old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    old_kp (11/20)
  • マジェスティ 250 ワンオフ プーリー 加工
    old_kp (11/20)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    サイトウ (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    いちろー (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    オーミヤ (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    超ド素人おかっち (11/14)
  • マジェスティ 250 ワンオフ プーリー 加工
    aijou (11/13)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    old_kp (11/10)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    ざび (11/09)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    old_kp (11/09)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ウッドラフキーの取り付け方
JUGEMテーマ:車/バイク
 

新車のままなら、ほとんどトラブルが出ないが一度整備するとなぜかトラブルが出やすい部分。
それがウッドラフキーです。
ウッドラフキーはジャイロの場合、発電のアウターローターの位置決めに使われています。
ただの回転部品ならば、位置決めなどいりません。
テーパーになっているので、差し込んでナットで締めこめばずれることはありません。
しかし、原付の場合点火時期をここで取っているので、位置がずれる=点火時期がずれる のでしっかりと位置決めをしているのです。

それではローターの差込部分を見てみましょう。

こっちが内側です。
テーパー部分に溝がありますね。


こっちは外側です。

何か気がつきませんか?
良くみて下さい。
溝の深さに違いがあります。


外側の方が深い溝が掘ってあります。
ですので、ウッドラフキーは深い溝に合わせて組むと失敗しにくくなります。



すると、このようになります。

よくあるのがテーパーの角度に合わせて組んでしまう事です。
そうすると、ウッドラフキーの飛び出しは全体的に0.5mm位しかなくなります。
これではうまくキーと溝を合わせられなくても、仕方ありませんよね。

しかも、そうやって組まれたウッドラフキーはズレて組んでしまったとしても、パッと見では判断できない場合が多く、悪いことにそのまま何となく走ってしまうんです
その結果、振動で少しずつ緩んでしまい最悪の場合テーパーを傷めたり、ウッドラフキーやキー溝破損など…
クランクを交換なんてことにもなりかねません。


皆さん 注意してウッドラフキーを入れてくださいね。
でも、最大のポイントはですね。
ローターを入れたときライトを当ててキーの奥のほうをよーーーーっく何度も何度も確認することが一番大切です。
たとえば、ピストンピンサークリップも同じことが言えます。
入れるのが上手とか下手なんて、あまり関係ありません。
ちゃんと嵌ったのか?
何度も何度も確認して、ちょっとでも怪しかったら何度でも何度でもやり直すことが一番大切なことだとわたしは思っています。



それでは皆さん ごきげんよう。