old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
祝 モトチャンプ 35周年!

JUGEMテーマ:車/バイク



モトチャンプが35周年

めでたいやら、自分の歳を再確認しちゃったり…

とにかく! おめでとうございます!


読んでて思い出しましたが、今の時代ではあまり見かけなくなった50ccバイクのテレビCMが紹介されていました。
今の人は知らないかもしれませんが、昔はバイクブームがあって50cc原チャであってもCMやって採算が取れるほど売れたんです。
それが今じゃ、あまりにも売れないからホンダとヤマハが50cc原チャを統合して…
ついには免許制度を変えてくれとお国にお願いするほどのありまさです。
(聞いた話じゃ、免許制度を変えてもいいけど、その代わり条件があると言われているそうな、、、その条件ってのが厄介で…交渉次第じゃ、この話はなくなるかもしれんです)


さんまさんはインパクトあったなぁ
でも、子供のころ一番気に入ったのがジャイロUPでした。
ほら、子供って働く車大好きじゃないですか。
トラックみたいなバイクだ!すげー!って思っていました。


そんな笹野少年は、青年になり… 大人になり… 中年になり… じじいに…    だれが!じじいだよ!

まだまだ元気な中年ですよ!


ま  中年なら面白い内容なのでぜひ買って見てくださいな(^^)




さて、カマキリ号最後のレースになったKNカップの記事を見てみましょう。
カマキリ号最後の雄姿はこれだ!!




ちいさい〜  文字通り隅っこに載っていました(^^;;

いやいや、載せて頂いただけでもありがたいです。









カマキリちゃんがこんなもんだったので他の事で自慢させてください。
注目したいのはこの一台です。



ヤマハ パッソル 49奸
製作者 シュウ製作所 
カテゴリーはSA-GTです。 
タイムは3.996秒。

詳しくない人がみたら、ふーん・。・ で?
となるでしょうからご説明したいと思います。
そもそも、49佞3秒台に入ること自体たいへん難しいです。
49侫僖錙爾砲聾続Δありますからね。
ならばどうするか? 当然、軽量化をします。軽ければ軽いほど有利になるからです。
車体はパッソルなので、最軽量な部類に入ります。
なぁーんだ、軽いからじゃん?と思うのが普通ですが、よく見るとカテゴリはSAの後ろにGTが付いています。
GTクラスというのは、簡単に言えば最低総重量が決まっていて、ライダー、ヘルメット、レーシングスーツ等と車体の総重量が145kg以上なければならないのです。
パッソルの乾燥重量が45圓任垢ら、ライダーは100圓竜雋舛任覆韻譴个覆蕕覆い里任后
ちなみに私は63圓覆里如GTクラスに出る場合はメチャクチャ飯を食って太らないと参加できないのです。
嘘です。
ライダーと車体が145圓砲覆襪茲Δ法▲Ε┘ぅ箸鮴僂泙覆い箸い韻覆い里任后
記事に書いてありますが、ステップに鉄板を積んで145圓砲覆襪茲Δ膨汗阿靴討△襪里任后

49佞離僖錙爾世伴崑里皀薀ぅ澄爾盞擇してギリギリ3秒台に入るかどうか?なんです。
それを鉄板積んで3秒台に入るなんて、まさに人類史上初の快挙という事がおわかりいただけただろうか。
世界最速の49佞覆里任后
いやマジで、どんだけパワー出てるのよ!?





シンコーメタルでコーティングしたスペシャルエンジン

シンコーメタルでコーティングしたスペシャルエンジン

シンコーメタルでコーティングしたスペシャルエンジン!(^^)


あー すっきりした!
これで年を越せるってもんです(^^)


冗談はさておき
このシリンダーを見させていただきましたが、とんでもない加工の塊でした。
RS125のシリンダーポートデザインを忠実に再現してありました。
49佞肋さいので加工は困難を極めるのですが、このシリンダーはきっちりと造りこんでありました。
秘密の部分もあると思いますので、画像公開は出来ませんが、とにかく凄いシリンダーでした。
しかし、無理が祟ったのかシリンダー、ピストン共に傷が入りパワーダウンしていたそうです。
なんとかもう一度、このシリンダーを使えるようにならないか?と相談を受けたのです。
そして、傷を均してコーティングしたシリンダーとピストンを組んだこのエンジンが見事にワールドレコードを更新し世界最速になったのです。

いち職人として、大変うれしく、そして、たいへん誇らしいです。


コーティングは万能ではありませんが、それでももう使えないと思われるエンジンを復活させることが出来ます。
http://oldkp.jugem.jp/?eid=1046
ポルシェ業界ではある程度おなじみになっているコーティングです

コーティングにはこんな使い方があるって事が広まればいいなぁと思っています。





コメント
from: 超ド素人おかっち   2016/12/08 8:48 PM
マスターズの時にジェネレーターが&#12316;話題から、シュウ製作所さんの所に行って&#12316;
シンコーメタルの&#12316;って宣伝しておきましたと!、
掲載されるかは分かりませんがと冗漫混じりかと思いきや本当に!!

それにしても、49ccで本当にすごいですよね。
from: やんちゃ親父   2016/12/09 5:12 PM
パッソルでワールドレコードは凄いですね。
クラッチミートしたら変速無しですから、まさにエンジンのパワーだけで3秒台に持って行ったってこと。
化け物シリンダーですね。

ベルトで無くチェーン駆動なので伝達ロスも少ないのでしょう。
from: old_kp   2016/12/11 5:45 PM
>おかっちさん
なになに?
マスターベーションの時に自家発電が○×で?
シュウさんのところで?
チ○コの宣伝を?

おいおい 冗談はそのくらいにしときなはれ!!
(笑)
from: old_kp   2016/12/11 5:50 PM
>やんちゃ親父さん
写真をよく見るとエンジンはZRなんですが、49ccであることに変わりはないです。
ベルトってスリップロスがかなりあるようなので、条件によっては変則なしのチェーン駆動の方が50mだったら効率よさそうですね!
ファニーカーなんかは一速で400mを走り切りますからね!
あっちは5000馬力とか意味不明ですけど(^^;;
from: やんちゃ親父   2016/12/11 10:58 PM
ZRですか!
考えてみたらパッソルの乾式ギアと細いチェーンじゃ50mでも持ちそうにないですからね。

チェーン駆動ならクラッチの調整がキモでしょうね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1186