old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ど素人ゴルフ理論

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

久しぶりのブログはゴルフネタです。

いやはや世の中チャイナウイルスで大変ですが、あほなゴルフ理論で気を紛らわしてください。

 

さて、時代は進化してもはや動画です。

文章ではね。

殆ど伝わらないですからね。

まぁ つまらん動画なので適当に見てください。

 

久しぶりにゴルフしたら全然打てなくなっていた。

しかし、素振りだけは続けていた。

そしたらまさかのマッスルバックが打てるようになっていた。

そして縦振りから横振りに変えていった。

そんな動画です。

 

 

 

2011年ころに編み出した侍ショットです。

インパクトの瞬間ジャンプした方が飛ぶんですが、より高くジャンプするために腰を落とす。

ただし、ジャンプするイメージではなくて足の裏全体を地面にめり込ますような力の使い方です。

このころのグリップはまだ普通のグリップですが、あとでバットグリップに進化?します。

 

 

 

 

この時はまだ親指が抜けていないですね。

この後、完全なバットグリップになるまでには違和感があり少し時間が掛かりました。

飛距離に関してはトラックマンとか使ったことがないのでよくわかりませんが若い頃280Yをワンオンしたことがあります。

夢の300Yは絶対に無理と思っていましたが、最近ショータイムゴルフの尾崎翔太さんを知ってしまいました。

彼はなんと身長165cmで340Y飛ばすモンスターです。

僕は160cmだから340Yは無理でも300Yに手が届くかもしれない!とこの歳(今年47歳)になって夢を見るようになりました。

 

 

そしてついにゴルフクラブのプロにアイアンを組んでもらいました。

バットグリップも社長のヒゲさんがやっていたのでマネをしたんですよ。

オススメの島田シャフト(スチールシャフトの老舗らしい)も最高に気に入っています。

今や3鉄は強力な武器でコースで大活躍していますよ。200Y前後を運んでくれます(僕FWが苦手なんです)

やはりプロに調整して組みなおしてもらうと全然ちがいますね。

 

 

 

そして、これが現在のスイングです。

地面に足の裏をめり込ます感覚に少し慣れてきたので以前よりは腰を落としていません。

結構ガニ股なので当時は笑われましたが、最近はGGスイングとかいうガニ股スイングが流行っているらしいので

そんなに笑われることはなくなりました。

GGスイングが何なのか?よくわかっていないのですが、アメリカの最新スイング理論は地面反力を使うらしい。

それはつまり侍ショットそのものじゃないですか!???

 

やれやれ 

やっと時代が追いついてきたか!(笑)

 

 

 

この頃になると親指もバットグリップになっている。

何も知らないままゴルフを始めてアプローチで球を上げるためにやっていたスイングが

これまたアメリカの最新のアプローチにそっくり??だったのだ。

やれやれ

やっと時代が追いついてきたか!(笑)

 

 

 

 

人によってはただの鉄なんて焼き入れはできないと思う事もあるようですが、

アルミでさえ焼が入ることがあります。

いろんな作業をしていると世間の常識が絶対ではないことが分かります。

これもまた時代が僕に追いついてくる時があるかもしれません(笑)

唯一の欠点はボールが傷だらけになることでしょうか。

その分スピンが効いているって事なんですけどね。

 

 

 

夢の300Yどころかドライバーが左へのミスが連発するようになってしまいました。

なので強く振っていけなくなりました。

そこで叩けるヘッドとシャフトを求める迷路に迷い込んでいきました。

迷宮入りかと沈んでいる時に中古ゴルフショップで物色していると本間ゴルフのクラブが気になってしまいました。

ふと新品コーナーをみると最新クラブが出ていた。

TR20というクラブだ。

ああ ほしい 

ほしいが絶対に買えない…

諦めようと思っていたら一つ前のTW747というモデルもかなり良さそうだ。

新型が出たから中古も手が届く価格になっていた。

しかし、ヘッドのみでシャフトはついていなかったので、どんなシャフトが良いか?探していた。

するとオリムピック社が気になり始めた。

なんでも元祖カーボンシャフトの老舗らしい。

母体は釣り竿メーカーとの事だが、なんと新品価格66000円なり!

根気よく中古で探していると黄デラを見つけた。

シャフト自体は44インチのSR。

すこし柔らかいかな?と思ったが贅沢は言ってられないので落札!

手に持ってみると品質の良さが分かります。

具体的にいうと爪ではじいた時の音が乾いた甲高い音がします。

まるでガラスのような音でした。

いままで使っていたクラブより1インチくらい短くなったが、さて、どうなんだろうか?

叩けるヘッドに叩けるシャフトである。

しかし、試打してみると少しだが左にいってしまうのでアドレスでフェイスをオープンに構える事にした。

(それでも今までよりはスクエアに近づいた)

どうだろうか?

飛距離は分からないので球の強さで判断してもらうしかないが、今までより短いクラブだけども強い球が出ていると感じています。

ドチーピンは今までの1/5くらいに減りました。

たしかにxシャフトと比べると柔らかいのだが、しなってからちゃんと戻ってくるのを感じます。

いや、どんなシャフトだって戻ってくるのだが、戻りが速いと言ったらよいのかな。

デラマックスはお値段以上オリムピックって感じです。

 

そして、TW747も凄いです。

カーボンクラウンなので超低重心です。

ヘッド単体で持つと分かるんですが、まるで起き上がりこぶしです。

重心のほとんどがソールにあるのがわかります。

おかげで薄い当たりでもバッコン飛んでいくし打感も良いです。

しかし、フェースの上に当たっても当たり負けなんかありません。

凄いぞ!

メイドインジャパン!!

 

 

 

 

未来の教科書に載るこの時代。

世界が変わろうとしている。

つまり、今は有事なのだ。

しかし、我々は生活をしていかなければならない。

皮肉にもそのためにはストレス発散がとても大切なのだと気がつくことになった。

 

 

 

 

だから、ゴルフをしよう!!と思います。

 

 

それではみなさん

また、お会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
from: みやっち!   2020/06/19 1:03 AM
ご無沙汰してます!
コロナ、影響ないですかぁ?
ウチの彼女がゴルフやってましてね・・・
ケピさんに飛ばせるような加工してもらいたいみたいですよ(笑)。
僕はアルミシリンダーが気になって仕方ないです(笑)!
from: old_kp   2020/06/19 10:40 PM
>みやっち!さん
お疲れ様です!
コロナは影響大ですね!
世界が変わります。

クラブ加工ですかー
飛ばしは下半身のパワーですので、よなよなトレーニングに付き合ってあげてください!

アルミシリンダーは…
めっちゃ大変です!!
身体の負担も半端ないですが妥協は絶対にしたくありません。
12個販売予定ですが、すべて最高の仕上がりにしたいと思います(^^)
from: jasu   2020/07/02 10:40 AM
はじめまして こんにちは。ポルシェカイエンのエンジンから異音が出始めて対策を考えているときこちらのブログにたどり着きました。「シリンダー復活の巻」でやられたコーティングはお願いすればやっていただけるのでしょうか?V8 4.5Lのエンジンです。もし可能でしたら条件等をお聞きしたいです。お忙しい中お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
from: old_kp   2020/07/06 9:41 PM
>jasuさん
こんばんわ!
今ではオーバーサイズピストンを使ったOHも手掛けておりますので、http://tama-pit.com/contactまでお問い合わせください。
エンジンの積み下ろしはGT選手権のメカニックがやっているショップにて行いますのでポルシェ、フェラーリ、BMW、ベンツなんでも安心していただけると思います。
よろしくお願いします!!
コメントする