old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
PEとPWKの違い
JUGEMテーマ:車/バイク
 
私は キャブ仙人と言われる キャブマイスターの記事を読んだことがある。
そこにはいろいろなヒントが示されていたが
中でも興味があったのがPWKとPEの特徴の記事です。
若干 記憶違いがあるかもしれないが
PWKはモトクロスのように アクセルを開けた瞬間のトルクが欲しい場合に合わせて
設計されたキャブであり、
PEは回していった先のパワーを求めるキャブであるので
ロードレースではPEタイプのほうが合っている。
というような?話が頭に残っているんです。
(学校の勉強はすっかり忘れたが、こういうことは忘れない)

読んだ当時は へ〜 そーなんだ〜 程度であったが
PWKタイプ(OKOキャブ)を使っては壊し使っては壊しを繰り返したとき
そーいえば 昔からPEキャブって なんとなくセッティングでなんとなく走るよね。って
言葉を思い出しました。そして、キャブ仙人の話も。。。

先人の話は素直に聞くもんだ。って事で
わたしもPEオススメ!って言ってきましたし
実際にPEはイージーでしたけど
根っこのところで納得しきってはいませんでした。
いや、仙人の話に間違いはないとは思うがホントんところを理解しきれていないというか…

それでね。
確認してみようと思ったわけです。
PWKとPEの違いを。


PEとOKO(PWKタイプ)

何が違うかなー?
油面からの吹出しの高さには大きな違いはない。
大きく違うのはパワーフィルター等を買うときのサイズ。
つまり、入口の大きさ。
PWKのほうが大きく PEは小さい (同じ24mmであっても)
これがなにを意味するのか?

仙人が言うには

まず、ファンネル状から窄まった入口は圧力が高くなるそうです。
ということはPWKのようなフラットキャブは圧力が高めの部分に
ガソリンの吹出し口があるということになる。
反面、たくさんの大気圧はよりスロットルに近いことになり
アクセルONのレスポンスに優れることになる。
これは「PWKは決まったら速い」という評価につながっているのだと思う。
そもそも、キャブは圧力差でガソリンを吸い出すものなので
流速が高まるほど圧力が高まる位置に吸出し口があるPWKは
高回転  つまり、回せば回すほどガソリンが吸い出しにくくなる
という特性を持っているということだ。

フラットなカッタウェイならどんなに大きいキャブでも吹出し口の位置は変わらないが
丸いカッタウェイだと大きくなれば自然に(吹き出し口はカッタウェイの中心なわけだから)
圧力の低い奥へと移動してしまう=吸出しやすいキャブとなる。
反面、大気圧からスロットルから遠くなってしまうのでレスポンスが遅れる。




(ちなみに仙人はより圧力が低いところでガソリンを吸い出したいのでPEベースで
 写真のようなファンネルを制作していて当時人気だったそうです。
 相対的に吸出し口が奥にいく訳)

ということは
回した先で 足りなくなるガスのために大きめのメインジェット(MJ)だと
低回転ではガスが多すぎになり カブってしまう
というPWKの特性は納得のいく話になる。
(なので乗りやすくするためにMJを下げるので、 PEではいらなくなるかもしれない
 パワージェットが PWKタイプでは空冷だと欲しくなる)


そして入口の大きさ (パワーフィルターのサイズ)

最終的になんであれ 低 の部分では圧力が低くなるが
高 の部分は入口からの絞り具合によって圧力に差がでる。

PWKのほうが明らかに入口が大きい
PE24の入口45mmに対しPWKタイプは50mmである。
そこから24mmに絞られる訳だから
(PWK28个50→28个世らOKO24と21とはかなり差がある)
圧力が高い部分の圧力はさらに高くなる傾向だ。

(これはアクセルレスポンスに対し、キャブが抱えるジレンマであると推測します。
 インジェクターならば、レスポンスが一番良いスロットルでも
 燃料はポンプで押し出すので圧力が高い部分がどーのこーのにかかわらず
 キッチリ燃料を供給出来る訳ですから)


ってことは ですよ。
エンジン冷却のために 回していった先の燃料を より多くださないと
壊れてしまう 空冷エンジン(特に2スト)はPWKタイプはそもそも苦手!
ということになると思いませんか?
これで安心してPEタイプをオススメできるってもんです。

が!
PWKタイプのガソリン吹き出し高を変更することにより
低開度のカブリを無くし 
パワージェットを追加すれば
空冷2スト ハイチューンにも使えるはずです。
そうすれば ハイレスポンスが手に入る!ぞ! (^^)

あー もしかして PWKタイプの入口をパテ埋めして仙人ファンネルみたいにすれば
PEみたいになって使えるようになると考えたひとがいたら言いたい。
そんなことしたらPWKタイプのレスポンスが失われた
単なるPEになってしまうだけなので、やめといたほうがいいですよ。

吹出高変更はデロルト22等の問題も解決できると思います。
キャブメーカーは高さの違うニードルジェットを用意すべきだと思うのだが…
ま 変態は ないなら作れホトトギスですがね(^^;;






コメント
from: サイトウ   2013/01/28 1:17 PM
サーキットでハイレスポンスが欲しい時にPWKですね(^^)
from: ぇっちん   2013/01/28 2:28 PM
ひとまずハンダ埋めスロー#25を試してみて
それでもダメならニードルジェット製作!?
 !(^^)!
 
と! その前にスポマフ取り付け!

の前に! 排気ポート拡大加工です…ね
from: old_kp   2013/01/28 4:27 PM
>サイトウさん
ですね。公道ならPEがおすすめかと。(^_^)

>ぇっちんさん
根本的解決ならニードルジェット加工だと思いますが
SJで誤魔化せるならそれも有りだと思いますよ !
ポート加工はそれこそ後では?
まずはマフラーの性能を確認しましょうよ(*^^*)
from: ぇっちん   2013/01/28 5:11 PM
あ! そっかぁ…(まずはマフラーの性能を確認)
 
頑張ってシリンダー外しちゃいますたぁ (ーー;)
 
仕方ないので(笑) ポート加工しちゃいます
from: どっち   2013/01/29 6:32 AM
PEはファンネル形状ではなく一気に絞られているのも前から気になってましたがそれよりチラリズムなつまみがもっと気になります…(;´д`)
from: old_kp   2013/01/29 2:00 PM
PEでもタイホンダ純正PE28の入口はOKOっぽく
ファンネルになっていましたよ。
チラツマミとは入口の下にある真鍮のフタですか?
あれはスロージェットのエアスクリューへの空気通路の加工跡だと思います。穴を開けてから蓋をしないと
エアースクリュー関係なくエア全開になっちゃいますから(^^)
それともあの摘みのことかな?
from: どっち   2013/01/29 4:39 PM
>タイホンダ純正PE28の入口はOKOっぽく
ファンネルになっていましたよ
へーって検索したらあるんですねこんなのが、、特性も変わってくるのでしょうか?
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nuts-berry/c242.html

チラツマは4枚目の落ち葉のようなの、、スルメちゃんかな?
from: old_kp   2013/01/29 9:02 PM
ああ〜
そっちね〜
セブンの辛みスルメです。
これがビールにあうんですよん(*´д`*)
from: old_kp   2013/01/29 9:05 PM
逮捕ンダのPE28はサイトウさんが今度付けるみたいなので詳細はそっちに出ると思います。
でも、重要なのは吹出し口が奥に歩こ事であって
ファンネル形状はそんなに影響しないと思います。
from: 今更ですが・・・   2014/11/07 12:00 AM
>吹出高変更

デロルトには非常に豊富なアトマイザー(ニードルジェット)のラインナップが有りましたよ
ボア内への突出高さもいろいろあったとです
from: old_kp   2014/11/07 9:59 AM
こんにちはー
さすがデロルト!あったんですね(^^)
現在はPE24+パワージェットで落ち着いているので
デロルトは触っていませんが、今後やるときの参考にさせていただきます。
どうもありがとうございました。m(_)m
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/888