old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    ol_kp (09/12)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    旅人 (09/12)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    oldkp (09/08)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    旅人 (09/07)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    old_kp (09/05)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    hide (09/01)
  • プラグのお話
    old_kp (08/27)
  • プラグのお話
    I (08/27)
  • 2019 K4GP 5時間耐久レース
    old_kp (08/22)
  • 2019 K4GP 5時間耐久レース
    old_kp (08/22)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フィン付きカッパーヘッドガスケット ジャイロベース越後屋オリジナル

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

https://www.h-echigoya.com/item-detail/124177

 

 

 

空冷エンジンの宿命  オーバーヒート。

 

水温計のある水冷ならば、オーバーヒートをいち早く察知すれば、エンジンを守れます。

しかし、空冷エンジンは何もセンサーが無い場合が殆どですから オーバーヒート察知できない=エンジン壊れる となります。

 

 

ですから、現在 空冷エンジンはほぼ壊滅して 安心ハイパワーの水冷エンジンが主流になっています。

空冷エンジンはパワーを諦めるのが普通のことですが、我々は諦めが悪いのです。

 

 

アルミ製シリンダーヘッドに限界を感じて、無垢の銅から削り出したシリンダーヘッドをワンオフしてテストを続けたこともありました。

あれは空冷最強エンジンでしたが、コストが掛かり過ぎて一般的には採用は不可能でした。(ヘッドひとつで新車が買えるくらい)

 

 

随分昔の事で忘れましたが、えっちんさん(ジャイロベース越後屋の社長)が自作で銅板からフィン付きヘッドガスケットを作っていたのです。

これは意外と作るのが大変なんですよ。作ったことがない人は簡単に考えてしまいますが、一度作ったら二度とやりたくないシリーズなんです。

 

 

銅製なので当時は安価で量産する方法が見つからず諦めていました。

しかし、時代は流れて技術の進歩があり量産する事が出来るようになったのです。

 

 

 

IMG_4861.JPG

右が0.5mm

左が0.8mm

 

0.5mmは振動からのクラックの心配があったので耐久テストをしていましたが無事にクリアしましたので近日発売となると思います。

 

 

 

オススメ(無加工マロッシ68cc)

 

ノーマルヘッド  0.8mm

 

マロッシヘッド  0.5mm

 

ロングクランク  1.0mm

 

 

 

 

オススメにはちゃんとした理由がありますが、細かすぎて全部は書けませんので、ひとつだけ書きますね。

IMG_4862.JPG

僕が今 推奨しているのが完全ノーマル吸気系を基本としたマロッシ68ccポン付け 

いわゆるストパ(ストリートパッケージ)においては、0.5mmだとアクセル1/4付近でデトネーションが起きてしまいます。

プラグが真っ白ですね。

セッティングではどうにもなりません。排気ガス規制のニードルがダメでどうしても1/4の燃料が薄くなってしまいます。

(SJ#40 MJ#80)

たった0.3mmの違いですが、0.8mmなら危険領域を回避できます。

 

つまり、キャブレターを交換している車輛には これは当てはまりません。

ノーマルヘッドでトルク重視の0.5mmを使う事は出来ます。

でも、どんどんハードルは高くなります。

空冷エンジンは難しいですから、初心者の方はオススメから始めると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
from: ジャイロ修行僧   2019/06/25 6:40 AM
いつもこちらで勉強させていただいております。
長野ツーリングの記事の中のマロッシポン付けの件、とても驚きました。
今回の記事の中ではジャイロベース越後屋様で販売されております、銅のフィン付きヘッドガスケットがノーマルヘッドだとオススメは0.8mmとのことですが、基本はマロッシポン付けでお話されていらっしゃると思うのですが、スモールエンドベアリングはこの位のセッティング、圧縮なら大破したりはしないのでしょうか?0.8mmに非常に魅力を感じているのですが、焼きつきよりもスモールエンドベアリングの耐久性、破損が気になってしまいます。
この程度の改造、圧縮なら強化ワイドベアリングは付けなくても大丈夫なのでしょうか?
長くなりすみません、ご教授いただけると幸いです。
from: old_kp   2019/06/27 5:07 PM
>ジャイロ修行僧さん
こんにちは!
エンドベアリングですが、これは消耗品ですので
ヘタったら交換すればよいので問題はありません。
ワイドベアリングは採用すれば交換するまでの時間を延ばすことが出来、若干スムーズになりますが、消耗したら交換となります。

破損に関してはベアリングの問題よりオイルの場合が殆どです。
負担の大きいジャイロのエンジンオイルはかなりよいオイルを必要とします。
たとえばNSR250を弄って60馬力以上出ているエンジンに使うオイル程度の性能ではジャイロの場合、エンジンを壊してしまいます。
素人考えでは60馬力で耐えるオイルなのだから、ジャイロごときには十分だと勘違いしてしまいますが、ジャイロは特別に負担が大きいのです。

また何か分からなければ質問してくださいね(^^)



from: ジャイロ修行僧   2019/06/27 8:06 PM
old_kp様、ご丁寧にお答えいただき、ありがとうございます。
次のスモールエンドベアリング交換時にワイドベアリングとピストンのセットのものを注文したいと思っております。
オイルにも充分に気を使うようにいたします。
この度は色々と教えていただき、本当にありがとうございました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/1258