old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    old_kp (11/20)
  • マジェスティ 250 ワンオフ プーリー 加工
    old_kp (11/20)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    サイトウ (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    いちろー (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    オーミヤ (11/14)
  • 2017 K3&K4 (前夜祭がメイン・ちょこっとバイク紹介)
    超ド素人おかっち (11/14)
  • マジェスティ 250 ワンオフ プーリー 加工
    aijou (11/13)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    old_kp (11/10)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    ざび (11/09)
  • 皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
    old_kp (11/09)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
メイメイのメンテナンス
JUGEMテーマ:車/バイク
 
ブログのカテゴリーが何だったのか? 忘れてしまった。
メイメイというトライクはどこに属するのか?

ということで、今回はメイメイちゃんのメンテナンスです。

今年の夏前あたりから調子を崩しはじめたようで、
オーナーみずからできる限りのことはやってみたのだが、どうにもこうにも…ということで、ヘルプメィ~ってことでした。

考えられるのは、吸気、点火、圧縮か?



オーナーさんは劣化した幌を作り直すほど惚れ込んでおります。


シート下にエンジンあり
とても、シンプルではある。


まずはエアクリーナーが壊れている。
ここはゴム製だから経年劣化で仕方がないですね。
これでセッティングが変わってしまうから調子が悪いのか?
メインジェットなどを交換しても調子は変わらないらしい。


なんだろうね。
とりあえず、タペット調整でもしてみましょうか。

ヘッドカバー開けたら、まさかのOHV(^^;;



調べてみると、クリアランスほぼ0。
これはバルブシートに問題があるようですね。
つまり、シートの当たりがつぶれているのだと思います。
ま、嘆いても仕方がないのでちゃんとしたガタをつけときました。

そしたら、あら不思議。
アイドリング不調は直りませんが、エンジン音が静かになりました。
ガタが増えたのに静かに感じる。
エンジンって不思議ですね(^^)

とはいえ、相変わらずのアイドル不調。

キャブはどうなのかな?

さあ、どちらかが国産でどちらかが中華製です。
わかるかな??(笑)
右側はケイヒン ジャパン
左側はスタンダード オブ ジャパン
どっちもジャパンです(^^)
ま ご想像にお任せします。



ちなみにスローのスクリューはここ。
これは燃料を調整するタイプでした。
おっと、写真にちょこっと写っていますが、こわれたエアクリを外してパワーフィルターに変更してあります。



さてさて、なんどジェットを交換してもどうにも直らない。。。

この日はこの辺でタイムアップ。



そして、次回までに悪そうなところを考えました。
バルブシートが痛んでいるということは圧縮が弱い。
ということは吸気も弱い。
ということは負圧も弱い。
ということは燃料負圧ポンプは正常に機能しているのだろうか?


ここはリヤシート下です。
ここに燃料フィルターと燃料ポンプがありました。
はじめて見たときから、燃料ポンプがこんなところで大丈夫?と思ってはいたのです。
しかし、機能しているんだから問題ないんだなぁでした。
でも、負圧が弱くなったらどうなの?である。


考えても仕方がないのでとにかく移設してみた。
(負圧ポンプは負圧のホースが長くなるとそこで減圧してしまって弱くなるんです)
この辺はジャイロで培った技術です。


するとどうだろう。
セッティングがガラリとかわりました。
上の数値が中華キャブ 下がケイヒンです。
最大で145でもうまく吹けなかったのですが、油面が安定したら結局#90でも濃い状態になりました。

この日はこれ以上 下のジェットがないのでタイムアップ。



後日、ジェットセットを買ってきてもらって最セッティングを…

え?これ、ケイヒン丸大じゃないですよ?これは丸小です。(^^;;

ってことで、結局 半田で穴埋めして0.8mmドリルで開けなおして#80をつくって完成です。


もちろん、プラグやプラグコードも国産のものに交換してあります。
今回はなかなか難しかったですね。
原因が複数あったのでこれだ!ってのが分かりにくかったわけです。

まずはエアクリが壊れたことでセッティングが変わり調子を崩す。
それでも、ごまかしながら乗れたけど、バルブシートがつぶれていきタペットクリアランスが無くなると今度は圧縮が抜け始める。
すると掛りが悪くなるし、燃料ポンプも効かなくなる。
しかし、最初は壊れたエアクリをパワフィルに変えたら調子が崩れた訳だから、他の要因は考えられなくなっていく…

結局は基本に立ち返り、一つづつ潰していくしかありませんでした。

次に燃料ポンプが利かなくなったら、バルブシートカットとかしないといけないでしょうね。
なにせ、あと10年は乗るつもりらしいですから(^^)












コメント
from: ライ・スケ   2015/11/19 8:38 PM
こんばんわぁ〜
あ〜京浜のキャブはジェットの穴径=番手でしたが、こんなに単純な番付けだしたかぁ〜!
けど、流量としては穴径&穴の長さによって管路抵抗が変化してしまいますから、素人加工は難しそうですねぇ♪
from: ぇっちん   2015/11/19 9:21 PM
番手がないパワージェットやデロルトのスローなんかは
マイクロドリルでやってますが
そこまでシビアでもありません(^_^;)

ドリルではなくジェットを回して削ると
失敗もすくなあですし…
from: old_kp   2015/11/24 11:52 PM
MJの穴埋め加工は多気筒だと難しいかもしれません。
でも、単気筒なら なるようになる ということですので、そんなに神経質に加工しなくても大丈夫ってのが、僕らの認識ですね。
ま、いい加減が良い加減ってことでしょうか(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1127