old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ど素人ゴルフ理論

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

久しぶりのブログはゴルフネタです。

いやはや世の中チャイナウイルスで大変ですが、あほなゴルフ理論で気を紛らわしてください。

 

さて、時代は進化してもはや動画です。

文章ではね。

殆ど伝わらないですからね。

まぁ つまらん動画なので適当に見てください。

 

久しぶりにゴルフしたら全然打てなくなっていた。

しかし、素振りだけは続けていた。

そしたらまさかのマッスルバックが打てるようになっていた。

そして縦振りから横振りに変えていった。

そんな動画です。

 

 

 

2011年ころに編み出した侍ショットです。

インパクトの瞬間ジャンプした方が飛ぶんですが、より高くジャンプするために腰を落とす。

ただし、ジャンプするイメージではなくて足の裏全体を地面にめり込ますような力の使い方です。

このころのグリップはまだ普通のグリップですが、あとでバットグリップに進化?します。

 

 

 

 

この時はまだ親指が抜けていないですね。

この後、完全なバットグリップになるまでには違和感があり少し時間が掛かりました。

飛距離に関してはトラックマンとか使ったことがないのでよくわかりませんが若い頃280Yをワンオンしたことがあります。

夢の300Yは絶対に無理と思っていましたが、最近ショータイムゴルフの尾崎翔太さんを知ってしまいました。

彼はなんと身長165cmで340Y飛ばすモンスターです。

僕は160cmだから340Yは無理でも300Yに手が届くかもしれない!とこの歳(今年47歳)になって夢を見るようになりました。

 

 

そしてついにゴルフクラブのプロにアイアンを組んでもらいました。

バットグリップも社長のヒゲさんがやっていたのでマネをしたんですよ。

オススメの島田シャフト(スチールシャフトの老舗らしい)も最高に気に入っています。

今や3鉄は強力な武器でコースで大活躍していますよ。200Y前後を運んでくれます(僕FWが苦手なんです)

やはりプロに調整して組みなおしてもらうと全然ちがいますね。

 

 

 

そして、これが現在のスイングです。

地面に足の裏をめり込ます感覚に少し慣れてきたので以前よりは腰を落としていません。

結構ガニ股なので当時は笑われましたが、最近はGGスイングとかいうガニ股スイングが流行っているらしいので

そんなに笑われることはなくなりました。

GGスイングが何なのか?よくわかっていないのですが、アメリカの最新スイング理論は地面反力を使うらしい。

それはつまり侍ショットそのものじゃないですか!???

 

やれやれ 

やっと時代が追いついてきたか!(笑)

 

 

 

この頃になると親指もバットグリップになっている。

何も知らないままゴルフを始めてアプローチで球を上げるためにやっていたスイングが

これまたアメリカの最新のアプローチにそっくり??だったのだ。

やれやれ

やっと時代が追いついてきたか!(笑)

 

 

 

 

人によってはただの鉄なんて焼き入れはできないと思う事もあるようですが、

アルミでさえ焼が入ることがあります。

いろんな作業をしていると世間の常識が絶対ではないことが分かります。

これもまた時代が僕に追いついてくる時があるかもしれません(笑)

唯一の欠点はボールが傷だらけになることでしょうか。

その分スピンが効いているって事なんですけどね。

 

 

 

夢の300Yどころかドライバーが左へのミスが連発するようになってしまいました。

なので強く振っていけなくなりました。

そこで叩けるヘッドとシャフトを求める迷路に迷い込んでいきました。

迷宮入りかと沈んでいる時に中古ゴルフショップで物色していると本間ゴルフのクラブが気になってしまいました。

ふと新品コーナーをみると最新クラブが出ていた。

TR20というクラブだ。

ああ ほしい 

ほしいが絶対に買えない…

諦めようと思っていたら一つ前のTW747というモデルもかなり良さそうだ。

新型が出たから中古も手が届く価格になっていた。

しかし、ヘッドのみでシャフトはついていなかったので、どんなシャフトが良いか?探していた。

するとオリムピック社が気になり始めた。

なんでも元祖カーボンシャフトの老舗らしい。

母体は釣り竿メーカーとの事だが、なんと新品価格66000円なり!

根気よく中古で探していると黄デラを見つけた。

シャフト自体は44インチのSR。

すこし柔らかいかな?と思ったが贅沢は言ってられないので落札!

手に持ってみると品質の良さが分かります。

具体的にいうと爪ではじいた時の音が乾いた甲高い音がします。

まるでガラスのような音でした。

いままで使っていたクラブより1インチくらい短くなったが、さて、どうなんだろうか?

叩けるヘッドに叩けるシャフトである。

しかし、試打してみると少しだが左にいってしまうのでアドレスでフェイスをオープンに構える事にした。

(それでも今までよりはスクエアに近づいた)

どうだろうか?

飛距離は分からないので球の強さで判断してもらうしかないが、今までより短いクラブだけども強い球が出ていると感じています。

ドチーピンは今までの1/5くらいに減りました。

たしかにxシャフトと比べると柔らかいのだが、しなってからちゃんと戻ってくるのを感じます。

いや、どんなシャフトだって戻ってくるのだが、戻りが速いと言ったらよいのかな。

デラマックスはお値段以上オリムピックって感じです。

 

そして、TW747も凄いです。

カーボンクラウンなので超低重心です。

ヘッド単体で持つと分かるんですが、まるで起き上がりこぶしです。

重心のほとんどがソールにあるのがわかります。

おかげで薄い当たりでもバッコン飛んでいくし打感も良いです。

しかし、フェースの上に当たっても当たり負けなんかありません。

凄いぞ!

メイドインジャパン!!

 

 

 

 

未来の教科書に載るこの時代。

世界が変わろうとしている。

つまり、今は有事なのだ。

しかし、我々は生活をしていかなければならない。

皮肉にもそのためにはストレス発散がとても大切なのだと気がつくことになった。

 

 

 

 

だから、ゴルフをしよう!!と思います。

 

 

それではみなさん

また、お会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SWのソールとネックとウイングと

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

 

 

 

続きです。

 

僕はかなり効果的に感じました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで前回のコンペでバンカーに苦戦していた鈴木氏にご協力を頂きました。↓

座間ゴルフのショートコースのバンカーはえぐいアゴがありますが、なんなくクリアしていきます。

ご本人が上達したのか?と思ったので自分のSWで売ってもらったらやっぱりそんなにうまくありませんでした。

不思議なのはマットの上やアプローチも抵抗感がなく抜けるそうで、なにより なんかうまく打てそうな気がするんだそうです。

これってゴルフではとても大切で,打つ前から打てない気がするクラブはダメなんですよ。

打つ前からうまくいく気がするってとっても大切です。

 

 

 

 

 

ってことで ネックに付けたウイングは大大大成功でした(^^)

 

 

 

 

 

サンドウェッジのソールの溝

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

 

http://oldkp.jugem.jp/?eid=1260

 

前回のお話はバーディーパパさんの独特なウェッジを参考に加工しました。というところで終わっています。

平たくいえばアイアンをパックったその後って感じです。

 

この溝  いったい 何の意味があるのか??

 

使ってみるとバンカーが一発で出る。

フカフカバンカーも当たり前のように出るし、砂の薄い硬いバンカーも弾かれる事なく出るし

何よりも寄ることが多い というか チップインバンカーになりそうなくらい。

 

いったい なんなんだ?

 

と 文章にしても伝わらないので動画撮ってみましたよ。

 

どうでしょうか?

僕のスコアはなかなか100切り出来ない(まれに切る)レベルですが、バンカー出ると思いませんか?

砂が薄くても厚くても、どっちもパァーンと出るんですよね。

 

なんで、こんな溝が効果あるのだろう?

と眺めていたら なにか?こう?分かってきたような?

 

ということで 次回は追加加工を紹介したいと思います。

 

 

 

勝沼ゴルフコース

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

やはり 日頃の行いが良いのでしょうか?

 

梅雨時に天気に恵まれました(^^)

IMG_4997.JPG

 

 

 

 

先日、新しいドライバー二本もってゴルフに行きました。

え?仕事ですよ。仕事。 ビジネスゴルフです。

 

IMG_4992.JPG

 

IMG_5003.JPG

 

IMG_5004.JPG

ね?

みんな目が死んでるでしょ?

仕事ですから。

 

 

 

 

 

て。

 

ドライバーのシャフトですが

現在 フジクラのフレックスXにプロギアのヘッドを組んだのがエースドライバーなのですが

永遠に欲が湧く僕は新たなるシャフトを探しておりました。

(エースドライバーがあれば、失敗しても戻れるしね)

 

IMG_4961.JPG

IMG_4962.JPG

IMG_4963.JPG

アキュフレックスというドラコンシャフトです。

ネットでは評判はまずまず。

本当かなぁ…  さらに信じられないのが価格  送料込みで7000円くらい。

爆安です… さらにさらに信じられないのが重量  55gとある。

今までの半分の重さである。

 

まあ 失敗しても良いという事で注文。

まずはマルマンのディープインパクトで組んでみる。

XXだけどチップを0.5インチカット。

バットはそのまま。

 

5球くらいしか打てなかったが試打した感触は、これはいいかもしれん!でした。

ほっとしました。実は勢い余って(お酒はこわい)2本買ってしまっていたのです(^^;;

2本目はチップ0.25インチ バット1.5インチ カットくらいだったかな?

 

 

IMG_4985.JPG

IMG_4982.JPG

IMG_4984.JPG

IMG_4983.JPG

クラシックに白いシャフトは似合わないですね〜

 

 

IMG_4995.JPG

IMG_4994.JPG

シャフトをブロンズに塗りました。

こっちの方が雰囲気でてます。(^^)

 

いやぁ いいシャフトに出逢えました。 むねきゅんです。 

ちなみに超軽量でありながらフレックスは女性も使えるAからマッスルマン用のXXXまでそろっています。

FWにも使えるって書いてあったなぁ…

 

 

 

ちなみに調子のよいのがパターです。

IMG_5038.JPG

パターって こうやって置くと先端が下を向きます。

下を向くほど難しいというか繊細な操作が必要になります。

 

IMG_5037.JPG

ネックを曲げて トゥ側に穴を開けて軽くしたりしてここまで加工しました。

ほぼ センターシャフトのバランスです。

簡単に言えば ファイスの向きが安定するのでタッチだけ気にしていれば入る?ようになるのです。

見た目は難しく 実は簡単パター

どうよ?ずるかんべ?

 

 

あと 調子が悪かったのがサンド。。。

なかなか調子が良かったのに やめときゃいいのに弄りたくなって…

バンスを削ったら全然タッチがあわない!全部ショート!! 

写真は恥ずかしい(*ノωノ)のでやめときます…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5006.JPG

勝沼ゴルフコースはとても気もち良いコースでした。グリーンはアンジュレーションがダイナミックで難しかったですがお肉も美味しかったです。

座間からもアクセスしやすく山梨いいですね。(^^)

 

斎藤さんと鈴木さんはシンコーメタル代理店の社長さん

もうひとり スコアがなんかおかしい人は斎藤さんの友人の大石さん 

その日はクラブを変更?セッティングを変えてから初めてのコースということで距離が読めない(飛びすぎる模様)とかなんとか言ってましたが、もう、ビタビタ。(笑) 

バンカーもなんであんな風に寄るんだろ? ウェッジを見てみるとソールがなんかウェイブしていました。初めてみる形状でした。ちな、270ヤード ワンオンしておりました。

いや なんかゴルフショップの人だって聞いていたんですよ。 

そこであとでお店を聞いて検索してみたらなんかこう…とても本格的なような???

 

バーディーパパ 

 

HPのぞいてみたらあったあった例のアイアン! へぇ〜 テーパーネックねぇ〜  

でも、説明はあるがサンドのあの独特の写真がない。

しかし、僕はたしかに見ました。

そして、僕は溶接したり削ったり出来ます。

これ以上は言いませんが(笑)

 

 

つぎのビジネスゴルフまでに仕上げておかないとなぁ〜♡

 

 

 

 

 

追加

IMG_5044.JPG

削ってしまったバンスを溶接で盛って独特の溝を付けました。

なんか少し違うような気がしないでもないがまあ上出来だろうと思います。

本来バンス部分にクリーブランドとスペルが彫ってあったがこれが抵抗になる気がして溶接で埋めてみました。

さてさて、どうなる事やら。

 

 

 

 

 

 

ゴルフ グリップの再利用

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

ゴルフをやってて 困ることはいくつもありますが

そのなかでもほとんど諦めていたことがグリップの再利用なんです。

 

一度 シャフトに組んでしまうと簡単には取り外せないんです。

まあ、時には2000円もするグリップを諦めて新品を買いましたが。。。

 

しかし、どうしても再利用したいグリップがあったのです。

 

ということで 僕の経験を総動員して外し方を考えました。

 

 

 

これです!

 

IMG_4840.JPG

グリップを灯油に浸けるというものです。(しかも廃油)

 

 

IMG_4841.JPG

塩梅をみて外そうと思っていたら うっかり忘れてフニャフニャにふやけていました(^^;;

フニャフニャなので簡単にグリップは外れました!

 

 

IMG_4855.JPG

2日くらい放置していたらグリップがだんだん元に戻ってきたので問題なく装着!

(もともともう少しグリップが太い方がいいなと思っていたので、少しふやけた状態のまま両面テープを2重に巻いて組みました)

 

 

IMG_4856.JPG

何のためにグリップを抜いたのかというとシャフトを1インチカットするためです。

肥って腹が出たのでシャフトがつっかえて邪魔だったのです。

さらに肥ったらもう1インチカットすることでしょう。(笑)

 

 

 

たぶんなのですが、キッチンペーパーに灯油(やオイル)を吸わせて それをグリップに巻き付けてラップで巻くと

硬くなったグリップが柔らかくなってとりあえず復活!とか出来そうですが、個人的にはグリップは新品をお勧めします。

 

 

 

ふふふ これで1wからパターまで全部 クリーブランドになったぜ!! ← 自己満

 

 

 

追加

 

しまった… 廃油を使ったのは失敗だった… 匂いが気になる…

逆に言えばバニラエッセンスとか混ぜるといい香りということか。

 

ちなみにクラブを中古で売る時にグリップの固さは基準になりますが(硬いと安くなる)

チョメチョメ加工で柔らかくして高く売るなんてことを…

 

まあこれ スタッドレスタイヤ再利用と同じ理屈なんですけどね(^^)

 

 

 

 

クリーブランドアイアン CG1 マッスルバック

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

いやぁ

ゴルフは本当に難しいですね!

 

 

 

 

ゴルフクラブには、ライ角っていうのがありまして だいたい身長によって変わるのだと思っていました。

(メーカーはそんなような説明だったと思う)

 

 

 

 

IMG_4281.JPG

奥の二つが いわゆるライ角を寝かせたものです。

手前のが未加工です。

たぶん角度的には4度くらい寝かせた感じですかね。

 

 

 

 

IMG_4374.JPG

普通 ライ角って 鉄の塊を曲げるんだから そんなに曲がる訳もなく2度くらいが限界なんでしょうが

僕はアセチレンバーナーで炙ってまげるのでかなり曲げる事が出来ますが4度くらいがアドレスしたときにちょうどいい角度でした。

関係ないですがマイクロミールと書いてある(彫ってある)がこれについては後で書きます。

 

 

 

IMG_4359.JPG

サンドウェッジ以外はドラコン用のグリップにしてみた。

うたい文句は、柔らかいゴムなのでミスヒット時の振動を軽減するとあった。

たしかにゴムはとても柔らかくグリップ力は高いが、アイアン 特にショートアイアンには不要だったと思っています。

むしろショートアイアンはコード入りとかのしっかりとした物の方が方向性が良くなりそうです。

 

 

 

インプレッション

 

ライ角を4度寝かせたアイアン

打ってみると#6アイアンを境に全然ちがう打球となった。

ショートアイアンは引掛けがなくなりストレートもしくはフェードボール(ライ角寝かす前は左に出ていた)になっていたが…

ロングアイアンはスライスしか出ないようになってしまいました。

 

 

以上がインプレです。

なので、ロングアイアンのライ角を少しづつ戻していきました。

するってーとあれだね?

迷った時は純正!

そう! ライ角は純正に戻っていきました〜( ´∀` )

(と言っても、バーナーで炙る訳だから毎回シャフトの接着剤はダメになるから そのたびにシャフトの接着をするので、なかなかどうして大変でした)

 

メーカーの説明と違って

ライ角って身長で決めるのでなく 球筋で決めるものなのでは?

とりあえず現時点ではそういうものだと思うようになりました。

 

つまり ショートアイアンは引掛けやすいから ライ角は寝かし気味

ロングアイアンはスライスしやすいからライ角は起き気味

 

 

もの凄い手間暇かけて 大変貴重な経験ができたと思っています。

(SWはライ角を4度寝かせてかなりいい感じになり、寄せもザックリのミスは出なくなりました)

 

 

 

 

さて、さっき ちょっと触れた マイクロミール

これはなんだ?

 

IMG_4305.JPG

上のマイクロミールはフェイス面に細かい溝が彫ってありました。

下のはCG1ブラックパールですが見た目が違くないですか?

これ おなじ#3アイアンなんですよ。

 

 

 

IMG_4306.JPG

おんなじCG1#3なんですが…

ヘッドの大きさが違うんです。

 

 

 

 

 

IMG_4309.JPG
ほらね?

大きいでしょ?

あ。ネックをみたらライ角を4度寝かした比較も分かりますね。

これだけ 大きさに違いがあると重さにも違いが??

 

 

 

 

IMG_4315.JPG

大きいヘッドのマイクロミール

 

 

IMG_4314.JPG

小さいヘッドのブラックパール

 

 

どちらも240gくらいです。

ほぼ同じ重量でした。

違いがあるのは大きさもですが、厚みも違ってました。

マッスルバックの象徴でもある うしろの厚みが違うんです。

 

イメージとしてはヘッドを大きくしてスイートスポットを広くするために薄く伸ばしたのでしょう。

 

 

 

 

じつは違うのはイメージだけではなかったんです。

打感がまったく別物でした。

 

 

マイクロミールはたしかに多少ミスには強くなったのかもしれませんが

芯を喰ったときの打感も ぼやけたものになっていました。

ここは感覚的もしくは好みになると思いますが 僕はどうせマッスルバックを使うのなら

ここ一発の打感が最高な物を使いたいのでより小さくぶ厚いブラックパールの方が好きです。

よって あれだけ手間をかけたマイクロミールはやめてブラックパールを使いたいと思います。

(ブラックパールは10年くらい前に組んだやつです)

 

 

 

 

その後 コースに行きました。

アクアラインゴルフクラブです。

スコアは3パット多めで114でした。

忘れられないのが#3アイアンです。

セカンドショットでおそらく190ヤードの会心の一撃!!

前の組(友人)がかなり離れていたので大丈夫だろうと打ったら あの芯を喰った打感!思いっきり打ち込んでしまいました(^^;;

それとマッスルバックだからなのかな?

初めての感覚でしたが、アイアンがグリーンで止まるんです。 

もちろんオーバーしたら止まりませんが、いままでは乗ってもコロコロ~が多かったのですが止まります。

飛んでいくボールを見ていると最後の方でふわーっとフケ上がってからポトンと落ちている感じです。

ま 芯喰った時だけですけどね。(笑)

 

 

ミスはミスとなるマッスルバック。

こいつと一緒にゴルフをしたいと思っています。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも載せた動画です。

 

 

 

 

 

 

 

魚突きドリルってさ クラブの長さを感じさせないって言うけど

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

 

全国のゴルフファンのみなさま!

 

 

いや…

 

 

やめとこ。

 

 

 

 

えーっと ここ最近 ゴルフ再開しました。

 

まあ 私 ド素人なもので、 いろいろ あーだこーだやってまいりました。

 

そして、今もまた あーだこーだ やっております。

 

 

 

そもそも へたくそだから 悩みは沢山あります。

 

ドライバーは打てばOB

アイアンはどう打っていいか分からなくなる

 

大きく言えばこの二つ

 

 

一生懸命にゴルフに悩んでいたときはすでに、10年ちかく過去になっていました。

この10年間もたぶん4回くらいはコースに行っているとは思います。

とにかく、振ればミス これの繰り返しなので抑えてのスイング… どう振ってよいのか分からなくなる…

 

そんなこんなで 遠ざかっていました。

 

 

といことで ゆーちゅーばあ なぼくですから

 

 

動画にしてみました。

とにかく 振れば振るほど めちゃくちゃなボールになっていました。

 

カーボンシャフトのRでデカヘッド

とかも 新たに買いましたよ。

しかしですね。

 

 

ここで構えないと トゥにしか当たらない。

しかも、めちゃダフル…

こんなんじゃ スイングが壊れていきました。

 

 

クリーブランドのブラックパール

完全に忘れていました。

こんなマッスルバック持っていたんだな。。。 シャフトを見るとNS850とある。

??

なんだこれ? ふつうダイナミックゴールドのはず。

そーーーーいえば むかしに こんな組み合わせを作ったような?気がしないでもない。

当時は色気を出して、長さ調整をせずにそのまま組んだ気がするような?

おもえば すこし 長いような? でも、軽いから振れるような?

なにはともあれ練習場へ

 

練習場にはバンランスをみる器具が置いてあるところもある。

意外とバラバラだったので、鉛を貼って調整。

 

 

結果は動画のとおりです。

なぜだかポケットキャビティーとかチタンフェイスアイアンとかよりもミスが少ない。

 

 

ドライバーも打てばOBだったのが、まあ練習場ですけどそこそこ前に飛んでくれます。

 

 

友達の影響でゴルフTV山本道場を見ているんですけど

 

縦振りではなく横振り

ダウンスイングではなく下から上に

ベタ足でパンチ&ブレーキ

 

などなど いままでの常識では理解できない言葉が飛び交います。

 

みてて思いました。

 

たとえば、縦振りのスイングの軌道ってこうでしょ?

すると、ナイスショットの範囲はこれだけとなる。

 

 

CDを横にしてみると いわゆるこれが横振りってことになる。

どう考えてもナイスショットの幅は広い。

 

ちょっと考えれば分かるんですが 横振りならシャフトの長さでスイングをあまり変える必要がない。

ボールの位置を少し変えるだけである。

 

過去の僕は縦振りを意識していました。

動画の僕は(10kg重いが…)横振り(イメージでは野球のスイングぐらい)ですけど見るとそれ程でもないから不思議だ。

 

 

とにもかくにも

Rシャフトのアイアンはヘッドの小さいマッスルバック

ヘッドの大きいドライバーはX短尺シャフトで

横振りでスイングを抑えることなく気持ちよく振れるようになりました。

 

詳しい人なら そんなこと当ったり前なのかもしれませんが、自己流だと時間が掛かりますね(^^;;

 

まあ そこが プライベーターの醍醐味ですけどね。

 

 

 

 

 

練習場番長がこのセットでコースデビューしたら、少しはスコア更新するのか?

勝利の女神が小太りのおっさんを嫌いじゃなければありうるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ショートアイアンは左へ引掛けやすいクラブである。(らしい)

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

全国のゴルフファンのみなさま

 

お待たせしました。

 

2年ぶりのゴルフネタでございます。

 

 

一時期は熱心だった ゴルフもいつの間にか…

 

 

いや、コースには行ってないけど、クラブやスイングの事は 日々?考えるだけはしておりました。

 

だけね。

 

 

 

いえね。

今度 コースに行くことになりまして。

いやぁ

その、あれですよ。

ゴルフウェアがその 酒トレーニングの成果ですかね。

履けなくなっちゃいまして(^^;;

 

ウェアを買わなきゃなぁ…

 

 

 

 

などと 思っていたら イジイジ心に火が付いた??

 

 

 

 

IMG_0240.JPG

クリーブランドの52°

クリーブランドのアイアンってかっこいいんですよねぇ

かっこいい。

使う理由はそれだけです。

 

バンスを削って調整はしてありましたが。。。

 

 

 

IMG_0241.JPG

ネックの裏側を溶接でモリモリ。

 

 

 

IMG_0244.JPG

フェイス面の裏側にウエイトをつける

スタビライザーネック加工をしてみました。

 

ショートアイアンってのは フェイスが返りやすく左へのミスをしやすいクラブである。らしいです。

 

ミスを軽減できれば御の字です。

 

 

 

IMG_0246.JPG

さて、あとはシャフトですね。

シャフトもそんなに精度がいい訳じゃないんですよね。

簡単にいえば 曲がっているんです。

その 曲がりを測定して フンガガフガフガすると あーなって こーなる。

 

 

IMG_0247.JPG

んで

グリップテープはこんな感じがいいかなと 経験でコウナル。

 

 

 

 

IMG_0249.JPG

#9

#w

#S

でシャフトの長さを合わせて。

 

 

 

そうそう。

Sは52°ですが、ロフトとライ角はばバーナーで炙って調整済みです。

(以前、プロに調整をお願いしたら、ネックを折られたんで以降は自分でやります。鉄工所なんで)

 

何度とか?

知りませんが#Wとの繋がりを重視しています。

 

 

 

 

 

でもって、試打をば。

 

 

 

 

インプレ

 

溶接棒3本分 ウエイトが増したので 重い!!!

ひたすら 重い!!!

 

 

 

 

 

 

 

って 事で

IMG_0380.JPG

ウエイト調整をしてみた。

 

 

 

 

IMG_0381.JPG

7mmの穴をトゥー側に開けてみたが

こんなもんでも スイング感は変わるんだなぁと実感。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただね 言っておきますが

クラブを弄るほど スコアは悪くなっていくという事実は認めざるを得ません。

 

 

 

スコア次第で収入が変わるのだとしたら

僕はクラブを弄り壊すことは無いでしょう。

 

 

 

 

PING ZERO改
JUGEMテーマ:スポーツ


久しぶりのゴルフネタです。

もう、随分長い間ボールを打っていません。

ちゃんと理由があります。

上達するためです。

僕はスポーツのセンスがあまりないので、ボールを打てば打つほどヘタクソになるのです。
経験ありませんか? 素振りならいい感じなのにボールを打とうとするとガチガチになってしまう。。。

さらにスイング改造をしようと思っていたので、素振りの練習をするのですが
さぁ!どうかな?と思ってボールを打つとなぜだか?元のスイングになってしまうんです。

身体が受け付けないのです。。。

こりゃ だめだ。 ボールを打つのを辞めよう! となった訳です。

いまでも週3日は、素振りですがちゃんと練習をしています。
ここで問題となるのは、自分なりに作り上げたスイングが良いものなのか?ダメなのか?
ボールを打っていないので さっぱり解らないことですね(^^;;


とはいえ今回はパター編です。
カテゴリのゴルフ(←興味ある人はクリック)を見てもらうと今までの流れが分かると思いますが、
僕が使っているパターはPINGのZERO2というレアパターです。
それを僕なりに勝手に改造して作ったものです。



ゴルフをやっている人でもZERO2が元々どんな形をしているのか知る人は少ないと思いますが、改造してこんな風になっております。






今回やった改造はドラえもんの道具的なものです。
キューピーさんに見せたら ゲスの極みパターだと言われてしまいました。
ゲスの極みかどうかは、しっかりと精査してから結論をしっかりと説明したいと思いますので、
精査が終るまでお待ちください。



シャフトに穴をあけてっと。



水平器を仕込みました。


これでグリーンの傾斜をさりげなく測ることが出来ます(^^)

どうですか? ドラえもん??

え?せこい?
でも、法律(ルール)に触れていない訳ですから、問題はありません。
ですから、このパターは辞任いたしません!







 
ど素人ゴルフ理論 パター編
JUGEMテーマ:スポーツ
 
最近 ご無沙汰のゴルフですが…
道具の加工は進んでおります。

ゴルフをはじめてから いつからだろうか?
パターに違和感を感じたまま過ごしてきました。

違和感とは?
後ろに引くとき 何と言うったらいいのか フラつくんですよ。
実際にはふらつかないように 引いていますが
きれいにクラブの遠心力というか 慣性というのか 
うまく 重みを使えないような感じがしていたのです。
ですので
短い距離を合わせるのが一番苦手なのがです。
ある程度 距離があれば パターの振り幅も増えるので遠心力を感じることができますが
振り幅が少ないと完全にノーカンになります。

私は今まで 短い距離を合わせるためのイメージは
ハンマーでの作業でした。
たとえば、小さい釘を打つときは 自然と柄を短くもって 合わせているので
きっと パターも同じだと思っていました。

で、短く持つんですが
そうすると余った柄が腹に当たったりして
ストロークが乱れるので それならと 短くカットして使っていました。
短くなった分 鉛をヘッドに貼ったりしていたんですよ。

話は変わって
今はシャフトをカットしたPINGのPAL6というパターをつかっていましたが
フラつくので
ほかのパターに変えてみようか?と思いはじめていたのでした。
やっぱ L型がかっこいい
人が持っていないやつがいい
となると 私が持っているパターで一番珍しいのは
PINGのZEROというパターです。
しかし、このパターは私には難しく オクラ入りしていました。
どうせ使わないなら 大胆に加工しちゃうか…
L型は むずかしいから フェースバランスはセンター寄りがいい
ならZEROをフェースバランスセンターに加工してしまおう!

まっすぐのシャフトだと センターに加工するのは困難なので
先端が曲がっているシャフトを購入。
それに合わせて ZEROのネックをひん曲げます。

炙りながら曲げたが…


クラックが入ってしまいました(^^;;
でも、ご安心ください(心配してないか)
TIGで盛って直しちゃいますから。


えい!
このパターはアイアンみたいな形なので 気に入っていましたが
ここまでネックが曲がっていると全然 アイアンに見えない。。。


上がPAL6 (シャフトカットしてあります)
下がZERO改 (アイアンみたいにしたくてソケットを入れてみたが…)

あとはお好みの長さでシャフトをカットするので
両面テープ無で仮にグリップをつけてみた。
いかにも長い!
中尺シャフトにせまる勢いです。

ものは試しと このままの長さでストロークしてみると…

んん?

なんだこれは?
どんな振り幅でも 遠心力を感じてフラつくことなく
すっ っと引けます。

はじめはグリップが上にありすぎて やりにくい感じはしたが
そんなことより
フラつかない特性は まさに求めていたものです。
やりにくく感じるスイングだって 
練習すればなれるはずなので3#アイアンと同じ長さではあるが
このまま使うことに決めました。

考えてみれば
パッティングは振り子なわけなんだから
振り子は長いほうが 安定するのは当然でした。
短いパットを克服するために パターを短くするのは逆だったのかもしれません。

ちなみに 長尺や中尺のようなグリップをするのではなく
普通のパターのグリップでストロークします。
上下にグリップしたら 振り子にブレーキをかけちゃうので
全然 楽しくありません。

私が持つと なんか変なバランスですが
プロたちは 私より15センチ以上も大きいので
案外 これが普通の長さなのかもしれません。

やっぱり ゴルフも体が大きいほうが何かと有利だなぁ(・・)




諦めないぞ!