old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
10/30 KNカップ

JUGEMテーマ:車/バイク




かなり遅くなりましたが、10/30に行われたKNカップの報告を致します。



レース前に分かっていた事

.織ぅ笋終わっている (つまり、タイムUPは狙えない)

■裡錬咾離離坤襪魏湛して、噴射圧力を高めることに成功 (ただし、セッティングはしていない)



レース後に分かった事

.織ぅ筌汽ぅ困肇螢猊の重要性

■裡錬咾琉砧呂鮃發瓩燭蕁燃料のジェットは下げる方向になった。

ニコイチエンジンによりリヤ左右にかかる荷重がより不均等になっている。 (ジャイロのエンジンは右側に寄っているので右タイヤに過重が掛かるがそれがさらに増えている)

そだ気靴燭弔發蠅留Δ剖覆る癖は、まだ少し残っていた。



その他、言葉にできないくらいいろんな経験をしましたし、なにより先輩達から貴重なお話を聞かせていただいたりして、本当に参加して良かったなと思った大会でした。


めでたしめでたし

つづく
















つづき


今回は前夜祭なしなので早朝にイワイサーキットに着きました。




ちょっと早く来すぎたかな?と思ったけど KNさんはもう準備に取り掛かっていました。
前日深夜からの雨で路面はウェット… エンジン発電機の排気熱でスタート地点の路面を乾かしていました。





しかし、それでもコース自体は濡れています。
一発走っているところを見ていたら、リヤがズルズルでまっすぐ走っていません。
これは危険と判断して、路面が乾くまで待ちました。




ゼッケンシールが増えすぎちゃったな… 
一枚はがして張りましたが、古いのは全部取っちゃうのがいいんでしょうが、何かもったいない気がしなくもない。




タマピットブースも準備万端です!(笑) 路面コンディションが良くなるまで待機中〜




全部で10本走れます。
好きなタイミングで合計10本なのでセッティング等しやすいです。





KNカップは昼飯付きです。




NOSの噴射圧力なのですが、まさかの事態になりました。
事前テストでは21barでも走ったのですが、セッティングが出来なくなりました。
圧力を上げると一緒に噴射する燃料も引っ張られるかたちで出過ぎてしまうことが分かりました。
なのでジェットを下げようとしたのですが…
こんな事になるとは思っていなかったので#70以下のジェットを持って来ませんでした。。。

逆に#70で走れる圧力は18bar程度が限界だったので、そこで固定しました。
正直、タイヤが終わってるからこれについては残念とは思っていません、次回につながる訳ですから。




後先が逆になりますが、NOSのジェットが合わない事がわからず
もしかしたら、吹き出した冷却水を吸い込んで吹けがおかしいのか?と思い
リザーブタンクにビニール傘をつけました。
結果としては関係なかった模様ですが、そもそも冷却水が吹き出してしまうのは良くないので
リザーバータンク容量を大きくしようと思っています。




ss1/32mileもハイブリッドプラグ! セッティングの幅が広がります。




そんなこんなで ベストタイムを更新することなくレースを終えましたが、
ビジュアル的にはいろいろやらかしました。
残念なのは映像に残っていない事ですが、きっと参加した皆さまの記憶には残ったのではないかと思います。




カーボンファンネルです。
レース前はアルミフェンネルだったのですが、レース後は突然カーボンファンネルになってしまいました。
運転している本人はよくわからないのですが、目撃した人は皆 「ジェットエンジンの様だった!」とおっしゃっていたので僕も映像で見てみたかったです…




ってことで
レースも終わり 数日経ってカマキリ号を車から降ろしました。
次回のKNカップ(11/20)までに対策をしていきます。




まず、タイヤですね。タイヤがなければ走れません。

もともと、SS1/32mile用にタイヤを用意はしていませんでした。
タイヤは8年前にトヨタレーシングパークで行われた尾張ジャイロの春スプリント選手権の時に使った古すぎる中古タイヤですし、
ホイールはうちに転がっていたモンキーホイールを組み合わせただけです。
とりあえず、ある物を使っただけというセッティングでした。
(8年前のタイヤなんてグリップするのか?と思う人も居るかもしれませんが、グリップ復活剤をタイヤの中に入れてあるのでコンパウンドが柔らかさを取り戻ししっかりとグリップしていました)

完全に使い切りました。 今までありがとう(^^)





レース中、先輩達にリム幅によってグリップが大きく変わると教わりました。
ちょっとこれを見てください。


オヨヨさんのリヤタイヤです。(120/80-12)
接地面は8cm以上あります。


こちらがカマキリ号ですが、5cmもありません。(3.00-10)
ジャイロはリヤ2輪なのでトータル接地面は9cm程度です。

きちんとss1/32mile用にセッティングするとリヤ1輪でもここまで接地面をふやせるのですね。
ただ、ジャイロでここまで接地面を増やすとクラッチが負けて滑ってしまいます。



こんな事にならないように12インチではなく10インチの3.50-10を引っ張って組む計画にしました。
問題は相変わらず資金がない事ですが…
キューピーさんが兵庫のイベントK3・K4に参加したとき、ジャンケン大会で10インチの3.5Jのホイールを一本GETしたものをこころよく?譲ってくれました!(ありがとうございます)
したら、残りは一本だけ買えばすみます。

タイヤは中古タイヤを探します。
そんなんじゃ、グリップしないって? 大丈夫大丈夫(^^)グリップ復活剤がありますから。






ラッキーなことに新古タイヤをGETしました!!




溝はバリ山ですが、 古いタイヤなのでコンパウンドの硬化が心配です。
なので、グリップ復活剤を1本あたり150cc入れておきました。



まだまだ、対策するところはたくさんありますが…
なにはともあれ

KNカップい忙臆辰靴審Г気沺

お疲れ様でした!!















コメント
from: 眠兎(みんと)GX   2016/11/10 3:22 AM
アフターバーナーですか?

凄いことになってたのですね
from: old_kp   2016/11/10 9:48 AM
>みんとさん
あくまでもアフターバーナーの様だった!だけです。
NOSを吹いたまま、アクセルOFFったらガスと燃料がスロットルバルブに跳ね返って…
なぜかそのガスに引火してしまったから、バックトゥーザフューチャーの様になったと。
そのまま草むらに消えたら完ぺきだったとまで言われましたから(笑)
from: サイトウ   2016/11/10 6:31 PM
いやぁ〜見たかったなぁ(>_<)
タイヤ変更楽しみですね(^^)
from: old_kp   2016/11/10 8:40 PM
見たかったなぁ〜 じゃないし! ヾ(`ω´*)ノ"ケシカラン
次のKNカップが楽しみですね!
前夜祭やりますか??
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。