old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新型4スト ジャイロキャノピー マフラーチューン
JUGEMテーマ:車/バイク
 
今回は4スト ジャイロのマフラー編です。

4スト ジャイロのマフラーを交換したら速くなるのでしょうか?

速くなりません。

むしろ、遅くなります。

なぜ、遅くなるのか? 普通 速くするためにマフラーを変えるのではないのか?
そんなふうに思う人も居るかもしれませんね。
マフラーを変えると何が起きて、遅くなるのかというとガソリンが足らなくなるからなのです。
抜けが良くなると、たくさん空気が吸えるようになります。
そしたら、増えた空気分のガソリンも増やさないといけません。
これがキャブレターであればメインジェット(MJ)の番手を上げればすんできた話なのですが
インジェクションになってコンチューター制御だと簡単に変更することは出来ません。
セッティングが出来るコンピューターを開発しなければいけないのです。
一個500円くらいのMJを交換すれば解決したものが、とつぜん次元のちがうとんでも話になってしまうのです。

アパートを借りて住んでいたが、一戸建てを購入します!ってくらい話が変わってしまうのです。

そりゃ 戸建ては憧れますけどね(^^;;
そんな簡単に買えませんよね。

なので単純にマフラーだけを交換すると、セッティングが狂ったままになるのでへたをすると走ることも困難なマシンになるかもしれないのです。

ま。

その話は おいといて  最近気が付いたというか 気が付かされたことがあります。

うちにあるキャノピーのエンジンはヘタって遅いのではないか?ということです。
最近、低距離のキャノピーチューンをしたタマピットからの指摘でした。
(うちにあるキャノピーはタマピのマシンです)

30000kmは走っていますが異音などはありません。
しかし、ヘタっているのでしょうか?
それは確認したいところです。



ってことで、12000kmのエンジンに乗せ変えました。



インプレ
なんだこれ!モノすげーハエー!
いや、元がモノスゲーオセー!から、ちょっと速いだけでも、物凄く速く感じるんです。
待ち乗りでは60kmは中々出ませんでしたが、割と簡単に60kmを超えようとします。
こんなに違うものなのか…



30000kmも走ると普通は壊れてしまうといわれている新型4スト ジャイロエンジンですが
耐久性がなさ過ぎると言われれば、そうかもしれませんが どうでしょう。
たとえば、軽自動車で1速か2速しか使えずにいつもオーバーレブさせながら走ったとしたら
寿命は延びますか?縮みますか?
そう、ジャイロというか今の原付のほとんどが普段レブリミッターに当て続けて走行しています。
この12000kmのエンジンが30000kmになると壊れる又はヘタってしまうのでしょうか?
このエンジンにはきちんと変速するステージ5プーリーが組み込まれています。
なのでほとんどオーバーレブすることはありません。
30000kmになっても、良いコンディションを保っている気がします。たぶんですが。
http://blogs.yahoo.co.jp/sapa777/14319280.html
    ↑
 似たようなことをやっている某ショップ


ま なにわともあれ 調子の良いエンジンになって気分は上々(^^)



鉄板切り出し


軽トラシートフレームの曲がりパイプを切り出し


こんなん つくりました。


NSR250用サイレンサーを繋いでみました。



13mmのステンパイプに砂を詰めて炙って手曲げしました。


テールパイプはこんな感じ
こういうマフラーってあまり見たことはないかもしれませんが
これからのマフラーはパワーや音量だけではなく音色も考えたほうが良いと思っているので初チャレンジです。
楽器っぽい考えといえばよいのかな。
メインのパイプから細いパイプが付いていますが、これは気柱共鳴をねらっているんです。
簡単にいえば太さが違うパイプから、それそれ違う音がでるってわけ。
さてさて、どうなるやら(^^)

それとメインパイプは50ccとしてはかなり太いし、このままでは音量も大きいのでバッフルをつくります。

ヘルムホルツ共鳴バッフルです。
こういうバッフルも今までなかったでしょ?
使えるものは何でも利用しないとね(^^)


こんな感じで仕込みます。



見た目はこんな感じです。


インプレ

まずはエンジンを掛けてみる。
当たり前だが簡単にエンジン始動しました。
音は当然、勇ましくなっている。さあ、スタート… 出来ません。
燃料が薄すぎて走れません。ある程度、暖気をしたらスルスルと動くようになりました。
うーん…
おそい…
55kmしか出なくなりました。
問題の音色ですが、想像していたより 変化はありませんでした。
かすかに音色が重なってはいますが…
もっと、どうにかしたいという気持ちがあるけど、第一弾としてはこんなもんかな。


さて、動画を撮ってみました。
燃料が薄くて吹け上がりも悪いし、回転が低いので音色がうんぬんがわかりませんが一応撮影しました。


テールパイプなし






動画だとわかりませんがテールパイプ無しは爆音です。
でも、音はよく聞く単気筒の音です。
テールパイプ有りは、もう少し回転を上げると音色が変わりますし、実際聞く音と違いがあります。

でも、もっともっと音色に拘りたいですね。


さて、あまりに遅くなったのでノーマルマフラーに交換しますが、単純に戻すだけでは面白くありません。


ミイラ化してみました。


フランジ部分に段差が結構あったので、削りました。

これだけで結構変わりそうな予感です(^^)





せっかく作ったマフラーが全然走らなくて ウキウキしますね。
強がりじゃありませんよ。(^^;;
こんなに走らなくなるなんて予想以上の大収穫です。
エアクリーナー加工なんてしたら、もっと走らないでしょう。
それほどたくさんの空気が吸えるようになるんです。
それだけノーマルは押さえ込んでいるわけですね。
燃料セッティングさえできたら、大幅にパワーUP出来るという事です。

燃料セッティングさえ 出来たらね。

今回はそれがわかっただけでも大成功といえます。
あー どっかから セッティングツールだしてくんねーかなぁ〜(^^)


え?ミイラマフラーの調子?
それがねー おくさん!
調子がいいのよぅ〜


ノーマルマフラー改が当分の間 一番いいのではないでしょうか?



それではみなさん こきげんよう






追加記事

ミイラマフラーを装着後はじめて国道246を走りました。
高速域になると、びっくりするくらいに変化がありました。
めちゃくちゃ速いです。
いや、所詮ジャイロですけど、ジャイロの割にはメチャクチャ速いってことです。
30000kmエンジンはかなりの下りでないとレブリミッターには当たりませんでしたが
12000kmエンジンはちょっとした下りでリミッターに当たりまくりでした。
50kmまで落ちてしまうのぼりも58kmくらいで乗り越えてしまうほどでした。
こりゃ エンジンオーバーホールも考えないといけないかもしれませんね。


コメント
from: サイトウ   2015/08/26 6:24 PM
もぉー気が早いんだから(>_<)
もうちょっと待っててって言ったでしょ(>_<)
すぐにいっぱい出せるようになるからぁん(>_<)
from: old_kp   2015/08/26 8:31 PM
デヘヘデヘヘデヘデヘデヘヘΣ(゚∀゚ノ)ノデヘ
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1105