old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ホンダスクーター用 スペシャル空冷ヘッド 市販バージョン完成! 

JUGEMテーマ:車/バイク



皆さんが覚えているか分かりませんが、去年からとんでもない試作品を試しています。

冷却効果で圧倒的にアルミより優れる、無垢の銅の塊より削り出したシリンダーヘッドです。
(銅はアルミに比べて、熱伝導率は約1.7倍もあります。簡単に言えば1.7倍よく冷える。巣だらけのアルミの鋳物の2倍か?)


僕の知る限りでは、銅削り出しヘッドを考えた事はあっても作った人は今まで居ませんでした。
なぜって?当たり前なんですよ。
だって水冷ヘッドにしてしまうのが一般的(空冷を水冷にするのは十分変態だが)なのですから。

しかし、


空冷にとことん拘る。



そんな人間が一人くらい居ても良いと思うんです。

そんな訳で空冷最強ヘッド 銅削り出しヘッド を友人の協力(100%)で作ってもらったのです。



写真はツインプラグ仕様、シングル仕様の2個製作していただきました。


その効果は想像を超えるものでした。
むしろ、瞬間的にパワーが掛かったときはアルミの水冷ヘッドを超えた冷却を見せてくれました。
その冷却効果から生み出されたのが、2次圧縮圧力 14kg以上という超高圧縮エンジンだったのです。
(ちなみに俺のエンジンも圧縮測ったら14kgくらいあったよな?と思うかもしれませんが4サイクルはそれくらいは普通ですが、低圧縮エンジンと言われる2サイクルでは高圧縮になるのです)


圧縮14kg以上から生み出される強大なトルクは、今までの常識では理解不能です。
20kgまでテストしましたが、ピストン強度が足りずに割れてしまいました。
それほどのトルクなのです。

しかし、銅削り出しヘッドの市販化はコスト面で不可能でした。
軽くバイクが一台買えるほどのコストが掛かるので、空冷に拘るとしても限界がありますよね。


そこで、空冷ヘッドのデトネーションリング加工が一番現実的であると判断し試作をし、量産に向けて試行錯誤して来ましたが、
この度、量産品が完成したのでお知らせしたいと思います。


これです!
かなり拘り抜いて作りましたよ!


量産するからって全然時短になりません。
ひとつひとつ手作業なので、大変でした。


バイトは自分で削って、作るんですが
なかなかうまくいかず3本目で何とかうまくいきました。しかし、新品2本はぶっ飛びました(涙)


そして、圧入って感じですが… とにかく!

たいへんでした(^^;;




もう一度見て頂きたい。
説明しよう!
まず、鋳物には残留応力があるので、それを抜いてから機械加工する必要があります。
そして、鋳物は巣が入りやすく無垢と比べるとスポンジーなので、熱伝導が悪いのです。

すると 応力を抜く 焼鈍をする必要があります。
そして、高圧縮の為に1.0mm面研をしてあります。
さらに燃焼室には鍛造ディンプル加工を施しました。
これは表面を叩く(鍛造)ことでスポンジーである鋳物の密度を高めて強度&熱伝導を高める加工です。
さらに大切なのは、境界層を形成するための鍛造ディンプル加工です。
(境界層ってなんぞや?)←古い記事だけどみてね!
あ、燃焼室の表面だけ鍛造にしても冷却に何の関係が?と思った人は中々するどい!
実は燃焼室は簡単に言えば、吸気側と排気側で温度が違います。
当然、排気側の方が高温ですので、冷えた吸気側に素早く熱を移動させることで冷却効果を高めているのです。
まさにそれがデトネーションリングなのですが、燃焼室全体にもその効果を持たせることが出来るのです。


つまり、やりたいことを全部やってあります!!という事です。




さらに拘りはこれだけではありません。



左側が通常のマロッシヘッドです。
冷却フィンの大きさに注目です。
当然、当社のヘッドの方が大きいです!
似ていますが、全く異なるヘッドです!!
しかもロングリーチ仕様なので、ハイブリッドプラグ(高圧縮を可能にするプラグ)もアダプター無しで使用可能に!

理由はわかったけど 更なる拘りってほどでもないだろ? と思うかもしれませんが
実はこのヘッド厳密にいうと…
 




センタープラグではありません!!






ぬぅわに〜!!?? って思った人は、かなりの旋盤マニアです(笑)
簡単に言えば、センタープラグに比べて旋盤加工の手間が10倍になる!って感じです。
私の手間よりも冷却効果を優先しました!!

未だに手首の腱鞘炎に悩まされております(;;)




ホンダスクーターは殆どがスタッドボルトのピッチが同じなため
ディオ、ジャイロ、リード等に使えます。
もちろん、プラグ角度が変わるのでカバーの加工は必要ですが。

おそらく、このヘッドを本気で気になる人はボアサイズを知りたいと思いますがこれはフリーサイズです。
高圧縮の為に面研してあるのですが、そこでスキッシュを掘ってしまうと圧縮が下がってしまうからです。
もちろん、ガスケットで調整して無理に高圧縮にする必要はありませんが、あくまでも高圧縮ヘッドなんです。

専用の冶具を作ったとはいえ、これだけ手間が掛かってさらには手首を痛めるので、作れる数には限界があります。
気になる方は多摩ピットにお問い合わせください
シンコーメタルでは店頭販売のみになります。


焼鈍、デトネーションリング加工、面研加工、鍛造ディンプル加工とそれぞれ外注に出していたらかなりの高額工賃になりますが、工夫して自社で全部加工してギリギリの価格設定にしたつもりです。
どうぞこの子達をよろしくお願いします。














スポンサーサイト
- | 00:44 | - | - | pookmark
コメント
from: 眠兎(みんと)GX   2017/02/21 7:58 AM
今の仕事前は家の仕事(廃業したけど)で工業用ミシン部品加工で旋盤もやってました

高額でもやりたくない(笑)
from: old_kp   2017/02/21 8:44 AM
>みんとさん
あら(^^) 意外な過去ですね。 
旋盤加工は…あれは性格が出ますね(^^;;
from: やんちゃ親父   2017/02/21 12:14 PM
製作中とは噂で聞いてましたが、想像を絶するヘッドですね。
加工機械があるからって出来るもんじゃない。
脱帽です。
from: old_kp   2017/02/21 2:54 PM
>やんちゃ親父さん
いやー そんなー ありがとうございます。(^^)
一応、自分の経験を最大限に生かしたつもりです。
でも、手首を痛めるなんてまだまだ余計な力が入ってるんですよね。
達人への道のりは長いです。
from: GUCCI   2017/02/21 6:44 PM
まさに逸品です!
匠です!
ジャイロ界を牽引する男ならではの作品です。
これは嫁を強力な催眠術にかけるか
実家に送り返して
資金を捻出しなくてはならなくなりましたw
from: 眠兎(みんと)GX   2017/02/21 9:03 PM
フライスもボール盤もやってました

廃業して機械や鉄クズの引き取り頼んだのが今の会社です(笑)

from: old_kp   2017/02/22 2:12 AM
>GUCCIさん
こんばんわ! 
ジャイロ好きですが…
牽引などしたことはありません。。。

大切なお嫁さんにはニューメイクで女子力アップしてもらいましょう(愛)


>みんとさん
ななな??
からの〜!!!
やつですね!?
てか 鉄くずってのは勿体ないよな?(涙)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1196