old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
チューニングエンジンにおける 燃料確保の重要性 (実は単に新製品の紹介)

JUGEMテーマ:車/バイク




なかなか、どうして。
ブログを更新する時間がとれません。。。(汗)


突然ですが緊急告知!!
第6回スリミ開催いたします!
毎度おなじみサーキット藤野にて5月3日!
詳細はまた改めて!!!!!!!!!!!!!!!!!




えっと… 燃料確保ってのを簡単に言うとですね。

エンジンが必要とする燃料を送り出すポンプがきちんと機能していないとパワーは出ない

という事です。
そして、それが2サイクルエンジンだと

2サイクルエンジンが必要とする燃料を送り出すポンプがきちんと機能していないとエンジンは焼付く

ま。そういう事になります。


簡単に言ったつもりですが、これを簡単に理解できるかと言えば…
それは中々難しいのかもしれない。

最近はそんな風に感じています。
たとえば、


質問   RZ250のキャブセッティングしたいんですけど、プラグは何番を使うんですか?

答え   ノマフなら7番、チャンバーなら6番以下ですね。



このやり取りを聞いて、すぐに 

「なるほどね。すぐわかったよ。ありがとう!」

なんて、言える人はもしかしたら稀なんだと、思うようになりました。

何の話?
燃料ポンプの事も同じかなと、、、 つまり、この話はどこかの教科書に載っていた事ではなくて
僕自身が経験から見つけた事なので、僕はわかるけど それを人に伝える難しさを感じているんです。


と。
いうことで。
よく分からないけど、なんとなく分かったような気がする。。。人達に送りたい新製品!!



ジャイロ専用ディオポンプの紹介をしたいと思います。

あ、ディオポンプ流用って いろいろな取り付け方がありますので自分なりに付けられる人はそれでいいと思います。
あくまでも僕の経験からトラブルの出にくくて簡単に取り付けることが出来きるポンプを作りましたって製品です。






えっと、まずはこれを見て頂きます。(よく見るとホースの取り回しが違います)
左がホンダ純正ポンプ右が当社加工品です。
これは何をやっているかというと、燃料の流量チェックです。
多摩ピットに協力してもらいました。
テスト結果はざっくりノーマルの二倍ありました。

あ、アドレス110用の燃料ポンプ圧力高いので強化ポンプとして使えるという情報があって試したことがあるのですが
あれは本当に圧力が高かったです。
流量と圧力は似ているようで全く違うものでして、、、
圧力の高いアドイチポンプはオーバーフローしてしまう事がありました。
キャブレターはフロートで燃料を止めているので、あまり高い圧力だと使えないのです。
じゃあ、ノーマルのアドイチはなんで大丈夫なの?って疑問はありますがビックキャブでオーバーフローしていたので、チューニング用としては使い方が難しいポンプですなのかもしれません。
(アドイチポンプのデーターはそんなに多くないので、どんなエンジンだとオーバーフローしてしまうのか?うちではわかりません、すみません)


お次はこの画像です。


中華製ポンプの中身です。
見て頂きたいのはバリの多さです。

ディオポンプは大まかにいうと、ホンダ純正ディオポンプと中華ディオポンプがあります。
言わずもがなですが、違いは価格にあります。

もう一つ 大きな違いは製品のクオリティーです。

中華製は燃料通路にバリが多く、燃料の供給量が安定しません。
安いけどハズレを引いたら燃料が足りなくなる可能性があります。
2サイクルでそれは焼き付きに繋がります。




そのバリを丁寧に取り除いてですね。


ここも鋳物の合わせのバリがひどく漏れに繋がるので、バリを取り除きます。


他にも加工場所はありますが、
こんな感じでバリ取りをして組み立てるのですが、中華製は品質が悪いので一度バラすとパッキンからの燃料漏れが高確率で起きます。
そこで面出ししてから耐ガソリン液体ガスケットを塗って組み立てるのです。




この製品の最大のポイントは流量が2倍という事ではなく、負圧ホースの取付位置がジャイロ専用になっているという事なんです。



古い写真で申し訳ないですが、ディオポンプをそのままこのような形で取り付けると負圧ホースが下向きに付きます。
下向きのホースにガソリンが溜まり、邪魔をしていき少しづつ燃料が供給されなくなっていきます。。。
2サイクルでこれは…焼き付きます。(涙)





こちらは負圧ホースが上向きになっています。
これなら負圧ホースに燃料が溜まることはありません。
これで安心して全開に出来るってもんです。
(これが判明するまで、結構なやみました)








見て頂きたいのはポンプ手前の純正燃料配管です。
純正をそのまま使っています。
この取付方法だと、純正をそのまま使う事ができて取り付けが安易になります。
そして、余計なステー類を使うことなくボルトオン出来て尚且つ耐久性も実証済みです。
分かる人には分かるの思うのですが、
ディオポンプステーって高確率で折れたりするので、悩みの種なんですよね。
あ、ピンクのホースはホームセンターで売っている耐油ホースですので入手は容易です。



さ て と。

引っ張りまくった今回のポンプ紹介ですけど…
チューンドエンジンにおいては


中華ディオポンプは安いけど燃料流量は安定しないし、負圧ホースが下向きで燃料供給が不安定になる。

ホンダ純正ディオポンプは、燃料流量は安定するが負圧ホースの向きが下向きで燃料供給が不安定になる。

シンコーメタル製はホンダ純正ディオポンプの2倍の流量があり、取り付けが安易で燃料供給は安定している。







長年、ジャイロを弄ってきてたどり着いたひとつの提案です。
興味のある方は…
えーっと これは多摩ピットにお問い合わせください。
在庫全部渡してしまいましたので(笑)







チューニングエンジンにおける 燃料確保の重要性 (実は単に新製品の紹介)

JUGEMテーマ:車/バイク



つづき



えっと なんだっけ?

答え合わせでしたね。

>クランク室の負圧と正圧で使うディオポンプを負圧のみで使ったら?
>燃料の供給量に違いは出るのか?出ないのか?
 

という質問でした。

答えは 違いは出る。 でした〜 


あったりまえだろ!と思う人が大多数だったのではないでしょうか?(^^;;

では、燃料供給量のちがいって?どれくらいなのか?
負圧のみで駆動させるのだから吐出量は半分になってしまうのでしょうか?


構造を見ると分かるのですが、燃料を押し出すためのスプリングが入っています。
このスプリングを負圧で引っ張って、スプリングが戻る力で燃料を送り出しています。
正圧側はスプリングが戻る手助けをしているにすぎません。

なので、負圧のみで使ったからといって燃料が半分しか来なくなることはありませんが確実に減ってしまうのです
これは大変危険なのです。
とくに2サイクルで燃料供給が追い付かなくなると、少しづつ油面が下がり混合気が薄くなっていくのです。
むしろ、ガス欠のように一気になくなれば問題ありませんが、少しづつ混合気が薄くなるとエンジンは焼き付いてしまいます。

つまり、燃料供給が足りなくなるとエンジンが壊れてしまうのです。



では、ジャイロをチューンする上でどの辺がラインなのか?
少し紹介します。

まず、49ccでマフラーがノーマルなら、燃料ポンプは必要ありません。
(もちろん、取り付けても問題ありませんが)

68ccにしたら必ず必要です。
(マフラーやキャブがノーマルなら純正の負圧ホースだけでOKです)


ここがややこしいところなので、ディオキャブを使う人は要注意です。
まず最初にディオキャブの燃料の通路の話をします。
ここを理解しないと訳が分からなくなるからです。

(事実、以前にディオポンプで負圧のみ、負正圧で使うのどちらが正しいのか?という議論が熱く盛上がった事があります。大勢の人が意見を寄せましたが誰もが納得するに至りませんでした)


ディオキャブの燃料の通路というのは、燃料ホースがキャブに刺さって内部を通過してフロート室に落ちていく所を示します。
ディオキャブはこの通路の一部分が非常に細くなっているのです
ここで燃料が絞られることで、他のキャブ(特にビッグキャブ)と比べて燃料が流れにくいキャブという事を理解してくださいね。



という事で話を進めると

ディオキャブでポンプを負圧のみでのOKラインは75/h位までです。
75km以上は燃料ポンプは負正圧で使う必要があります


ビッグキャブは、負圧のみでもかなり大丈夫のようです。
これは以前の議論から、ビッグキャブで80kmは出るチューンだけど負圧のみのディオポンプでOKという話が出ていたことからの推測です。

それ以上のチューンで負圧のみ駆動のポンプでどこまで足りるのか?は分かりませんが
CRシリンダーを搭載したジャイロエンジンは最終的には、ディオポンプ二個掛けの燃料を必要としました。


そんな、めんどくさいディオキャブを使わなければいい??
ところがディオキャブとは純正流用なので取り付け簡単でオートチョークも使えるといった具合で使い勝手が大変良いのです。
なので、ディオキャブを選択している場合は、ディオキャブの通路の細さを理解したうえでセッティングをしてくださいね。


という事で
次回はやっとこさ 新製品の紹介となります。
どうぞ、よろしくお願いします。





チューニングエンジンにおける 燃料確保の重要性 (実は単に新製品の紹介)

JUGEMテーマ:車/バイク



今回は長いです。
しかも、つまらない話です。
あ。。。
いつもそうか!?





エンジンをチューニングするといっても、
車とバイクではアプローチが違います。

注目は燃料タンクの位置です。
車はエンジンと同じ高さか それより低い位置に燃料タンクがあるので自然には燃料を供給できません。
しかし、バイクは基本的に燃料タンクはエンジンの上についているので、ホースを繋げば勝手に燃料は流れます。


これが原因で認識に違いが出来ていきます。


車をチューンする場合は、当然であり基本中の基本 燃料の確保を一番最初にやることとして認識されています。

では?

バイクはというと、むしろ 燃料の事を考えたことがないままチューンをし続けるチューナの方が多いです。



これは当然と言えば、当然ですよね。
だって、重力で勝手に燃料が流れてくるんですから!



こんな話をしていると 意見が分かれます。


バイクだって燃料ポンプは一番最初に考えてますよ!って世代。

キャブレター時代 → インジェクション時代

ジェネレーションギャップ!!


そう! もはや キャブチューンは過去の遺産!!


一応、言っておきますが、私はそんなにジジイではありません。
若い頃で既に車の半数はインジェクションでしたからね!
ただ、エンジンチューンする場合は、コンピューターチューンがそんなに良くなくて
それだったらキャブチューンした方が手っ取り早かったのです。
部品が手に入りやすいという理由でソレックス44+フタバ電磁ポンプでした。
あのココココ コココ ココ コッコッコッコからのキュキュキュブフォ〜ん!!ってのが堪らなくこう…
あ、今回はそんな話じゃなかった(^^;;



えーっと そう。
その時代、バイクは100%キャブ車でした。


という事で 
世代にもよりますが、バイクのチューナーはスタート時点では燃料供給のことは考える必要がなかったのです。
そして、時代は流れ パッソルが登場しました。
いわゆるスクーターの登場です。
あの時代は個性的なスクーターが多数販売され、その新車CMをTVでやるほどの勢いがありました。
いまや芸能界で知らない人は居ない 明石家さんまさんも出演されていたんですよ!

そして、スクーター界に革命がおこったんです。

メットイン!!の登場です。
流石!スクーターの創始者ヤマハです!
しかし、この時点ではまたエンジンより高い位置に燃料タンクがありました。

それから、しばらくしてヤマハの流行をかっさらう事にかけては天才だったホンダがひそかな革命を起こしました。
邪魔な燃料タンクを足元に移動して、メットイン容量の拡大を図ったのです。


ここで僕の知る限りですが、
初めてバイクに燃料ポンプが付いたのです。
フタバの電磁ポンプではなく、ホンダ純正の負正圧ポンプでした。



この時点ではバイクに燃料ポンプがついたところで、ただ単にディオやリードはそういうもんだ。という認識でしかありませんでした。


そして、時は流れ… ホンダ ジャイロが誕生し…


いや、どうだ?
いちいち調べるのがめんどくさいので あれですが、
むしろ、ジャイロの方が誕生早くないかな?

ま、そこは重要じゃなくて、
重要なのは時は流れて販売以来何をやっても速くならないと(へたすっと四半世紀)言われ続けてきたジャイロを
本気で弄り倒し、ポイントを見つけ出して本当に速くする男達が現れてきたのです。







知らない人のため講座

ジャイロは他のバイクと同じく、燃料タンクはエンジンより上にあります。
しかし、燃料キャップは上にありますが、燃料の出口(燃料ホースが付くところ)はエンジン(キャブレター)とほぼ同じ高さです。

簡単に言うと 燃料が減ってくると少しづつしかキャブに流れないんです。
もちろん、パワーのないノーマルエンジンの燃料消費なら問題ありません。






そんなジャイロをチューンをして本当に馬力が出てくる(つまり燃料を食う)と????
ここで初めて燃料の確保が出来なくなってきたのです。


しかし、ジャイロパイセン達は試行錯誤の末、同じホンダの燃料ポンプを流用することを発見したのです。

(もう、BGMは中島みゆきですね!)





もちろん、ジャイロ新人の私も先人の知恵を遠慮なく使わせていただきました。
しかし、その後 流用ゆえに問題が起きてしまったのです。




えっと

ホンダの燃料ポンプは現在ではディオポンプと呼ばれていますが、
基本的には負正圧ポンプという物です。
ピストンが上下するときに掛かるクランクケース内の圧力を利用したポンプです。
ディオやリードはこのポンプを駆動するためにクランクケースから圧力ホースを取り出しています。
クランクケース圧力は負圧と正圧が交互に入れ替わります。


簡単に言うと、プラスとマイナスの圧力の両方を使って燃料ポンプを動かしているのです。


ジャイロは燃料ポンプという物はなく、
負圧コックという物が付いています。
これは負圧で燃料コックをONにするという物です。



ジャイロにディオポンプを流用して取り付けると、
この負圧コックの配管に取り付ける事がほとんどになります。
すると?どうなるのでしょうか?





それでは 質問です。



クランク室の負圧と正圧で使うディオポンプを負圧のみで使ったら?
燃料の供給量に違いは出るのか?出ないのか?
 







実のところ、単純に新製品を紹介しようと思っていたんですが…
なぜか?ペンを取ったら(キーボード操作)こんな話になってしまいました。
そして、大変強烈な睡魔が私を襲って来るのです。。。




それでは、みなさん!
また会いましょう〜!!
それまでに答えを考えておいてくださいね。
では、おねすみなさい。









ディオポンプの取り付け
JUGEMテーマ:車/バイク

ジャイロチューンすると足りなくなる燃料を補うために
純正の負圧コックから
ディオの燃料負圧ポンプに交換する必要があります。
その際、負圧ホースを挿す部分が下を向いていると
稀に燃料が溜まってしまい
負圧を邪魔してポンプが正常に動かなくなるときがあります。


(^^;;
ホースバンドを後でやろうと雨の中 置いていたら
みごとに花が咲いていました。
手前のホースが負圧なんですが
これはあまりオススメできません。




こんな感じに一度ばらして 組みなおせば出来ます。
こうすれば、負圧ホースが上を向いているので、ガソリンが
溜まることはありません。

しかし、ここで問題が発生するときがあります。
一度ばらすと
黒いパッキンの隙間から、ガソリンが漏れて漏れて仕方がなくなる場合があります。
もちろん、そんなことにならないポンプもありますが、
お漏らしするようになってしまったら
アテント…
液体パッキンを塗れば漏れを止めることが簡単に出来ます。
もちろん、耐油性の液体パッキンを使って当たる所に塗るんですが、
すぐに組まず
表面が乾いてから組めば失敗しません。
乾くと肉厚が出て
多少のゆがみがあっても 漏れを止めてしまうのです。

さあ、そこのおじいちゃん!
さっそく、トライです。
乾いてから穿くんですよ! 
ジャイロ キャノピー ディオキャブ
JUGEMテーマ:車/バイク

ビッグキャブの美味しいところを引き出さなかったため
ノーマルマニ+ディオキャブ+ノーマルエアクリ改
に戻します。

問題は ディオポンプを駆動させる負圧です。
ディオはもともとクランク負圧ですから
ポンプの性能をきちんと発揮させるためには
ジャイロでもクランク負圧でないといけません。
(供給不足にならないのなら 単なる負圧でも可)

ノーマルマニでクランク負圧を取るためには
ケース加工が必要かな?
と漠然と思っていましたが
柿屋(もうすぐ梨屋)さん経由でMAXさん情報をいただき
ノマニでもクランク負圧取れることがわかりました。
どーも ありがとう ございました!

そうと分かれば早速 加工!

お互いに掘っていけば
シータとパズーが奥でガッツリ握手でございます。(海に捨てないで!)

タップ きって ニップル取り付け。
まるで そこに付けてください と言わんばかりの形状でした。
(初期UPにはない らしい)


リードバルブはここ


んで 完成!
ちなみに これはノマルリーバルブ改です。
真ん中の仕切りを切って枠を少し広げて
来た庫?だっけ?系N?
カーボンシート汎用を切り出したものです。
シートはハサミで切れます。
穴はキリであけると 割れません。
あとは紙やすりで縁を整えれば完成です。
ノーマルより耐久性は落ちるけど
安価で出来るし すこしだけ フィーリーングー↑♪
です。 


さて
インプレ

まず オートチョークがいいです。もうサイコー。
ビッキャブにくらべ
低速トルクUPするので 発進が良くなりました。
(3丁UPハイギヤ入っているのでノーマルタイヤとはいえ 発進はシビア)
乗りやすく燃費もよく
最高速も変わりません。

てか

前回は下りで95付近でガス欠でしたが
今回は95以上出ませんでしたがガス欠はなし
そのまま87付近で3キロほど
最高速で走りっぱ でも ガス欠にはなりませんでした。
クランク負圧成功!
といったところでしょうか。
ディオポンプ
JUGEMテーマ:車/バイク


ジャイロ系をエンジンチューンすると
必要になるディオポンプ
年式により形が違うようです。
比較的あたらしい形状の物を試してみました。





結果からいうと
当然のように問題なく使えました。
薄くて取り付けしやすいともいえます。
ついでに
ポンプの取り付け位置と不圧の取り方のテストデーターを公開します。
そんなたいしたことではありませんけど。

キャブの近くにポンプをつけた場合
不圧のみで問題ありませんでした。

キャブから離れたところにポンプをつけた場合(フレームなど)
不圧だけだと、少し不安です。
キャブセッティングして空になったフロート室にガスを送るとき
ものすごく時間が掛かりました。
実走行では問題は出ませんでしたが
こういった場合
不正圧できちんと作動させたほうが良いでしょう。
固めのホースを使うのも良いかも知れません。

注意:本来ディオポンプは不正圧で作動させるポンプです。



追加記事

現在は確立された情報ですが
ジャイロをカスタムする際はディオポンプが必需品です。
しかし、ディオキャブの場合、燃料が通る通路が細いので
ディオポンプを負圧のみで駆動させると能力不足になります。
ビッグキャブの場合は燃料通路が太いのでそれほど問題にはなりません。
どちらにせよ、ディオポンプはクランク負正圧で駆動させることをオススメします。