old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
リード90 ファインチューン
JUGEMテーマ:車/バイク
 
つづき

リード100 トルクカムにしたら
センターSPはですね。

っと 答えの前に
ポイントはエンジン特性を変えていない
ということです。
たとえば、チャンバーを付けて
高回転型エンジンになっていたとしたら
違う答えになります。

あくまで 同じエンジンで 駆動系を変更すると
こうなります。という話なので
なんでもかんでも センターSPを柔らかくすればいいってもんじゃないんですよ。

高回転型エンジンだとしたら
センターSPの変更はしないで
トルクカムだけ交換すると いい感じになります。


それぞれ特性の違いを利用して一定の回転で変速させているのが
油圧や電子制御を使わない
スクーターの変速機なんですねー

ところで
答え解りました?
(^^)

ヒントのWRの重量というのは
リード90にしてはトータル33gは軽すぎるということです。
軽いWRでなおかつ変速しにくいトルクカム
な の に
最大変速までいくには
そう
センターSPは柔らかい
ということなんでした。



リード90 ファインチューン
JUGEMテーマ:車/バイク

ジャイロではニコイチで今でも活躍している
リード90ですが
そのものを乗っている人はずいぶん減りましたね。

今回はリード90ファインチューンなので
シリンダーやマフラーはノーマルのまま
エアクリーナー加工と駆動系セッティングだけをやりました。

まず
エアクリーナーですね


ノーマルは、半分くらいふさがっています。
これを

こんな感じで削ります。

シート下の吸気口まで、つながるパイプを外すと
かなり、吸気量は増えますが
うるさくなるのでNGです。

そこで

定番のツバ管です。


ツバ管ひとつをテープで塞いで
SJ45 MJ92で落ち着きました。
音量はノーマル同等です。

そして
駆動系です。
もともと、WRガイドを削ってあるという事でした。
確認してみると
たしかに削ってあります。が。

プーリーの裏側の蓋の部分に注目。
WRの痕がありますね。
つまり、これがストッパーになって 移動しない状態になっていました。
はなしは 簡単です。
裏の蓋を外せば
加工プーリーの性能を引き出せます。

そして ヤマハ用WRに変更します。
これで低速側が良くなります。(高速も悪くならない)

テスト走行後。

うっすら 外周にあとがあります。
今まではここまで変速していたということです。
裏のプレートを外し
ヤマハWRにしただけで きっちり、外周までつかえるようになりました。
なので
あえて 加工はせず費用を抑えることが出来ました。

しかし、走行フィーリングが良くありません。
純正への字では 変速ムラが大きく
不満が残ります。

そこで

リード100用トルクカムに変更しました。

これで変速ムラを抑えることが出来ます。
そして これに伴って
センターSPを変更します。
トルクカムで変速を抑えるわけですから
センターSPは 硬くする 柔らかくする
どちらだと思います?

このブログを見てくれている人なら分かるはず!?
ヒントはWRの重量です。

答えは …


また来週!


 
リード100 ワンオフ プーリー加工
JUGEMテーマ:車/バイク
 
本田2種 最後の2スト リード100

潜在能力は かなりあると思いますが
ノーマルは抑えてあるので
シャキッとしないようです。

そんなリード100のプーリー加工をしたので
紹介します。

といっても あまり写真はないんですが…

まず マフラーはノーマルでは ありませんでした。


メーカーは どこのでしょう?
わかりません。
でも なかなか 良い作りで パワー、トルク、音量のバランスが取れていると思います。

駆動系をあけると(加工後)

プーリーの前に セルモーターが!
これでは
プーリーからVベルトがはみ出るほどは 変速させることは出来ない構造です。


しかも モーターのアース線(緑)がプーリー側に付いていて
邪魔くさいので
前側に移動しました。

プーリーとの隙間があまりないのに
アースが付いているとさらに出っ張っています。


プーリー加工の内容は

プーリーフェイスのフェイス面切削
プーリーのフェイス面切削
ボス加工
トルクカム ワイドレンジ化


低速側はここまでベルトがきます。

高速側は新品ベルトで
セルモーターまでのクリアランス 1mm
のところまで せり上がってくるようにしました。

この辺は 車両持ち込みならではの ぎりぎりセッティングですね。
セルモーターを削れば もっと 変速できますが
まあ そこまではしませんでした。

あとは キャブセッティングをしましたが
MJ交換しても いまいちでした。
結局SJを一番手UPしたら トルクが出てきました。
排ガス規制モデルだから SJが薄かったんでしょうね。
(エアクリノーマル)



インプレ

フルノーマルは乗ったことがないので
わかりませんが
SJUPとプーリー加工とチャンバーの組み合わせのこのリードは
街乗り(246大和付近)でストレスを感じることは まったくなくなりました。
スタート
中間加速
最高速 (メーター使い切り)
ともに 満足できるのもでした。

他の車をリードできる リードになりました。
(ぷぷぷ)

いや リードってそういう意味でしょ?





ところで このエンジン
ボアアップで いくつだっけ?
125ccくらいになるはずですが
どうなんでしょう?
排気が追いついているのでしょうか?
25ccもUPしたら
チャンバーは専用設計じゃないと まったく走らない でしょう。
ボアアップ用チャンバーってあるのかな?
排圧タイプのノーマルもしくはスポマフなら
25ccUPに対応すると思いますが
シリンダーの排気ポートが小さすぎれば
結局 125ccを生かし切れないでしょうね。
そのあたりを対策すれば
結構安価で速くなりそうなエンジンとは思います。

すべて 思っただけですけど。