old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    hide (09/20)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    nike (09/20)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (09/19)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    nike (09/19)
  • ジャイロのスイングロック
    old_kp (09/19)
  • ジャイロのスイングロック
    サイトウ (09/18)
  • ジャイロのスイングロック
    old_kp (09/17)
  • ジャイロのスイングロック
    ワイワイ (09/17)
  • トヨタのアルミテープのその後
    old_kp (09/17)
  • トヨタのアルミテープのその後
    mamorun (09/14)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
チューニングエンジンにおける 燃料確保の重要性 (実は単に新製品の紹介)

JUGEMテーマ:車/バイク



つづき



えっと なんだっけ?

答え合わせでしたね。

>クランク室の負圧と正圧で使うディオポンプを負圧のみで使ったら?
>燃料の供給量に違いは出るのか?出ないのか?
 

という質問でした。

答えは 違いは出る。 でした〜 


あったりまえだろ!と思う人が大多数だったのではないでしょうか?(^^;;

では、燃料供給量のちがいって?どれくらいなのか?
負圧のみで駆動させるのだから吐出量は半分になってしまうのでしょうか?


構造を見ると分かるのですが、燃料を押し出すためのスプリングが入っています。
このスプリングを負圧で引っ張って、スプリングが戻る力で燃料を送り出しています。
正圧側はスプリングが戻る手助けをしているにすぎません。

なので、負圧のみで使ったからといって燃料が半分しか来なくなることはありませんが確実に減ってしまうのです
これは大変危険なのです。
とくに2サイクルで燃料供給が追い付かなくなると、少しづつ油面が下がり混合気が薄くなっていくのです。
むしろ、ガス欠のように一気になくなれば問題ありませんが、少しづつ混合気が薄くなるとエンジンは焼き付いてしまいます。

つまり、燃料供給が足りなくなるとエンジンが壊れてしまうのです。



では、ジャイロをチューンする上でどの辺がラインなのか?
少し紹介します。

まず、49ccでマフラーがノーマルなら、燃料ポンプは必要ありません。
(もちろん、取り付けても問題ありませんが)

68ccにしたら必ず必要です。
(マフラーやキャブがノーマルなら純正の負圧ホースだけでOKです)


ここがややこしいところなので、ディオキャブを使う人は要注意です。
まず最初にディオキャブの燃料の通路の話をします。
ここを理解しないと訳が分からなくなるからです。

(事実、以前にディオポンプで負圧のみ、負正圧で使うのどちらが正しいのか?という議論が熱く盛上がった事があります。大勢の人が意見を寄せましたが誰もが納得するに至りませんでした)


ディオキャブの燃料の通路というのは、燃料ホースがキャブに刺さって内部を通過してフロート室に落ちていく所を示します。
ディオキャブはこの通路の一部分が非常に細くなっているのです
ここで燃料が絞られることで、他のキャブ(特にビッグキャブ)と比べて燃料が流れにくいキャブという事を理解してくださいね。



という事で話を進めると

ディオキャブでポンプを負圧のみでのOKラインは75/h位までです。
75km以上は燃料ポンプは負正圧で使う必要があります


ビッグキャブは、負圧のみでもかなり大丈夫のようです。
これは以前の議論から、ビッグキャブで80kmは出るチューンだけど負圧のみのディオポンプでOKという話が出ていたことからの推測です。

それ以上のチューンで負圧のみ駆動のポンプでどこまで足りるのか?は分かりませんが
CRシリンダーを搭載したジャイロエンジンは最終的には、ディオポンプ二個掛けの燃料を必要としました。


そんな、めんどくさいディオキャブを使わなければいい??
ところがディオキャブとは純正流用なので取り付け簡単でオートチョークも使えるといった具合で使い勝手が大変良いのです。
なので、ディオキャブを選択している場合は、ディオキャブの通路の細さを理解したうえでセッティングをしてくださいね。


という事で
次回はやっとこさ 新製品の紹介となります。
どうぞ、よろしくお願いします。





コメント
from: ぇっちん   2017/02/26 5:42 PM
そーいえば、そんなこともありましたね〜!
from: GUCCI   2017/02/27 12:14 AM
少しずつ薄くなって最後は焼き付き。
VXガスみたいなものですなw
from: old_kp   2017/02/28 11:00 PM
>ぇっちんさん
懐かしいですが、現在はいろいろ解明されてきましたね。
先人に感謝です。(^人^)


>GUCCIさん
半島有事、、、きな臭くなってきましたね。
マサオ氏に合掌(_人_)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1198