old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ドライビングテクニック 雪上編
JUGEMテーマ:車/バイク

ドラテクの続きです。

何もしないコーナリング という意味不明なテクを実践する良いチャンスがありました。
先日行われた長野雪上ツーリングです。
軽トラにバイクを載せて 長野県の雪の残る峠まで行って バイクで遊ぼうという企画は
車とバイクの両方を雪上で試す良いチャンスでした。
とはいえ 長野県についてもなかなか雪を踏むことすら出来ませんでいたが
山を登って標高が高くなると圧雪された雪道を走ることができました。

まずは軽トラからインプレ。
車はアクティートラック2WDのノーマルにスタッドレスタイヤという仕様。
ノーマルということはデファレンシャルはオープンデフです。
スタッドレスの強烈なグリップのおかげで雪や氷の上を走っている事を忘れてしまいそうですが
ペースを上げるとたしかに低ミューの挙動を示します。
そこで従来の何かしているコーナリングをすると(ブレーキを残すとか早めの加速とか)
確実にハンドルの修正は増えます。
ブレーキを残すときはテールが滑ったらカウンターをあてるだけなのでまだ良いのですが
早めの加速のときはオープンデフのため内側車輪が空転してしまい
うまいこと加速が出来ませんでした。
ああ LSDさえあれば… と思ったことは何度もありました。

そして、今度は何もしないコーナリングです。
わかりやすいようにクラッチを切った完全な何もしないコーナリングも試してみました。
何かしているコーナリングではハンドル修正が忙しい速度域でも
何事もなくクリア。
まったくハンドル修正は必要ありません。
つまり、何事もなく曲がり終えるということです。
曲がり終えたあとに加速するのでオープンデフでもそれほど不満はありません。

要するに 何もしないコーナリング何かするコーナリングに比べて安定していた。
という訳です。
もしかしたら、雪国の人たちからすれば当たり前の事だったのかもしれません。
私は関東育ちなので比較的タイヤのグリップに余裕があるところで走っていたので
なかなか気づくことができませんでしたが…

そしてバイク。
バイクといっても特殊な3輪車のジャイロです。
雪上仕様にピンスパイクとか自作したジャイロでしたが
ここでも何もしないコーナリングは自分の感覚としては
ビビる速度でのコーナリングが可能でした。
スクーターなのでクラッチ切った完全なる何もしないコーナリングはできないので
自らエンジンブレーキをカットするようなアクセルワークをしながらコーナリングすると
何事もないように雪上コーナリングをクリアしてしまいます。
3輪ゆえの安定感なのか?
それは違います。
17インチのスーパーカブ的な2輪も乗りましたが、
何もしないコーナリングは絶大な安定感がありました。
グリップに余裕のない 雪上なのでハッキリと違いが確認できました。
バイクも軽トラと同じように、グリップに余裕があると全くわからない事が
雪上では確認出来たと思います。

もちろんですね。
雪上ドリフト動画を撮るときは おもいっきり 何かしているコーナリング で撮影しましたよ。
そっちのほうが楽しいですしね。(^^)
何もしないコーナリングならば余裕のある速度でコーナーに進入し
アクセル全開+直結デフ の効果でドリフト。
何もしないコーナリングならば 何事も起きない速度でも
何かするコーナリングをすればドリフト出来るって訳です。
そっちのほうが操っている感覚はありますが
決して速いわけでもなく ましてや安全な訳でもありません。
楽しいと速いは別なんです。

雪上でおもいっきりドリフトして楽しんでおきながら 
言うのもなんですが…
何もしないコーナリングをマスターしていただきたい!

なに 簡単なことです。
コーナーに入ったら 直線になるまで 何もしなければ良いのですから。
(^^;;


 
コメント
from: サイトウ   2013/02/18 12:17 PM
いやぁ〜助手席でしっかり観察させて頂きました。
直接見ると解りやすいですね(^^)

何もしない・・・逆にいえばなにも出来ないレベルの速度で進入するということですね(^^;
from: old_kp   2013/02/18 1:25 PM
文章だとサッパリでしょ?(^^;;
サーキットなら、より速い速度で進入って事になるとおもうけど、公道では突然の路面変化にも
安全に対応できる。って考えかたかな(^-^)
でも、エンブレを殺すアクセルワークって難しいね(^^;;
from: がっさん   2013/02/19 8:53 AM
バックミラーで確認してましたけど、左右にケツ振りながらカウンターいっぱい当ててましたやんっ!♪

何かイッパイしてたように思いますけど♪wwwwww

あっ!
その時は、「何かするコーナーリング!」ですな♪


軽トラの直ドリも拝ませてもらいましたぁ〜〜〜♪
m(__)m
from: old_kp   2013/02/19 11:19 AM
>がっさん
こんにちは
久しぶりの雪ではしゃいました。(^^)

軽トラ用にスタッドレスの新品を調達していたので
グリップの手応えを確かめるために
ハンドルを何かしていました。
でも、あれは直線だったから
コーナリングではないですね(^^;;
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/902