old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キムコ DINK200
JUGEMテーマ:車/バイク

まず 駆動系をばらしてみましたが
プーリーを使い切れていませんでした。
プーリーを使いきれるようにして +5km位UPってとこでしょうか。
はみ出すようにしてどこまで伸びるのかは エンジン次第といったところです。

問題はベルトの長さです。
もちろん長すぎるベルトは無意味ですが
この車両は短い 短すぎます。

長いのないかなー? と調べると おく で売っていました。
さっそく注文。
ちょうどよい長さで完璧だぜ!って感じでした。


プーリーはベルトがはみ出すまで変速するようにしました。


このトルクカムは曲者で
中心のフェイス面がない部分の直径が大きく
ワイドレンジ化しても それほど落とし込めないのです。
それでも ギリギリ内側までフェイス面を作りました。
あとは 長いベルトでFプーリー側にもっていきます。

とりあえず WRはそのままで組んでみました。

高速側の変速幅より
低速側のほうがより ローギヤへ落とせたので
発進はずいぶん楽になったのですが
ローギヤになったので クラッチミートが高くなってしまいました。

ローギヤゆえ
発進は十分良いので
乗りやすさ重視にします。
渋滞でゆっくり走るには不向きなので
ジャイロのウィナーSPに交換し ミートタイミングを下げて
発進しやすく クラッチの負担も減り ジャダーも消えました。

加速してみると WRがそのままなので いままでより低めの回転で進みますが
トルクがあるので 特に問題はありませんでした。
静かだし 燃費もよくなるということで
とりあえず このまま お客さまに お返しし 乗ってもらうことにしました が

帰りに高速にのってプチツーをしている最中に
ベルトが切れてしまった とのことで 迎えにいきました。

おかしいなー そんなへんな加工していないんだけどな…
 
と思いながら お話をきくと

いままで9000オーバーででていた115 が8000位で出ていた
そのまま118までいったら 切れた

ということでした。 うむー 変速させすぎたかなーと ベルトを再注文し
高速側の変速をおさえる再加工をし
お返ししました 



またもや 切れた。。。

こんどは 100くらいで切れた とのことなので 最大変速のだいぶ手前で切れたことになります。

これは もしや
いや 間違いない。
ベルトが悪い。

中華ベルトだったのですが
見た目に問題がなくても 強度に問題があったようです。



結局 信頼のおける 純正ベルトを使うことにし 最加工することになりました。

しかし 短すぎるベルトゆえ ドリブンを最大まで落とし込んでも
Fプーリーの端までベルトが届きません。
どうしようか?と試行錯誤を繰り返し
テストを重ねていくと 
だんだん パワーダウンしてきました。
あれ?
おかしいなー と思いながら 
深夜だったのでテスト終了し
次の日

はい エンジン掛かりません。
点火していません。
たぶんCDIが壊れたようです。

なんて タイミングで壊れたんでしょうか!
これでは うちのせいでCDI壊れたのでは? と勘違いされてしまう恐れがあります。
しかも価格は3万以上と高額です。
中古車両で 年式的に メーカー保障も切れています。

ところが お客様は 
うちが原因ではなく ただ 壊れてしまった 
とすぐにご理解していただきました。

ほっ。。。

部品注文のついでに ベルトも新品を頼み 新品ベルトで再加工することになりました。

さいわい 点火不良の原因は間違いなくCDIだったので 安心して駆動系に入れます。

さてと
新品ベルトは さらに太い 
ドリブンの落とし込みもすでに限界

どうすりゃ いいのさ 

悩みに悩んで 連日 テストは続きます が 打開策が見つかりません。

これはもう 他車のドリブンを流用して 落とし込みを増やすしかりません

どれが流用できるのかなど 分かるはずもなく 
買ってみて 外れたら 自分在庫にするしかありません。
それでも シグの買ってみようか? とか思ってみたり…
もう 意地ですよ。
当然 再加工代金はいただいておりませんので やればやるほど赤字ですが
いままで ワンオフ加工で出してきた実績に あきらめるというのが加わるのが許せません。
意地
意地です。

はて?そういえば?
これは?
まさか?まさかの

ヴォーグXY150のドリブン

どうなの?

おおおお?

小さい 小さいです。
内側のフェイス面がない部分が小さいです!
これで落とし込めます。
もちろん そのまま使える訳じゃありませんが
内側のフェイス面さえあれば
そのほかは 何とかなります。

内容としては
ヴォーグドリブンは 低速側のベルトの挟みこみが甘く すべるので
フェイスを潰し
きつく挟めるようにします。
そうすると ゆがみが出るので 叩いてある程度修正し
あとは旋盤でキレイに仕上げて
内側のフェイス面を削りだし
完成。
Fプーリーの端まで変速できるようになりました。


これにDINKのクラッチを組み合わせて とりあえず テスト

なんと 発進時 ジャダーが出るようになってしまいました。
調べると
クラッチアウターのオフセットが少しずれて
シューとの当たり面がずれてしまい アタリが変わってしまってジャダーがでているようでした。

ならば と
クラッチオフセットワッシャーを製作し
調整してみるものの

うまくいかない。

こんな微妙って クラッチのシューの素材も問題あるんじゃないかな。

そんなら ヴォーグのクラッチとアウターに入れ替えて テスト。

おお
完璧です。
ジャダーが消えました。
少しサイズが小さいんですが
ローギヤ発進できるのでクラッチの負担が少なく
問題ありませんでした。
なにより アウターを含め かなり軽量になったので
レスポンスUP!
よかった よかった。

さて このまま お返しは出来ません。
また ベルトが… なんてことは絶対 さけなければいけません。
なので
深夜のテストコースで 何度も何度も 往復し 耐久テストもやりましたが
問題は出ませんでした。
やはり 原因は中華ベルトだったようです。

テスト時は 平地 8000位で118と +3でした。
レブっていないので ずいぶんイメージが違います。
ちょっとした下りで 120でしたが まだレブには届いていません。
最初の予想 プーリー端までで +5km位の通りでした。

WR調整もして 発進 加速 最高速 と出来る範囲で満足いく状態になったので

やっと お客様にお返しできます。

お帰りは またも プチツーだったらしく
箱根の峠も 気持ちよく走れた とのことでした。

だた 高速道路での最高速付近の回転がもう少し高いほうが よいとのことでしたので
また 再加工する予定です。

大変長い時間が掛かってしまいましたが
お付き合いいただいた 
お客様 
クロスポイント キューピーさん
おつかれさまでした。
そして
どうもありがとうございました。


 
 
 
キムコ DINK200
JUGEMテーマ:車/バイク

外車バイクのキムコのDINK200のワンオフプーリー加工をしました。



こんなバイクです。
125のボアアップ版ですが 現在は新車販売はないそうです。
プーリー加工まえに どんなバイクか少し紹介します。

正確な排気量は180ccなので 日本においてはある意味中途半端ではあります。
白ナンバーなら250ccは欲しいところです。
しかし 問題はそこではなく マシン全体の仕上がりなんですが
これがまた 素晴らしいの一言です。
正規代理店の社長さんともお話しましたが
ハッキリ言って 国産をとっくに追い越したクオリティーを持っています。

サスの動きもいい(国産のノーマルは不満だらけ)
ブレーキも前後とも超扱いやすく 減速は思いのままです。
メットインのダンパーやライトも至れり尽くせり
タンデムステップはワンタッチで操作 格納できます。

極めつけはエンジンの振動です。

ピアジオ車や国産(コマジェ マジェ シグX V125 などなど)
に比べると まったくといっていいほど
振動がありません。
ワンオフ加工するときは
センタースタンドであげて カラ吹かしで最大変速までチェックするんですが
今までは 振動で ガガガっと動いてしまうのでゴムを敷いていた訳です。
まあ 当然そうなるだろう と思っていましたが
コイツは違います。
なにも敷かなくても 1mmも動きません。
これはもう単気筒とは思えません。
4気筒くらいあるんじゃないの?
ってくらい スムースです。
ビックリしましたよ。
ほんと。

そんなこんなで 国産バイクがカスのように思えてしまう
ハイクオリティーバイクでしたが
いかんせん
排気量が足りず
レブにあたって(9150くらい)
115しかでないとのことでした。
それと 発進のクラッチジャダーが気になるとの事。

さあ ここから どれくらい改善されるのか?

つづく