old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
グランドアクシスのキャブセッティング

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

 

今回は 久しぶりのグランドアクシス ネタです。

以前は駆動系とか紹介していましたが、今回はキャブレターセッティングです。

僕自身も色々 勉強になったので紹介したいと思います。

 

IMG_8719.JPG

今回のマシンはショップさんでKNアルミセンターリブシリンダーとリバイブマフラー 駆動系を組んでもらったもので、

キャブレターはPWK28ですが、オーナーさんではセッティングしきれない(壊れないセッティングが難しい)との事でした。

 

お預かりして試乗してみると、うーむ なかなか手強そうな雰囲気。。。

 

 

 

 

 

年末年始にかけてセッティングをしていたジャイロで四苦八苦している時に発見したキャブ加工+数年前にやっていた加工を

ミックスすると、フラットバルブのキャブのセッティングがずい分とラクチンになったんですよ。

そのミックス加工を今回のPWKにもやってみようという事になりました。

 

 

さあ、ミックス加工をして あえてジェット類はそのままに走ってみると いきなりいい感じになりました。

これはあっさりと片が付くのかな?と思いましたが…

そう簡単な話ではなかったのです。

 

 

これね。 

画伯ね(^^;;

 

これはキャブレターとエアクリのゴムパイプを描いておりまして、赤い線は空気の流れを示しております。

KNアルミセンターリブシリンダーなんですが、異次元のシリンダーだけあって今までのシリンダーとは比べものにならないくらい

良く吸います。

めちゃめちゃ吸気しているようです。

ここまで流速が上がるとゴムパイプにより90度曲がると流れに偏りが起こるようです。

川の流れに例えると くねくね曲がった外側は流れが速く、内側は淀んでいますよね?

このGアクシスの場合は上側に流れが集中している感じです。

インジェクションならば、特には問題はありませんが キャブレターだと大問題です。

 

実際に直キャブでセッティングするとメインジェット(MJ)#175でカブリました。

そこにエアクリーナーボックスをつけると普通はMJは下げることになるのですが、まさかのMJ#200でもカブルことがなく走ってしまいました。

 

普通なら#165とかになるはずが#200以上にしないといけなくなるんです。

これはありえない事なんです。

何らかの異常事態がおこってるという事になります。

 

走るのなら#210とかにすればいいじゃん。

と思うかもしれませんが低回転時(流速が遅く流れの偏りが起きない)は濃くてゴボゴボ吹け上がりません。

 

 

キャブレターは構造上ニードルジェットから吸い上げられてガソリンが吹き出すので、流れが上に集中してしまうとガソリンが吸われなくなってしまうのです。

 

 

 

 

つまり、キャブレターが機能しなくなる という大問題が出てきてしまいました。

 

 

(余談ですが、キャブ口径が24mmまでとかだったら、問題が起きないのかもしれません。

上側に流れが偏ってもギュっと24mmまで絞られれば上と下側の流速がまとまるような気がしませんか?)

 

 

 

 

 

 

そこでインマニなどで良く作る 仕切版を付けてみようと思ったのです。

 

IMG_8649.JPG

まあ その… これは仕切版を授けるとガソリンが吸われるようになりますよ!的な絵です。

理屈では そうなはず…である。

 

 

 

 

 

 

 

テスト結果ですが

かなり良くはなりましたが、高回転時の吸出し不足が解決された訳ではありませんでした(;;)

 

 

 

 

 

 

 

 

PWK28には、パワージェット(PJ)がついていません。

上側に流れが集中するなら、

そこにジェットがついていれば 流れれば流れるほど、そこからガソリンが吸い出されるのではないのか??

 

KOSO28フラットキャブならば、はじめからPJが付いているので、たいして悩むことはないのかもしれません。

 

ということで。

 

 

IMG_8729.JPG

うちに転がっていた古いOKO24のパワージェットの部品を取り出してPWK28に付けてみました。

 

 

 

 

IMG_8731 (1).JPG

IMG_8733.JPG

内部のジェットがなかったので、ジャイロのノーマルスロージェット(SJ)を加工して作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テストしてみると これまた いい感じ!!(^^)

しかし、セッティングを詰めていくと どうにもアクセル低開度時のノッキングが止まらない。

CDIがDの赤箱ということなので…

 

IMG_8718.JPG

ベースプレートの長穴加工をしました。

進める 遅らせる 両方できるようにしました。

 

 

IMG_8725.JPG

これでD赤箱を遅角へ

 

しかし、ノッキングはおさまりませんでした。

しかたがないのでCDIを純正にして 今度は進角へ

 

ノッキングはおさまりましたが、高回転時の吹けは若干鈍くなりました。

ま、これは仕方がないですね。

やはり、究極は点火時期を調整できるCDIなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

話し合いの結果

追加PJ、仕切版をつけたりしましたが結局こんかいは直キャブで行くことになりました。

それでもPJがあるとセッティングが超楽なので助かります。(^^)

走行中に覗き込むとPJのホースが見えるんですが、結構簡単にPJからガソリンが吸い上げられていましたよ。

28mmキャブなのに ほんとに良く吸いますね。

 

 

 

IMG_8798.JPG

いろいろ、やった結果。

 

 

 

IMG_8799.JPG

こうなった訳です。

PJは120でとかでもイケたかもしれません。

あ。もちろん!

プラグの熱価は#6ですよ。

 

#6ですよ。

 

#6ですよ。

 

#6ですよ。

 

 

 

 

 

 

もしかしたらエアクリーナーを付けてもKOSO28キャブなら、PJセッティングすれば

仕切版をいれなくても 特に問題はないかもしれません(^^;;

 

今回はそこまで詰め切れませんでした。

その辺はまたいずれ自分のマシンでテストしていこうと考えてます。

 

 

 

 

そうそう、このGアクシスのフィーリングですが一言でいうと速いです。

KNアルミセンターリブシリンダーはポン付けすると超高回転ユニットなのでストリートで使う場合は調整が必要ですが

このマシンを作ったショップさんはその辺をきちんとやってあるので流石のパワーです。

SSマシンのようなフィーリングで気をつけないとJOG50のようにフロントがポンポン浮きます。

Gアクシスってこんなに軽かったかな?と(^^;;

 

やっぱ、KNアルミセンターリブシリンダーは凄いわ〜

このリバイブマフラーも抜けが良く、良く吸うマフラーなんだそうです。

ホント パキーンときます。

 

 

最高速は… むりです(^^;;

一応一瞬ですがメーターは使い切りまで確認しましたが どこまで伸びるのかわかりません。

専用テストコースじゃないと免許がいくらあっても足りないですから(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
from: 超ド素人おかっち   2018/03/06 1:19 AM
ほんと、KNさんのBIGBOXは、素晴らしい!

ですが、あのインシュレーター?の形状が・・・・

KPさんも知っているでしょうが、悪夢の長野ツーリングで、奴を落として、代わりに風呂釜のホースにしたら調子良くなったと言う理由はこれなんでしょうね(^_^;)

うむ!

だったらエアクリBOXを逆さに付ければ解しそうですが、スペース的に無理なので(爆)
from: old_kp   2018/03/06 12:33 PM
あれ?おかっちさんのキャブはPJ無しですか?
PJあればバランス取れそうな気がするんですが(^^;;
from: 超ド素人おかっち   2018/03/07 12:06 AM
キャノはPJ付けているけど場所が悪いので、
多分ちゃんと吹いていないかも?

ただ全開で走っていても嫌な違和感のある感覚がないので、現状であまり問題はないかも(^_^;)

低中間域が走る場所が場所なのでうまくいかない感じですけど(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1233