあるので それを買ったほうが間違いないですね。

つづいて キャリパー

ピストンが固着していて 外すのが大変でした。


きれいにして パッキンを新品にし ピストンも新品にしました。(パットも新品)
が これも補修用キャリパーを買ったほうがまちがいはないと思います。

つづいて ディスク

これは中華補修用です。
振れ等もなく ビシッとしたフィーリングになりました。
ボルトにはロックタイトが塗ってあるので なかなか緩まないんですが
これには 簡易バーナーであぶる という方法が一番良いです。
熱でタイトが柔らかくなり なんとか緩ませることができます。

次はスピードメーターケーブル交換です。
前のカウルを外すのが めんどくさいので
古いケーブルと新品ケーブルをガムテープでつないで
下に引っ張ると うまくいきます。


写真をとろうと したまで引っ張りすぎたため
上側がカウルの中まで入ってしまいました。
先にメーターに借りつけしとけば よかったです。(ガックリ)
結局フロントフェンダーを外して交換するハメになりました。

さあ
キャブ、タンク、駆動系、ブレーキ、タイヤを整備して
早速 試乗です。
あれ?
吹けがわるい。
もしや?
インマニにBクリーナーふくと
間単にEGストップ!
ガガーン
マニが割れていたけど 平気だろうと思ったら ダメだったようです。


倉庫を探して 程度の良い中古を発見!
さくっと交換
(カウル類はつけていなかったので たすかりました)


さあ 今度は?
当たり前のように 走りました。
ブレーキも スーッと止まり まるで 新車のような?フィーリング
(タイヤとディスクが新品だから当たり前ですが)

バッテリーも交換し
セルも元気でEG掛かりました。

OHした甲斐がありました。


アドバイス

JOG系のOH時は
燃料キャップの構造上 雨が入りやすく タンクが腐りやすいので
まず タンク内から確認し ダメなようなら 不圧コックごと交換もしくは整備からはじめましょう。

 

JOG90 クランクシャフト交換
異音の続きです。
残るはコツコツ音ですね。
これは間違いなくピストンですね。
組みつけているときは、ピストンは当たることはなかったんですが、
エンジンをかけると慣性力が増して
当たってしまったんでしょう。
バラしてみると

かすかに当たっていますが、本当に少しでした。
個体差があり、当たらない車両があるとのことでしたが
なるほど 納得

ピストンの当たるところを削ります。

これで大丈夫!

後はベースGKを二枚いれてピストンTOPを合わせていましたが
一枚で合うように ピストンのヘッドをGK一枚分削りました。

こうすれば、ピストンは軽くなるし、余計なGKを入れなくてすみます。

ぴったりです。

これで組み立てて エンジンを掛けてみると
当然のように問題は解決されていました。
よかったよかった。

ところでロングストロークにしたときの
ポートタイミングはどうなるのでしょう?
それは、ベースにスペーサーを挟むのと 
ヘッドの間にスペーサーを挟むので違ってきます。
ベースに挟む ハイポート に変化
ヘッドに挟む ローポート に変化
ベース&ヘッドの両方に同じ厚みのスペーサーを挟んだ時は
今までと同じポートタイミングになります。

今回はピストンTOPを削って合わせたので
ベースにスペーサーを挟んだのと同じです。
なのでハイポートになります。
ロングストロークになった分 回らなくなりそうなので
ハイポートは都合が良いですね。
実際、低速から十分なトルクUPをしながら60kmからの加速はまったく別物!
グイグイ車体を引っ張っていきます。
クランク以外はすべてノーマルなので
とても乗りやすく静かで簡単に90kmOVER する実力にオーナさんも
大満足していただけました。

KNセミロングクランク おすすめです。
JOG90 クランクシャフト交換
クランク交換したJOGが入庫したので
早速、音の原因を探します。
エンジンを掛けるとガーガー音とコツコツ音がします。
ガーガーは連続音ですから駆動系
コツコツは断続音ですからピストン系
でしょう。
駆動系をバラしてみると


微妙〜に当たってますね。
これは駆動系カバーを叩いて逃がしました。

続く
JOG90 クランクシャフト交換
さあ どんどんバラしましょう。
ジェネレーターローターとオイルポンプが外れたので
今度は駆動系ですね。

ここまで外したら ケース左右をとめているボルトを外します。
プラハンでこんこん叩くと

外れてきます。
このとき、簡易バーナーでクランクベアリングが付いている辺りを暖めておくと
熱膨張により外れやすくなります。


外れましたね。
忘れてはいけないのが、エンジンマウントの金色のパイプです。
ケースを組付けるとき忘れると後からは入れられないのです。

クランクケースを綺麗にしたら
ベアリングを入れます
ここでも大活躍するのが 簡易バーナーです。
ケースをしっかり暖めておけばベアリングはスッと入ります。

最後まで入ったかベアリングアウターレースを叩いて確認します。

本当にヤマハエンジンはすばらしいですね。
このケースの美しさには惚れ惚れします。
本田エンジンをイジルのが悲しくなります。


反対のケースにも同じようにベアリングを入れます。
あぁ うつくしい このケース
本田エンジンいじっているとヤマハエンジンに嫉妬すらおぼえてしまいます。

ケースにベアリングが入ったので
クランクシャフトを用意します。

KN企画のミドルロングクランクです。
(うーん すばらしい!ジャイロエンジンにもこんなクランクがあればなー)
88.7ccになります。
JOG90ってノーマルは82ccくらいなんで(JOG80にしろよ!)
やっと90と名乗れます。

まず、ケース合口の液ガスを塗り、入っているベアリングを暖めます。
でシャフトを入れて 専用工具で引っ張ります。

収まりの良いところを探りながら
ケースをボルトで締めていきます。
手で回して抵抗感のないところを見つけましょう

クランクオイルシールを取り付けます。
ここでもヤマハは素晴らしい設計ですね
シールにツメがあったりして簡単に位置決めできます。
本田は入れすぎたらクランクベアリングにシールが当たってしまいます。
最悪の設計ですね、本田は。
クランクベアリングに規格にない専用ヘッポコベアリング採用している暇があったら
ヤマハのエンジンの排気のカーボンでも煎じて飲みやがれってんだ。

後は、オイルポンプ、駆動系、ピストン、シリンダー
を組みつけていけば完成なんですが
ちょっと待った
こいつはロングストロークシャフトです。
ピストンがどこかに当たらないか確認が必要です。
手で回してみたり、キックしてみたりしましたが
特に当たっている様子はありません。
エンジンを掛けてみないと分からないな と判断。
とりあえずエンジンを組み上げます。

シリンダーベースGKを2枚入れたら
ピストンTOPはぴったり合いました。
(ロングなのにGK一枚?もしかしてコンロッド短い?)



ヘッドをつけて圧縮調整して9に合わせました。
今回はエンジン単体の持込でしたから
お客様にいったんお返しします。

エンジンを掛けて様子を見てください と伝えます。
その後、電話があり
なんか音がします。何か当たっているようです。
とのことでした。
今度は車体ごとの入庫をお願いしました。

つづく







JOG90 クランクシャフト交換
KN企画のミドルロングクランクを組付けるにあたって
注意点があるのか、聞いてみました。

車両により個体差があり一概にコウ!
とは言えないので、組付けて確認してください
とのことでした。

うーん まじっすか?
とりあえず 組付けて問題がでたら 後で対処するしかないようです。

では、JOG90エンジンをバラシテ見ましょう
エイエイ


シリンダーを外してから
ローターとジェネレーターを外し
オイルポンプを外します。
さすがヤマハ、オイルポンプからして本田とは違います。
ポンプ自体がクランクケース外にあり
いたずらに1次圧縮を下げてしまう本田のポンプとは違います。
しかも、駆動ギヤをプラスチック製にして浮遊させてあるため振動も吸収してくれます。
すばらしいの一言です。


つづく


JOG90 クランクシャフト交換
国内のバイクメーカーは2サイクルエンジンの生産を中止してしまうわけですが、
だからこそ
現在が一番 2サイクルが熱いのかもしれません。
一昔前では考えられなかったパーツ
レーシングクランクシャフトなど素晴らしいパーツが安く出ています。
これらを使わずして2サイクルをやめられるか!!
ってことですよ。

以前、ご自分のJOGポシェに乗せかえるため
オークションでオーバーホール済みJOG90エンジンを購入したので
うちで見て欲しい。
というお客様がいらして 
そのときはプーリー加工とポート加工をしました。
それから時がたち
エンジンから異音がするとのことでしたので
調べてみると
クランクシャフト コンロッド大端部のニードルローラーベアリングに
ガタが出はじめていました。

これはもうベアリングの寿命です。
交換するしかないです。
では、ノーマルクランクに交換するのか?
mottainai♪
nai,nai,nai♪
もったいな〜い♪
(ルー大柴)
せっかく交換するのなら
レーシングクランクにしたほうが
絶対にお得です。

ということで
KN企画さんのミドルロング1次圧縮UPクランクを使うことにしました。


つづく