old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2016 第五回 スリミ 走行動画
JUGEMテーマ:車/バイク


さて、、、
なにから書けばよいのやら。。。

最初に説明しておきますが、今回 撮影のためにカメラマンを用意したりとかはまったくやっていません。
ですが、キューピーさんがオンボードカメラを用意してくれていたのでその動画がメインになります。

ですので、ブログリンクの中ほどにある キューピー動画 ←クリック を開いていただければ動画を見ることが出来ますので
興味のある方はどうぞご覧ください。

その動画集の中から まずはカマキリ125号を見てみましょう。


このエンジンは本当にトラブル続出です。

最初はパワーにクランクが負けて曲がってしまったり(クランクピン溶接で対応)
今度は駆動系のドライブシャフトベアリングが砕けたり(スペシャルブレンドオイルで対応)
その他もありましたが約6倍のパワーを50ccベースエンジンが受け止め切れませんでした。
ひとつひとつ対策してきましたが、今回はクラッチが持ちませんでした


動画の途中に吹けがおかしくなったのはNOSを吹いたからです。
バーンアウトってある程度のセッティングも出来るのでNOSを様子見で吹いたらカブってしまったと言うわけです。
注意して見ていただきたいのは、アクセルとリヤタイヤの空転です。


最初はアクセルを開けたら、リヤタイヤが空転しますが、タイヤが温まってきた後半はアクセルを開けているのにタイヤが止まっています。
横浜のSタイヤ A032Rの強力なグリップとCR125シリンダーのパワーに50ccのクラッチが悲鳴を上げてしまったのです。
50ccとはいっても最高峰のステージ6のクラッチを入れていたんですがね。。。
それでもSSを走ってみたんですが、スタートからクラッチが滑りトルクを伝達できてないのが良くわかりました。
そんな状態ですが、3秒台に入りその日の一番時計だったので、対策できれば… 期待してしまいます。

今後はどのように対応していくか?
ちょっと考えて見ます。

ちなみにSS二番手はキューピー号です。
怒涛の加速はまるで単車というか、モトクロッサーそのものです。







さて、お次は周回専用マシン くまモン号(今回限定)です。

7分近い動画なので適当に飛ばして観ていただくとして、マシンの説明をしますね。

後ろを走るキューピー号ですが今回はかなり仕上げてきました。
前回のサーキット走行でダメダメなところを一つづつ改善し、尚且つエンジンも更なるパワーUPを果たしております。
ですのでダメダメなところは殆どなく普通にサーキットを走れます。
実はこれはすごいことなのです。
(車体をジャイロ系にすればなんの問題もありませんが、他車種にジャイロエンジンを載せたマシンっていうのは、何もかも1から作ることになり普通に走れるようになるにも大変苦労します)

前を走るくまモン号は73cc、キューピー号は185cc 排気量約2.5倍です。
73ccとはいえ完成度が高く、かなり速いくまモンですが185ccの直線の怒涛の加速は目を見張るものがあります。

しかしながら、その圧倒的なパワーにブレーキがまったく付いてこず、コンパクトに作り直したとはいえジャイロXよりは大きなキューピー号は直線番町で
逆に小排気量ながらコンパクトな車体に強力なブレーキで走るくまモン号はとても対照的だったと思います。

彼の名誉のために、わざわざ書きますが
正直なところあの車体ではまったく付いて来れないのでは?と思っていたら
そんなに差がでなかったのは 彼がテクニシャンだったからだと思います。
ええ。



さて。
今回の目的のひとつ  中年膝スリ  これに不可欠なアイテムがあります。

まな板です。 往年のまな板膝スリです。
市販のバンクセンサーの方が今やコストパフォーマンスがいいです。
しかし、中年は雰囲気に拘ります。
(うまいこと作ろうとして、湾曲させたくてバーナーで炙ったら焦げました)



やっぱり、まな板 いいわ(笑)
よく滑る!
(でも、作るの大変なので次は市販のバンクセンサー買うかも)


先程の動画、リヤ映像の5分53秒あたり
ここを良く見ていただきたい。 ドリフトアウトといいますか。。。


スリミから数日経ってしまっていますが、わかりますか?
左タイヤの内側がテカテカしているのが。
実はキャブからの吹き返しで左タイヤにオイルがべっとり状態で走っていたのです。
なので、右コーナーはオーバーステアでした。
5分53秒あたりの動画は
もう少し速く進入できるかな?と入っていったら ズザーーっとテールが流れていったんです。
カウンターで対処しましたが
全然とまらず タイヤバリアーに当たるまで流れていきました。
タイヤバリアーに当たった音も入っていますね。

一瞬の出来事ですが
正直 二輪だったら僕は今頃 病院のベッドの上でした。


これがジャイロだから 何事も無くクリアしてしまうんです。
ま。 当然、まな板がいい仕事してくれて膝でバランスを取っていたんですけどね(^^)


誤解の無いように説明しておきますが
僕はサーキット走行の練習など一切しておりません。
それでも膝スリやドリフトなどがなんとか出来てしまうのは、やはりジャイロという乗り物だからです。

ホンダは最初にスイングしない3輪バギーをつくり大ヒットさせたが
スイングしないことで事故が増えて生産中止。。。
その後、ビジネスバイクとしてスイングする3輪を日本だけで再販しましたがその無限の楽しさを知る者はまだまだ少ないが残念ですね。
アメリカあたりで再販したら、面白くなるのかなぁ


そうそう。
誰も興味もないとは思いますが前回のスリミで採用した。
コーナリングサポートシステムですが、今回はきっちりと機能していました。
バンクさせるとリヤタイヤの内輪のみにブレーキが掛かるというシステムです。
これがないとジャイロでコーナーの立ち上がりにフロントが浮くと、フロントタイヤがアウトにぶっ飛ぶのでかなり怖いのです。
リヤは曲がろうとすることはなく、フロントのみで曲がっているジャイロの欠点と言えます。
今回はフロントがポンっと浮いても、まるで二輪のようにそのまま曲がっていったので大成功でした。

言葉ではうまく伝え切れませんが
試乗してくれた皆さんがいうには、乗りやすく良く曲がるといってくれていたので
なんとなく解ってくれたのかな?と思っています。






みなさんの寄書もいただきました。
わたしも含め皆さんシャイだから、ペンを持たせると固まってしまう人が続出してました(^^;;


第五回スリミ 本当にありがとうございました。




















コメント
from: しげ   2016/05/07 8:06 PM
キューピーさんの動画最高ですね(≧∇≦)
kpさん、カッコイイ〜〜(o^^o)
from: ヤッさん   2016/05/07 8:42 PM
え〜
kp号とキューピー号とは、そんなに排気量の差が有ったんですか(゚o゚;;

私の車両が出来あがっても、周回遅れで邪魔しちゃいますね(・・;)
from: 超ド素人おかっち   2016/05/07 9:04 PM
やはりキューピー号は、このコースではパワーあり過ぎ?
なんかアクセルあまり開けてない感じですね(^_^;)
from: いちろー   2016/05/07 11:13 PM
以前、雨上がり直後にグレーチング上で吹っ飛びそになった時、カウンター1発で立て直りました〜♪
2輪だと確実に転倒してましたね(^^;
ブレーキングサポート。。四輪で例えればトラクションコントロール?な感じ?ですかね(^_^;)
動作は伝わってますよー(^-^)/
from: キューピー   2016/05/08 1:31 AM
こんなに排気量が違うのに、置いて行かれるんですからキューピー号もそんなもんですよw
あ、乗り手の問題かw
なんにしても面白いですねーサーキットってw
次は打倒ですな!!
from: サイトウ   2016/05/08 11:54 AM
もう少し広いサーキットを走らせたいマシンですね(>_<)
from: old_kp   2016/05/08 12:16 PM
>しげさん
こんにちは!
やっぱりイベントは楽しいですね〜(^^)
動画は上手く撮れていましたね。
機材が良いと被写体も良く撮れるんですね。
かっこいいって言われるとうれしいっす!

>ヤッさん
こんにちは!
排気量の差は2倍以上ですが、ミニサーキットならジャイロエンジンベースのボアアップの方がコンパクトなので小回りが利いて有利ですよ。
次回サーキットイベントがあったらですが、
ちゃんとクラス分けをしたいと思っています。
その時はどうぞよろしくお願いします!


>おかっちさん
こんにちは!
キューピー号のパワーはもりもりですが
どちらかというと
長い車体が邪魔をして小回りできずにアクセル開けられない感じですね。
今頃車体を短くする計画でも練っていると思われます(^^)


>いちろーさん
こんにちわ!
やっぱり、ジャイロは最強に安全ですね(^^)
普通の二輪で雨の日滑ってカウンターで対処なんてGPライダーぐらいしか出来ないですもの!
コーナリングサポートは車で言うとヨーコントロールですね。
コーナーで車体自ら曲がろうとする感じです。


>キューピーさん
立ち上がりの仕方でストレートの伸びは随分違うんだ!
とイニシャルDで言ってましたよ(^^)
サーキットは面白いですが、それってジャイロだからですよ!
二輪じゃ怖くて走れません。。。


>サイトウさん
はげしくお疲れ様でした!
今度は広いサーキットイベントを企画しているんですか?
楽しみにしています!
NOSタンクをたくさん持っていかないといけませんね!
(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1156