old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/12)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    nike (10/12)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/09)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    サイトウ (10/08)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/07)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    超ド素人おかっち (10/07)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    old_kp (10/03)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    サイトウ (10/03)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)

JUGEMテーマ:車/バイク

 

うーむ…

なんだったっけなぁ

そう、ポート加工の話である。

時間が経ちすぎて、どんな内容にしようとかいうのも全部とびました。

なので過去記事を読んできました。
なんか偉そうなこと書いてますね(^^;;

つまりこうだ。 ビッグキャブを使わずにノーマルでいくのだから高回転のパワーは望めない。
いかに低回転からトルクを出していくか? そんなポート加工の話をすれば良い訳だ。
まずは排気ポートですが、 シリンダー側を拡大するのかどうかです。
ストリート仕様ゆえの耐久性を重視する事とそれほど高回転時の排気を気にしなくてよいという事があるので 拡大は一切しません。
 

リード90って真ん中にツノのような感じがあるのですが、それもちゃんと残してあります。

一切ひろげないと言っておきながらつながりを良くするためにちょこっとだけ削ったようだね。(今見ると)

なんか、ドラクエを少しやったからかスライムに見えてきた。

メタルスライムってか?(笑)

 

下らんことは置いといて

ほとんどノーマル形状のまま というのが分かると思います。

重要なのはこの写真でもわかるけど、フランジまでの形状です。

樽状の膨らんでるのが分かりますか?


これ

もの凄く重要な形状なんですが、ちまたではあまり見かけません。

理由は簡単。

削るのがとても大変だから。

ビジネスメインの考えだと、ここまで削り込んでいたら赤字だからです。



でも、プライベーターの方は頑張って樽型にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

もしかしたら、ポートの上側を少し削ればもっと良くなるのに。。。と考えている人も居るかもしれませんね。

ポートタイミングを早くして、良い結果が出るには条件があり、それはストリート仕様としてはオススメ出来ない条件なのでむやみにタイミングを早めるのはやめましょう。


おススメ出来ないとはパワーバンドが9000から13500とかです。
こっちに興味がありますか?

では、少しだけおさらいを。

目標回転数を11000rpmにしましょう。
そこまでの回転でただ回るだけではなくトルクがついてくるようにするためには、たくさん排気する必要がありますね?
では、なぜ?たくさんはいきするのでしょうか?
それは、たくさん吸気したいからですね。
たくさん吸気するには大きなキャブレターと大きなリードバルブと大きな吸気ポートが必要となってきます。
特にホンダスクーターはリードバルブが大きくしにくい事情があります。
大きくしなければ高回転でトルクはついて来ません。
市販のビックリードバルブにはそこまで大きいものはあまりありません。
あっても取付には加工が伴います。

ストリート仕様としてあり得ないという事はそういう事なのです。

ここまで、説明しても   
いや!! 俺は排気ポートを上に削ったら速くなった!! 
だから、この説明はなんて言うか間違っている! と思う人も居るはずです。

居るはずなんです。

それはチューニング内容によって変わるからなんです。
ノーマルマフラーの様な いわゆる排圧タイプは排気ポートタイミングを早めることで高回転の伸びが出るんです。
これについては えーっと ずいぶん昔に書きましたが…
記事が多すぎて探せない…

簡単に説明せねば。。。


ごほんっ


排圧タイプマフラーは、排気を抑えつつ排気しているので 排気ポートが開いてもピストンを押す力があるんです。

簡単に言うと 排圧マフラーは 低速トルクがありまぁ〜す!! て事です。

低速トルクがあるので、シリンダー側で少し高回転にしてもトルクがあるから走りやすいんです。
んで、ポートタイミングを早めたぶん 少し上も回るようになります。
少しですが。
ええ、少しです。





チャンバーはというと、低速トルクは苦手です。
というか ないです。

ないというか、ないです。

基本的に排圧を掛けないので、低速トルクは出ないのです。
その代わりに高回転はその構造上、得意です。

簡単に言うと チャンバーは高回転がお好き という事です。


ですので、チャンバーを使うエンジンはシリンダー側で低速トルクを出すようにして、
高回転はチャンバーに お ま か せ クリステルとなります。

排圧マフラーのポートタイミングを少し早めた時の少しだけ上が伸びるのとは違い、めっちゃ速くなります。

ま、チャンバーの性能次第ですが。

 

 

 

 

それと もうひとつ 冒頭に書きましたが 

 

俺ならシリンダー側のポート幅をもっと広げるな! という人が居るはずです。

 

居るはずなんです。

 

リングが引っ掛からない程度に広げたほうが速いよ!とね。

もちろん それはそうです。

しかし、樽型ポートと比べると10000rpm以下だとそれほど差がないんですよ。

でも、リングの耐久性には 大きな差が出ます。

耐久性も重要なポイントですからね。

 

 

 




言葉だと 伝わりにくいので…

 

クランク角度で数値にしてみます。


 

 

 

レーシングチャンバー → 90〜95度
 

 

スポーツマフラー → 95〜100度
 

 

排圧マフラー → 90〜105度


 

 

 

度数はピストンが上死点から下がって排気ポートが開く角度です。

ポート形状によって変化はありますが、こんなイメージです。

あくまでもオススメ参考数値ですけどね。レースの世界はもっといろいろです(笑)

 

排圧マフラーは範囲が広いですね。

85度でも走りますので、ロングクランクとか組み合わせてみたら排気角度が87度になっちゃった!

なんて時は

排圧マフラーを組み合わせると、なんとかちゃんと走る。もちろん、チャンバーより速くなることはないですが、 

組合せが悪いEGはとにかくどうしようもなく走らないのでこの数値を参考にしてみてください。



IMG_7087.JPG
僕はこんな感じで角度を見ています。

 

皆さん 2ストは 難しい! とよく言いますが

4ストはバルタイを見るのは、当たり前なので悩むことは少ないですが

2ストはバルタイ(ポートタイミング)を見ることは一般的ではないようです。

プロでも気にしていない人も居るくらいです。

ちゃんと4ストのように見てあげれば、そんなに難しくはないはずです。(^^)

 

 

 

 

 

 






いうことで 今回の通勤快速のリード90はチャンバー仕様なので、
ポート加工はタイミングを変えることはせずに、排気は樽状にして 吸気は吹き出し口を整えるというセレクトはこういった理由からでした。


 

 

 

 

えっと、次は…
  

 

 

なんでしたっけ??


 

 

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
from: nike   2017/09/19 2:28 PM
いつも読ませて頂いてます。今回クランク角度について書いておられますが、本文の内容からしますと下死点からの角度でしょうか。宜しくお願いします。
from: old_kp   2017/09/19 6:28 PM
どうも こんばんわ!
やっぱり下死点ってなっちゃいます?(^^;;
プロの間では下死点からと考えるのが普通のようですね。
僕は自己流なので上死点からピストンが下がったところからの角度としています。
本文に説明文を追加しておきます。
ありがとうございます〜
from: nike   2017/09/20 1:18 PM
お返事ありがとうございます。

私も基本上死点から測るのですが、数値が私より開くタイミングがかなり遅いのでどちらからなのか理解できなかったのでコメントさせて頂きました。
もう少し遅いタイミングも試してみる価値はあるかもですね。
ありがというございます。
from: hide   2017/09/20 3:05 PM
待ってました(笑)樽型ポート改めて納得です。

エンジンが冷えると掛りが悪く苦労します…
少し改善方法が見えて来たので
又報告します!
from: old_kp   2017/10/02 2:45 PM
>nikeさん
こんにちは!
上死点からだったんですね(^^;;
たしかに私の数値はかなり遅いと感じると思いますが
これは僕の個人的意見だけではなく、最新の2ストシリンダーもストリート仕様は90度以上となっています。
(純正の開発は終わりましたがボアアップはヨーロッパで開発されています)
20年以上昔のレーサーでも古いと90度以下で新しくなると90度排気になってきています。
これは車のエンジンでも同じでして、同じ馬力でも新しいEGのカムはローカムになっていきます。
マフラー形状や補器類でパワーアップしているので、ローカムで十分(というか排ガスは綺麗になるし低速トルクが増えるし燃費が良くなる)という訳です。
2ストだって開発が続いていたらレーサーでも100度排気になっていたかもしれませんね(^^)
from: old_kp   2017/10/02 2:49 PM
>hideさん
こんにちは!
なんとなくですが、オートチョークは大丈夫でしょうか?
掛かりが悪くなるような、加工をしていないので他に原因があるような気がするのです。
でも、方向性が見えてきたということなので吉報をお待ちしております。(^^)
from: nike   2017/10/12 8:33 AM
お返事ありがとうございます。
またまた質問で心苦しいのですが、樽型のポートは
ノーマル等の排圧型まふらーでも効果はあるのでしょうか。
宜しくお願いします。
from: old_kp   2017/10/12 3:45 PM
>nikeさん
こんにちは!
ポートタイミングは排気ポート形状でも変わります。
抜けやすいセンターリブは遅めの排気でも間に合いますが、1ポートの場合はもっと早く排気しないとパワーが付いて来ません。
ロングクランクもチャンバーによっては少し早めに排気しないとトルクがついてこない傾向にあります。

樽型ポートですが、なんでも効果はありますよ。
ジャイロなどはフロントパイプも細〜いですが、出来るかぎり樽型にして容量を持たせることで、鋭い吹け上がりをするようになります。
使っているパーツは完全にノーマルなのにジャイロXがディオのように走ることも可能です。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1211