old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
明日はSS1/32mile KNカップですよ!

JUGEMテーマ:車/バイク



今年のSS1/32mileも、マスターズ戦を除けば明日のKNカップで最後になります。

さあ! 気合いを入れて頑張っていきましょう!!

明日のKNカップは参加すると、KN企画の製品が爆安で買えるようなので、参加者にはかなりお得なレースですね!

シンコーメタルでも
カマキリ号の準備は着々と進めています。

まずはタイヤです。

3.00-10 から 3.50-10 になりました。

外径は結構大きくなりましたので、スタートダッシュには不利ですが NOSを吹けばパワーは余っているので問題ないでしょう。
それより、接地面積が増えたことの方がスタートでは重要になります。

どんなフィーリングになるのか?楽しみです!(^^)








後はちょこちょこ。。。






フランジに液体ガスケットを塗って組んでありますが、
それでも、少し漏れが(あっても大した問題じゃないが、マシンが汚れるので)あったので外から重ね塗りしました。









後は水冷のリザーバータンクです。
小さすぎて水を吹き出しながら走っていたので、大きなボトルに変えました。
ダイエットがうまくいかないので、祈りを込めて 特茶 にしてみましたよ。
(笑)





ツイン燃料ポンプのホースのサイズUPしました。
2つなのに、1つの時と同じ太さじゃ やっぱり おかしいでしょうからね。







さあ! 準備万端です!!
後は車に乗せて…


ま。
一応エンジンが掛かるのか?くらいは確認した方が良いでしょう。
何回のキックで燃料がキャブへ向かう様子が見えます。
やっぱり、太いホースは流れ方が違いますね!(たぶん)


チョークを引いてと
お?
簡単に掛かりましたよ!(^^)

でも、カブリがひどいので 一発 かるく走ってから 車に乗せることにしました。。。

























さ! 今日は飲み屋にでも、行っちゃおうかな〜







やはり、前回のKNカップでジェットエンジンのように 火を噴いて走ったときに何らかのダメージがあったのかもしれません。
実は、このエンジンは今年いっぱいで 引退する予定でした。
やはり、僕はキャノピーで参加したいという気持ちが大きくなっていたのです。

ですので、後2レース もってくれれば。。。 と思っていたのですが
残念ですが
このエンジンとはここでお別れになります。

覗き込んでみると
コンロッドが折れています。
このエンジンは、溶接ニコイチコンロッドですので、溶接部分が折れたのかと思いましたが
溶接部分は折れていませんでした。
原因は他に何かあるようです。
もともと、50ccエンジンですから、相当無理をさせていましたがよくここまで耐えてくれたと思います。



ジャイロにレーサーCR125のシリンダーを載せる計画を立ててから約1年半でしたが、
とても楽しかったです。(^^)


ひとえに協力してくれた 皆様のおかげです。
本当に感謝しかありません。







ありがとうございました!!!









でも、来年はキャノピーで復活するので みなさん 楽しみにしていてくださいね。


それではみなさん 

また逢う日まで!!!

(@^^)/~~~













10/30 KNカップ

JUGEMテーマ:車/バイク




かなり遅くなりましたが、10/30に行われたKNカップの報告を致します。



レース前に分かっていた事

.織ぅ笋終わっている (つまり、タイムUPは狙えない)

■裡錬咾離離坤襪魏湛して、噴射圧力を高めることに成功 (ただし、セッティングはしていない)



レース後に分かった事

.織ぅ筌汽ぅ困肇螢猊の重要性

■裡錬咾琉砧呂鮃發瓩燭蕁燃料のジェットは下げる方向になった。

ニコイチエンジンによりリヤ左右にかかる荷重がより不均等になっている。 (ジャイロのエンジンは右側に寄っているので右タイヤに過重が掛かるがそれがさらに増えている)

そだ気靴燭弔發蠅留Δ剖覆る癖は、まだ少し残っていた。



その他、言葉にできないくらいいろんな経験をしましたし、なにより先輩達から貴重なお話を聞かせていただいたりして、本当に参加して良かったなと思った大会でした。


めでたしめでたし

つづく
















つづき


今回は前夜祭なしなので早朝にイワイサーキットに着きました。




ちょっと早く来すぎたかな?と思ったけど KNさんはもう準備に取り掛かっていました。
前日深夜からの雨で路面はウェット… エンジン発電機の排気熱でスタート地点の路面を乾かしていました。





しかし、それでもコース自体は濡れています。
一発走っているところを見ていたら、リヤがズルズルでまっすぐ走っていません。
これは危険と判断して、路面が乾くまで待ちました。




ゼッケンシールが増えすぎちゃったな… 
一枚はがして張りましたが、古いのは全部取っちゃうのがいいんでしょうが、何かもったいない気がしなくもない。




タマピットブースも準備万端です!(笑) 路面コンディションが良くなるまで待機中〜




全部で10本走れます。
好きなタイミングで合計10本なのでセッティング等しやすいです。





KNカップは昼飯付きです。




NOSの噴射圧力なのですが、まさかの事態になりました。
事前テストでは21barでも走ったのですが、セッティングが出来なくなりました。
圧力を上げると一緒に噴射する燃料も引っ張られるかたちで出過ぎてしまうことが分かりました。
なのでジェットを下げようとしたのですが…
こんな事になるとは思っていなかったので#70以下のジェットを持って来ませんでした。。。

逆に#70で走れる圧力は18bar程度が限界だったので、そこで固定しました。
正直、タイヤが終わってるからこれについては残念とは思っていません、次回につながる訳ですから。




後先が逆になりますが、NOSのジェットが合わない事がわからず
もしかしたら、吹き出した冷却水を吸い込んで吹けがおかしいのか?と思い
リザーブタンクにビニール傘をつけました。
結果としては関係なかった模様ですが、そもそも冷却水が吹き出してしまうのは良くないので
リザーバータンク容量を大きくしようと思っています。




ss1/32mileもハイブリッドプラグ! セッティングの幅が広がります。




そんなこんなで ベストタイムを更新することなくレースを終えましたが、
ビジュアル的にはいろいろやらかしました。
残念なのは映像に残っていない事ですが、きっと参加した皆さまの記憶には残ったのではないかと思います。




カーボンファンネルです。
レース前はアルミフェンネルだったのですが、レース後は突然カーボンファンネルになってしまいました。
運転している本人はよくわからないのですが、目撃した人は皆 「ジェットエンジンの様だった!」とおっしゃっていたので僕も映像で見てみたかったです…




ってことで
レースも終わり 数日経ってカマキリ号を車から降ろしました。
次回のKNカップ(11/20)までに対策をしていきます。




まず、タイヤですね。タイヤがなければ走れません。

もともと、SS1/32mile用にタイヤを用意はしていませんでした。
タイヤは8年前にトヨタレーシングパークで行われた尾張ジャイロの春スプリント選手権の時に使った古すぎる中古タイヤですし、
ホイールはうちに転がっていたモンキーホイールを組み合わせただけです。
とりあえず、ある物を使っただけというセッティングでした。
(8年前のタイヤなんてグリップするのか?と思う人も居るかもしれませんが、グリップ復活剤をタイヤの中に入れてあるのでコンパウンドが柔らかさを取り戻ししっかりとグリップしていました)

完全に使い切りました。 今までありがとう(^^)





レース中、先輩達にリム幅によってグリップが大きく変わると教わりました。
ちょっとこれを見てください。


オヨヨさんのリヤタイヤです。(120/80-12)
接地面は8cm以上あります。


こちらがカマキリ号ですが、5cmもありません。(3.00-10)
ジャイロはリヤ2輪なのでトータル接地面は9cm程度です。

きちんとss1/32mile用にセッティングするとリヤ1輪でもここまで接地面をふやせるのですね。
ただ、ジャイロでここまで接地面を増やすとクラッチが負けて滑ってしまいます。



こんな事にならないように12インチではなく10インチの3.50-10を引っ張って組む計画にしました。
問題は相変わらず資金がない事ですが…
キューピーさんが兵庫のイベントK3・K4に参加したとき、ジャンケン大会で10インチの3.5Jのホイールを一本GETしたものをこころよく?譲ってくれました!(ありがとうございます)
したら、残りは一本だけ買えばすみます。

タイヤは中古タイヤを探します。
そんなんじゃ、グリップしないって? 大丈夫大丈夫(^^)グリップ復活剤がありますから。






ラッキーなことに新古タイヤをGETしました!!




溝はバリ山ですが、 古いタイヤなのでコンパウンドの硬化が心配です。
なので、グリップ復活剤を1本あたり150cc入れておきました。



まだまだ、対策するところはたくさんありますが…
なにはともあれ

KNカップい忙臆辰靴審Г気沺

お疲れ様でした!!















ss1/32mile KNカップ 

JUGEMテーマ:車/バイク



みなさま。
お忘れでしょうが、明日はss1/32mile KNカップです。

製作から1年以上掛かりましたが、スクーターミーティングでやっとトラブルから解放されました。
つまり、明日のKNカップより初めてのタイムアタックという事になります。

今日のカマキリ号のメンテというか作業内容はですね。
まずは振動対策をやりました。


ストリートマシンは、バイブレーションスライダー(フライプレートに穴を開け、バランスを取る物)を使いますがドラッグレースは加速勝負なので、フライホイールが重たくなることは避けます。
画像のバイブレーションスライダーは初期に製作したもので、数枚使ってバランスを取ります。
結果としては上死点で車体の後ろ側にオモリが来るところに2枚でいい感じになりました。
(^^)




そして、周回レース用に少し重たくしていたWRをSS1/32mile用に。。。
8.5g×3 → 7g×3 に変更。

あ。僕の場合はss1/32mileはWRとスライドピースにグリスを塗ります。
その方がパワーロスを低減出来ますので。
ちなみにストリートではグリスは塗りません。1週間もしないうちにグリスが飛んで無くなってセッティングが変わってしまうからです。




NOSの噴射圧力の調整です。
以前は18barにすると燃料が吹き出せなくなり、それ以上圧力を上げることが出来ませんでしたが、
噴射ノズルを加工したので圧力を上げられるようになりました。
問題はいくつまで上げられるのか?です。20bar 21barと上げていきますが……

タイヤがまったくグリップしません。 溝もなくなりツルツルタイヤではもう限界です。
しかも、エンジンが壊れそうなパワーというか音がします。(><)

エンジン壊したらシャレにならないので、マル秘添加剤をたっぷり足しておきました。
オイルが濃すぎて吹けなくても、まぁ 壊れるよりマシです。(^^;;






ってことで、積み込みも完了!
ですが、出発は明日の早朝になります。
都合で前夜祭は行かれませんでした。メインイベントである前夜祭に不参加なので、もうやる気半減です…

嘘です。

がんばります!!



それではもう寝ることにしましょうか。
おやすみなさい。



2016 スクーターミーティング サーキット秋ヶ瀬

JUGEMテーマ:車/バイク



年に一回のスクーターのお祭り スクーターミーティングに参加してきました。

今年は一般参加ではなく、ショップブースを出した多摩ピットと共にパーツメーカーとして参加した形になります。
しかし、やることは今までと一緒です。目標に向かって全力を尽くすだけです。
今回の目標は

3.500秒を切ること。

これです。
3.500秒を切っていけば3秒台前半の仲間入りができるので、まずは3.500秒を切らないと始まりませんからね。


思い返せば、CRシリンダーを載せたジャイロエンジンを作ろうとしてから一年以上の時が経ちました。
最初はトラブルの連続で、まともにSS1/32mileを走ることさえもできないレースが続きましたが
基本的にはそのパワーにクランクやベアリング、そして駆動系が耐えられないという物が殆どでしたので
なんとか解決していこう!という気概がありました。
いちばん凹むのはパワーが出ない事ですからね(^^;;


クランクはクランクピンの溶接で。
ベアリングはクランクウエブと接触(当たっているようには見えないが高回転ではなぜか当たるようでした)するようなのでウエブ形状を変更。
駆動系はベアリングが大破した影響でアルミケースが割れたり掛けたりしたものをTIGで直しつつ、スペシャルオイルをブレンドして対応しました。

ちょっと、話がそれますがこのスペシャルブレンドオイルは想像以上に良いもののようです。
ホンダ純正のクランクベアリングの耐久性に対する評価を知っていますか?
世の中ではすぐ壊れるとか、なんであんなへんなベアリングにしたんだ!?とか評価は最低です。
僕個人的にはホンダ純正オイルが悪いからだ!と思っていますが
それにしても、7.2馬力程度で開発されたベアリングでCR125シリンダーのパワーを受け止めているのですから
ほらね?オイルが良ければ壊れないでしょ?と言いたくなります。
CR125は40馬力程度ですがチャンバーはRS125です。RS125は44馬力くらいあります。
ケースがディオなのでそこまでパワーは出ていないと思うのですが
仮に30馬力は出ているとしましょう。
そこにNOSをぶち込んでいる訳です。
スイッチを押した瞬間の後ろから蹴っ飛ばされたような加速は少なくとも10馬力(理屈では吹けば吹くほどパワーはでますから)は上乗せされているとしたら合計で40馬力以上となります。

ま、本当にそんなにパワーが出ているのか?まったく分かりませんが、僕個人的にはもの凄いパワー感です。(笑)
あっという間にベアリングとか壊れちゃうんだろうなぁと思っていましたが(実際、駆動系のベアリングは大破しましたし)今のところ壊れる感じはしていません。
従来なら毎レースオーバーホールが必要なエンジンですが、オイルの性能がここまで良くなると今までの常識など通用しなくなるのでしょう。
ありがたやありがたや〜




いうことで2016スクミの報告をいたします。
はじめにお伝えしたいのは、なんかしらんが今年のスクミは大変盛り上がって楽しかったです。
それは他の人のブログやSNSでも伝わってくるのではないかと思います。



多摩ピットブース
赤いJOGはサクゾウさんの作品です。
カスタム部門で優勝をかっさらっていました。


クロスオーバーファクトリーさんブース
巨大な置物が邪魔でカッコいいパッソルが見えないじゃないか!!


ミキピーデザインさんブース
ホンダ BEET ついに始動!していましたよ!



Upsさんブース
なんだろうか?このセンス。
めっちゃカッコいい!!

僕らの周りはこんな感じでした。
真後ろは恐れ多くもKN企画さんブースでした。
あのV型2気筒2サイクルシグナスも展示されていましたよ。
残念ながら今回はエンジン音を聞くことは出来ませんでしたが、期待大ですね(^^)


観客のバイクもズラーっと並んでます。


あれ?この写真だと閑散としてます的な…
ホントはすごい人人人で外国からも取材に来ていたんですよ。
なので、当日は英語が飛び交っていました。


当日はメチャメチャ暑くて暑くて、真夏日でしたのでカキ氷が最高でした。


このカキ氷は今まで食べたことがない触感でした。
氷が氷というよりもクリーム?ミルク?でもサッパリ!あまりにも美味しくて三個は食べました。
人によっては熟女の味がするとか言っていましたが(笑)

この他のお店もお昼前に売り切れが出るほどの大盛況ぶりでした。


そして、スクーターパーツメーカー シンコーメタルのフリマ最大の目玉!
(ブースをやるとフリマとか出来るんです)



SR20DEのステンレスタコ足!とKP61スターレット後期のテール!!
大出血サービスです!!
タコ足は若者が購入してくれました!
が!
KPテールが売れ残りました。
おかしいなぁ
一番人気だと思っていたのだが…
誰もKP61興味ないのかよ!!( ;∀;)





タマピ号はここ数年 8mmロングクランクの可能性を模索してきましたが…
なかなか結果に繋がりませんね。
僕もマロッシシリンダーを8丱蹈鵐阿帽腓Δ茲Δ膨競侫襯檗璽伐湛してみたりしたのですが、やはりどうしてもポートタイミングがベストから外れてしまうので、本当に難しいですね。



そして、日が傾いてきたころ 最後の… なんだっけ?これ?ジャンケン大会みたいなやつです。いろんな景品がもらえます。



恒例?のオロチラーメンです。


去年はオロチ全部載せでしたが、あまりの暑さにバテた僕はつけ麺にしてみました。鶏和牛つけ麺だったかな?
これは正解でした。
つるっと頂きました。


そして、帰りは新しいルート 圏央道でぐるっと帰りました。
首都圏を通らないので快適にぶっ飛ばせ走れましたよ。
僕のアクティーは軽トラとしては吸排気チューンをしているので結構走る方ですが、キューピーさんのエブリーワゴンはファイナルチューンがしてあってかなりのハイギヤなんですが、これがまた速い速い ついて行くのがやっとでした。(^^;;



という訳で 今回のスクミは大変楽しかったです!!













あ ! そうだ ! ss1/32mileの結果をお伝えしなきゃ!

簡単に申せば目標を達成できました!!




朝一の3.428秒がベスト!
昼には猛暑だったのでタイムは伸びませんでしたが、とにかく真っすぐ走る様になったし吹け上がりもok!
nosノズルもマル秘加工でより高圧に対応出来ましたし、やっとまともにタイムを狙える車両に仕上がったと思います。
本当にたくさんの皆さんの協力があったからこそ!ここまでこれました!
結果を出すことが恩返しと思ってこれからも頑張ります!!

そして二人三脚で作ってきたキューピー号もストリート仕様のまま3秒台に入りました!

そして!!我らがタマピ号も目標を達成いたしました!!!
4秒台に入りましたーー!!!

やっぱ、8个蓮
フラットトルクで乗りやすいのだが、パンチがないとも言えます。
もしかしたら、ノマフ仕様でトルク重視にしたら通勤快速として活躍するかもしれませんね。




ちなみに公道で 僕のバイク めっちゃ速いんす!!最速っすよ!!ってバイクをSS1/32mileで走らすと4.5秒くらいが多いです。
いかに3秒台が速いのかがわかります。
それが3秒フラットや2秒台なんて雲の上すぎて想像もできない世界です。


さて、今年はあと何回SS1/32mileあるのかな?





皆さん!
おつかれさまでした!!!











2016 スクーターミーティング サーキット秋ヶ瀬

JUGEMテーマ:車/バイク




なんとかカマキリ号が間に合いました!
少しだけ走って、NOS軽く吹いてみてOKだったのでセッティングは明日やります。

これから出発います!が、、、 腰痛が…(><)



10月2日はサーキット秋ヶ瀬でスクーターミーティングです!

JUGEMテーマ:車/バイク




スクーターミーティング行きたくないです!!



ヤバイです。
1日24Hあるとはいっても…体力が…

そうだ!行かなきゃいいんだ!!(*´▽`*)



こわいよ〜 スクミ。




なーに、周回Xからカマキリ号にエンジンを乗せ換えれば良いんですよ。
なに、簡単な事です。
そのまま載せればいいだけのこと…



とはいえ、前から手直ししたいところはあるのでそこはちゃんとやりますよ。



まずはシートポジション変更です。
流石はサクゾーさんです。こうなることを見越していたかのような設計です。
リヤサス取り付け位置を変更することにより、シート高を調整できるようになっているのです。
パワーが上がりフロントがポンポン浮いてしまう現状なので、前に過重を乗せやすくするためにシート高をあげました。


いい感じです。(^^)




スイングユニット取り付け穴にワッシャーを溶接しました。
左に走ってしまうのを穴を長穴にして調整していたのですが、ボルトを締め付けるとどうしてもズレてしまっていたのです。
ワッシャーを溶接する事でズレを防止しました。
きれいな塗装が剥がれましたが致し方ありません。





これは新アイテム  スイングダンパー です。




なんでこのような機能を追加したかというと、バーンアウトやスタート時にリヤタイヤが暴れるのを抑制するためです。



この動画の1分27秒あたりを見れば理解できると思います。
スイングダンパーがあればこれを抑えられるかも?しれないと思って作りました。
が 効果は不明です。



後はNOSのボンベを載せれば大まかなところは完成となります。


こんな感じなわけですが…
もっと、すっきり載せられないのかと。。。
これはこれでカッコいい気がしなくもないが、スタイリッシュなカマキリ号のラインを崩しているような気がしていたのです。


で、悩んだ末。








うーん…
なーんか 迫力が無くなってしまったような??
でも、飛び出している部分がないので、万が一の転倒時にヒットする部分がないのでこれでいきます!





燃料タンクは、ポンプをつけたのでキャブより高い必要が無くなりました。
なのでこの辺に取り付けました。
一応ラバーマウントにして、振動対策はしてあります。



後は、バッテリー積んで、配線やって配管やって、あ!デフを交換しないと! それとブレーキ関係だろ〜






うん。


やっぱりスクミ行くのやめよ!!










モトチャンプ 10月号 

JUGEMテーマ:車/バイク



モトチャンプ10月号 買いました。


個人的に一番ドキドキして読んだ記事は、80`s scooter のペリカンジョグ特集ですね。

軽い・速い・つまり楽しい!
80年代2ストの良さが凝縮


っていうカラー見開き4ページ!
最近、友人たちが80年代のスクーターいじりをやってましてね。
ひそかなブームになっている模様です。
今はいろんなパーツ流用もあるしチューニングパーツも豊富ですから、ノーマルルックで激速スクーターに化けますからね(^^)

興味のある人は…   

モトチ買ってください!






さて、興味のない人達のために ちょこっとだけ。。。







第3戦 KN-CUP です。
忘れちゃった人が殆どだと思いますが(^^;;
うちって 一応 ショップとして参加させて頂いたので、その辺がちっさく載ってましてですね。
それを声を大きくして紹介したいなと思います。






HIに見えますが、エンジンはリード100です。
リード100をどうやったらここまでのエンジンに仕上がるのか?僕には未知の領域です!ホントにすごいですね。
KNさんのモンスターマシンはやっぱり今回もトラクションが課題のようでした。
パワーがありすぎてもタイムには直結しないんですね〜
とはいえ、圧巻の2秒台!! その走りはモンスターです!! これは目の前で見ないとわからないだろうなぁ…



王者が周回レーサーに転身!?  って もともと、オヨヨ氏は周回で激速レーサーだった訳ですが(^^;;
マシン作りの綺麗さはホントに参考になります!

シグナスXのフレームを3kg軽量化って事ですが、僕もジャイロキャノピーのフレームを3kg軽量化したことがありますが…
あれは泣きたくなるくらい大変だったなぁ

ピンクのTDR50改450のモンスターもめちゃくちゃ凄かったですよ。
あれでストリートも走るってことだったので、おそらく最強でしょうね(^^)

2ストターボ不発!?って…
まぁ不発っちゃそうなのかもしれないですが、実際はちょこと違いますね。
チャンバーのテール部分にタービンをつけてテストしていたが、チャンバーなしのストレートパイプの方がいいのかも?という事で急遽突貫で作り直してきたというのが本当です。
前日に組みあがったので、当日いきなりのテストをしただけです。
結果、チャンバーのようにブーストが上がらなかったので、ストレートパイプはダメだという貴重なデーターが取れた走行だった訳ですから、今後のマシン作りに期待ですね(^^)





さて、うちらの正式タイムは3.560秒だったようです。
しかし、僕はホント SSではウィリーばっかりですね(^^;;
キャノピーでもウィリー
タマピットのスタイロでもウィリー
カマキリでもウィリー
でも、幸運なことにその瞬間が写真に撮られていて、全部モトチャンプに記載されてきたんですよ。
本当はスタート失敗なだけなんですが写真になると、なんか凄そうにみえるから不思議です。
脱いだらすごい僕のお腹もそんなに目立たない??ような気がしませんか??(笑)

そして、ショップブースですが、うちだけショップとは言えない単なる避暑地的な雰囲気でしたが、
いろいろ勉強になりました。

  KN-CUP 第3戦に参加させて頂きありがとうございました!  

と声を大きくしてお届けしました。
また、どこかでお会いしましょう!




2016 KNカップ 1/32mile

JUGEMテーマ:車/バイク




1/32mile KNカップ イワイサーキット!
参加してきました!



初めてのショップ(のつもりはないが…)ブースというのをさせて頂きましてとても良い経験が出来ました。
KN企画さんに感謝です(#^^#)

しかし、一つ反省があります。
事前に お声を掛けてくださった方にステッカーを差し上げますと言っていましたが…
「ステッカーくださいな」という声は、皆無でした(;;)
いや、実際は応援に来てくださった方は何人かおりまして、お声を掛けてくれてお話しはしたんですよ。
でも、ステッカーくれ!とは言われなかったので、そのままでしたが無理矢理ポケットに捩じ込む勢いでお渡しすればよかったと後悔しております。。。



そんな些細なこと以外KNカップはすべてにおいて楽しかったですよ(^^)
ま、とてつもなく暑かったですが、8月ですからね! 涼しかったら夏じゃない!
何がそんなに楽しかったのかというと、ちょっと見に行ってみようかな?と来た人達にとっても暑いだけじゃない参加型イベントになっていたと思うんです。

例えばですね。 
普通、レース会場ってのは入場料が掛かりますがKNカップはフリーですし、駐車場も無料です。
さらにレースは観客席以外の立ち入りは厳しく制限されていますが、基本的に自由です。
マシンを整備しているピットに見に行くことも出来ますし、声をかけてお話を聞くこともできます。
レース自体も間近で見ることが出来ます。その音と迫力は近いほど感じることが出来るのです。
そして最後まで観戦していた人達もジャンケン大会に参加する事が出来ます。
結構良い製品を出していたので、勝てたらかなりお得です。
ジャンケンが強ければですが(笑)

バイクレースといってもそんなもの凄いバイクではなく、普段通勤に使っているようなバイクばかりです。
しかし、だからこそ身近なバイクがあそこまで過激に走る姿は、とても面白いと思いますよ。


と 言いつつ…  会場の写真とか あまり撮っていませんが…








さて、僕らはもちろん前夜祭があるので前日入りです。
途中、レンタカーのタイヤがバースト寸前という些細なトラブルがありましたが無事会場に到着いたしました。


先に仲間が宴会を暖めておいてくれました。(笑)
かる〜くお酒をいただいて、就寝。




そして、朝もはよからKNさんが頑張っていました。




んで、一応 かたちにしてみたり(^^;;





目玉マシンはタイヤを二種類用意していましたよ!
こんなタイヤでもグリップしないんだから、まったくもう!





ショップ&メーカーさんはうちを含めて4社でした。

TDFさん
レアパーツなどフリマ方式で販売していました。
皆さんレースより真剣なまなざしで物色しておりました。
もちろん僕もいいものゲット出来ました!(^^)



アルマイトの光研電化さん
絶版ブレーキキャリパーとか販売していましたが、アルマイトできるアルミの素材などいろいろ聞けて勉強になりました。


最後はキタコさん
ですが、お話に夢中で写真を撮り忘れました(^^;;
ロングコンロッドやピストンコーティングのお話しがとても楽しかったです。
キタコさん 採用してくれたらいいなぁ






見てください!
2サイクルターボですよ!!
こんな面白いマシンがあるのも1/32mileならではですね(^^)
 









さて! レースですが!
真夏は厳しいです!(><)


この腹、お金掛かっています!!
ここからが厳しい戦いでした。。。
なんとかお腹ひっこめてチャックを閉めると、バイクのポジションが取れません。
カマキリ号は小さく低いのでとてつもなく苦しい戦いだったのです。
が!
結果的に皮つなぎ着れたし、ちゃんとスタート出来たのでダイエットは成功したと言えるでしょう。
  









一本目と四本目の映像です。





今回初めてリヤタイヤにレーシングハイグリップを履いてきたのですが、
これがバーンアウトすると、今までにないグリップを発揮しました。

今まではシートより後ろに座ってリヤに過重を掛けてスタートしていたのですが
今回はそうするとフロントが跳ね上がってアクセルを開けられませんでした。
四本目はフライプレートを外しNOSの圧力もアゲアゲで、前の方というかシートに座ってチャレンジしました。
アクセル全開のまま軽くフロントを持ち上げながら良いスタートを切れました。






目標タイムですが、今回は3.5秒台でした。
この辺のタイムになってくるとコンマ一秒でもタイムアップさせるのは大変なのです。
しかし、なんとか目標タイムに届きました!
正式なタイムは… そういえば誰も書き留めていなかったので忘れてしまいましたがやっと3.5秒に入ったくらいのタイムだったと思います。








今後の課題ですが、カマキリ号特有の右に行こうとするハンドリングとホイールベースですね。
パワーを掛けると右に行こうとするのは動画からもわかるように、ここでかなりロスしていると思われます。
フロントが持ち上がってしまうのを防ぐためにもホイールベースを伸ばすのは有効です。
それと動画で確認出来ますが加速中のエンジン音がバラついていますね。失火しているようです。
すぐには出来ませんが、いずれ解決していきたいと思います。








それと、以前ドライブシャフトのベアリングがパワーに耐え切れず砕けてケースを叩き割ったトラブルですがケースを溶接修理して、
ギヤオイルをオリジナルでブレンドして対策してきましたが、今回で分かったことがあります。


クラッチアウターとケースが接触し始めていました。
修理直後は問題はなかったのですが、今回接触が発覚!調べてみるとベアリングは砕けることなくなんとか耐えてくれていますが、すでにガタが出ていました。
まだ、2レースかそこらですがもう交換時期のようです。
リヤ二輪ということがどれだけ負担になっているのか?想像を絶する世界のようです。
今回はアウターとケースにグリスを塗って抵抗を軽減する対策をしましたが、ここも何らかの対策がいるかもしれませんね。















さあ、帰りましょう!



レンタカーとカマキリ号をお返しするために多摩ピットに寄ります。
カマキリ号は次回のレースまで少しだけ夏休みですね。






今回、KNカップに参加したみなさん 本当にお疲れさまでした!
とても楽しかったですね(^^)
また、よろしくお願いします!













あ、そうそう、 今回のリヤタイヤすごいグリップでしたが、
買ったのは10年くらいまえの言わば中古タイヤなんです。
普通ならガチガチでグリップしないはずですが…
タイヤの中に灯油グリップ復活剤を入れておいたのでバリバリ復活したって訳。

何事も経験しないとわからない!

いろいろ、面白いですね(^^)














1/32 mile KNカップ そろそろ、出発します。


JUGEMテーマ:車/バイク





さあ、明日はイワイサーキットで1/32mile KNカップですね。

少なからず準備不足ではありますが、そろそろ、出発いたします。

どれだけのお客様が来てくれるのか?分かりませんが、もし、来ていただいてお声を掛けてくださった方にステッカーを差し上げたいと思い数枚用意いたしました。

まあ、うちのステッカーの為に来る人は居ないと思いますけども、何かをしたいなという気持ちです。

それでは皆さん、明日 お会いしましょう!

1/32mile 専用マシン カマキリ号のセットアップ

JUGEMテーマ:車/バイク



こんばんわ!

まだまだ国内では少数派のNOS(ナイトロとかニトロとも言われています)ですが、
さらにやっている人がいない2サイクルでNOSをチャレンジしている、
我々 多摩ピット&シンコーメタルです。m(__)m

8月7日のKNカップにむけて、マシン整備しています。

本当はショップブースとかいう未知なる世界が待っているので、マシンは飾るだけで適当に時間を過ごそうかと思っておりました。

しかし、FBにてKNさんからのまさかのいらぬ応援を受けました

僕の… 走るつもりもなく、適当にダラダラとしようとしていた気持ちを見透かすようなこのアオリ…

走る様にしなければ…(涙)



今回のカマキリ号を簡単に説明しますとですね。

カマキリ号はもともと センターリブ アルミメッキシリンダー+セミロングクランクの75佞任靴拭
それにNOSを装備してマスターズ戦に出場できました。

CR125シリンダーのジャイロエンジンは幸せの黄色いキャノピーに積んで、いろんなトラブルを克服しながら熟成してきました。

カマキリ号とCR125ジャイロエンジンを融合させ、さらにNOSを装備したのが今回のマシンです。
前回のスリミでデビューしたのですが、トラブル続出でうまく走りませんでした。

シンコーメタルとしては最強のCR125ジャイロエンジンにまさにドーピングのNOSをぶち込むという、ほとんど違反の塊のような今回のマシン。


まともに走る様にするだけでも、結構 時間が掛かってしまいましたが…


 今回 まず 最初にやったのが フライプレート取り付けです。

クランクの回転マスを出来る限り軽量化してみましたが、、、
エンジンを掛けるだけで、一苦労です。
失敗するとケッチン食らうし、やっと えんじん掛かったと思ったらエンジンが逆回転しててアクセル開けると…
鬼バック!って具合に さんざんでした。。。
(2ストって意外と簡単にエンジン逆回転するんですよ)

とりあえず、 まずはエンジンが掛かって走れるように クランク回転マスを増やすためにフライプレートをつけたというわけです。
外した方が速いのか?もっと重くした方が速いのか? 
それは、走ってみないと分かりません。
あくまで、セッティングパーツですからね。

何はともあれ、フライプレートによってエンジンが掛かるようになりセッティングが出来るようになりました。




何度かキャブセッティングを繰り返すとなんとなく走る様になってきました。




さぁ NOSの圧力を調整していきます。
実はこのレギュレーターをNOSに採用したのは我々が国内初(じゃないかもしれないが)なのです。
今までNOSは直接噴射だったので、死ぬほどパワーUPしますがデカいボンベでも数回しかまともに吹けませんでした。
吹くたびにボンベ内圧が下がり、吹き出す圧力も毎回下がってしまうのです。
2000佞箸のエンジンならそれでもいいのかもしれませんが、原付二種だと手に負えません。
そこでレギュレーターをつけて、安定した噴射圧力を何度も使えるようにしたのです。


手前味噌はいいとして
とにかく NOSはもの凄いパワーUPします。
あくまで僕の感覚ですが、加速途中でNOSスイッチを押したら…

このまま未来に行けそうだぜ!ドク!!

って感じです。



そうは言っても
経験しないと 分からないと思います。
実際、もっと速いマシンはこの世にたくさんある訳ですから。
しかし、単純に速いだけでは無いのです。
とにかく!楽しいのです!

スイッチを押したら、別次元に連れて行ってくれる。

そんな男の子魂を刺激する最高のアイテムなのです。(#^^#)


とはいえ、当日にうまく走るかわかりませんし
壊れちゃうかもしれません。

うちのマシンより もっと もっと もっと 速くて刺激的なマシンがたくさん走ります。

是非、8月7日 KNカップに 皆さん来てくださいね!!









これくらい宣伝しておけばOKでしょ ε-(´。`;)





マシンもですが、ライダーも務める僕は 頑張ってダイエットしています。
食べるものも野菜メインです。
その苦労もあって、体重は自身のMAXをキープしています。。。。。
減りません(涙)

レーシングスーツの前張りはガムテープで!!



細かいことは気にしないのが1/32mileですよ!“(゜3゜),,