old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    old_kp (11/20)
  • マジェスティ 250 ワンオフ プーリー 加工
    old_kp (11/20)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    サイトウ (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    いちろー (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    オーミヤ (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    超ド素人おかっち (11/14)
  • マジェスティ 250 ワンオフ プーリー 加工
    aijou (11/13)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    old_kp (11/10)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    ざび (11/09)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    old_kp (11/09)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
シンユウ ヴォーグ XY150 必項整備記録
JUGEMテーマ:車/バイク

さて さて
 
いろいろ うわさの絶えない ヴォーグ150を中古で購入し
点検や改良を重ね
いまでは
納得のいく レベルまで きました。
まだまだ やりたいことはたくさんありますが
まず 当たり前の最低ラインまではなんとかしないといけません。
(おもえば うちの車体は極上だったと思います)

新車販売店が点検整備してあるモデルもあるようなので
そちらをお勧めしたいところですが
実際 それを購入した人物の話をきくと まともに走らない とのことでしたので
当たり前の最低ラインには届いていないようです。
誤解されると 困るんですが
けして
整備していないわけではないと思います。
そのままでは とてもじゃないが お売りできないレベルなのでしょう。
今回整備して よく分かりました。
まだまだ シンユウというメーカーは 発展途上にあると言わざるおえません。

しかし 4スト150ccで二人乗りできるという スペックは世界に一つしかないのも
また 事実なのです。

よって なんとか まともに走る最低ラインのレベルまで上げる
整備の仕方をまとめようと思います。



交換しなければならない物

○ Fタイヤ (お勧めは120/70-13の国産)
○ プラグキャップ (お勧めはNGKのコード一体型キャップ)
○ リヤサスペンション 
(KN製かB○◎Sで出ています。が後者のものは減衰がまったく足りず使い物になりません)

追加22.8.23
KNサスはボルトオンできませんでした。
加工が必要です。

上の平らな部分を なで肩にします。


この字の幅を広げます。
これで付きます。


整備しなければならない箇所

○ ステアリングステムの締め付け調整  (きつすぎるので緩めます)
○ リヤブレーキ調整  (分岐から調整し あとからその他を調整)   
○ スイングユニットとフレームの接触部分の切削 (車体によっては当たらないかも)

追加 
○ キャブセッティング MJを100以下にする必要があります。又は直キャブ、パワフィル。

以上 7項目は絶対に必要でしょう。
これだけやれば かなり改善されます。

あとは塗装が剥がれたり
スクリーンが曇って 前が見えなくなったり
いろんなところのゴムが逝かれたり
などなどの問題は ささいな事です。


新車から 2年くらいでこうなる車両もある。全部ではない。


あと 配線のコネクター付近は銅線がむき出しのままのところがあり
ショートする場合があるので シリコン液ガスなどで シールしたようが安全です。

それと ライト点けたときの消費電流は 最大発電を超えているので
バルブ類をLEDもしくは小ワットのものに交換したほうがよいでしょう。
とりあえず そのままなら 昼間はライトオフ 夜は信号待ちでポジションにすれば
なんとか持ちます。


Fフォークのオイル増量はなるべくやったほうが良い

というレベルです。

これは 個人が自宅で出来るかどうか というギリギリの整備だと思います。
その環境がないならば
ハッキリいいますが
ヴォーグ150はあきらめてください。
そんな 甘いもんじゃないです。
新車といえど 
中国のおっさんが個人で 
ここまで作ったよ!安くするから どう?
って程度の製品だと思わないと 痛い目にあいますよ。

買ったはいいが 乗らなくなり 廃車への道を歩むでしょう。
しかし 6項目をやれば まともになる 
とわかっていれば それほど難しいことではありません。

実際 整備したヴォーグは誰が乗っても 
違和感無く 普通に乗れるようになったのですから
ぜひ チャレンジしてみてください。

もし 自分で整備できないが どうしても乗りたいという人がいたら
シンユウ ヴォーグ150ではなく
CUBIC TRIKER SL150 
というモトリペさんとこで扱っているマシンを購入されたらどうでしょうか。

モトリペさんが整備したメイメイという三輪に乗ったことありますが
きちんと乗れました。
もともとはとても乗れるようなマシンではないのですが そのへんは流石といえます。

リヤサスも●◎○●が扱っているゴミサスではなく 減衰がでている製品を使っているようです。
京都は遠いというかたもいる思いますが
近くても まともに整備できないお店で購入しても まったく無意味です。
モトリペさんが整備した車両なら 安心です。













でも まぁ  ジャイロのほうが 全然いいけどね。
ホンダに感謝ですよ。