old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アドレスV125 プーリー
まずはアドレスV125の駆動系を バラしてみましょう。
特別な工具なしでここまで簡単にバラせました。

さーて
どんなもんじゃい?

フェイスです。かなり端まで使えています。
低速のVベルトの落ち込みがちょっとアマイですね。


プーリーです。こちらも低速以外は かなり出来が良いですね。


プーリーの端っこは残り2〜3mmしか残っていません。


ローラーガイドまでしっかり変速出来ているようです。
変わった形しているなー

画像はありませんが
ドリブンプーリー、トルクカムもバラしてみました。
こ!これは!!
マジスか!!

残念ながら、加工の余地が残されていませんでした。
いつものようにワイドレンジ加工をしてしまうと
Vベルトが段差のところまで食い込んでしまうので
Vベルトの耐久性が著しく落ちてしまいます。

つまり、どういうことかと申しますと
前後プーリーを加工して、ワイド(オーバー)レンジ加工出来ない
ということです。
ということは、ノーマルから大幅に性能UPが難しい ということです。
逆にいえばノーマルの完成度は高い のです。
さすが スズキ ですね。

残された前プーリー加工のみで 性能UPをさせるしかありません。
加工前にデーターを取ってみましたが
最高速は+5kmが精一杯なのではないか?という予想になりました。
低速側は少し加工する余地があったので期待できますが
発進加速って一瞬で終わってしまうので
あまり、ありがたみが無いんです。

いたたー 
加工する前からプーリー加工してもシグナスXやマジェスティ125のように
大幅な性能UPは出来そうにないことが わかってしまいました。

とはいえ やれるだけやってみなければ わかりませんから
頑張ってプーリー加工してみましょう!

つづく
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/280
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/09/18 6:29 PM