old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • RZ250 フレーム、スイングアームの強化
    いちろー (07/19)
  • RZ250 フレーム、スイングアームの強化
    oldkp (07/18)
  • RZ250 フレーム、スイングアームの強化
    薬師丸 (07/18)
  • RZ250 フレーム、スイングアームの強化
    薬師丸 (07/18)
  • ショートアイアンは左へ引掛けやすいクラブである。(らしい)
    old_kp (07/09)
  • ショートアイアンは左へ引掛けやすいクラブである。(らしい)
    やんちゃ親父 (07/09)
  • ホンダ ジャイロのエンジンカバーステー強化
    fumix (06/27)
  • ポルシェの焼き付き
    old_kp (06/26)
  • 4スト ジャイロキャノピーのエンジンオイル交換と駆動系OH的な
    old_kp (06/26)
  • ホンダ ジャイロのエンジンカバーステー強化
    old_kp (06/26)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新型4スト ジャイロキャノピー チューン
JUGEMテーマ:車/バイク

今回はエンジン編となります。

エンジンといっても
燃料調整ができないと吸入口のサイズアップや抜けの良いマフラーなどを活かす事が出来ません。
ですので、吸排気の量を変えずにエンジン特性を変える というのをやってみました。

気柱共鳴という現象です。
簡単に言えば、ロングファンネルは低速型で、ショートファンネルは高速型というあれです。

 
4スト ジャイロのインマニはものすごく長いので、それを短くして高回転で共鳴が同調するようにしてみました。
これなら、吸入空気量を変えていないのでセッティングは狂いませんからね。



もちろん、ぶった切りのままじゃイカンのでテーパーに削りました。
これで、プチファンネル形状って訳です。



切り口が雑で斜めになってるのはご愛嬌。

ではなく、ハス切りだと共鳴周波数に幅が出来るので、トルクバンドが広くなるという理論に基づいているのでござる。


さあ、アエクリの蓋をしめて、試乗です。
もちろん駆動系はそのままです。
発進から明らかにトルクが薄い!こりゃ、ダメだとUターン。
WRを軽くして再チャレンジ。
うーん、よくわからない。。。 夜を待ってテストコースへ。

結果の前に ちょっと説明しますね。
WRを軽くするということは高回転で変速していくことになります。
このようにセッティングした場合、当然速くなっていることが大切になります。
2ストでチャンバーをいれたら当然WRを軽くしますね?
そしたら、確実に速くなっているでしょう?
まぁ、たまにWRを軽くしてもあんまり速くならないマフラーがありますが、まさにそういう状態が失敗している状態なのです。
同じ速さなら重たいWRで走るほうが当然高効率なのです。

さあ、テスト専用コース(笑)に来ました。
結果的にかなり軽めのWRにしてテストに挑みました。
0発進から高めの回転数で加速していきます。いつものようにやっと60になり、そこからだら〜っと車速がのります。
そして、長い下りに入ると高めの回転数ゆえに早めにレブリミッターに当たってしまい速度が伸びませんでした。

さて、これが何を意味するのか?
最高速が落ちたこと意外は、走りに変化はありませんでした。
ただただ、高い回転で走っただけでした。
これは恐ろしく燃費が悪くなる状態です。

結論としては大失敗に終った ということになります。

さすがはホンダ。
きっちり作られているんですねぇ…




さて、切ってしまったものは戻せない。。。
実はこのマシン 多摩ピット サイトウ氏からお借りしているキャノピーなのです。

ごめんね!てへっ!






その日は 酒飲んで寝ました。
そして夢の中で神様がささやくのです。
あきらめるな〜 かんがえなさい〜 と。

ピコ〜ン!!

ひらめいた!!





ワンサイズ太いパイプで純正と同じくらいの長さにしました。
これなら、共鳴周波数は変わらずに入っていく空気量だけがUPします。

作り方
ちょうど良いパイプに砂を詰めて、バーナーであぶって手曲げして、5cmくらいに切り出したパイプをプレスでフレア加工した後に溶接で繋ぐだけで完成です。

パワーパイプ(仮)と名づけよう。


さあ!その走りは!!??





結果は初めからわかっていますよね(^^;;
だって、走行動画はこの状態で走ったものですからね。

でも、どのように変わったのかというところを説明しますね。

やはり、パイプ径が太くなった分 流速が落ちるのでしょう。スタートからの低速トルク感は落ちてしまいました。
若干ですけどね。
そして、加速感や60kmまでが良くなったのかといえば、なんとなく良くわからないというレベルでした。
確実に変わったところは最高速でした。
今まではトンネルでハイビーム(ごめんなさいハイビームじゃなくてウインカーの点滅ランプでした)のところにはメーターの針が届いていましたが、それが条件によってはウインカーの⇔に届いた?届きそう?って感じになり、エンジンが唸ってる感も減りました。
速度にして2〜3キロUPってところでしょうか。





以上が 今回の4スト ジャイロチューンのすべてです。

駆動系が一番変化がありましたね。
これだけで普通の4スト原付きとタメはれます。

最高速に効いたのはフライプレートでした。
これでノーマルの2スト原付を最高速で抜きました。

最後にパワーパイプ(仮)が最後の伸びを後押ししました。

しかし、屋根の角度変更やバンテージなど体感できないレベルの積み重ねなのかも知れません。

そして、最後に思ったことは4スト ジャイロの潜在能力はまだまだある!ということです。
しかし、その封印を解くためにはあるパーツが必要になります。

その話はまたいずれ(^^)






コメント
from: サイトウ   2015/07/07 12:57 PM
開発は毎日進んでます(>_<)
もう少し、もう少し(>_<)
from: old_kp   2015/07/07 2:52 PM
開発進んでいますか〜(^^)
でもそれならそれで、ボクのほうもアレ待ちになるくらい開発しておかないとね。
申し訳ないですよね。
どんな仕上がりになるのかなぁ
ボクの要望はどうなっているのか?まずは第一弾が楽しみですね(^^)
from: まーしー   2015/07/07 8:57 PM
『アレ』が気になりますね〜w
もちろん同じ4ストだからシンユウや
シグ2個1にも流用出来る物じゃないかな〜?
出来たらパワーUPするのかな〜?と
勝手に妄想中w
from: old_kp   2015/07/08 7:34 PM
>まーしーさん
アレには今のところ二つありまして、
ひとつは4ストジャイロ専用で、残りが汎用品になります。
後者はどんな乗り物にも使えるおもちゃですよ(^^)
from:   2018/03/24 11:51 PM
長さ同じで太くしたら共鳴周波数は高くなるんだよ…。
中卒か?笑
from: old_kp   2018/03/25 9:24 PM
>あさん
こんばんわ!
僕の学力は中卒以下ですよ。
ウフフ(*´艸`*)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1098