old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
タイホンダ純正 PE28 改
JUGEMテーマ:車/バイク

第二回スリミも終わったので
ジャイロを街乗り仕様に戻しました。
といっても リヤボックスを取り付けただけですけど。

街乗り仕様にもどすというより
スリミまで時間がなかったので
そのままにしていた アイドリング不調の原因をさぐりました。

私が購入した タイホンダPEなのですが バリだらけで品質がよくありませんでした。
その後、サイトウ氏 キューピー氏も同じように オクで購入しましたが
バリなどなく 綺麗な作りだというんです。
フロートも違うらしく タイホンダ純正のコピー品でもつかまされたのではないか?
などと言われておりました。

バリなど取れば良いのだから 気にしないぜー と思っていました。

さて、どんな症状かというと
アイドリングがとにかく濃い!のでアイドリングしているとプラグがカブってしまいます。
いちばん最初に思いついたのが チョークです。
自作延長ワイヤーが悪さをしているかもしれないと思い
普通のキャブに付けるタイプに交換しましたが あまり変化はありませんでした。

うーん。。。

なんだろう SJ(スロージェット)が濃すぎるのか?
と思い#32を試しても
やはり、濃い。

まあ アイドリングは とりあえず置いておこう。
サーキットでの失速の原因も探らねばならない。
直線が終わって第二コーナーS字あたりで 燃欠になり吹けなくなっていた あれである。
(っても、乗っている本人しかわからない部分)

原因は。。。
さっぱり わからない。

とりあえず、燃欠はおいておこう。

まずはなんとなくトルクがないのでセッティングをし直しました。
しかし、とにかくセッティングが難しい。

おかしい。PEなのにこんなに難しいとは。
というか なんか普通のキャブとは違う 感じがある。

まあ とりあえず へんな感じは オイテオコウ。

まず、ニードルジェットとジェットブロックをOKO21用に交換。
そして、ジェットニードルを一番太いものに交換。

PWK28用のN68Jにしました。
にしても わかりにくいですね。

そして、基本に戻って 油面調整。

なんかひん曲がってる。


とりあえず、平行にした。
(これで油面は下がる)

油面が下がれば アイドリングのカブリが直るかもしれない。


と 期待したが 撃沈でした。

くそう。
もう、さっぱりだよ。


まあまあ 気を取り直して
やり残していた加工をやってしまおう。


これなーんだ?
チョークに供給する小さな穴を拡大しているんです。
こうすると チョークを引くと濃くなると思いますか?
なりますけど、
引いた直後は変わりません。
チョークって 一回分のガソリンが溜まっていて
それを使い切ったら 小さい穴から少しづつ供給されるんです。

だから なに?ですよね。


ところでこのXのチョークは手元で操作できるようにしてあります。
どうして、こんなことをしているのか?
エンジンかけるときチョークを引きやすくするためですが
もうひとつ、理由があります。
実のところこっちの方が重要です。
走行中にチョークを引けば 任意パワージェットとして使えます。
オーバーヒートの予兆を感じたら チョークを引けば燃料冷却ができるので
エンジン保護にもってこいな訳です。

で、この加工

走行中にチョークを引いても 溜まっている分はドバっと出ますが
後は小さい穴(たぶん#30くらい)からしか供給されません。
冷却として使うには#30じゃ足りません。
なので#100とかで開け直すわけです。

さあ、これで安心して
アイドル不調の原因を探れるって訳です。


その後 何日も掛かりっきりで原因追求をしました。
私のGWはこれで終わったと言っても過言ではありません。

そして、やっとの思いで 原因を突き止めました。

犯人は。。。


やっぱり、チョークでした。(TwTlll)

いや おかしいとは思っていたんですよ。
絶対、チョークから 漏れてんだろ?
と 何度も チョークを入れ替えたんですよ。
しかし、変わらない。
だんだん イライラしてきたとき このクソチョークが!!!
と上から グリグリしたとき グニっと さらに奥に入ったのです。

え?

なに?

いまの?


つまり、ビミョーに チョークが締まりきっていなかったので
なんとなく いつも濃い状態になり
しかし、チョーク用に溜まっている分を使い果たすと
今度は薄い状態になるので セッティングが安定しなかったのです。
これで、ストレートが終わってS字で全開にしたときの燃欠も説明がつきます。

バリだらけのキャブでしたが
まさか チョークの中までとは 考えもしませんでした。
その後、何度も チョークを動かしてなじませた後
ワイヤー式に交換しても しっかりとチョークは締まるようになりました。


私のGWをかえせ!!
と言いたいところだが
今は 普通にアイドリングするし
セッティングもPEなりの楽さだし
任意パワージェットもあるし
許すことにしました。

これでやっと 皆様に PE28をオススメできるってもんですが
たしかにタイホンダ純正は安いが
非調整のニードルだったり ジェットブロック交換したり 品質が安定しなかったり
するので、デイトナなどで売られている2スト用のPE28を買ったほうが
結局 安いのではないかと思う。デイトナ製だってオクで買えばそんなに高くない。
バリ取りや購入後のあれやこれやが好きな人は タイホンダでもいいと思う。




と 現在は思っているが しかし。
任意PJは作ったものの やはり、追加PJは欲しいところである。
空冷+WJチャンバーだと すこし不安が残るからだ。

となると、どうせPJを付けるなら はじめからPJが付いているキャブでも良いのではないか?
という気持ちも出てくる。
それはOKO28である。(たしかPJ付きがあったと思う)
OKOはやめておけなどと言ってはいるが
OKO24のデーターがあるのでそれほどシビアにならないように 
セッティングパーツを選択できると思っている。

なんか 昔 OKO28を買ったような気がしなくもない。

このまま PEで追加PJをうつか
OKOを探すか。

どっちになるのやら。



コメント
from: サイトウ   2013/05/07 5:52 PM
高級キャブのTMRとかいっちゃいましょう(笑)
from: old_kp   2013/05/07 6:16 PM
え?ほんとですか?買ってくれるんでか?いやあ、ありがたい!遠慮なくいただきます。
(^^)
from: 超ド素人おかっち   2013/05/07 10:05 PM
確か28φのPWKでPJがあるのはKOSOだと思います(笑)

自分の記憶だとOKOはあったかは不明

ただOKOの場合24φの穴を28φの穴にボーリングしちゃえばOKってオチでは?

OKOの30φは縦の楕円になってしまうので、28なら多分OKかと。


>空冷+WJチャンバーだと すこし不安が残るからだ。

確かにPWKでその仕様だと、ある一定あたりからバビューンとヘッドの温度が一気に上がり始めますよね><

あまり上がらない様にセッティングすると、今度は濃すぎて上の回転が鈍くなってチャンバーの良さが消されるし。
from: old_kp   2013/05/07 11:40 PM
KOSOでしたっけ?
24改28っていうのは作ったことありますが
ワンオフになちゃうからNGなんです。
誰でも手に入れられて
誰でも作れるというのがこのマシンのレギュレーションなんです。
なのでKOSOのスモールボディー28か
京浜のPE28か
のどちらかになるんです。
PWK28はPJないので 追加することになるなら
PE28の手間と変わらないことになるんですよね。
なかなか 悩ましい問題ですね。(^^;;
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldkp.jugem.jp/trackback/920