old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • マジェスティー125 カスタム (プーリー加工)
    old_kp (04/19)
  • マジェスティー125 カスタム (プーリー加工)
    ニトロ (04/17)
  • マジェスティー250 ワンオフプーリー
    old_kp (04/11)
  • マジェスティー250 ワンオフプーリー
    ハシ (04/11)
  • ポルシェエンジンの修理
    old_kp (04/05)
  • 4スト ジャイロキャノピーのエンジンオイル交換と駆動系OH的な
    old_kp (04/04)
  • 4スト ジャイロキャノピーのエンジンオイル交換と駆動系OH的な
    ぇ (04/04)
  • ポルシェエンジンの修理
    3YS (04/04)
  • アクティートラック ヘッドライトバルブ交換
    old_kp (03/26)
  • アクティートラック ヘッドライトバルブ交換
    超ド素人おかっち (03/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ポルシェエンジンの修理
JUGEMテーマ:車/バイク

そろそろ、毎度おなじみ になってきたのでしょうか?
焼きついてしまったポルシェエンジンの修理です。
ブログには紹介しておりませんが、その後も結構エンジン修理が入ってきています。
現在の技術の常識では、修理は不可能と思われている修理をやってしまっているので、ほとんどの人が半信半疑だと思っていましたが、そんなことはなかったようです。
ありがたく、そして、うれしいですね。

さて、ポルシェなんですけど、どうしてこんなに壊れてしまうのでしょうか?
わたしはやっぱりエンジンオイルに原因があると思っています。
燃費志向によって作られた低粘度オイルが原因なのではないか?と。

メーカー純正オイルがそんなに悪いはずがない?
さて、どうでしょうかね。
少なくとも私自身は純正オイルの性能の悪さは経験しています。
燃費志向の低粘度オイルはまだまだ安定した性能が得られていないのでは?と感じています。
ですので、低粘度オイルを使う場合は社外のエステルベースのオイルを使うことをオススメしております。
そんな、高いオイル使えないよ!ってポルシェ乗りはいないと思いますが(^^;;
まあ、ポルシェに限った話ではないので、もうちょっとリーズナブルなオイルを使いたい時は
10w-40か15w-50を選んでおけば間違いないでしょう。
なに、燃費がちょっと悪くなる程度ですよ。
エンジンが壊れたら、本来はもう一台ポルシェが買えるほどの修理代が掛かるらしいので、それに比べたらね。
(そんなんだから、藁にもすがる思いでうちに修理を出してくれているのでしょうね)




やっぱり、4番と6番が酷いダメージです。
スカートも1mmくらい減ってしまっています。
こんなになる前に、酷い音が出ているだろうから、無理やり乗るのはやめたほうがいいですね。





シリンダーもかなりのダメージです。




いつもの通り、凸凹の凸を均してっと。




何度か重ね塗りして、均して行きます。



こんなもんでしょうかね。




ドライフィルムを厚塗りして、荒削りしてと。 これを繰り返します。


ま    この辺は何回も紹介しているのでもういいですね。




それより、これを見ていただきたい。

ポルシェのピストンですが…


裏側にオイルが焦げ付いたような、黒い痕があります。
これは何でしょう?



これを見れば分かるでしょうか?
まるで20年前のエンジンのようにカーボンがびっちりです。
見るポイントはトップリングまでとその下、セカンドリングから下、そしてオイルリング。
本来ピストンリングは圧力を抑えるものです。
ですので、カーボンはリングを超えるたびに蓄積は少なくなるものなのです。
どうですか?
ポルシェちゃんのピストンはトップリングどころかオイルリングの下までガッチリカーボンです。
このオイルリングの奥にはオイル戻しの穴が開いていてですね。
その穴からカーボンが噴出して、あの裏側の黒い染みになっていたのです。

正直こんなん。
日本車ならリコールだと思いますよ。
つまり、不良品ってことです。

あのポルポルなんだから、そんなことあるわけないだろう?って思うかな?
ま、どのように解釈しようとも真実はピストンが語っていますね。

なんで、こんな結果になっているのでしょうか?
ポルシェのエンジンに使われる素材が悪くなっているのでしょうか?
いや、そんなことはないと思います。
直接の原因はピストンクリアランスです。見事にガバガバです。
国産エンジンに見慣れている私的には、こりゃダメだってくらいのガバガバクリアランスです。
隙間が大きい(クリアランス大)のだから、圧力が抜けてしまうのは道理ですね。

なんで、こんな隙間になっているのかというと、それにはちゃんとした理由があるようです。
ピストンが鍛造ってことみたいです。
鍛造ピストンは強度があるためにレーシングエンジンに採用されています。
さすがはポルシェ!市販車にも採用しているんですね。

鍛造=隙間大  って説明は… 省きましょうか。


ともかく、鍛造ピストンはクリアランスを広く取るのが一般的です。
そういうレーシングエンジンに使われるオイルってのは、そりゃ当然硬めです。
シビアに暖機運転してピストンが温まってクリアランスが適正値になってはじめてアクセル全開にできるんです。
レーシングエンジンですもん。それくらいやって当然です。

硬いオイルは冷えている時は当然硬いわけです。
つまり、エンジンをかけた時はドロっとしています。
このドロっとしたオイルがピストンの周りにまとわり付いてシールの役目をして圧力が抜けるのを防ぎます。
そして、暖気が終る頃には、ピストンは膨張してクリアランスが適正値になり、オイルも柔らかくなっているわけです。

さて、こんなレーシングエンジンにに5w-30とかのシャバシャバのオイルを入れたらどうなりますか?

エンジンをかけた瞬間から丁寧に丁寧に暖機運転をしなければなりません。
暖機運転を失敗したら、それだけで大切なエンジンはオジャンです。

まさか、エンジンを掛けて
Dレンジにいれてブォーンって発進するなんて…
ね?

いや、市販車なら当然するでしょう。
エンジンを掛けてから10分は暖気しないと走れないような市販車はダメでしょうね。

そんな程度で壊れるなんて設計が悪いんです。
どうも、鍛造ピストンと低粘度オイルの使い方がまだ分かっていないようですね。


ったく。 柔らかいオイル使っているくせに、頭が固いなんて どこのドイツだ!



あー!すっきりした! これを言うためにここまで書きました(笑)


それでは皆さん ごきげんよう。






あ 最後にこれを…

わかるかな?
ピストンピンにかなりスジが入っています。
油膜が足りていないということです。



リングの裏側にもカーボンが付いています。



ピストントップもカーボンがビッチリです。
面白いのは下の列の左右が4番、6番なんですけどスカートが削れて首振りが多くなったことでスキッシュエリアがシリンダーヘッドに当たってしまい、その結果カーボンが付いていません。
その程度でヘッドとピストンが接触する狭いクリアランスなんだなぁと。。。
こだわってはいるんだよなぁ。。。
ま とにかく こんなにカーボンが多いということは燃調も濃いのでしょう。
そりゃ、圧縮が抜け気味なら燃料を濃い目にしないとエンジン掛からないからね(^^;;

もう、すべてが悪い方向にいっているよね。
低粘度オイルのおかげで。。。


座間の親父の声がドイツに届くわけないので、どうか皆さん。
ちゃんとしたオイルを使ってエンジョイポルシェってことでお願いします。

最後まで読んでくれた暇人様 ダンケシェーン!








 
コメント
from: しげ   2015/06/09 7:34 AM
えっと〜暇人です(笑)
from: サイトウ   2015/06/09 8:27 AM
きっとエンジンを作る部門とオイルを作る部門が心通じて無いんですね(>_<)
from: ヤッさん   2015/06/09 3:08 PM
私のサンバーは、ゴミ出しの日はアイドリング1分で、走行時間も1分です(^^;;
from: まーしー   2015/06/09 5:24 PM
はい!暇人ですw
暇過ぎてダンケシェーンの意味まで調べてきましたw
また一つこのブログ見て賢くなったかなw
from: ぇっちん   2015/06/09 7:02 PM
えっと〜、はい!暇人です(爆)

そろそろポルシェ乗りさんのブログあたりで話題になりそうですけど、どうなんでしょうね!?
( ̄0 ̄;)
from: old_kp   2015/06/09 8:42 PM
>しげさん
忙しいじゃないですか!
店長として!
(^^)

>サイトウさん
やっぱり情報は共有しないとですよね。
ちょっと、ドイツに飛んでもらえますか?
自費で。

>ヤッさん
当然、掛けた瞬間から発進ですよ。
日本でわ!
(笑)

>まーしーさん
ダンケシェーン調べたんですか?
わざわざ、メルシーボクー(^^)/

>ぇっちんさん
そうですねー 話題になって ポルシェに乗るお嬢様がうちに、遊びに来て、そこから恋愛に!?
今年の夏がたのしみだなぁ(*´σ з`) 〜♪.
from: いちろー   2015/06/11 8:13 PM
お世話になります。
私も20年程前に88年ターボルックを所有
していました。オイル漏れが酷い車体でしたので格安でした(笑
自力でオイルライン交換で漏れは、直った
んですが暖気に10〜20分とオルガン式の
ペダルに馴染めず1ケ月で売却してしまいました(-_-;)
当時、オイルはRS10W―50使ってましたね。
from: がっさん   2015/06/13 12:29 AM
ほなまた!

ってゆ〜たらまだ続きがあった。。。www


話、自己中でごめんなさいm(__)m

ホンダ、「Joi」ってどうなんですかね?
なんやら視野に入ってくるんですけど、返事待ちしてくれてますwww
簡単なインプレおねげ^^します。。
from: old_kp   2015/06/13 12:23 PM
>いちろーさん
こんにちは〜
ポルシェを所有していたなんてうらやましいです。
ボクは30年位前?に早瀬佐近のポルシェを買ったもらったことがあります。
違うかな?兄がポルシェで、ボクがロータスヨーロッパだったか?(^^;;
憧れていました。
しかし、現実はきびしいですね…
暖気に10分以上とかもう日常的に使えませんね(涙)
とはいえ、現代のポルシェもたいして変わっていないんだから、どうなんでしょうね…
ポルシェって。
from: old_kp   2015/06/13 12:27 PM
>がっさん
こんにちは!
JOIってまさか 大昔のJOIですか?
車体軽いし楽しいですよ。
もちろん、メンテナンスは必要ですからついでに後期エンジンに乗せ変えるのが定番です。
フロントまわりも流用パーツがありますし、おもちゃとしては最高かと(笑)
from: BLACK−Z   2015/06/22 9:59 PM
kpさん、こちらでもお世話になります。

がっさん 始めまして!!

JOI=JOYですよね、自分もつい先月まで乗っていました、ノーマルエンジンながら、MAX70まで、出ましたよ!! キャブは変えましたが・・・、デカタイヤで出だしは、死ととなりあわせですが・・・(笑)

乗せ変えようとして、買っておいたジャストのエンジン(2段変速エンジン)が、残っているのですが、ご入用ではないでしょうか? もしご入用でしたら・・・・御連絡ください。

ロードフォックスと同じエンジンです、実働確認済みです、どなたか買ってください!!
from: 871   2016/01/10 10:23 PM
Oldkpさん、
ご無沙汰してます。871です。
マロッシ焼きつかせてドライフィルム加工していただいて、圧縮も7程度にして絶好調ではや3年。オイルランプが切れているのに気づかず、オイル切れさせてしまい一瞬抱きついた事もありましたが、一時的に混合にしたら復活しました。毎日の通勤で駅まで使ってるのでこの安心感は何ものにもかえがたいです。

水冷になってからの特定型式のポルシェ、あちこちでエンジン焼きつきが起きてるようです。こんなレポートも。
http://ameblo.jp/fusion-m/entry-11731228054.html
from: old_kp   2016/01/10 11:00 PM
>871さん
こんばんわ!
そうですか〜 通勤仕様の調子良いですか(^^)
うれしいです!

2000万円の車を買うには宝くじに当たらないと
買えませんが、もしあたったら変なエンジンに興味はないので
自分でエンジン作ってみたいですね(^^)

そんなふうに思われたら
スーパーカーはお終いですね。。。

僕は最後まで、自信を持てる製品を作り続けていきたいです。
from: 871   2016/01/10 11:42 PM
親会社VWからの指示でコストダウンしたんでしょうかね。
頑丈で壊れない、普段乗りもサーキットも安心、という神話が崩れちゃいますね。親会社の不祥事で正確で精密で質実剛健なドイツ人のイメージも壊れちゃいますね。

KPさんの製品やノウハウは自ら実践された事に裏打ちされてますからね。ドライフィルムポート加工、ステージ4、ディオキャブにポンプ、ハイギヤ、4ストFブレーキ、低圧縮と良いオイルの使用。
全てKPさんの製品とノウハウです。おかげ様で全く不安なく躊躇なく長時間全開できてます。
from: old_kp   2016/01/11 12:41 PM
僕自身トヨタカローラにいた頃は、巨大な力には逆らえませんでした。
いや、逆らってはいましたがそれほど大した影響もなく、ただ単に課長に嫌われるだけでしたが(^^;;
これからの時代はそのような企業には必ず、しっぺ返しが来るのだと思います。
下町ロケットのような会社が増えることを期待しながら、王者の陥落を見守りましょう。
from: 871   2016/01/13 1:41 AM
ちなみにポルシェ乗りの集う整備に関するページでkpさんの投稿が話題になり、kpさんのような探究心と実践をしているファクトリーの方が、メーカー推奨の0w-30は使ってはならない、特に水冷の特定モデルは15w-50を入れた上で暖気をしっかりすること。15w-50の有名銘柄でも3000キロ走行後に抜くと、バシャバシャ水のように出てるオイルもある。いいオイルは粘度を保ってツーとたれて出てくる。後者のような粘度を保持できるオイルなら安心。メーカーの推奨は性能だけでなく燃費や環境規制など政治的な背景で決まる事があるので注意が必要、と警鐘を鳴らしてました。

ポルシェもその親会社もこれをきっかけに元々のイメージ通りの理念に戻って尊敬を集めて欲しいですよね。
from: old_kp   2016/01/13 3:47 PM
>871さん
こんにちは〜

>ポルシェ乗りの集う整備に関するページでkpさんの投稿が話題になり
>注意が必要、と警鐘を鳴らしてました。

へー!そうなんですか!?
しらぬは本人ばかり?(^^;;
でも、とてもうれしいです!!
僕のやってきたことが何か人の役に立てたのなら
心置きなく死ねるというもんです(^^)
いや、冗談ではなく人は必ず死ぬ訳ですから
自分に嘘をついて最後を迎えたくはないですからね。
「お金はなかったけどいい人生だったなぁ」
と最後に思いたいのです。
そのためには大きすぎる欲望や金はむしろ邪魔なんですけど…
なかなか、難しいですよね。
とくに大きな組織だと…
from: 山口信夫   2016/05/05 5:34 PM
こんにちは初めまして、997のエンジントラブルについていろいろ見ていてたどり着きました。
硬めのオイルとは具体的にどのような銘柄がおすすめでしょうか?
モービル1でも15W-50というのがありますがあまり良くないのでしょうか?
最近997に乗り初めまして、整備についてはド素人で全く分かりません、ご返答いただければありがたいです。
from: old_kp   2016/05/06 8:57 PM
>山口信夫さん
はじめまして!こんばんわ!コメントありがとうございます!
私自身はポルシェを所有したこともないので
絶対的にオススメのオイルはわかりません。
しかし基本的なことですがクリアランスが広いエンジンにはシングルグレードオイルが使われてきました。ですが、現在においてはシングルグレードオイルが余り流通していないので20w-60が良いと思います。
あとはハーレー用かディーゼル用でシングルグレードがまだ販売しているようです。
ちなみにディーゼルオイルはガソリン車に使えます。
その逆はNGです。

ネットショップで20w-60とかシングルグレードオイルとか検索するとわりと簡単に見つかります。

この手のオイルは鉱物油が多くサーキット走行を見越したオイルではないので、そういった場合は20w-60のシンセティックオイルを探すと良いと思います。

こんな感じですが、他に何か分からないことはありますか??
from: 山口信夫   2016/05/07 2:08 PM
ご返答どうもありがとうございます。

20w-60とか15w-50とかこの指数を間違わなければメーカーはよほどわけのわからないメーカーでない限り大丈夫でしょうか?

あと低粘度のオイルだとエステルベースのオイルと書かれていますがその場合だと
0w-40とか5w-40でも大丈夫ですか?
もしくは10w-40や15w-50のほうがまだ安全でしょうか?質問ばかりで申し訳ないです。

まさかポルシェがこんな爆弾抱えてるとは思いもせずに無いお金をかき集めて買ってしまったわけで、発見してしまった以上何とかしたいと思いまして・・
from: old_kp   2016/05/07 5:54 PM
山口さん
こんにちは

>20w-60とか15w-50とかこの指数を間違わなければメーカーはよほどわけのわからないメーカーでない限り大丈夫でしょうか?

この手のオイルは普通の市販車には使うことはあまりないので、とんでもなく悪いオイルというのは無いと思います。
http://search.shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&tab_ex=commerce&fr=shp-prop&oq=&aq=&mcr=1a03c53b199bdb3437cb917cc238e05a&ts=1462610673&cid=&p=%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB+%E6%A5%B5+25w-60+SN+%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A8+100%EF%BC%85%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%90%88%E6%88%90%E6%B2%B9+20L%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%BC%B6+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A3%BD+%2825w60%29&di=&used=0&pf=&pt=&seller=0&mm_Check=&sc_i=shp_pc_top_searchBox
これなんかどうでしょうか。

オイルというのは元々、粘度によって油膜保持をしたいたので0Wなどはそのまま作ると油膜保持能力は極端に低下します。
エステルベースはあまり粘度にかかわらず油膜保持能力があるので焼き付きには強くなります。
しかし、がたがたのクリアランスを埋めるにはオイルの粘度しかありません。
どうしても0Wを使いたい場合はエステル系を使い丁寧な暖機運転を10分して、超ゆっくり走知り始めることを心がければ絶対とはいえませんが大丈夫かもしれません。
ただ、圧縮漏れを起こしているわけですから
トルクの低下、エンジンオイル劣化、燃費の悪化
など、すべてにおいて悪くなることは念頭に入れておいたほうが良いと思います。

どうしても、硬いオイルを入れるのに抵抗があるのでしたら、シングルグレード指定のワーゲン・ビートルやハーレーの記事などを検索すると理解が深まると思います。
from: 山口信夫   2016/05/07 8:20 PM
old_kpさん
ご丁寧にありがとうございます。

この記事に書かれているポルシェのエンジンは水冷なんですよね?

現在乗っているポルシェは特に症状が現れているとかではないのですが、検討してオイル交換してみたいと思います、どうもありがとうございました、勉強になりました。
from: 3YS   2018/04/04 6:51 PM
シリンダーの修理お願い出来ますか?
from: old_kp   2018/04/05 12:34 PM
>3YSさん
こんにちは
今現在もエンジン修理で2機お預かりしています。
やはり、トラブルが多いみたいですね。
修理受付ですが窓口が多摩ピットになっておりますので
info@tama-pit.com
に問い合わせて頂けると助かります。
今ではコーティング修理だけではなくスリーブ打ち替え等も出来るようになりましたのでご検討ください。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1094