old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/12)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    nike (10/12)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/09)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    サイトウ (10/08)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/07)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    超ド素人おかっち (10/07)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    old_kp (10/03)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    サイトウ (10/03)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アドレスV125のボアアップキット
JUGEMテーマ:車/バイク

人気の高い アドレスV125 のボアアップキットですが
これまた
最悪最低な製品が多いようです。

見た目やスペックは良いのですが
実際は使い物にならない精度です。

なにがそんなに悪いのかって
ピストンクリアランスが 

0

なのです。
つまり シリンダーにやっと入るものの
きつくて動きません。
((((;゜Д゜)))))))


なので メッキシリンダーですが ホーニングをしてなんとかクリアランスを と
がんばったのですが

なにせ スリーブが ひょうたん型に歪んでいたので たいへんでした。
そして メッキが薄くなりすぎても ピストンがうごくことはありませんでした。
事情を説明すると
お客様はメーカーを変えて クリアランスのあるものと指定して
新品を購入。
しかし、在庫全部の中で 一番クリアランスのある物であっても
ピストンは動きません。
でも まあ シリンダーが歪んでいなかったので
これを加工することになりました。

メッキがなくなると 困るので ホーニングはそこそこ 
(といっても メッキは硬いので 鉄シリの10倍くらい掛かります)
で精度の悪い
ピストンを加工しました。



マジックを塗ってから シリンダーに入れて
鬼のピストン運動!
このあたりは普段から鍛えているので つらくはありません。(#^.^#)
黒が薄くなっているところが
あたりの強いところ。
正直 ひどい と思う。


反対側
歪みまくっているよ…     (/ _ ; )
 
これを 

ダイヤモンドヤスリで修正し
マジックを塗り
ピストン運動

という肯定をなんどもナンドモ何度も繰り返し…





どう? まあまあ 全体に 黒がうすくなってきたでしょう?

本当は こういった歪んだピストンには いわゆるピストンコーティングをするのが
一番!
なのですが、今回はあまりにもクリアランスが狭いので
やりませんでした。
一度 組んでナラシをしてなじんだ後に
もう一度 持ってくれば コーティングします と伝えておきました。

しかし まあ 最近の部品は 外国製なんですが
ひどくなってきましたね。
とあるバイク屋のはなしですが
新車のヘッドガスケットが抜ける 率が多くなってきたそうです。
メーカー保障があるから 気にしていませんでしたが
それはつまり
シリンダーやヘッドを鋳物で作るとき
スピードを重視しすぎて
残留応力が多すぎる状態になっているということなのですYO!
エンジンかけて
熱が入ったら 応力が抜けるため歪んでしまう。

家の柱 だって 枯らしていない木でつくったら
数年で曲がってしまいます。
だから 枯らして ゆがみを取り除いてから
柱を削りだすのは
常識
なのでございます。

にしたって
あなた
V125をカスタムしている 人たちは こんなボアアップを組んでいるのでしょうか?
いくら
アルミシリンダーだからといって(膨張率の関係でエンジンかけるとクリアランスが広くなる)
きっつきつ
の状態でセルまわす勇気は わたすにはございません。

みんな どうしているのかなぁ…



 
ハイスピードプーリーの進化
JUGEMテーマ:車/バイク

今月のモトチにおもしろい商品がありました。
あたらしい機能のハイスピードプーリーです。



WRウェブが外れて 角度の違う2種類でセッティングが出来るという
メーカーならではの素晴らしい製品です。

(まあ きちんと変速出来るかは別問題)

使い方としては メーカの指示どおりと
2種類のウェブを 交互にいれて(3つづつ)
使うとひじょーーに面白いですね。

たとえば
黒いウェブに WR12g
白いほうに  WR5g
トータル51g

立ち気味の黒いほうは変速しにくい特性なので
WRを重たくして
 変速しやすい白いほうに軽いWR 

特性は 低速から中速は低めのエンジン回転数で高速域で上まで回る。

逆に白いほうを12gにすれば 逆の特性になります。

つまり トルクカムやセンタースプリング マフラーやカム 圧縮や点火時期などなど
いろんな特性にあわせた お好みの駆動系セッティングが一つのプーリーで出来るという
あるいみ 不可能を可能にした究極のプーリーだと言えます。

使いこなせれば の 話ですけど。

とにかく 発想はすばらしい!と思います。



この記事の横にある ベースプレート付アルミシリンダー+クランク が10万くらいで出てますが
これも 素晴らしい発想の製品なので 正直激安 だと思いますが
JOG系の場合
90とか100とかに乗せかえられるから ありがたみがうすいかも知れませんね。
G悪用で出れば 皆さん 大喜びなんでしょうね。
アドレスV125 (インジェクションコントローラー)
JUGEMテーマ:車/バイク


では、実際にアドレスV125にインジェクションコントローラーを取り付けたときの
画像を使ってご説明したいと思います。
ふつうにメットインBOXを外せば取り付けできます。
キャブではなく
インジェクション スロットルボディに付いている
スロットルポジションセンサーに配線をかませ
12V電源を取るだけで完成!


BOXを外すとスロポジセンサーが見えます。


センサーのカプラーを外します。


ピンクの配線をブッタギリます。


そこにインジェクションコントローラーの配線をつなげます。
これでセンサー取り付けは完成。
あとは電源だけです。


携帯電話充電用電源の+-に配線をかませておわり。

あとは調整しやすいところに取り付けるだけ


画像ではBOX下ですが
結局はBOXの横に貼り付けました。

まあ これで完成です。
では おまちかね

インプレ
1から12(だっけな?)まで調整できるようになっています。
ノーマルは2から3あたり。
ではまず1から走ってみます。
うーん よくわからない。

次は12です。
お!
変わったー!トルクフルになり
こっちのほうがウィリーしやすくなりました。


けど 思ったより普通に走ります。
濃すぎで走れないくらいだと よかったんですが
MAXにしてもそれほど増量されないようです。
まあ スロポジをごまかして増量しているわけだから
インジェクターと燃料ポンプ以上は濃くならないわけですよね。

MJに換算すると +7番くらいでしょうか
これだとマフラーかえてエアクリをイジッたら
燃料が追いつかなくなるでしょうね。
フルチューンの場合は キャブに交換かな?
なんだかバカらしいですね
でも、インジェクタUPのネンポンUPしてCPでセッティングって
いくら掛かるんでしょうか?
この辺がV125の一つの境界線になるのでは?
マフラー+駆動系くらいがコストパフォーマンスに優れているのではないかと思いました。


アドレスV125 (インジェクションコントローラー)
JUGEMテーマ:車/バイク


スズキのアドレスV125
前回プーリーワンオフ加工とマフラー交換をして
それから時がたち 燃料調整のため再入庫しました。
そのときのインプレとは今回はずいぶん違っていました。

まず、コーナーリングですが
初期の舵角が浅く 寝かせてから曲がり始めるまで
タイムラグみたいなものがありましたが
そんな印象はほとんど無くなり スムースなコーナリングが出来るようになっていました。
そして、エンジンパワーなんですが
かなり 速くなっていました。
簡単にアクセルウィリー出来るほどにパワーUPしていました。

んー なるほど
これが本来のアドレスV125なのでしょう
いわゆる
ナラシ
が終わり
アタリ
が出てきたのでしょうね。

しかし ならしでここまで変わるとは
はっきりいって まったくの別物です
どれくらい違うか イメージしにくいと思いますが
キレイなおねいさんと一晩過ごして
朝日と共に気持ちよく 目覚めたとき
横にいる おねいさんの顔に見覚えがなく
ってか だれ?
というくらいのイメージをしていただければ分かりやすいと思います。
ちなみに僕はそんな経験はありません。

さあ、ならしが終わって絶好調のアドレスV125の燃料調整をしましょう
亀から発売されている
パフォーマンスインジェクションコントローラー
を使いました。
(ぜんぜん関係ないけど最近の亀の説明文が、僕の説明に似ているなーなんて思ったりして)
お値段もそこそこなので 購入しやすいですね
取り付けはとっても簡単でしたが
それには理由がありました。
うーんと なんだっけなー
盗難防止とかサイドスタンドとかが付いてくるグレードがあるんですが
それにはメットインのなかに携帯電話充電用の電源がありまして
そこから12VをとればOKなんで配線を探さなくてもよかったんですね。
これがノーマルグレードだったら配線を探さなければいけませんでした。

つづく
アドレス V125
アドレスV125のプーリーを製作して、Vベルトに問題が起きない範囲で
最高速+5kmに留まったわけですが、
ドリブンプーリーさえ 違うつくりならば、もっと最高速が伸ることは確実です。
しかし、ドリブンプーリーなど私に作れるわけがなく
諦めていました。

話かわって、V125に社外マフラーを付けたところ
ヌケが良すぎて トルクが大幅にダウンしました。
キャブならMJ交換で対応できますが
インジェクションゆえ それは出来ません。
なので、インジェクションコントローラー なるものを使わなければいけません。
亀ファクから、発売させているとのことなので
調べてみると、ありました。インジェクションコントローラーが。
で、V125用パーツ一覧を見ていると…

ん?
んん?
おおおお!!


あるじゃないですか!!
対策済み ドリブンプーリーが!!
パフォーマンスフィクストドリブン
という名前でした。
まじ、言いにくい。
どういうパーツかはあちらのHPで確認していただくとして
こいつさえあれば、ノーマルベルトのまま
最高速+10kmも夢じゃない!かもね?(パワーがなきゃ、そこまで引っ張れない、でも、下りなら…)
なんでも、このパーツ
とっくのとうに発売されたいたそうです。
ハイスピードプーリーに替えたらVベルトが破損しまくった、という実例が多発したため
すぐに作ったんだそうな。
いやー 知らなかったなー
でもね、
それでハッキリしたんですが
Vベルトの耐久性とか無視しまくりのハイスピードプーリーが
ほとんどだったって事です。
おそらく 某有名メーカー品もその一つでしょう。
私がプーリーキットを作るときは、すべてのバランスを考慮してつくりますから
Vベルトがすぐに破損してしまうようなプーリーは作りませんよ。
スクーターの駆動系がなんたるかを知らないで
作ってしまったことは明白です。
机上設計してるんでしょうね。
いつの時代も 事件は現場でおきてるんですよね。和久さん。

そのてん 亀ファクさんは素晴らしいですね。
その問題点を解決すべく
パフォーマンスフィクストドリブン
というパーツを開発してくれたんですから。
今後、パフォーマンスフィクストドリブンを使って
プーリーを作り直すことが出来たら、また紹介しますね。
今のところ予定はないですが…

ところで
パフォーマンスフィクストドリブン
と10回言ってみてください。
私は言えませんでした。
言えたら自慢してください。

アドレスV125 マフラー
やっぱり4ストといえば?
マフラーでしょう!
低音が気持ちいいもんね。

アドレスV125用マフラーはいろいろ出ているようですが
今回はシブイブラックアルマイトのタイプを選びました。
性能なんて、たいして違わないでしょう。

なかなか、かっこいいじゃないですか!

音もうるさ過ぎず、静か過ぎず。
なかなか、良いではないですか。

取り付けに関しては、特にこれといって注意点は無いですが
フランジ側がらキメていくと良いと思います。

インプレ

全体的にトルクが無くなり、加速、レスポンス共に悪化しました。
最高速はあまり変わりませんでしたが、そこに到達する時間が大幅にかかるように
なってしまいました。
せっかく、プーリー加工して、加速性能が上がったというのに
これではノーマル以下です。


しかし、これはある程度 予想されていました。
アドレスV125はインジェクションです。
簡単にメインジェットUPとはいきませんから
燃調を変えることが出来ません。
ということは、ガスが薄くなりトルクも薄くなる。
まあ、当然の結果ですよね。

今後は、燃調コントローラーを付けて、どう変わるか?
ですよね。
コントローラーは各社出ているようなので、どれが良い製品かは
わかりませんが、
ためしたら、また 紹介したいと思います。

アドレスV125 プーリー
では、アドレスV125のプーリーを本物のハイスピードプーリーにするための加工をしてみましょう。
ポイントはいつもの通りですが

…秣側にVベルトをしっかり落とす。
高速側までしっかりとVベルトを押し上げる。


以上の二つです。
言葉にすると簡単ですがVベルトの耐久性に問題が出ない範囲で
確実にスピードUPさせるのは、なかなか難しいんですよ。

うぉっほん。
では。。。

えい!やー!たー!!

完成しました。


こんな感じです。




18日の記事の画像と比べると低速側、
つまり真ん中辺りが大幅に変わっているのが分かると思います。


裏側はこんな感じ。WRの移動幅を増やしています。
画像ではまったく分かりませんが、
ここの角度が重要で足りないと変速できないし
削りすぎても変速できなくなります。
一番良いのは、少し削っては走り 削っては走り てな具合に最高速が一番伸びる所を
探していく方法です。
0.3mmずつくらい削っていけば分かりやすいと思います。

仮組してVベルトの低速側の落ち込み具合を確認してみましょう。

プーリーボスに対してVベルトのはみ出しに注目
ノーマルは はみ出しますが、加工後は ほぼ収まっています。

テスト走行を終えたプーリーを見てみましょう。
フェイス面にマジックで線を引いておきました。
Vベルトが移動すればマジックは消えています。


よく見ると低速側、ボスの辺りにうっすらマジックが残っています。
ほとんど消えているので
低速側にしっかりVベルトを落とす
という“嵬椶量槁犬話成です。
高速側ですが、完全にフェイス面のマジックは消えています。
番目のVベルトを高速側にしっかり押し上げる
も達成しました。


加工前


加工後

このわずかな違い 予想では 最高速+5km でしたが、
実際は?

インプレ
ワンオフ ハイスピードプーリーを組み付けたこのV125
見た目は当然のように、ノーマルのまま。
エンジンを掛けてゆっくりスタート
Vベルトのなじみを見ながら 何キロかは様子を見ます。
さあ、テストコースに着きました。
おりゃ!全開!
発進加速はもちろん 中速の加速も若干良くなっています。
これはWRを3g軽くしたからかな?
速度が上がり風圧も増えてきました。
メーターに目を移すと…
105を示しています。
今度は、前傾姿勢で風をよけます。
するとぐんぐん車速があがり…
メーターの針は115を示しました。

当初の予想通り
最高速
ふせないで100km → 105km
ふせて  110km → 115km

という結果になりました。

まとめ

アドレスV125の駆動系は完成度が高く
下手にいじると遅くなる可能性があります。
「プーリーの直径が大きくなっています。」
とかいうプーリーは怪しいですね。
大きくしたところで、Vベルトがそこまで届かない訳ですし
ムリに変速させれば、ドリブンプーリーにVベルトが食い込み
ベルトが変磨耗してしまいます。
最高速が大幅にUPするプーリーがあったとしたら
耐久性を無視したものの可能性があるので注意しましょう。
今後の可能性はVベルトですね。
少し長いモノが出てきて
それに合わせてプーリーを作れば、もう少し最高速がUPする可能性がありますからね。






アドレスV125 プーリー
まずはアドレスV125の駆動系を バラしてみましょう。
特別な工具なしでここまで簡単にバラせました。

さーて
どんなもんじゃい?

フェイスです。かなり端まで使えています。
低速のVベルトの落ち込みがちょっとアマイですね。


プーリーです。こちらも低速以外は かなり出来が良いですね。


プーリーの端っこは残り2〜3mmしか残っていません。


ローラーガイドまでしっかり変速出来ているようです。
変わった形しているなー

画像はありませんが
ドリブンプーリー、トルクカムもバラしてみました。
こ!これは!!
マジスか!!

残念ながら、加工の余地が残されていませんでした。
いつものようにワイドレンジ加工をしてしまうと
Vベルトが段差のところまで食い込んでしまうので
Vベルトの耐久性が著しく落ちてしまいます。

つまり、どういうことかと申しますと
前後プーリーを加工して、ワイド(オーバー)レンジ加工出来ない
ということです。
ということは、ノーマルから大幅に性能UPが難しい ということです。
逆にいえばノーマルの完成度は高い のです。
さすが スズキ ですね。

残された前プーリー加工のみで 性能UPをさせるしかありません。
加工前にデーターを取ってみましたが
最高速は+5kmが精一杯なのではないか?という予想になりました。
低速側は少し加工する余地があったので期待できますが
発進加速って一瞬で終わってしまうので
あまり、ありがたみが無いんです。

いたたー 
加工する前からプーリー加工してもシグナスXやマジェスティ125のように
大幅な性能UPは出来そうにないことが わかってしまいました。

とはいえ やれるだけやってみなければ わかりませんから
頑張ってプーリー加工してみましょう!

つづく
アドレス V125
2サイクルから4サイクルへ
変更されたアドレスV125がついに入庫しました。
評判はすこぶる良いので
どんなバイクか?興味しんしんです。

画像はマフラー交換してあります。
まず、フルノーマルの状態で乗ってみましょう。

音はノーマルとしては低音の効いた、迫力のある音でした。
特にアクセルOFF時の低音はノーマルとは思えません。

ハンドリングは、今時めずらしい特性でした。
通常、バンクに対してフロントがキレて曲がっていくのに対し
フロントのキレが少なく曲がっていきません。
一瞬 あれ? と思うのですが、アクセルをあてていくと
安定し、スーと曲がっていきました。
フロントからグイグイ曲がっていく、ライバルのシグナスXとは正反対の特性です。
10インチですが、直線の安定性に優れた車両と思いました。

ブレーキ特性は、雑誌のテストを見ると効きは悪いようでしたが、
実際には、必要にして十分な制動力です。
たしかに、ディスク径は大きくはありませんが
フロントサスの動きが良いため、安心してブレーキを掛けられます。
ライバル シグナスXはフロントサスの初期の動きが良くないため
キレイにタイヤをつぶしていくようなブレーキングが難しく
初期制動力の立ち上がりがワンテンポ遅れます。
安心してブレーキングできるアドレスV125の方が好きですね。

気になるエンジンパワーですが
ノーマルでウィリーするほど
と聞いていたのですが 実際にはそれは無いと思います。
ムリムリに上げれば出来るのかもしれませんが…
テストコースで
最高速
ふせないで100km
ふせて  110km

でした。たしかにノーマルとしては速いと思います。
でも、僕の興味は他にあります。
イジッたらどんだけ速くなるのか?
です。
なにはともあれ
プーリーでしょう!!


つづく