old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
遠心クラッチの特性 
JUGEMテーマ:車/バイク

スクーターに使われている遠心クラッチの話をしましょう。

子供の頃 スクーターを弄りたくて ショップに置いてあるデイトナとかキタコとかのカタログを何時間も眺めていました。
高いパーツは買えないので
自分が買えそうな価格で探すと強化クラッチウイナースプリングというパーツがありました。
遠心クラッチの繋がるタイミングを高めるパーツでした。
MTも乗っていましたから、回転を高めてからクラッチをつなげば バイーン!っと発進できるじゃん!って思いまして、
赤いやつとか買った記憶があります。
あれも交換するのに苦労しましたよ(^^;;

結果としては
乗りにくくなったものの なんか激しくなった気がして満足していましたね〜

その他にも 軽量クラッチなるものもありました。
遠心力が掛かるクラッチシューそのものを軽くしてしまえば、クラッチインのタイミングを高められるという代物です。
その軽量クラッチに強化ウィナスプリングを組み合わせた軽量強化クラッチがあります。

これはもう最強です。
僕のいらない物ランキングでも最強です。
昔は喜んでつけていましたが…
どうですか?みなさん、あれをつけて悩みが解決されましたか?




って事で
間違えないクラッチ探し の始まり始まり〜



MT乗りなら誰でも感覚で知っている操作があります。
大きくわけて 

繋げるエンジン回転数(タイミング)
半クラッチの時間

の二つです。
人間は無意識に、コントロールするんだからかなり高性能と言えます。
それに比べてスクーターの遠心クラッチは一度 組んだらコントロールはしません。
ただただ頑固にその特性で機能します。
ですので、現状のエンジン特性と使われている駆動系から判断して、あらかじめ上手く走るようにセットアップしなければいけないのです。

繋げるエンジン回転数 = ウイナースプリングの硬さ
半クラッチの時間 = クラッチシューの重さ


と考えてください。
もちろん、シューが重くて同じスプリング(SP)なら繋がるエンジン回転数(クラッチイン)は低くなりますが
いまのところ それは忘れてください。ややこしくなるので。

さあ、二つの特性が分かったので、どのような特性にしますか?
レースでドッカンスタートを決めたいのか?
早朝深夜に静かに走りたいのか?
静かにスタートをしつつ、いざとなればロケットスタートを決めたいのか?

うまくセットすれば、願いは叶います。

では、マイナーではあるもののセッティングの難しさは随一のジャイロをたとえに例をあげましょう。
選べるパーツは純正クラッチシュー、純正ウイナーSP軽量クラッチシュー強化ウイナーSPの4つ。

50cc+ノーマルマフラー ⇒ 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP
(ノーマルにはノーマルが合う)

50cc+チャンバー ⇒ 軽量クラッチシュー+純正ウイナーSP
(チャンバーによって低速トルクが無くなるので、発進時の半クラッチは長めにする必要がある)

マロッシ68cc+ノマフ ⇒ 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP
(排気量UPでトルクが増えたので、本来ならもっと低い回転からスタートしたいのだが…)

マロッシ68cc+チャンバー ⇒ 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP
(チャンバーとはいえ68ccのトルクでスタートに余裕があるので、これで十分) 

マロッシ75cc+ノマフ ⇒ 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP
(75ccにノマフで低速トルクバリバリなので、本来ならもっともっと低い回転でスタートしたいのだが…)

マロッシ75cc+チャンバー ⇒ 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP
(チャンバーとはいえ75ccのトルクで余裕が有りまくるので、本来ならもっと低い回転でスタートしたいのですが…)

ニコイチで100cc前後+チャンバー ⇒ 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP
(強大なトルクがあるので半クラを減らしたいのだが…)

ニコイチで100cc前後の1/32mile仕様 ⇒ 純正クラッチシュー+強化ウイナーSP
理想はシューが重い2枚タイプのクラッチに強化ウイナーSPを組合せたい)


これが全てではありませんが、こんなイメージです。
さて、何かおかしくありませんか?
途中から全部 純正クラッチシュー+純正ウイナーSP の組み合わせがほとんどです。
もっと、重いクラッチシューがあれば…
もっと、柔らかいウイナーSPがあれば…
あればそれを採用すれば良いのですが、ないのだから仕方がない。

詳しい人なら聞いたことあると思うんですが
ホンダのクラッチシューは3枚タイプで、ヤマハのクラッチシューは2枚タイプです。
2枚のほうが食い付きがいい!って聞いたことありませんか?
答えは簡単。
シューひとつ当たりの重量は2枚のほうが重いから、遠心力で食い込む力がより大きいって訳。
なので、
100cc前後のジャイロは2枚シューが流用できるのなら、そっちの方が滑りが少なくて良いと思います。

あとはウイナーSPですね。
諦めるのか?
僕は嫌ですね。簡単に諦めたくないです。
純正の中でも柔らかいものを選んだりしました。
さらにそれを伸ばして弱くしたこともありましたが、3っを揃えるのが難しかったです。
少なくとも量産は出来ません。
なので、作りました。(今テスト中です)


さて、
小難しい話でしたか?
そんなことないですよね。
経験上、ここまでは感覚的に理解されやすいお話なのです。
ここからは何故か理解されにくかった、
ギヤ比によってクラッチミートタイミングが変化するってお話です。

えっと。
なんかもう眠いので 次回でいいですか?
(´ぅω・`)ネムイ



















 
コメント
from: サイトウ   2015/02/24 2:48 AM
おやすみなさい(^^)
from: old_kp   2015/02/24 2:47 PM
強化合宿の影響か(^^;;
ネムネムなのです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1071