old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
皆で共有したい2サイクルのセッティング 四
JUGEMテーマ:車/バイク

プラグの番手は変えてはいけない


さあ、今日はやっと救世主様にたどり着けそうです。

残念ながら僕は、説明がヘタでどうしてもダラダラとしてしまうので、画伯に登場してもらいましょう。




プラグってのはザックリいえば、こんなかんじ。
絶縁体のガイシに電極棒が埋まっています。
そこに高電圧で流すと放電という形で電気が流れます。
どちらかと言えば、カミナリ?ん〜 静電気って感じでしょうか。
夜に車のドアノブを触ろうとしたら、青白くバチッっとなったことありませんか?



プラグってのはズーッとバチバチしているわけではなく、一瞬のタイミングで点火します。
ということは,エンジンが一回転している間はほとんど何する訳でもなく、そこにあるだけです。
そんな時、大量のガソリンが振りかかってきたらどうなるのでしょうか?
次の図を見てください。


さあ!いざ!点火だ! というと言う時には、不純物で覆われてしまっています。
これってどういうことか解りますか?

放電とは行き場の無くなった電気が空中を通して流れていくのです。
カミナリもそうですよね。
溜まりに溜まった高電圧が堪えきれなくなって、ドーン!という轟音とともに空気中を流れるのです。
カミナリの直撃を受けると木は裂けて山火事になったり、人は死亡する危険があります。
ですので、電気は流れやすいところを流れるという特性を利用した避雷針という道筋を授けることで、危険を回避しているのです。

そうなのです。
電気は流れやすいところを流れる なんて、自由気ままななやつなのでしょうか?
どうですか?
不純物はまるで避雷針。
電極で放電するまえに、流れやすい不純物という道筋に電気は逃げてしまいます。
こうなったら電圧を2倍いやさ10倍 ううん もっともっと100倍にしても同じです。
電気という気ままなやつはひたすら流れやすい不純物を通ってしまい放電しません。

これが点火を強化しても無意味という事なのです。



ましてや現在の2サイクルは20年前の車両でも、CDI方式です。
もはや最強。
純正で最強。

これ以上強化したければ、プラズマ方式でも持ってこいってレベルで最強です。

でも、点火の強さなんてほとんど意味が無いってことは理解していただけましたか?



では、エンジンが360度まわる中で一瞬しか仕事しないプラグに降りかかった不純物は
どうすれば取り除くことが出来ると思いますか?



もう、お分かりですね?


そうです。

原始的ですが、熱によって飛ばすのです。

アッツアツにしておけば、何も仕事していない359度中も不純物に覆われる事はなくなるのです。

なぜって?
そりゃ、アツアツのカップルには雪も溶け出すってね。


と。
いうことで、今年のクリスマスイブは熱々でお過ごしください。

ご静聴ありがとうございました。

















はっ!

いかん!

ロンリークリスマスイブだった!!

なんとかしなければ!





は!
いかん!

そんな話ではなかった!



ところであなたのお家に電気ポットありますか?
あれって長く使ってると白い固形物がこびりつきませんか?
ポット洗浄中とか使って定期的にお掃除しないといけません。
無色透明な水を入れているだけなのに、どうしてあのようになるのでしょう?


そうです。
熱価を下げることによりカブリを回避して完璧なセッティングに近づいたとしても、
どうしても避けられないことがあります。
それは

定期的なプラグの掃除    

です。


2サイクルエンジンというのは構造が単純ゆえに定期的なメンテナンスが必要になります。
これは、当たり前のことです。
たとえば人は生きていればお腹が空きます。
これは当たり前のことです。
そんな当たり前のことが覆ったらどうしましょうか?ダイエットも苦にならない?

ま。 身体のことはライザ○プに任せるとして、プラグはどうでしょうか?

長年の当たり前が消え去る日が来るのでしょうか?


次の画伯の作品を見てください。


ガイシの位置をずらしました。
もちろん熱価を下げて、熱で不純物を飛ばすのは今までと同じです。

360度のうち、1度くらいしか仕事をしていないプラグの放電で何が起こると思いますか?

想像してみてください。






そうです。
年中ポット洗浄中状態です。
点火するたびガイシ洗浄も兼ねる。

なんだこりゃ? 天才か!?


そうです。
天才現る!!


それがハイブリッドスパークプラグです。


ああ 4極プラグね! 知ってる知ってる 昔からあるよ〜!



だまらっしゃい!! 


ここにおわすお方をどなたと心得る!!

救世主様なるぞー!!


単純に4極ではありません。
電極が低い位置にあり、積極的にガイシを焼くようになっています。
多極プラグとは似て非なる物です。


何種類かのハイブリッドプラグを試しましたが、僕はこれが一番良いと感じました。
BKR6EQUP
ものたロウが一番手に入れやすいかな。

原付にはネジ部が長いタイプですが、カラーを使えば済む話です。


4回にわたるつまらない話もこれで完結となります。
この4回目を書く前にこのブログを読んでくれた人たちとをやり取りをした中で
確信したことは熱価は純正のままということを実践している人たちは昔から居たということです。
しかし、それが世に広まっていないのが現状です。
僕の願いはなんとかこの事実を広めて行きたい。
ただそれだけです。
残念ながら、このブログにそれだけの影響力はありません。
もし、ここまで読んでくれた方が居るならば、ぜひ、拡散して欲しいと思います。
その際はこのブログに書いてあったなどと言う必要はありません。
どうぞ、自由に拡散してください。











さて、次回は応用編です。




完結じゃねーし!!!












 
コメント
from: 超ド素人おかっち   2015/12/14 9:01 AM
このプラグ2年位前に手に入れようと嫁の会社(部品の卸やさん)で値段聞いてもらったら…

担当者の人が忘れ上がってそのまんま(爆)

結構よいお値段するんですよね(笑)
from: いとー   2015/12/14 9:51 AM

車の静電気て
ガスコンロのガスをつけるときの
バチバチですよね

鍋から吹きこぼしたりして
吹かずにいると汚れがついて
つかないのと同じというわけですね
from: old_kp   2015/12/14 10:27 AM
>おかっちさん
レーシングプラグに比べたら安い方だとは思いますが
定期清掃をしながら純正#6でも良いわけで(^^)

>いとーさん
なんとも完璧なたとえ!ありがとうございます。
まったくその通りです!
(^^)
from: いちろー   2015/12/14 9:39 PM
プラグの熱価……目からウロコでした(>_<)AE86でレースしてた時に6番で暖気して9番〜10番に交換してたの思い出しました。サーキットでは、ほぼ全開ですから燃料濃ゆくしてもプラグもかぶる事無いですよね(^_^;)
とても参考になったので早速、MYキャノピーで実践したら良い感じになってきました(^3^)/
from: old_kp   2015/12/14 10:47 PM
>いちろーさん
さっそく実践していただいたんですか!
まことにありがとうございます!
ひじょーに嬉しいです!

86ですが、もしかしたら#6のままもっと濃い燃料をぶち込んだらトルクアップじていたかもしれませんね。
その当時にそこまで濃く出来るCPがあったのかわかりませんが…
まあ、レーシングプラグが無い時点で使いませんよね(^^;;
from: ヒデ   2015/12/15 8:55 PM
単純な疑問なんですが、リード90のパーツリストからプラグの番数見るとBPR4HSAからBPR8HSA…だとすると#6じゃなく、#4でキャブセッティングのジェットUPの方が良いってことですか?
from: old_kp   2015/12/16 4:04 PM
>ヒデさん 
こんにちは!
なかなか、するどいご質問ですね。
理解が深くないとこういう質問はこないので嬉しくなっちゃいますね!(^^)
さて、#4でのセッティングというのは正解です。
ただ、正解は一つではなくそのチューニング内容によって変わります。
より、ハイパワーなチューニング内容だとより多くの燃料で冷却する必要が出てきますので#6以下を使った方が良くなりますよね。
しかし、そこまで燃料冷却が必要が無い場合は#4でも構いませんが、燃費が悪くなることを気にするのなら#6で十分だという判断もあります。
跡はピストンクリアランスにも関わってきますがその話は次回の応用編に書きたいと思いますのでしばらくお待ちくださいね。
from: ざび   2017/11/08 7:39 PM
こんばんは、初めまして。
いつもこちらのブログ参考にさせて頂いてます。
質問がありますのでお時間ある時に回答して頂けたら嬉しいです。
今2ストの空冷のスクーターにハイブリッドプラグを使用する予定なのですが、シリンダーヘッドとプラグガスケットが当たるようにプラグガスケットを一度外して取り付けるべきでしょうか?
それともシリンダーヘッドとカラーが当たる取り付け方で問題ないでしょうか?
圧縮漏れがありそうなのでガスケットを一度外してカラーを入れてガスケットを戻そうとしたのですが、ガスケットが上手く外せなかったので…
from: old_kp   2017/11/09 9:31 AM
>ざびさん
コメントありがとうございます。
カラーとガスケットの件ですが、どちらも試したことはありますが、どちらでも大丈夫だったというのが結論です。
ハイブリッドプラグはジェッテイングに迷いやすいという一面がありますので#8ノーマルプラグでジェッテイングして、少しカブルMJにしてからハイブリッドプラグに戻すという基本を思い出してくださいね。
from: ざび   2017/11/09 11:18 AM
回答ありがとうございます!
ノーマルプラグでキャブセッティングしてハイブリッドプラグ試してみたいと思います(^^)
from: old_kp   2017/11/10 9:05 AM
頑張ってくださいね〜(^^)
分からないことがあったら、お気軽に質問してくださいね。
分かることだけ、お答えします(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1137