old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
グランドアクシス100 OHついでの駆動系チューン
JUGEMテーマ:車/バイク

友人からグランドアクシスのメンテナンスをして欲しいと連絡があったので
仕事の合間にちょこちょこ弄りました。

実は数年前に僕が何かをした車輌なのだが
その内容はまったく覚えていませんでした。

まずは駆動系を開けてみましょう。
 

なに!?


(゚д゚lll)
こんな状態で走っていたんですか…


トルクカムはホンダ純正のようになっています。
溝の下側にはグリスが固まっています。
Vベルトが痩せて変速が出来なくなり、そのまま走り続けたことでこうなったのでしょう。


掃除してみるとS字溝になってしまっています。
メンテナンスは大切だということを実感します(^^;;


さて、どうするか。
プーリーも純正をワンオフプーリー加工してありました。
どうやら、昔の僕がやったようですが 覚えていません。
しかし、現在の自分からみると 旧世代の加工がしてありました。
すこし恥ずかしいので写真は載せません。
(撮り忘れただけですが)
このプーリーも摩耗限界を超えていました。




アドレスV100でもお世話になった。
KN企画さんの駆動系セットを選択。
ハイスピードプーリーとベルトとWRとトルクカムワッシャーとボスワッシャー2枚が付いています。
お買い得感ありますね。




こんにちは
KN企画のまわし者です。(笑)
この駆動系キットのセットアップを探ろうと思います。

いろいろ試してギリちょうど良いところが見つかったので紹介します。

まず、

1、純正のボスワッシャーを外して、KN付属のボスワッシャーを二枚入れる。(ボスは純正)

2、トルクカムワッシャーを入れる。

以上です。
あとはWRセッティングをするだけで大丈夫です。
これ以外の組み合わせは問題が出るので、やめといたほうがいいですね。


さて、この組み合わせだと
プーリーの外周5mmほどが使えないまま残ります。
これがとても重要なんです。
これ以上変速させるとベルトに負担が掛かり、最悪切れます。
欲をかいてはいけません。
ワッシャーを追加して多少ワイドに開くようになったとは言え
ドリブン側のベルトの落とし込みがこれで限界なので、無茶なことは出来ないのです。
これでも新品ベルトでは多少引っ張りすぎるので、ベルトが馴染むまで最高速アタックは出来ませんのでご注意を。


ドリブンの低速側はここまできます。
ベルトが馴染むともう少し飛び出して来るでしょう。





左 強化の赤スプリング
中 Gアク純正
右 4ストJOG純正

先ほど旧世代のいじり方といいましたが
センタースプリングを強化の赤を使うセッティングにしていたってことでよくわかります。
センタースプリングを縮めるためにエンジンパワーが使われているので強化スプリングはロスが多すぎるのです。

これはプーリーの変速特性によって変わる内容なのです。
以前加工したプーリー特性には赤スプリングが合うんですが、それだとパワーロスがある。
逆にKOSOプーリーには赤スプリングは合わない特性なので、
柔らかいスプリングが使えるようになる、と言えます。

あ そうそう ドリブンは程度の良い中古に交換してあります。

この車両はエンジンはノーマルなので 一番柔らかいスプリングを選択しました。
硬い順に書いておきましょうか

G悪用強化スプリング各種
G悪純正  
2ストJOG用強化スプリング各種   
2ストJOG純正
4ストJOG用強化スプリング
4ストJOG純正

となります。

ジャイロ用のセンタースプリングの試作を20本近く試した私から見ると
この4ストJOG純正スプリングは惚れ惚れする細巻です。

問題があるとするならば
セット荷重が低すぎるとスタート時にベルトが滑ってしまうことです。
これは試してみないとわからないのでチャレンジです。


裏側にモリブデンコーティングを焼き付けて


WRはこれを使います。
KOSOプーリーはJOG用のサイズを使いようです。

トータル約53gあたりを狙っていたので
特価500の7.75gを逆算して10gを買ったというわけ。
お安く済みました(^^)
ゼロとデイトナを使う理由はあとで。





53gではエンジン回転が上がらなかったので
10gのWRを削って48gに合わせてみました。
これくらいが穏やかに走るのにはちょうど良いかな?
オーナーさんは飛ばさない人なので(^^)


これがデイトナのWRを使う理由です。
モリブデンコーティングと組み合わせると変速でWRが転がりやすくなるのです。
どうです?
すごいでしょう?

知らない人は丸いWRはコロコロ転がるのでは?と思うかもしれませんが
現実は転がることはほとんどなく、偏摩耗してしまうのです。
転がることによって偏摩耗を防げるので耐久性が大幅に向上するのです。
多少 お高いWRだけど 結局お得なんです。


それでは インプレといきますか。
あとで気がついたのですが この車両はエアクリーナーの吸入口が追加されていてMJを上げてあったので、完全なノーマルではありませんでしたが、それほどパワーUPはしていないと思います。

心配していたスタート時のベルトの滑りですが
最初 すこし滑りましたが ベルトが馴染んでくると 滑りも減ってきました。
しかし、ほんのちょっとだけ 滑っている症状が出ている気がします。
もっと、ベルトが馴染めば消えるのか?
現段階ではわかりません。
しかし、大した問題にはならないレベルです。
(ボアアップとかしたら、もう限界でしょう。4ストJOG用強化などエンジンチューンのレベルによって選択する必要があります。しかし、G悪強化スプリングを使うレベルのエンジンは街中レベルだとほとんどないでしょう。)
48gでのんびり走れるので、もう少しキビキビ走りたい人は44g前後を狙うとよいでしょう。
滑りが心配な人は4ストJOG用強化スプリングを買っとけば安心です。
その場合48gでもフケが多少良くなる方向に移ります。



あ そうだ 48gなんて軽すぎない?と思う人はG悪に詳しい人です。
実際、G悪純正スプリングの時は54gでも結構フケましたからね。
軽いWRでもちゃんと変速する特性は 新しい感覚ですよ。
一度経験したらやめられないです(笑)
軽いとWRの負担も減るので磨耗しにくくなるし、再加速のツキも良くなるし、速度が出てても疲れないし、パワーロスが少ないから加速、燃費も良くなるし 
とまさに21世紀仕様です。

(エンジンフルチューンで強化センタースプリングの特性を否定しているわけではありませんよ?サーキットとかなら、そういう方が楽しいですし)


次回は駆動系以外のメンテナンスを紹介します。





コメント
from: サイトウ   2014/09/26 10:24 AM
軽いWRでも吹けるセットアップはまだまだかなりの人々に理解されないですね(T_T)
from: old_kp   2014/09/26 12:26 PM
軽いWRでも吹けるってのは、速度がちゃんと出ますよって意味ですよね?
軽いWRなら吹けるのは当たり前なわけですし(笑)
これをいきなり理解しろっても、それは無理ですよ。
だって、座間の工場から始まったセッティングですもん。
今までの世界的な流れに逆行してる感ある こういうことはなかなか広がるものではありません。
だからこそ、おもしろいんですよ。(^^)
from: サイトウ   2014/09/26 3:29 PM
あ、書き方が難しいですね(^^;;
軽いWRでもちゃんと最終変速までいって、オーバーレブで吹けていく?
かな?(^^;;
from: ぇっちん   2014/09/26 6:35 PM
ほんとカバー開けた時は吃驚仰天なベルトでしたねw
 
ホンダもそうですがパワーのない49ccになると(特に4st系?)
センスプが弱くなっている傾向にあるのは
パワーロスを減らすためなんですかね〜??
それとも、もっと単純な理由なのか。。。
from: hide   2014/09/30 7:25 PM
はじめまして、毎日こちらのブログを拝見させて貰って参考にしています。 私、10何年も1台のリード90以外のスクーターを維持したことが無い位、乗り続けているのですが、駆動系はやれる事は何でもしましたが33gのウエイトローラーで柔らかいセンスプでと言うブログを何回も見直しましたがセンスプをリード50の純正などdio系を何度も入れ変えたりしました、42g〜45gローラーでしたがどうも加速など良くありません。ヘッド面研以外ノーマルです、何かアドバイスなど有りました参考にさせて下さい。
from: old_kp   2014/09/30 9:38 PM
>hideさん
こんばんわ コメントありがとうございます。
この柔バネを使うセッティングには相性がありまして
プーリーの変速特性とトルクカム溝形状が重要になります。
基本的にリード90のプーリーとトルクカムは変速しやすい特性です。
これだと、硬いスプリングが合うバランスなんです。
(リードセンスプは硬いですよね)
ですのでこの状態で柔バネを入れても相性は最悪になってしまいます。
柔バネが使える相性というのは変速しにくいプーリーとトルクカムが必要になります。
リード90でしたら、リード100用純正トルクカムがそうなりますね。
あとはプーリーですが、社外品のハイスピードプーリーなどは変速しにくい特性のが多いです。

どこを見るのかというと「WRが転がる坂」です。
リード90純正はとても穏やかな坂です。
ハイスピードプーリーと言われているものはこの坂が
後半に行くほどきつくなっています。

申し訳ないのですが、私自身がリード90用社外プーリーを使ったことがないので、どのメーカーが良いというアドバイスができません。

しかし、変速しにくいプーリーを探し出せれば
あとはリード100カムを組み合わせ
やわばねを試すだけです。
頑張ってくださいね。

ちなみにこのG悪のオーナーさんはこのセッティングを大変気に入ってくれました。
ぜひ、hideさんにもこの感覚を体験していただきたいです。
from: hide   2014/10/01 7:08 PM
アドバイス有難う御座います。
リード100用純正トルクカムは装着済みですので
カメファクとKN企画のプーリーが有りますので試してみます。しかし、ランプレートが両方無いので純正を肩代わりさせて本来の性能は?!ですが。
バネは、リード50辺りのバネでもイケるでしょうか
ローラーもヤマハ系の30グラム台で試す方が良いでしょうか
質問ばかりですみません。
from: old_kp   2014/10/02 6:58 PM
>hideさん
こんばんわ
亀とKNの二つがあるなら、ローラーウェブ(WRが転がる坂)に注目してください。
私なら外側に行くほど坂がキツく立っている方を選んで、クレアバネ紫「23233-GEE-000」を使うと思います。
これでスタートでベルトが滑らなかったら、
ここからWR重量セッティングになります。
さすがにノーマルシリンダーノーマルマフラーの90ccに30g台は軽いと思うので、40g台から試してはいかがでしょう?
手持ちがない場合、とりあえずなら奇数個でも問題ないので、好みにあった変速回転数になる装重量を見つけてください。
それをあとで6で割れば一個あたりのWRがわかるという寸法です。
がんばってくださいね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1050