old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ど素人ゴルフ理論 (グリップ編)
JUGEMテーマ:スポーツ

まえまえ から 思っていはいたが
スコアUPのためには
簡単にゴルフクラブを変えてはいけない
と思う。
道具に体が馴染んでこそ 道具を使っているといえます。

が しかし
弄り好きは私は 
そういう訳にはいかないので
どんどん 弄り倒してきました。
おかげさまで
スコアは100を切れないというところまできました。

そんなんで
一番やるのが

グリップ交換

ですね。
これは結構自分でやる!ってひとも多いかと思います。
ここで困るのが
グリップの向き
なんです。
というのも 僕が市販のクラブ握ると かなりフェースがフックになってしまうんです。
それで 左に飛んじゃうんです。(バックライン入り)

バックラインなしを試したこともありました。
これなら どこでも握れるので フェースを開いた状態でも握れます。

フェースがどこ向いているのか 分からなくなるので
全然 ダメでした。
(向きなど関係ないバットは丸ですが ラケットなどはグリップが四角です。
実は重要だったんですね)

ということで バックライン入りグリップで自分が握ったら
スクエアー もしくは 真直ぐ飛ぶ 位置に
グリップの位置を合わせる
という方法で落ち着いています。
これはアイアンでも効きますが
ドライバーでは効果絶大です。
シャフトのタイミングが合わなくて
右だの 左だの と安定しないクラブを出会ったら
スイングを変えるのではなく
始めからグリップの向きを変えておくだけで修正できます。

ここで問題になるのが
グリップ交換は失敗したら終わり
ということ。
テープ貼って付けるので この向きじゃなかったー!となったら
カッターでグリップを切って
新しいの買わなければならないのです。
そこで バイクのグリップ交換のテクニックをゴルフに使ってみたら
こりゃ
まじ
すごい!
となったので
紹介します。
(勘のいい人はすぐ分かったかな?)



写真は実際の作業ではありませんが
グリップの後ろの穴から
エアーを入れれば
簡単に脱着が可能となります。
ポイントは両面テープを使わずに
グリップをエアーだけで入れるという事です。
入れるときは
先端だけちょこっと入れたら
少しづつ エアーを入れつつ グリップを押していくと
エアーで膨らみながらシャフトに入っていきます。
奥まで入れれば
意外とキュッと締まって簡単には ずれません。
向きを変えるときは
エアーを入れながら回すと 簡単に回ります。

練習場にはショートコースがある場合が多いので
コンプレッサーとエアーが置いてあります。
実際にボールを打って
少しづつ向きを調整することが出来るので失敗がありません。
位置を決めたら マジックでマークして
そこに合わせ 両面テープを使ってきちんと固定すれば良いのです。
でも、たいしてずれないので ぼくはそのまま使いますけどね。
だって エアー使えば外して 他のクラブに使えるんですもの。

最近 デカヘッドのドライバーをやめて
チョイデカヘッドの中古を手に入れました。
ためし打ちすると
シャフトがSのため タイミングが合わず
引っ掛け連発!
昔なら シャフト交換だな!となりましたが
付いていたグリップをカッターで外し
今まで使っていたドライバーからグリップを外し
エアーで入れ替え
練習場へ。
現場で打ちながら 向きを調整。
アドレスでは かなり フェースが開いていますが
シャフトがしなり 戻ると
インパクトで スクエアになるんでしょうね。
引っ掛けもなくなり
ストレートなボールが出るようになりました。

よくよく 考えると ですね。
最近 シャフトとヘッドをボルトで固定して
入れる時の向きを変えて 
ドロー だの ストレート だの フェード だのと
調整できるなんてもの ありますが、
(それ以外にライ角調整とかあるけど、ひとつのヘッドで何本もシャフトを試すならいいですよね)
別にグリップの向きを変えれば
よくね?




 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。