old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2サイクルのアフターバーナーシステム 
JUGEMテーマ:車/バイク
 

今日も暑かったですね。
でも、湿度が低いからすごしやすかったのが救いです。
注意点は汗をかいても湿度の関係ですぐ乾くので、汗をかいている感覚が少ないから水分補給を忘れがちになります。
こまめに水分を補給しましょう。
あ ビールじゃ 水分補給にならないらしいですね。
気をつけましょう!


2ストの終わりの時。
各メーカー最終型は、排気ガス浄化装置を付けてきました。
排気ガスが基準をクリアできなくなっていたからです。

排気ガスに含まれる未燃焼ガスを減らすため
マフラー内に空気を導入して、未燃焼ガスをマフラー内で燃焼させることにより、排ガスをクリアしていたのです。
ロータリーエンジンにもありましたよね。
でも、車の厳しい排ガス規制にはそれでも対応できなくなって行きました。
そして、2サイクルも同様でした。
結果、インジェクション+4サイクルになり、2サイクルは完全に死滅したので…


まだ 死んでない!!
2サイクルの炎を消してはいけません。



随分 昔の話になりますが
お客様のジャイロキャノピーをチューンしていたときの話です。
今では49ccのノマフで70kmオーバーも可能になりましたが、当時はそんな技術はありません。
いろいろ、頑張っても65kmにも届きませんでした。

やっぱり これ邪魔だよね。
この二次エアー導入装置。
音もうるさいし(この時は駆動系冷却のために、Lカバーに6mmほどの穴をたくさん開けていました。二次エア導入装置は最終的に駆動系にホースを入れてそこで消音していたので、Lカバーに穴を開けるとそこから音が漏れてしまい少しポンポン音がしていました)
外しちまうか!

ボルトをホースに突き刺して、蓋をしてこのシステムを外してから、テスト走行をしました。
あれ?

おかしい。
最高速が2km落ちた。
(最高速が2km落ちたことに気がつく乗り物って、どれだけあると思いますか?ない。ほとんどないね。しかし、原付は違います。その1km、2km/hの世界で闘っているのです。)

わたしは 何事も 頭で考えてそれを実行するタイプでしたので、
現実に起こっても、[いや、そんなはずはない。こんなシステム外したほうがいいに決まっている]と受け入れることは出来ませんでした。
そこで二次エアー導入システムを付けたり外したりを繰り返して、そんなはずは無いということを証明するべく奮闘しました。
が…
そんなわたしも白旗をあげる時が来ました。

結果としてお客様には「理由は分かりませんが、どうしても2km遅くなるので二次エアー導入システムを戻しました」と説明しました。
お客様は心良く受け入れてくださったたので、ホッとしたのを憶えています。

(話はそれますが、わたしのこんな話のネタなんて、お客様あっての積み重ねなんです。
秘密主義ってのも否定しませんが、生けるものの寿命など、だれにも分かりません。
あの時、言っときゃ良かったなんて後悔。出来たらそれは幸せなことです)

2km速い

これが頭の隅にずっといました。 
なんで? どうして? 

時が経つにつれて 少しづつ 分かってきたことがあります。
2サイクルにとっての特効薬、チャンバーの効果はたとえノマフだとしても少しはあるんだということが。

そんなに難しいことではありません。
4サイクルを理解するためには2サイクルが必要で、そのまた逆もあるってことです。
4サイクルのマフラーは2サイクルのチャンバーのようにツチノコのような形はしていませんが、
同じように衝撃波は行ったり来たりを繰り返しているのです。
2サイクルのノーマルマフラー(ノマフ)はツチノコ形状になっていませんが、衝撃波の往復はあります。
この波によって、二次エアー導入装置が排気ガス浄化のためだけではなく、パワーアップのためにも機能しているという理論にたどり着いたのです。


しかし、それはあくまで私の頭の中の理論に過ぎない訳でして。
なにごとも経験しないとわかりません。





ついに、そのときが来ました。

この後、エンジンが大破するなどと思っていない私は、時間を持て余したので
純正部品を使い、こういった(アフターバーナーシステム)装置を作ったというわけです。


分かりにくく言うと
ツチノコのようなチャンバーでなくても、衝撃波の往復(排気動脈)はあって、それによってパワーUPするのだから、ツチノコの様なチャンバーならば、どんだけパワーUPすんのよ!?
ってことです。

分かりにくいでしょ?(^^)


さて、このシステムを作って、シリンダーが割れるまでに行ったセッティングの話でもしましょうかね。


ま、それは次回にしましょう…
昼寝したとはいえ
そろそろ、お疲れモードってやつなんでして(^^;


みなさま お疲れ様でした!
おやすみなさい。












コメント
from: 眠兎(みんと)GX   2015/05/15 4:07 AM
最初の頃
Lケースに繋がってる所だけ外して走ってました
3分の1直管マフラーとか笑いながら

フケが良くなりお手軽チューン
トルクも増した気が

その後フトマニ&ノーマフ(後期)→メイホクさんのフェンダーが出来たのでフトマニ&ノーマフとアクマフのニコイチ→ハイリバに変わりました


from: ライ・スケ   2015/05/15 10:06 AM
うわぁ〜お!
次回乞うご期待、ですかぁ?
今夜眠れなくなりそぉ〜
from: サイトウ   2015/05/15 11:35 AM
そういえば、先っぽってワンウェイバルブみたいな感じなんですか?
from: old_kp   2015/05/15 12:02 PM
>みんとさん
あそこ外すとポンポンとうるさいですよね。
すこしだけ直管になるんだから、あたりまえか(笑)
1/3直管マフラーとはいいネーミングですね!

>ライ・スケさん
こんにちはー
眠れなくなるほどのことではありません(^^;;
むしろ説明読んだら眠くなるかも。。。
でも、新しいことへのチャレンジなので他の人もやってみてくれたらうれしいなと思っています。

>サイトウさん
そうそう。まさにリードバルブのような物だよ。
年式によって2スト4スト関わらず付いているものです。
流通量がそれぞれ違うから、みんなが試してくれたら
あの車種のバルブが調子いいとか そんな話になるかもね(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1090