old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ジャイロXのメンテナンス

JUGEMテーマ:車/バイク




最近、感じることはブログという媒体の価値というか優先順位が下がってきている。
そんなふうに思うのです。

今ではFacebookをはじめTwitterなど様々な情報発信媒体があるから当然の結果だと思います。
私自身もブログの更新は遅くなっていますし。。。

しかし、流行りものや生の情報ならFBなどでも良いですが、
技術的な資料など勉強したいその時に過去の情報をカテゴリで整理して保存できるブログは、
まだまだ存在価値が高いと思っています。




などと 更新が遅い 言い訳を言ったりしてね(^^;;



さあ 始めましょうか。






二年前に補強したエンジンカバーのフレームですが、割れなどなくしっかりとしていました。
純正は ほぼ100%割れたり折れたりしますので、コーナー補強や追加バーが良い仕事をしてくれていたようです。





圧縮は元々これくらいで組んであったと思ったので、それほど落ちてはいませんでした。





ヘッドを剝ぐってみると、そこそこカーボンが付いています。
しかし…





面白いことにヘッド側 つまり、燃焼室にはカーボンがついていないですね。
そうそう、このヘッドは一世を風靡した かの轟ヘッド、シンコーメタルバージョン(低めの圧縮にしてもらった)です。
これからも大切に使っていく事になるでしょう。





シリンダーを外して ピストンを見てみましょう。
ピストンスカート部にうっすらとドライフィルムコートが残っています。
これにより機械加工では不可能な超精密で均一なピストンクリアランスを自己形成しているのです。
この世で働くエンジンとしては一番壊れやすいと言われる空冷2サイクルですから、
ここまで気にしてあげる必要があるのです。





駆動系OHのためにLカバーを外した時に違和感を感じました






ベアリングの回りが悪かったので、清掃&グリスアップしました。
普通は交換ですね〜 となりますが、まだ使えるかどうか?の判断は清掃しないとわからないのです。
本来はそんな手間はバカらしいという事で、バンバン新品に交換するのがビジネスなのですが(^^;;






そうそう、Lカバーのボルトもしっかりと清掃しておきます。
相手はアルミなので、ちょっと無理するだけでネジ山が逝かれてしまうんです。





エアクリーナエレメントは…
流石にこれは新品に交換です。
清掃したらボロボロになりました〜!!(笑)



ってことで 次回は フロント周りのOHをご紹介します。

つづく




コメント
from: GUCCI   2017/02/03 8:35 PM
画像デカッ!(;・∀・)

あっ、こんばんは!

轟ヘッドほしいなぁ〜
from: サイトウ   2017/02/04 8:28 PM
ブログ・・・
大事ですね(^^;;
from: old_kp   2017/02/04 10:06 PM
>GUCCIさん
こんばんわ!
画像は何故か?突然大きくなりました…

轟ヘッドはプラグの角度がノーマルのままなのでいいですよ!
from: old_kp   2017/02/04 11:23 PM
>サイトウさん
ブログはとても大変ですよね。
殆どの人が続けることが出来ない訳ですから。。。
(^^;;
いまやいろんなSNSがあるし。

つづけたことろでお金が入る訳でもないのに、自分の時間を使うんだから、続くわけないですよ。

仕事で精いっぱいです!

でも、人の役に立てるなら死ぬまでにやれることやっとこうかと(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1191