old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2サイクルのキャブセッティング 
JUGEMテーマ:車/バイク



シュワンツとレイニー
この写真を見ていると胸の奥から熱いものが込上げてくる。
走り屋のチームなんてものに属していた10代に夢中になって見ていたのがこの二人のバトル。
とにかく かっこよかった。
その影響もあるのだと思うが、バイクはやっぱり2ストロークが大好きです。
今や絶滅危惧種になってしまいましたが…





P156に GOGO 2ストローク という記事がある。
こんな時代ですが、2ストロークが好きなオバカさんはまだまだ元気なんですね!
嬉しくなっちゃいます。




ここに書いてあることは、基本的に2サイクルの恐怖 焼き付きを回避するためにはどうすれば良いのか?という内容です。


STDのMJは#230だが、このマシンには#270が入っている。
しかし、一度はカブって走らなくなる状況を体験してみたかったので、徐々に番手を上げていったところ…なんと#300でも普通に走ってしまった。
プラグの色を確認すると、濃すぎてダメという感じではない。
ノーマルエンジン/エアボックス付き/ストリートチャンバーという仕様で、ここまで大きくなっていいのだろうか?
何だかキツネにつままれた気分だが、走っちゃうんだから仕方がない。
もちろん、#300の次は#310を試してみるべきだがこの日は時間切れ。
結果的に我々は#300で、本番に臨むことにした。

一部引用

さて、上記の行動で何が正しくて何が残念かわかりますか?

まず、残念なところから

{徐々に番手を上げていったところ} 

ここです。
少なくとも#310は持っていた訳ですから、#270の次に変えてみるのはいきなり#310を試すのが正しいやり方です。

仮に#310で少しカブるようなら#300でセッティング完了です。
たったの2回でセッティングが決まったということになります。
そして、たったの2回で焼き付きの不安から開放されます。


それでは正しいところはですね。

{一度はカブって走らなくなる状況を体験してみたかった}

ここです。

キャブセッティングはカブるMJを見つけるところから始まるのです。

これが正しいキャブセッティングのやり方なのです。


こんな言い方では生意気に聞こえるかもしれませんね。
お前何様だよ!?って。

自分のことを言うのはあまり好きではないですが言いましょう。

僕はチューンドスクーターの中で焼き付きやすくパワーが出にくいといわれるホンダスクーターの中でも、発売から20年ちかく何をやっても速くならないと言われ続けたジャイロと10年以上格闘している男です。

現在では時速100kmを超えるパーツを装着して過酷な状況でセッティングを繰り返し、
フルチューン空冷エンジンで小田原厚木道路と箱根新道を使って厚木−芦ノ湖 間を往復。
フルチューン空冷ジャイロでセッティング変更なしで富士山五合目も走破。
そして、ついに東名高速で厚木-名古屋 をクリアしました。
まだまだ、沢山ありますが大きな声じゃ言えない事もありますのでこの辺で…

キャブレターのセッティング方法についてはいろいろあります。

今までのやり方では、難しいのピラミッドに君臨する王者ジャイロには通用しないのです。
逆に言えば
ジャイロに使える技は、他のどんなエンジンにも通用します。
レースをやっている人の方が信憑性がある!と思うかもしれませんがサーキットは基本的に過酷ではありません。
標高の変化も少ないしストレートも極端に短いです。あんなに短い直線じゃいい加減なセッティングでも壊れません。
原チャリ改で高速道路に乗るということは、アクセル全開のまま100km以上の直線を走ることになります。
そして、気がついてもらいたい。
2サイクルの100cc未満で高速道路にアタックできるのは王者ジャイロだけだということを。
基本的に125cc以下は走れません。
125cc以上のパワーがあれば巡航も楽にこなせます。(それでもつらいとは思いますが…)
オーバーヒートを知らせる水温計もありません。空冷だから。
想像を超える過酷なチャレンジであるとご理解いただきたい。


王者と格闘して10年
次回はその戦いの中で磨いた技を紹介したいと思います。
本当はものすごく悩みました。
いわゆる企業秘密にあたる技術だからです。
しかし、2サイクルが壊滅してしまっては何の意味もない…
2サイクルが廃れていく理由の一つ 必ず焼きつく というのを回避できるセッティング方法をこのタイミングで紹介しなくていつするのだ!


次回を書き終える前に寿命を迎えてしまったら、そのときはごめんなさい。




 
コメント
from: 超ド素人おかっち   2015/12/07 8:58 PM
キャブセッティングは、ホント難しいですよね&#12316;

これで完璧と思っていると、また違う顔が出てくる。

ベストを探すと共に、また妥協も必要な場合もありますからね!

燃調は、大事!
でも過信してると、今度は2サイクルオイルのイタズラが(笑)

誤魔化してバランス取ってると、今度は熱膨張によりシリンダーが負けて痩せてくる…
(オーバーヒートも!)

痩せてくるなら、まだ良い方で誤魔化しきれなければ、ガツンと焼付きとカジリ(^_^;)

ホントジャイロで高速道路走るのは、楽しいですよね(笑)

周りから見れば危なっかしいけど、走ってる本人は優越感!!
(でも内心は、ノミの心臓でバクバク)
from: old_kp   2015/12/07 9:20 PM
>おかっちさん
ほんと、キャブは奥が深い…
いっそ、新型ジャイロにエンジンだけ2ストに載せ変えてインジェクションにしたいくらいです。(^^)
セッティングCPもあるみたいだし!

速くなくてもいいから、よゆーで高速走りたいです。
心臓が弱いから(^^;;
from: ライ・スケ   2015/12/07 9:26 PM
こんばんわぁ〜
いやぁ〜
次のUP、お持ちしておりますが、首長竜になる前にお願い致しますぅ〜♪
かつて、RD125やRZ250、SDR等を弄り(いたずら?)県境の橋の上や第三京浜などでセッティングしておりましたが、カルロスラバードの音(他のTZより太く湿っぽい音)を思い出して走っておりました!
目標は、いかにして濃いガスを食わせるか♪
カブる一歩手前のジェッティングにアクセルコントロールでトルクを引き出す走り方は、カブ乗りさんにはおなじみの秋田のneri神様も同じことを言われてますねぇ〜♪
from: old_kp   2015/12/07 11:46 PM
>ライ・スケさん
こんばんわ!
もったいぶっていますが、実はたいしたことではないんです。
知っている人はとっくにやっていることでしょう。
しかし、みなさんに広まらないことが問題だと思うんです。
そりゃ、うまくセッティングできる方法なんて、おいそれと人に教えたくはないですからね(^^;;
ということで、知ってる人はなぁ〜んだ…で終るような話だと思っていてください。。。(笑)
from: サイトウ   2015/12/08 9:59 AM
マシンは大丈夫でしたが、私のお尻は壊れました(笑)
from: old_kp   2015/12/08 10:30 AM
>サイトウさん
あの時はおつかれさまでした!
ほんと、いろいろハードでしたね〜
今度4ストジャイロをトライクにして高速ツーリングしたいですね。
CPいじってさ(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1133