old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    ol_kp (09/12)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    旅人 (09/12)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    oldkp (09/08)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    旅人 (09/07)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    old_kp (09/05)
  • ホンダ ジャイロ エンジンチューンのレシピ(入門編)
    hide (09/01)
  • プラグのお話
    old_kp (08/27)
  • プラグのお話
    I (08/27)
  • 2019 K4GP 5時間耐久レース
    old_kp (08/22)
  • 2019 K4GP 5時間耐久レース
    old_kp (08/22)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スーパーディオ カスタム 太足12インチ
JUGEMテーマ:車/バイク
 

比較的簡単なフロントから取り付けます。

最近は便利なもので 専用スペーサーが売っているのでそれをベースに加工します。
20mmスペーサーを17.5mmに削り



デイトナのハブに合わせます。
残念なことに このハブは生産中止で入手は困難なのであまり参考になりませんね。






3.5Jならギリギリで入ります。
4.0J以上を望む場合はズーマーステムを使うことになりますが
おそらくカウル加工とかも必要になってくると思います。



そして、バーハンドル加工です。
バーハンが好きな人多いですね。
ノーマルハンドルをカットして鉄板を溶接。

鉄板には穴を開け タップを立ててあります。



マジェスティ用だったかな。
こんな感じで作りました。
ま こんなのはどーってことない作業です。
バーハン化で大変なのは 配線なんですよ。
でも、それは後回し。
何を使うとか考えながらパーツセレクトしていきますので。


つづく
スーパーディオ カスタム 太足12インチ
JUGEMテーマ:車/バイク
 
半年前から少しづつ 作っているスーディオカスタムを紹介していこうと思います。
古いスクーターですが、カスタム度はまだまだ高いと思うので
私なりのカスタムを載せていきますね。
ただ写真を乗っけていくのではツマラナイので、作り方を中心にしていきたいと思います。
まあ そんなに細かく写真におさめている訳ではありませんが。。。


知人の母親のディオが放置してあるのでそれをベースにしたいということでした。
ま それなりのヤレ具合です。


皮膚を溶かすアルカリ洗剤で洗車。
私は洗車の時 筆を使います。
ブラシでは届かない細かいところは硬めの筆(ハケ)が使いやすいです。
キャブとかオイルポンプとか 綺麗になりますよ。


フォークは腐っていてOH不可能だったのでKNローダウンフォークを使います。
オーナーさんのイメージはロー&ロングだったので。
これはポンで付きます。
取り付けると1cmくらい突き出しています。
これはストローク確保のため全長を稼ぎつつ、車高も下がるって狙いだと思います。




そして、このカスタムの目玉。
12インチ化です。

モンキーホイールを使います。
4.0J 4.5Jを買いました。
これはスーパー当たりホイールでメチャメチャ綺麗な仕上がりです。
それをアルマイト加工してみましたが、鋳物のためツヤ消しになります。

が!
しかし、オーナーさんは無類のアルミ生地好きな方でして
こんなんじゃ 嫌だ!
となりまして。。。


買い直しました。
今度は3.5J 4.0Jです。
最初のでちょっと太すぎたと反省してのセレクトです。
これ以上太いと ありえないくらい付けるのが大変になります。

お?
黒くなっている。
つや消しで 一番市民権を得ているのは?
ブラックでしょ!
ってことで ブラックアルマイトに直しました。
これはヤプオク行きです。
(この当たりホイールを買った人はラッキー!)


合わせるタイヤは ファルコンの。。。 
110/60-12と120/55-12
とかだったかな?
350-10と外径が近い 超扁平タイヤです。
これならディオにも入る計算です。



つづく

原付レストア DIO
JUGEMテーマ:車/バイク
 
知り合いの娘さんのお友達がスクーターを欲しがっているとの相談を受けました。
分かりました。なんか探してみます。と答えて すぐにバイク屋?さんに聞いてみると
DIOがあるとのこと。


写真では分からないが
クリア塗装が剥がれてしまっていました。
その他は大きな問題はなく プラグを清掃しバッテリーを新品にしたら 
セル一発で掛かり機関の調子は良い方でした。
メーターも振り切るしアタリかもしれん。
しかし、外見がどうにも気に食わない。
洗車して磨けば磨くほど 気に食わない。
値段も決まっている事だし、諦めてこのまま出すんだぞ!
と自分に言い聞かせる。。。

このあたりから 記憶がない。
ふと 気がつくと。。。




じぇじぇじぇ??
オールペンされている。
うーん 不思議だ。
まるで別の車両のように綺麗になっている。

このDIOのオーナーさんはクリアが剥がれている状態で購入を決めているので
納車時にこのような姿に変身したDIOを見たとき
それはそれは喜んだのでした。


え?
オーナーさんが可愛い女学生だったから 
えこひいきしたって??
ま まさか!
そ そんなことはありません。
スクーターを愛する一人の人間として当然のことをしたまでです。
だた、記憶がない時に どんなことを期待して作業していたのかは
知る由もありません。



ライブディオの可能性
JUGEMテーマ:車/バイク
 


現状の2倍の速度を出すためには
4倍の馬力が必要。

というのは とても有名な話です。
初めて聞く人には 不思議に感じるかもしれませんが
それだけ、空気抵抗がどんどん大きくなるということなのです。


なので
アプローチの60ヤードと70ヤードに大した差はなく
誰でも 打ち分けられますが
ドライバーで270ヤードと280ヤードには 大きな差があり
ドライバーでプラス10ヤード飛ばすのはかなりキツイ!

あ いや つまり 
原付スクーターチューンならば 
80kmと85kmでは エンジンパワーはだいぶ違うはず。
お金を掛けたのにたったの5kmしか違わないと感じる人もいるでしょう。
昔から +1km/h=一万円 と言われることもあるくらいなので
それだけ大変なことなんですね。

では ノーマルのライブディオの最高速が60kmとして 二倍の120km出すには
7.2×4=28.8馬力も必要なのでしょうか?
現状の2倍の速度を出すためには、4倍の馬力が必要。
というのは 当然 馬力に対して 適切なギヤ比設定をするのが条件であり
馬力だけが増えても 最高速が変わるわけではありません。


http://oldkp.jugem.jp/?eid=338#comments
随分 昔のことですが
フルノーマルエンジンのライブディオで駆動系だけを詰めたら
何キロでるのか?というテストをしていたことがあります。
最終的には90km位出ていましたが。。。
さて、どれくらいの人が信じたのでしょうか?
当時そんなに出るわけない と直接 言われたこともありました。
その当時の私の体重はたぶん58kgくらいだったかな。




モトチャンプが頑張ってくれました。
ノーマルエンジンで83kmを記録!

ライブディオのノーマルエンジンで80kmオーバーなんかするわけないし!
と私の記事で思っていた人も
モトちを読んだら 納得してくれたかな??

え?
うちのが90kmでモトチが83kmじゃ おかしいって?
いやあ 測定方法と測定場所、条件、ライダー体重がイコールじゃないですし
うちのはゼロの130kmメーターを目視での確認ですし、
実際走ったら どっちが速いのかは分かりませんが
しかし、80kmオーバーはどっちもクリアしているわけです。

(ということは、ライブディオで80kmでないチューンドマシンがあったとしたら
それはデチューンをしている可能性があるということです。)


ノーマル馬力で80kmオーバーだから
ちょっと弄ったら 100kmオーバーだぁ!とは簡単にはいかないものですが、
ライブディオの限界を見てみたくなってきましたよ〜(^^)

ノーマルエンジンで駆動系だけのデーターは取れているから
エンジンを弄ったら 今度は何キロ出るようになっていくのか?
少しづつイジっていこうと思います。

あ 来年の話ですyo.









ライブディオZX 売ります。
JUGEMテーマ:車/バイク

ライブディオZXをオークションに出します。http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/132595909
みなさま
よろしくお願いします。


キャブOH
エアクリーナー(スポンジ)新品
バッテリー新品
プラグ新品
Fタイヤ新品
Vベルト新品
Fパット残3mm
FホイールZXアルミ リヤはスチール
駆動系チューン





赤いボディーにイエローレンズの組み合わせ かっこいいでしょ?


車体  AF35-1447700
エンジンAF34E-1533200

エンジンはクランクが逝っていたので 載せ換えてあります。

圧縮は超極上ですね。新車か!?ってくらいです。

キャブはOH


もともと キレイでした。

駆動系は
ZXのものと総交換し
プーリーをecoプーリー
トルクカムをクレアにして セッティングしてあります。

Vベルト新品です。


小傷、や割れあります。



鍵穴ずれています。

合うカウルがなくて… すみません。

この車両も納得のいくまで 整備しました。
よい中古部品がなくて
結構 新品使ったのが痛いところです。
乗って頂くには 申し分ないと思います。

車両の動画で エンジン音 加速 などを確認してください。
http://www.youtube.com/watch?v=BPs33MlnI4s
エンジン、CDIはノーマルで駆動系チューンのみですから
静粛性、耐久性はノーマル以上です。
流れに乗れるので 走りやすいですよ。





 
ライブディオZX 排ガス規制前のハイパワー絶版車 売ります。
JUGEMテーマ:車/バイク


在庫として 長年 保管していた 
ライブディオZX 排ガス規制前 をオークションにだします。
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h138437158


内容

ライブディオ ZX 
AF35-1437800
マッドアクシスグレーメタリック(つや消し黒)
走行約6400km
ヘッドランプユニット クリアレンズ
キタコクリアーテール 
サイドスタンド付き
デイトナリヤショック
ハイスピードプーリー&クレアカム
バッテリー新品






本来マッドブラックにはないクリアレンズを組み合わせました。このほうが断然カッコイイ。




クリヤレンズにひびあり
バルブはレインボータイプ


レインボークリヤテールレンズ


エンブレムに破損あり


油でつやを出しているわけではありません。
もともとキレイな状態を清掃し
ワコーズの耐久コート剤スーパーハード(凄く高いんですがメチャ高耐久)でコーティング



 整備内容

キャブレター清掃

汚かったですが がっちり清掃しました。


エアクリーナー清掃


ピストン確認


圧縮測定

圧縮漏れもなく 良好な圧縮

駆動系整備

クランクのガタの確認済み(良好)
クレアトルクカムに変更し 変速ムラを軽減

ワンオフ加工プーリー

D社改

キャリパー清掃

パット約4mm


それなりに 小傷はありますが
絶版モデルとしては 程度は良いです。
というか うちにあった ライブ3台から一番よいパーツで組んだんで 悪くはないはずです。
old_kpの名を出す以上
恥ずかしくない程度の整備はしてあります。

文章では伝わりにくい性質のものなので
動画を撮りましたので エンジン音などを確認していただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=pJjIxKiyWms

エンジン、CDI、マフラーはノーマルで駆動系チューンをしてあるので
静粛性、耐久性、燃費はノーマル以上です。
ぜひ 通勤、通学などに使って2ストの良さをアピールして欲しいです。


ライブ ディオ ZX プーリー さらに最高速更新
JUGEMテーマ:車/バイク


さて ライブディオZX 最高速UP計画の結果です。

前回
平地 90 
下り 92

今回
平地 92
下り 95

という結果になりました。
ハイギヤを入れて2kmほどUPしました。
他の車両と並走したら平地で95は出ていたとの事でしたけど
今回は実速度ではなく、ファイナルギヤの比較実験なので
どっちの車両が正確なメーターかは関係ないですね。

この結果を皆さんはどう とらえますか?
前回の記事の通り
7.2馬力でも トルクを有効的に使えば 90以上は出るだけの能力はある。
ということになります。
信じられない! というかたもいると思います。
でも、
NS50FやNSR50も同じ 7.2馬力(水冷だけどね)ですが 
リミッタ解除だけで90以上簡単に出るので
信じるも信じないもない 当たり前の事 なんですよ。
国産スクーターは30km制限があるからか ファイナルが低いんですよね。
こんなにヒキーファイナルにしたら NSR50だって90もデネーヨバカヤローってくらいです。

エンジンパワーが余っているマシンって多いんじゃないかなー


このライブディオ
いずれ CDIを交換してリミッタ解除したら 最高速がもっと出ちゃうのか?
なんてこと
実験してみたいですねー
やっぱ デジタルCDIがいいだろうねー
どこのが いいかね〜

ライブ ディオ ZX プーリー さらに最高速更新
JUGEMテーマ:車/バイク


フルノーマルライブディオの駆動系だけをチューンして
最高速が何キロでるのか?
僕的には大変興味があります。
ノーマルエンジンって7.2PS(実測はそんなに無いだろうな…)
7.2でどこまで出せるのか?
今のところ 平地90 下り92 でした。
でも、僕はもっと出る! と思っていました。
根拠はですね。
えーっと
まず 写真の図で説明します。(パソコン上で図面とか描けないっす)

図1

これはですね。エンジンのパワー曲線です。
約7馬力を約8000rpmで発生します。(仮定)
その前後の回転 6000と10000では6馬力 という図です。

図2

こちらは速度を出すために 何馬力 必要か?という図です。
ここでは7馬力で90km/hということになっています。

図3

で これは回転数と速度のグラフ ハイギヤとローギヤ です。

つまり、(図2)90km出すためには 7馬力 が必要で
7馬力出る回転数は(図1)8000rpm
ハイギヤなら8000rpmで90kmでることになりますが
ローギヤでは?
計算では90km出すためには12000rpmは必要ですが
10000rpmの時点で6馬力にパワーダウンしてしまいますから
12000では それ以下の5馬力程度なので60kmだすのが精一杯のパワーしかないということです。(実際はノーマルなんで12000なんて回るわけないけどね)

エンジンとは一番パワーの出る回転数があり
それに合わせたギヤ比があることで
速度を上げていくことが出来るのです。

以上のことを うちのライブディオに当てはめると
ハイギヤを組み込めば パワーのある回転数で もう少し引っ張れるかもしれない!
ということになります。

わかるかな…

まあ とにかくフルノーマルのライブディオにステージ競廖璽蝓璽侫襯ットを
組み込み、さらにハイギヤを入れたら最高速が上がるんじゃないか?ってことです。
一般的にはノーマルパワーで90kmオーバーなんて無理に決まっている!
となりますが、それはギヤが足りないだけ なんですよ!とお伝えしたいわけです。

で実行してみました。

がもうネムすぎなので また今度
つづく


ライブディオ ZX プーリー 天気がいいから?最高速更新!
JUGEMテーマ:車/バイク


その日はとても気持ち良い 天気で
ドイトに買い物に出かけたときでした。
うちのドノーマル+手彫りプーリーステージ兇離薀ぅ屮妊オで出かけていましたが
なんだかとっても快調に走ります。
おかげで最高速記録を塗り替えてしまいました。

今まで     平地82 下り88
更新記録    平地90 下り92

ありえん!
ノーマルエンジンでここまで出るのか?
でも、出てしまいました。
正直、うそくさい。信じられない。
でも、本当。

ついでといってはなんですが 燃費 を計ってみました。
L27km
でした。ノーマル時に計ってなかったのでどれくらい良くなったのかわかりません。
カタログ燃費は30km/hで走ってL46.3kmだそうで…
まったく無意味な数値ですね。
燃費走行していたわけではなく、普通に街乗りと最高速テストとウィリーと膝スリの練習をしていた時の数値です。

ズーマーの燃費を検索してみると(ヤフーちえ袋から抜粋)
町中ゴーストップの繰り返し全開走行で25キロ程度。
郊外でノンビリ走行しますと30キロ以上いけます。

おおー 4ストよりいいじゃないですか!
ズーマーの全開なんて60kmでるか出ないかでしょう?
ZXならアクセルほとんど開けなくてのんびり走行でも60以上でますよ。
2スト廃止は間違っているんじゃないかなー
お上が決めたことって…

それはいいとして
僕が考える良いバイクの条件は(バイクに限らず、すべてのものですが)
エンジンパワーを効率よく引き出せる事です。
とくにスクーターは駆動系で効率が大きく変わります。
このノーマルZXはプーリーだけ交換してあり
効率よくエンジンパワーを使えて
最高速90で燃費が27kmというバイクになりました。
高効率とはこういうことなのだと 思います。








ライブ ディオ ZX プーリー
JUGEMテーマ:車/バイク


新開発の手彫りプーリー ステージ競侫襯ット の性能を発揮するための加工を紹介します。
フルキットとはプーリーとトルクカムなんですが
最大変速させるプーリーとワイドレンジトルクカムという内容です。
問題なのがトルクカム側です。
ここにはクラッチとクラッチアウターが組みつけられるんですが
ワイドレンジにすると
トルクカムがクラッチ、アウター共に当たってしまって
変速ができない状態になってしまいます。
なので逃げ加工しないといけません。


クラッチ逃げ加工


アウター加工前


アウター逃げ加工後

ワイドレンジトルクカムにしたらカラーシールも加工しないと飛び出してしまいます。

短くします

ツライチになりました。

そうすると

トルクカムを最大に開いてもクラッチが干渉しません。


アウターも干渉しません。

これで新開発の手彫りステージ競廖璽蝓の性能を発揮できるようになり
最高速(+28km/h)を大幅に上げることができるようになります。
ジャイロの場合はこれに加えて
大型プーリーのためケースにあたる部分があるのでその辺りをリューターで削る必要があります。
これらの加工はシンコーメタルで受け付けますのでお問い合わせください。