old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ボアアップ の 耐久性
JUGEMテーマ:車/バイク


ボアアップ の 耐久性 いら 随分時間がたってしまいました。
あまりにも 多忙だったため
製品の製作やご質問に対応出来ず
ご迷惑をお掛けしました。
今週から 順番に対応しておりますので もうしばらくお待ちくださいませ。

さて
ボアアップしたときの
ストリート仕様での シリンダーとチャンバーの組み合わせによってかわる圧力ですね。
これは あくまで トラブル回避のための調整であって 
これがすべてでは無い
ということを 肝に銘じて 見て下さいね。

うちでの基準は 
ジャイロXのノーマルでアクセル全閉でメーターが上がらなくなるまでキックして8.5kg
です。

49ccシリンダー + ノーマルマフラー    約9

49cc      + スポーツチャンバー   約8.5

49cc      + フルチャンバー     約8

68cc      + ノーマルマフラー    約8

68cc      + スポーツチャンバー   約7.5

68cc      + フルチャンバー     約7


参考になれば 幸いです。



ところで 不思議なことに人は
高い圧力は 平気で
低い圧力は 絶対に不安
になる ということがあります。
高い圧力は 簡単にエンジンが壊れるのに

「ボアアップして チャンバー組み付けて メーターで計ったら9kgだったから
まあ いいだろう」

と平気で走りはじめます。



逆に 低い場合は 

「あ これじゃ 低いな」
と試しで走ることなく 高圧縮へ 調整することが 多いですね。

自分自身 身に覚えがありますが
よく考えると
ナラシという 大切な行為があり 
丁寧な運転を心がけて ゆっくり走らなければ
ならないのに なんで 危険な高圧縮から始めるのでしょうか?
4サイクルと違って 2サイクルは比較的簡単に圧縮調整が出来ます。
一度 組み付けたら バラすのが大変な4サイクルの場合
はじめから 狙った圧力で組み付けてから ナラシをするのが当たり前になっていますが
4サイクルはハッキリ言って 2サイクルに比べ
何をやっても壊れない
ので問題ありません。

2サイクルは 構造は簡単で メンテナンス性は高いですが
実は 超デリケート なエンジンなのです。
ま 原チャ だろ?
と思っている 方がほとんどだと思いますが
そういう方は 完璧に勘違いをしています。
実際はまったく逆で
2スト49ccが一番シビアであり
4スト1300ccなどは それに比べて どんなんでも 走る 
といってもいいくらいですね。

とくに49ccスクーターの場合
はさらに難易度があがります。
49ccのスクーターチューンをしている人たちは
自信をもって
「おれは プライベートで 原チャチューンしてるんだぜ!」
と胸を張ってください。
あなたたちこそが世界最高峰にチャレンジしているのですから。


想像してみてください。

メーカーが250km/hを想定して作ったバイクで250kmで走るのと

30km/h制限があって60kmもでりゃ いいや で作ったバイクで
100km以上を目指して 自分でエンジンチューンして走るのと

どっちがデンジャラスか?
箱根の下りを 子供用三輪車で下ってみれば その意味が分かると思います。

そんな デンジャラスな事なのに
なぜか お気軽チューン感がある 原チャリ。
不思議な魅力であふれています。

どうぞ ボアアップしたときは エンジンが掛かるギリギリ低い圧力から
ナラシ運転をしてみてください。
シリンダーの残留応力が抜け始め あたりが付くまで
最低500kmは走ってほしいです。
そのあと 高圧縮にチャレンジすることは 止めたりしません。





コメント
from: ぇっちん   2009/05/20 1:02 PM
そこいやへんが難しいんですよねぇ〜
 
どうしてもその場の速さを…w
from: old_kp   2009/05/21 9:17 AM
カスタムは心の修行 ですね。
自己責任もそうですが
ひとのせいにしがちな 世の中で
自分の非を受けとめなければ
先には進めませんからね。
from: かぺ   2020/05/31 9:45 PM
古い記事にコメントして申し訳ありませんが、今のノウハウでフルチャンバーを組むとしたら何キロを目安に組まれるでしょうか?

現在多摩ピットさんの5mmロンクラに樽ポートのみ施したマロを積む用意をしていますが、リバイブのユーロチャンバーか規制前純マフかで悩んでいます。チャンバーはベースガスケットなしで排気角度取れれば、ですが。

純マフであれば11〜12キロを目指していますが、チャンバーの設定を悩んでいます…

from: old_kp   2020/06/09 10:36 PM
>かぺさん
こんばんわ。
2次圧縮のまえに、マフラーが重要になりますが
経験上ISOリバイブ以外では性能が発揮できません。
それでもどちらかにしたいというのであれば、フロント太いパイプで社外純正マフラーという組み合わせでなんとか走ると思います。
圧縮ですが今でも慣れていない場合は9圓らいから始めるとトラブルが少ないのでおススメです。
from: かぺ   2020/06/10 5:58 AM
レスありがとうございます!
圧縮9kg、了解しました。

やはりマフラーはそうなってきますかねぇ、コスト的に少々辛いものがありまして…

モトリペアさんの太パイプはあるので、そのあたりで調整してみたいと思います。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/19 8:25 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/19 11:03 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/19 6:42 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/22 4:09 PM