old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/12)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    nike (10/12)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/09)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    サイトウ (10/08)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    old_kp (10/07)
  • マロッシ68cc ピストン交換 と KN車高調サス交換
    超ド素人おかっち (10/07)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    old_kp (10/03)
  • アルミホイールの修理とか、リヤショック改造とか、アルミ叩き出しチンスポとか
    サイトウ (10/03)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
  • リード90のエンジンオーバーホール&チューン (ポート加工編)
    old_kp (10/02)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
トルクカム開発に向けて

JUGEMテーマ:車/バイク

信州長野ツーリングに参加された皆様
お疲れ様でした。
本当に楽しかったですね!

このブログを書いている今も自走組みはひたすらに走っている最中です。
旅の安全を祈りつつ書いていきます。

シンコーメタルでは、多摩ピットと共同で新型のトルクカムを開発しています。
そして、ついに二種類の試作品が届いたのでした。


ちなみにトルクカムというのは正解がありません。

エンジン特製やプーリー特製に合わせる製品ですので、選択肢は星の数ほどあります。

そんな中で僕達が求めるもの 

 

それは…

 

 

 

 

 

さて、開発にはテストが不可決です。

どんなテストをしたらよいのか?

 

今までと同じテストで得られる結果で作られた製品ならば、すでに世の中に出ているのです。

今までに誰もしたことが無いテストでないと意味がありません。

 

 

選んだテスト場所は高速道路です。

え?

と思う人も居るかもしれませんね。

バイクのパーツのテストなら高速道路くらい使われたことがあるのでは?と。

それがないんですよ。

高速道路は。

なぜなら新製品とは、原チャリ用だからです。

原動機付自転車です。

ご存知の通り、高速道路は125娑焚爾離丱ぅは通行禁止です。

走れないんだから、テストも有りえないという訳(笑)

 

 

しかし、世の中恐ろしいものでして…

原チャリであるはずのジャイロは、改造をして登録変更すると なんと! 自動車扱いになるのです。

通称トライクというやつです。

そうすると125娑焚爾離丱ぅではなくなるのです。

125娑焚爾亮動車なんです。

 

 

いや、わかってます。

わかっております。(わかっているつもりでいました)

 

高速道路というところは125娑幣紊覆い肇┘鵐献鵑僕祥気なくて走れないどころか危険であるために禁止されているんです。

高速道路の事故は毎年起こってしまいます。

当然、死亡事故も。

 

しかし、僕らが求めるトルクカムは次世代トルクカムです。

今までと同じテストでは得られるはずもありません。

 

 

 

最初に選んだのが栃木ツーリング、次が長野ツーリングとなりました。

高速でみるとどちらも約200劼竜離です。

 

 

 

栃木ツーリング (トルクカムtype1)

 

総走行距離 420辧

燃費1L  25.5

 

 

 

長野ツーリング  (トルクカムtype2)

 

総走行距離 626

燃費1L   25

 

 

どちらのトルクカムも甲乙つけがたいです。

もう少しテストしていきたいと思っています。

 

 

 

いやね。

 

今回のテストがどうでした こうでしたと報告するつもりでいました。

しかし、走り終えてみるとそんな気がなくなってしまいました。

 

 

伝えたいことは一つだけとなりました。

 

 

高速道路は125娑焚爾覗るところではありません。

それがバイクであっても自動車であってもです。

 

 

トータル1000km以上のテストの感想です。

生きてて良かった。

本当に良かった。

万全の準備をしたつもりでした。

しかし、ただ単に運がよかっただけです。

 

 

大袈裟に聞こえるだろうか?

もしそうなら あまい、あまりにもあまいです。

単独事故なら仕方がないですが、高速道路の事故は単独で済むことは稀です。

沢山の人に迷惑が掛かります。

 

 

でもね。

そんなバカすぎるテストに付き合ってくれた仲間に感謝します。

あなた達は最高のバカです。

ありがとう!!

 

 

もう少しだけテスト付き合ってね♥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
from: サイトウ   2017/09/04 10:10 PM
お疲れ様でした(^^)
何度か命の危険を感じましたね(^^;;
しげ神様に感謝です(^^)
from: キューピー   2017/09/05 12:58 AM
え?今更ですか??w
それはそれは・・・・・。
from: ヤッさん   2017/09/05 5:29 AM
信州ツーリングお疲れ様でした。

いや〜
渋滞中の高速を、すり抜けて行くジャイロの姿は異様でした(笑)
from: old_kp   2017/09/05 11:01 AM
>サイトウさん
いやー おつかれさまでしたー!
サイトウさん 轢かれたかと思ってビビりましたよ。
本当にケがなくて良かったです。(^^)

>キューピーさん
あなたは人間じゃないから大丈夫です!!
無問題!!


>ヤッさん
お疲れさまでした!!
あ!海老名方面はルートが一緒でしたね(^^;;
しかし、なかなかの渋滞でしたねぇ
また、遊びましょう!!!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1215