old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
NSR50改100 (インマニ)
JUGEMテーマ:車/バイク


ビッグリードバルブを取り付けたので
インマニの形をリードバルブにあわせて削ります。



キタコのインマニなんですが
ノーマルリードバルブに合うように作られていて
これはこれで 良い製品でないかと思っています。
でも、バランスをとるのが、チューニングですから
当然、削ってしまいましょう。

白いプラスチックに合わせます。
まず、出っ張りを切ります。


で白いものを乗せ マーキングしてそこにあわせて削ります。
超硬バーで荒削り後、紙やすりで仕上げました。


んで 完成です。

気のせいかもしれんが
空気がスムースに流れる気がしませんか?
NSR 80改100(リードバルブ)
JUGEMテーマ:車/バイク


今回はリードバルブの交換です。
世の中 でかきゃー えらい みたいになっていますが、
リードバルブについては、あてはまらないようです。
NSR50,80の場合ノーマルのほうが調子が良い とか
ビッグリードバルブのほうが速い とか
いろいろな意見があるようです。
僕の知るかぎり
ノーマルのほうが上が伸び
ビッグのほうが加速がよい
ということになっているそうな。

今回の車両は排気量UPで約100ですし
加速重視ですから
ビッグのほうがいいのかな? といった感じで決定。
ではどのメーカーにするか ですが
100用チャンバーを製作してくれたり○ぷすに
オリジナル設計のビッグリードバルブがあるということで
送料を考えると一緒に送ってもらったほうがお得
ということでり○ぷす製に決定。


ノーマルと比べてみても結構 大きくなっていますね。
CR80用を加工してアルミスペーサーをかませただけに見えますが
完全オリジナルNSR80専用と言っていたので僕の勘違いでしょう。
専用品だけあって完全ボルトオンということなので
さくさく
付けちゃいます。


つかねー 
奥にあたって付きません。
まあ シリンダーの誤差があるのでしょう
当たるところを削ればよいだけです。


マジックのところを削ります。

これでOK

収まりましたね。
これで一安心です。

お次はインシュレータ、 インマニ です。



NSR 80改100 (チャンバー)
JUGEMテーマ:車/バイク


ポート加工も終わり 圧縮調整も終わり 
いつのまにか
天下時期調整も終わり
車体のほうも終わり
(フォークOH、TOPブリッジ後期、リヤサス後期、サイドスタンド移植、ブレーキOH&ビッグローター)

あとはチャンバーを残すだけに
あ 思い出した
リードバルブをでっかくしたんだ。
写真もとったんだ
まあ また今度にUPしよ

でチャンバーなんですが
100ccになっているんで容量が問題ですね
80用で足りるかな?
と悩んでいると オーナーさんが
り○ぷすで100用つくってくれるらしい との情報が!
さっそく、電話!
むむ なんだか ものすっごく話しにくい
ムズカシイコトバツカッテクル
ムズカシイコト ヨクワカラナイ
身振り手振りでなんとか 通じた様子
いい仕事したぜー

待つこと 10日くらい だったかな
来ました。
こんな感じです!
注:写真はありません
つくりもキレイだし
ボディーランゲージが効いたな これは。
と思って組みつけてみると
うーん
車体に対してナガクネ?
大丈夫かなー

結論からいうと 速い
速いです。
オーナーさんが80のモトクロスのレーサーと加速勝負したら
勝ったそうなので速いことは間違いない

でも なーんつーかこー 
オーバーレブ特性がなさすぎて
まわらなすぎでパワーバンドが狭い感じがしなくもない。
トルクがあって
グン!と加速し、ふけあがりが速いぶん 頭打ち感が強いんだろうけど
もう少しまわってくれたほうが速いと思う。
実際、峠でギヤが合わない所があるらしい
Nチビの100でそんなことがあるのは悲しいですよね。
もともと付いていたチャンバーは同じくり○ぷすの80用でした。
それに付け替えたら、伸びがあってこっちのほうが良い気さえする。
チャンバーは… むずかしいですね。

NSR 80改100 (ポート加工)
吸排気系のポートが終わったので
今度は えーと 名前なんだっけ?
ピストンリードだっけ?
つまり ここです。

ここの形ですね。
すこし変えます。

トリャー!


変わりました。ナナメの傷が壮絶な戦いを物語っています。
これに合わせてピストンを削りましょう。


あれ?加工後の写真がないなー
撮りわすれたか。ま いつものことです。

ここを加工すると たぶんセイノウが上がる気がするんです。
たぶん たぶんね。
NSR 80改100 (ポート加工)
ひさしぶりの更新です。
ええーっと。
ポート加工でしたね。

ボアアップして下がってしまったポートのうち
吸気側は修正したので
こんどは排気側です。
排気は修正程度に留まらず
がっつりパワーUPするような形状にしましょう。
ノーマルに比べ0.6mmほど上方に削り
横方向にはそこそこ削りました。



ノーマルボアアップ後



加工後

センターリブなので鏡面加工が大変でしたが
とりあえずこんな感じにしました。
走ってみてパワーが足りないようならもう少し横へ削ればよいでしょう。
(走行後、もう一度加工しなおしました。また鏡面が大変でした…)

ポート加工後、必要なのが圧縮圧力調整です。
シリンダーヘッドを1mmくらい面研して約10にしました。
ボアアップしたから圧力が高すぎるかと思いきや
7くらいしかなくて結局1mmも面研するはめに…
専用の機械などないから、高速カッターの側面でガリガリやってから
手磨きで精度を出すんですが
これはなんの修行ですか?
と聞きたくなる素晴らしい作業です。
まあ 4気筒のヘッドに比べりゃ マシですがね。

NSR 80改100 (ポート加工)
パワーを受け止める 腰下(クランクケースOH)は完成したので、
パワーの源
シリンダーをつくりましょう。
ノーマルの枯れたシリンダーを亀のメガトン100ピストンに合わせて
ボーリングし クリアランスは7/100 広めですがノック音は聞こえません。
ボーリングすると各ポートは1mm下がりました。
そのまま、慣らしのために組んでみましたが 
意外にそれなりに走ります。
ほとんどの人はこの状態で走っているのではないでしょうか?

慣らしも終わったので ポート加工しましょう。
まずはボーリングして下がってしまった
吸気ポートをノーマルの位置まで戻します。
噴出し角度もノーマルに合わせます。
普通に削ると噴出し角度がナナメになってしまうので
ポートの奥までガッツリ削ります。

加工前


加工後

吸気ポートの高さはノーマルに合わせましたが
もしかしたら0.3〜0.5m上方に削ってみても
おもしろいかもしれませんね。

続く
NSR 80改100
では 早速バラバラにします。
特に難しいところはないですね 
1時間くらいでばらせました。
まずはエンジンです。
クランクサイドベアリングを新品に交換して
ばらしたついでにクランクの芯だしをします。
さらにばらしたついでに キックレスにして
強化クラッチを組み付けます。
作業風景はこんなかんじ


クランク割ったらGKを取るんですが、これが一番地味で手間のかかる作業です。


キレイにして


芯だしして


ケースにはめて


組み付けます。


GKがはみ出ているのでカッターでツライチに切り落とします。

はい
腰下完成です。
簡単に説明すると
バラス
清掃
組み付け
の3工程で完成します。
Nチビオーナーのみなさん
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

NSR 80改100
NSR80というミニバイクをご存知でしょうか?
1987年から発売された12インチのミッション車です。
僕自身最強のミニバイクだと思っていたこのバイクを
なんと こんな時代にイジリたいという素晴らしい青年がいらっしゃったのです。
うれしいじゃ あーりませんか!

で、マシンをもって来てもらいました。
う。
ぼ ぼろい。

これはチューニング以前にすべてのオーバーホールをしないとまともに走らない
そんな状態でした。

整備&チューニング内容

車体
FフォークOH
ブレーキマスター&キャリパーOH
ビッグローター&メッシュホース
サイドスタンドカット&移植&フレームペイント
リヤサス交換
後期トップブリッジ交換&ステムベアリング交換

エンジン
亀メガトン100ピストン、ノーマルシリンダーボーリング
フルポート加工
高圧縮ヘッド加工
クランク芯だし&サイドベアリング交換
PE24&リップスBIGリード
リップス100スペックチャンバー
点火時期進角加工
強化クラッチ

その他 
たくさんタクサン細かいとこの整備

こんなもんかな?
内容的には車体からエンジンまで ほとんどフルオーバーホールですね。
この時代にここまでヤル若者がいるとは
正直 うれしいですよね
あと少しすると 
2ストってなんすか?
ってな時代が来る訳ですから 今のうちに楽しみましょうよ

2スト