old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
CR125シリンダーをスーパーディオに載せてみよう!
JUGEMテーマ:車/バイク
 

今回はシリンダーのポート加工です。

これはCR125シリンダーをディオに載せる事とは直接的には関係ないですが
それはそれとして先に進めましょう。




このシリンダーはアルミに鉄のスリーブが鋳込んである、昔良くあったタイプです。
この手のシリンダーは鉄とアルミの境目の段差が大きいことがよくあります。
噴出口付近の段差は悪影響が大きいのでここを均していきます。




こんな感じにします。
吸気と排気の隙間が1.5mmくらいしかないんだから、流石レーサーシリンダーはすごいですね。
普通のシリンダーでここまで近づけると、吸気から噴出された混合気がそのまま排気と混ざって排出されてしまいトルクが無くなります。
噴出し角度が違うんですよね。
ちなみに排気ポートをもっと過激な形に!などという 余計なことはしません。
「エンジンは人間が思っていることなど必要としていない」 これに当てはまります。

シリンダーの小さなくぼみはオイル溜りです。
排気センターリブはオイルが厳しいので、こうすることで改善されます。
クロスハッチのようなのではダメでオイルが溜まる穴じゃないと効果がありません。

ピストン側にも効果絶大ですよ。


排気ポートはフランジに向かってくびれ過ぎている部分を拡大しただけでデザインは弄っていません。
余計なことをすると トルクが無くなって遅くなりますからね。






今回のポート加工で一番加工したところはダイレクトポートです。
以前、ダイレクトポートを活かす条件をお話しましたが、今回の加工はまさにそれにあたります。

リードバルブが入る部分の奥にケース側へ混合気を吸い込む為の吸気ポートがあります。
真ん中の大きな三角っぽいのがケース吸気ポートです。
その両脇にある小さめの三角の穴がダイレクトポートです。

真ん中の大きな吸気ポートは、ピストンが下がってくるとほとんど塞がれてしまうのです。
市販車ならこれで大きな問題はありません。
ピストンが下に下がっているということは、吸気ポートから混合気を燃焼室に噴出しきっているので、
これ以上、吸気する必要がないからです。
吸気するためにピストンが上昇すれば、大きな吸気ポートが口を開けるので問題はないのです。

しかし、ノーマルマフラーを外してチャンバーを入れたら話は変わります。
ピストンが下死点にあるとき、つまり、吸気も排気も両方開いている時をオーバーラップといいますが、
このときにチャンバーによる吸出し効果によってまだまだ混合気が吸われようとしています。
そんなときケース吸気ポートがピストンで塞がれていたのではせっかくのチャンバーの効果が発揮されません。
チャンバーが吸いたいのならどんどん吸わせないと、やる気を出してくれません。

と 

いうことで、ピストンの位置に関係なく吸気できる穴が、つまり、ダイレクトポートなんですね。
このシリンダーはさすがレーサーなので、初めからダイレクトポートが開いていましたが、
RS125用のチャンバーを組み合わせるにはちょっと穴が小さかったので、
大きく そしてなめらかになるように加工しました。






ところで、最近のレーサーエンジンにはダイレクトポートなんざ はなっから付いていません。
ピストンの位置のよって吸気面積が変化してしまうような、しょぼいピストンリードバルブ方式なんざ
やめて
ピストンの位置に関係なく いつだって好きなだけ吸える クランクケースリードバルブ方式になっているからです。

シリンダーにリードバルブが付く方式なんてまさに時代遅れと言えます。

性能ということなら、まだまだ負けているとは思いません。
むしろ、スクーターにレーサーシリンダーを載せる場合は旧タイプのピストンリードバルブの方がパワーが出しやすいですよ。
以前にも話しましたが、パワーを出すには良く吸える キャブ マニホールド リードバルブ 吸気ポート形状 排気ポート形状 そして、チャンバーのバランスがすべてそろわないといけない訳です。

ピストンリードのシリンダーだと、ケース側は関係なく上の部分だけで全部が125ccのレーサーの部品が使えますね。

しかし、どうでしょう?
クランクケースリードバルブだとリードバルブ部分はスクーターのままですね。
これを125ccのレーサーのリードバルブを組み付けるのは相当苦労しますよ。
ほとんどの場合は、レーサーより小さくなってしまうのではないでしょうか?
レーサーのパワーが欲しくて流用するなら、メーカーが用意した物を全部流用したいですよね。
ま、ある方式を採用すれば解決できるんですが、それはまた別の機会に。


ということで、次回はリードバルブ編です。







コメント
from: ぇっちん   2015/10/15 5:51 PM
久々に深くなってきましたねw (~_~)
from: サイトウ   2015/10/15 10:53 PM
ほら、やっぱり面白くなってきた(>_<)
from: old_kp   2015/10/16 2:09 PM
写真を載せ忘れたので、追加しました。

まぁ 面白いと感じてくれるなら、幸いですけど(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1117