old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/12)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    nike (10/12)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/09)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    サイトウ (10/08)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/07)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    超ド素人おかっち (10/07)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    old_kp (10/03)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    サイトウ (10/03)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
整備 動画マニュアル
JUGEMテーマ:車/バイク


めんどくさい と言われている 
ジャイロの駆動系の整備風景をビデオ撮影しました。
みなさんのカスタムの参考になれば幸いです。



ホイールセンターナットの緩め方

かなり硬く締まっています。
きちんとした工具でも 失敗することもあります。
ポイントは工具を踏む足を 一気に踏みおろす事。
タイヤが空回りする場合は荷台に他の人に乗ってもらうと防げます。



プーリの外し方

駆動系のLカバーは紙パッキンで張り付いています。
最初は外れにくいので プラハンマーなどで叩いて はがす事。



プーリーの取り付け方

Vベルトがフェイスに挟んでいると 完全に締めることが出来ません。
しつこいくらい 何度も締めなおし 確認をすること。
Lカバーを付けるときは ブッシュを確認し キックギヤの位置を確認しないと
カバーを組みつけてから キックが下りなくなります。



クラッチアウターナットの外し方

専用工具をしっかり固定すること 途中で外れると
怪我します。


クラッチアウターナットの締め方

専用工具をしっかり固定すること 途中で外れると
怪我します。



クラッチの外し方

同じ高さの木を用意すると 作業しやすいです。


クラッチの取り付け方

センターナットのネジのかみが悪いので スプリング無で練習することをオススメします。
本番でかまなかったら 仕切りなおしてください。
ナットがナナメに入ったら ヤバイので 何度でもやり直してください。
靴は底が固いほうが作業しやすいです。


以上は 作業の一例です。
他にも 方法があると思います。
どんどん 開発してください。



この動画製作に協力したくれた キューピーさん 
ありがとうございました。