old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
農道のフェラーリと言われるアクティーの排気音を官能的にしたい。

JUGEMテーマ:車/バイク


 

ずっと考えていたことがある。
フェラーリの排気音だ。
楽器のような官能的なその音色は人々を魅了してやまない。
僕もその一人である。

10代のころからバイク、車のマフラーは何台も自作してきた。
しかし、楽器のような官能的な音色に近づく事は出来なかった。

ある時、SL D51を見た。
飾ってあるものではなく、本当に煙を立てて走っていた。
目の前に来た時D51は汽笛を鳴らしたのである。
鳥肌が立った。
今、思い出しても涙が出そうだ。
それからというもの汽笛の構造を調べる事が楽しみになった。
そして、4ストジャイロのマフラーを作っては見たが… どうにも。
考えている事と現実がリンクしないのである。
一度、イタリア娘と付き合ってみないと官能的な音という物は理解できないのだろうか?



そうこうしているうちに月日だけが流れていきました。
そして、今年の夏のツーリング時期がやってきました。
栃木の星家で雑談していたときの事、 バット管の話を聞いてしまったのです。

「あの絞りが何とも言えないらしいですよ」

衝撃を受けた。
そういえば、金属バットってどうやってあの形状を作り出しているのだろう?
ヘラ絞りだろうとは思うが… 
それにしてもあのグリップの丸いとこ あれどうやるのだろう??

おっと、バット管でしたね。
バット管とは金属バットをぶった切ってバイクのマフラーにしていた人物が栃木にいたという話だったんです。
それからというもの、いいバットがないか?と探す日々になりました。

そんな時、親父の友人宅にお邪魔した時の事、外に子供用バットが転がっていました。

「おじさん、このバット貰えませんか?」

我慢できずにそう言ってしまった!

「おお、いいよ」

言ってみるもんである。
さっそく… 刻むのはちょっと抵抗があったが…


エイヤー!!


両端を刻んでマフラーに突っ込んでみた。
が… 思ってたのと違う… なぜだ…
何が違うのか?
打ちひしがれるその時、なにがが思いついたような??


これはね(笑) 色んな事をやってみた一部ですけども、注目は単管パイプです。
途中で穴が開いてるでしょ? この穴に排気を当ててみると、今までと違う感じになったのです。
バット君はごめん 
とりあえず 冬眠しててもらうとして車幅の単管パイプを切り出して排気口の位置に穴を開けました。
すると、今までにない音が出るようになったのです!!!
D51の汽笛と同じ?構造です。
簡単に言うと長さの違うパイプに蒸気(圧力)をあてて音色をだしているのですが、
これは単管パイプの1/3位のところにある穴に排気(圧力)を当てると左右で長さが違うので二種類の音色が出る仕組みです。
D51はたしか5つの音色でしたが、こっちは2つの音色ですが、このような考え方の排気管は今までなかったのではないでしょうか?
音は文章で伝えるのは難しいので動画を撮ってみました。 それでは官能的?な音色をどうぞ!!












思ってたのとちがう…

 

 

 

 

しかし、この音色が3気筒のアクティートラックのものだと思えますか?

何か?ちがうエンジンのように聞こえます。

 

官能的な音色を見つける旅は

まだ、始まったばかりです。

 

 

 

 


 

コメント
from: ヤッさん   2017/09/09 4:56 AM
篠笛と同じ原理ですね〜!
だとすると、長いと低音で短いと高音が出るのかな?
from: 眠兎(みんと)GX   2017/09/09 5:52 AM
ニヤニヤしてる顔が浮かびます(笑)

from: old_kp   2017/09/11 11:24 AM
いやー(笑)
こういった構造を発見できたのはとても嬉しくて(^^)
二やついていますが…

このまま街中を走るのは流石に恥ずかしいですね〜
(恥)

今後は左右でパイプサイズを変えたりして素敵な音色が奏でられるように精進していきたいと思う次第です。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1217