old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ドライビングテクニック その弐
JUGEMテーマ:車/バイク

マシン好きの皆さん
シフトダウンってかっこいいと思いませんか?
シフトダウンの回転があっていないと「あいつヘタだね」
とか言ってりしてね。
回転がピタッとあった時なんかは キマッタぜぇ〜!と自己満足。

しかし、残念ながらスクーターって
あのかっこいいシフトダウンが出来ません。
回転を合わせて吹かすことなく 単なるアクセルOFF。。。
もちろん、エンジンブレーキも使えません。

現在はうちはバイクはスクーターだけで
MTは軽トラックです。
やっぱ ウォン!ってエンブレ効かせて走るMTは楽しいと感じています。


そう
スクーターはエンブレが効かない。
ここに今回のなにもしないコーナリングのヒントがあったのです。

前回のはなしで
なにもしないとは アクセルもブレーキも操作しない ということだと言いましたが
実は何もしないということは
エンジンブレーキが効いている!
ということになります。

スクーターでも多少のエンブレは効きますが
MTで例えると シフトダウンしないままコーナーに入った程度しかエンブレは効きません。


コーナー手前でシフトダウンを済ませておけば
素早い加速が出来る。
という事を実践してきたので 
シフトダウンしないままコーナーに入ったらそれは失敗だと決め付けていました。

スクーターはシフトダウンしないでコーナーに入るのが当たり前なので失敗とは思いません。
なのではじめからエンブレのことは削除していろいろな乗り方を試していたんです。
すると なにもしないコーナリングが一番スムースに曲がることに気づき始めたんです。

で 軽トラでも試してみるんですが
ウォン!っと手前でシフトダウンしてしまうので結局ブレーキをかけたコーナリングになってしまう。
思い切って立ち上がりの加速を無視して
シフトダウンせずに曲がってみると。。。
思ったとおり 速度の割に安定しています。

ハイパワーFRで湾岸とかを走っている人の話で
コーナリング中にリヤが滑ったらクラッチを切る
という人がいまして、これが一番回復率が高いと言っていました。
これは究極の何もしないコーナリングですよね。
不要なエンブレをカットすることでスライドしたリヤが自然に回復するのを待つということになります。

考えてみればエンブレがいらないという理由でエンブレキャンセル装置
バックトルクリミッターというものがあるではないか。
ブレーキがプァでエンブレ併用しないと止まれないマシンなら仕方がないが
そうでないなら強烈なエンブレは不要です。
MTのシフトダウンのタイミングについては 現在も試行錯誤しています。
長いコーナーではシフトダウン後にアクセルを使ってエンブレをキャンセルしたみたり。。。


なんにせよ。
全部のタイヤを使って曲がるべし!
て事に今更ながら気づき始めた私は乗り方を変えるのに苦労していますが
これからっていう若者には
タイヤを意識した運転技術を身につけて欲しいですね。



 
コメント
from: サイトウ   2013/02/05 7:52 PM
聞けば聞くほど難しい(^^;;
from: old_kp   2013/02/05 9:26 PM
今度の雪上で4輪と3輪を試してみましょう(^^)
from: 中高年ライダー&スケーター   2013/02/07 11:28 AM
こんにちわ
何もしないコーナリング?
あたしの車はコーナリング中にNに入れるとおっソロしいくらいロールするので、ハンドルを切ったら必ずアクセルオフ(=減速)かアクセルオン(=加速)します。
差し出がましいようですが、キャスター&トレールの作用を思い出してください。
バイクは、トレールにより、リヤのトラクションが前輪を引っ張って直進&コーナリング中の安定性を得ているのですから、アクセルオフのコーナリングは、車体が安定せず、危険ではないでしょうか
from: old_kp   2013/02/07 2:34 PM
>中高年ライダー&スケーターさん
こんにちはー コメントありがとうございます。
いやぁ 嬉しいです。
運転の話はあまり人気がないので
お話が出来てうれしいです。(^^)

中高年ライダーさんの言っていることは良くわかっているつもりです。
私自身そのように運転してきたからです。
なんと言ったらよいのか
何もしないコーナリングとはただの言葉です。
実際は全部のタイヤに無理なく仕事を分けてあげる
コーナリングのことです。
全部のタイヤにコーナリングのためだけの仕事をさせる時間を作る。(これをいまのところ何もしないコーナリングと呼びますね)
と言ったほうが伝わりやすいかもしれません。
もちろん、レース等では、何もしないコーナリングに合わせたマシンセッティングが存在するとは思います。
逆に言えば 
中高年ライダーさんの言うとおり
マシンを積極的に操ることで自由自在に振り回すことが出来ますよね。
ラリーやドリフトなんかはそうですよね。

ですので、まずは全部のタイヤタイヤのグリップから
追って考えてみてください。
限界コーナリングをしていた場合
制動、駆動力をあたえる余裕はタイヤにはないはずです。
仮にサーキットのドライ路面でハイグリップタイヤであれば、グリップに余裕があるので
従来の運転で対応できますが
一般道でいきなり砂が浮いていたり
路面が濡れていた場合は そこを通過するときは
加速中であれば少しアクセルを緩めると思います。
減速中であれば少しブレーキを緩める…
今はABSがほとんどだから勝手にブレーキを緩めますね。
そうか、最新マシンにはトラクションコントロールが
あるので勝手にアクセルを緩めるんですね。
まあ つまり、減速中であれ加速中であれコーナリング中にタイヤが滑ったらその操作を緩めるのが基本となっています。
でも、これは滑ったあとの対処でなので
何もしないコーナリングとは
あらかじめ滑らないような運転と言えます。

とはいえ 
何もしないコーナリング というネーミングは
誤解のおそれがあるので
なにか良い呼び名を考えないといけませんね。
コーナリングのためだけにグリップを使う運転
なので…

何か良い名 ないでしょうか?(^^;;

from: 中高年ライダー&スケータ0   2013/02/08 1:21 PM
こんにちは
安心しました!
おっしゃられるとおりだと思いますし、タイヤの性能100%をコーナリングフォースに使い切ってしまったら駆動も制動もできなくなりますよね
公道ではその先には事故が待っていますし、サーキット走行でもグリップの使い方、タイヤの余命(磨耗の進行やタイヤ温度でグリップは変りますよね)をチェックしながら走らないとタイムも出ませんし、レース展開もできませんよね、何より回りに迷惑をかけることもありますからねぇ
かつて、レース後半にペースを上げられないと先輩に相談したら、笑われたのを思い出しました・・・
勝手なカキコですみませんが、今後ともよろしくお願いします
from: old_kp   2013/02/08 1:39 PM
>中高年ライダー&スケーターさん
こんにちは(^^)
お返事ありがとうございます。
こういうお話が出来るって楽しいですね。
最近はゆっくり走る中にも楽しさを感じることができるようになりました。
安全運転=つまらない という訳ではないんですね。
今週末に軽トラ&ジャイロで雪道を走る予定なので
いろいろ試してみたいと思います。
こりずにまたコメントしてくださいね(^^)/
from: 中高年ライダー&スケーター   2013/02/08 9:43 PM
こんばんわ
先程帰宅して、貴兄の過去ログをまだほんの一部ですが拝見しました。
差し出口をききまして誠に失礼致しました。
色々トライしての結果を聞きかじり(読みかじり?)、勝手なカキコをしたこと、お詫び申上げます。

けど、ドライビングやライディングの話って中々出来ないものですので、時々寄らせてくださいませ!
軽トラは最近流行のリアルスポーツですから、内輪差ゼロ(外輪差ありだったり?)も楽しいですねぇ〜!
1月の関東地方の降雪時には、のうまるたいやの挙動確認に買い物途中のスーパーの駐車場で遊んだら、家内に怒られちった!
from: old_kp   2013/02/09 7:07 PM
>中高年ライダー&スケーターさん
お詫びなんて、とんでもない!
スルーよりコメントしていただく方がありがたいです。
軽トラはやっぱりホンダが好きです。
ミッドシップですから(^^)
雪が降ると いろいろあそびたくなりますが
スーパーサーキットなら公道じゃないんで
安全?ですね!(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/895