old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2017  今年もお世話になりました。

JUGEMテーマ:大晦日/お正月

 

 

今年も大晦日を迎えられる。

このことに感謝しながらこのブログを書いています。

今年はこんな事しよう あんな事しよう…

全く違った一年になりましたが、とても充実していたと思っています。

 

人間は一人では生きてはいけない。

僕たちはどこかで繋がっている。

そんな 目に見えないけど確実なものを より身近に感じる事が出来ました。

 

きれいごとを言っているように聞こえますか?

安心してください。

そんなあなたも 確実に僕たちと繋がっています。(^^)

 

ま!

生きてるだけで 丸儲け! 

そのうち、いいことあるだろさ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は仕事納め。

ジャイロのキャブと駆動系のセッティングをやります。

朝起きて、かるく柔軟体操をした後 歩道の清掃。

となりがパチ屋さんなので、吸殻等のゴミが落ちているのです。

掃除が終わったら 朝飯を買いにコンビニへ

牛丼片手に歩道を歩いていると、すでに吸殻がおちている。

拾いながら帰ります。

別に不愉快にはならない。 僕も昔はそうでした。 罪悪感がないんです。

幼さゆえに気がついていないだけなのです。

おふくろの飯が毎朝 食べられるのは、当たり前じゃなくて おふくろが毎朝作ってくれていたんです。

誰かが知らずにやってくれている事がある。

そうやって世の中まわっている事に、いつか気がついてくれる日がくると思いつつ…

僕の目の前でポイ捨てしやがったら、鼻の穴にねじこんでやる!!(笑)

 

 

IMG_8278.JPG

今日の主役はこいつです。

うえから 48 102 75 

みごとなプロポーションです!

 

 

エンジンは10年前にデビューしたシンコーメタルワークスレプリカです。

 

お おれ ほっそ!!

この作業着まだ、使ってるよ!!

 

いや そこじゃなくてこのマルボロXに搭載していたアルミセンターリブシリンダー+WJチャンバーtype1は強烈なエンジンで反響もあり、市販化したのですが…

最初は過激すぎるので、やめた方がいいですよ と断っていたのですが

大丈夫です!チューンドエンジンは何台も乗っていますから!という事で何機か製作しました。

しかし、最終的にはこんな過激なの乗れない…こんな乗りにくいとは思っていなかった…等 評価をいただくことは出来ませんでした。

その後、マイルドにするためにキャブを21mmにサイズダウンして何機か製作したうちの一台がオーナーさんの事情でうちに戻ってきました。

 

とにかく、過激!な一番の要因はWJtype1です。

こいつはとにかく楽しいチャンバーなんです。

今の技術でセッティングしたら、楽しい&乗りやすいということに出来ないかな?

 

 

これがWJチャンバーtype1

欠点があるとすれば、その高回転からくるパワーでクラックが入りやすかったことか。

 

 

そこはそれ

10年の経験から補強を行います。

内部にたまったカーボンも焼いて、耐熱ブラックで染めます。

 

 

 

 

 

現在のセッティングとは

具体的には高圧縮とフライプレートです。

当時の2次圧縮は9前後、クランクマスも軽量化していましたが、現在では11以上の圧縮とクランクマス増大をしています。

これで、低速トルク増大と乗りやすさとノビと三拍子そろう事が出来るようになったのです。

 

 

 

 

もちろん、進化はウールにも及んでいます。

チャンバー用のウールではなく、建築用のウールです。

こちらの方が静かで長持ちです。

その差は理科の実験で作ったレモン電池とリチウムイオン電池くらいの差があります。

 

 

 

 

 

問題があるとすれば、購入時の量が半端ない事です。。。

(これは断熱ウールではなくて、高密度防音ウールなので小ロット販売が無いのです。

たまたま、キューピーさんの現場で余ったウールを少し分けてほしいとお願いしたら… 全部持って来やがりました!ありがとう!!怒)

1000台分くらいありそうだ(^^;;

 

 

 

 

 

 

さて、キャブはOKO21改楕円キャブ加工です。

それにフライプレートの上死点側に穴を追加して振動対策しました。

これにより 高圧縮でも1000回転以下でアイドリングしつつクラッチがノーマルでもウイリーする低速トルクを得ました。

あとはオーバーヒートしないキャブセッティングが肝となります。

 

IMG_8302.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はOKOを使う時はニードルクリップは一段上げて使います。

(一段上げるという事は、クリップを下から二番目にセットする事になります)

ハーフ焼けしやすいOKOのハーフスロットル時のオーバーヒート対策です。

 

http://oldkp.jugem.jp/?cid=36

キャブセッティングのイ砲茲蝓。咤覆蓮48に決定。

 

IMG_8166.JPG

追加PJ(パワージェット)付きだが 大丈夫 簡単です。

MJ(メインジェット)を探します。

スタートから時速40kmくらいまでのフィーリングが大切、PJの燃料ホースを殺してプラグの熱価を#8にします。

 

MJ#115でも走るが、すこしだけアクセルを開けた時 ガボガボボボと言ってます。

今度は逆にどこまで下げられるのか?

#90だとガボガボしない代わりに、急アクセル全開時にストール(回転が下がる)しそうになる。

どうやら、#90以下はなさそうだ。

 

 

MJ#107でちょこっとだけアクセルをあけて走ると、一瞬 ガボババとなって吹け上がりがもたつく。

 

んじゃ #102ってことで!!

 

 

MJは決まった。

あとはPJだ。

アクセル全開で走り続けてもオーバーヒートしないようにするのがPJの役目。

 

責任重大ではあるが、そんなに難しいものではない。

なぜなら、SJ、MJがすでに決まっているからだ。

 

 

PJ#40を試してみる

まったく 普通に走ってしまう。

では、次は#60からの70

これは走ってしまう。

うーん…

#80ならどうだ!

 

なんか変だがこれも走る。。。

 

#90にしたら 吹け上がりがおかしくなった。

 

 

ということは #90は無い  80は少しへん 70は走る。

 

じゃ

 

#75じゃね?

 

 

 

 

 

プラグの熱価#8で 少し濃いめのセッティングが見つかりました。

なので、セッティング後に熱価を#6に変更。

キャブが決まるとトルクが出るのでWRを22.5gから25.5gへ変更した事ですべてのセッティングが終了いたしました。

 

 

 

 

IMG_8279.JPG

セッティング中にアラレが降ってきました。

 

ああ そうか 年末なんだなぁ

 

まるで 歓迎されているみたいだ。

 

 

 

IMG_8281.JPG

お仕事の締めが、アラレの降る中キャブセッティング。

ふふふ ふふふふ キャブは楽しいなぁ ( *´艸`)

 

ステッカー増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で 今年もあと少しです。

しかし、油断は禁物!!

皆様のご安全と良い年末を願いつつ。

 

今年も一年ありがとうございました。

来年もみんなで一緒に遊ぼうね(^^)

 

 

 

 

 

 

コメント
from: アルカディア   2017/12/31 8:44 PM
ウール、チョットだけウチにも分けてくださいな(笑)
来年も宜しくお願いします!!
良いお年を〜〜〜
from: oldkp   2018/01/02 9:37 AM
>アルカディアさん
あけましておめでとうとうこざいます!
今年もよろしくお願いします!!
ウールですが、すこしと言わずに!
どーぞ!どーぞ!
何かの際に、お持ち致します!笑笑
from: BLACK-Z   2018/01/05 7:33 AM
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
  近くにいながら、なかなかお伺い出来ずに年を越してしまいました、今年もどうなることやらですが・・・
困ったときのKPさん、と愉快な仲間たちに  今年も宜しくお願い致します。
from: old_kp   2018/01/08 2:50 PM
>BLACK-Zさん
明けましておめでとうございます!!
離れていれど、心はひとつ。
今年もよろしくお願い致しまする!
m(__)m
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1229