old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アルミ溶接のビート (半自動溶接機)
JUGEMテーマ:日記・一般



4月です。
新しい生活が始まりましたね。
いきなり環境が変わった人も居るかも知れませんが頑張りすぎないことに頑張っていきましょう!
ブログ方も書き方が4月から変わったようなので、僕に対応できるのか…わかりませんが頑張って更新してみようと言うわけです。

以前、フェイスブックで見たTIG溶接のビートなんですけど、まるでアートのようなビートでした。
8の字を書くようにすればあんな風になるのだろうと想像は出来ましたが、なかなか簡単にはいきません。
あれはTIG溶接のなめ付けでしたが、僕はアルミの半自動溶接でチャレンジしてみました。


これが会長の普通の溶接です。



 

こちらが8の字ビートです。

どうでしょうか?正直どちらが良いとは言えない気がします。
溶接は仕事なので強度が出ていれば早く溶接できた方が良いですし、製品の溶接ビートなんてほとんどの人が気にもしないですからね。

個人的にはこういった新しいことにチャレンジ(と言うほどでもないが)することは楽しいですが。。。  

そうだ!蜂の八の字ダンスに似ている動きをするから、このビートをビービートと名づけよう!  ベタベタ…(^^;;







コメント
from: 超ド素人おかっち   2016/04/04 12:39 PM
100ボルト(しかも家のメインブレーカー30アンペア)な素人には羨ましい限りです。

未だに昔ながら?手持ち花火のような溶接棒を使うならアーク溶接しかも定電圧のおもちゃくらいしか使えない環境(笑)

まだまだ修業が足りなく綺麗に溶接できません(爆)

アルミ溶接出来れば&#12316;
Lカバー切断しても補強ステー付けたり
ケースにステー用取り付け放題だなと(^_^;)
from: サイトウ   2016/04/04 1:09 PM
私みたいな素人には8の字の方がつよそーーに見えます(>_<)
from: old_kp   2016/04/04 2:16 PM
>おかっちさん
一見、うらやましく思うかもしれませんが、溶接が仕事ですから機械があるのは当然なことです。
むしろ、機器に対する投資、それに対するリスク、そして維持していかなければならない環境はそれほど羨ましいものではないかと(^^;;
アルミ溶接などしなくても、ケース補強やステー用ボルト穴などはリベット等でいくらでも可能ですよ!(^^)

>サイトウさん
溶接は盛りというか厚みで強さが出ますから、
当然、ビービートの方が強いのですが、それは溶接部分単体の話で、製品全体としては普通の溶接でも安全基準を満たした製品なんですよ。
ビービートは時間が掛かりますからねぇ…
from: ヤッさん   2016/04/04 9:19 PM
先日、無理してアーキュリー80を購入しましたが、120だと別売キットでアルミ溶接が出来るので悩みましたが、金額と猫に小判と言う事で、大人しく80にしました(^^;;
from: いやだ!   2016/04/05 10:09 AM
ハナクソビートなら、得意ですけど・・・
半自動でアルミは、電流電圧の調整が難しそうですね。
from: old_kp   2016/04/05 5:47 PM
>ヤッさん
こんにちは!
アルミ溶接って、どちらかと言えば技術より機械の性能の方が重要ですから、中途半端な機械では上手く付かない場合が多いです。鉄が溶接できるだけで十分すごいことだと思いますよ!(^^)

>いやだ!さん
こんにちは〜
アルミ溶接はトランジスタータイプのTIGが出てきたときから、半自動よりTIGの方が簡単に溶接出来るようになりました。アルミ半自動は70万円レベルの機械だとちょっと調整がシビアですが、150万円クラスだとむしろ簡単にきれいに溶接が出来ます。
その分、支払いが厳しいですが(^^;;
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1150