old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
安全運転(視線)
JUGEMテーマ:車/バイク
 
そろそろ 視線 にいきます。

がいきなり脱線します。

みなさん 山 登ったことありますか?
登山ですよ。
僕はボーイスカウトに入っていたので
すこしは山登りの経験があります。
山登りで大切なのは
頂上を見ないことでした。
見たとたん
「げー まじ? たけー まず無理」
と萎えます。
では どうすれば頂上にいけるのかというと
たんたんと 足元を見て進む
ことでした。
最後の目標を見上げていては 足元を見ることはできず歩くことさえ困難です。
しかし
足元を見て 次の一歩の場所を探していけば 一歩一歩ですが確実に頂上に近づくのです。
頂上はチラ見程度で まずは目の前を確認することが 秘訣でした。

さて 視線です。
この話のあとでは
あまり 先を見るな ということ?となりますが
そうではありません。
大切なのは先を見ることだ!
とよく言いますが
そういう人はきちんと足元を確認した上での 先を見るって話なんです。

しかし、言葉はむずかしいもので
先を見ることだ!といわれると
先しか見ない人が結構います。

峠の右コーナーは 出口という先が見えているので
出口ばかり 見てしまい
これから 進むであろう 大切な道(クリッピングポイント)をみていない場合が多いのです。

では どこを どのように見ていけば良いのかというと!

あ 昼飯ができたから
またこんど

つづく
安全運転(視線)
JUGEMテーマ:車/バイク
 
峠の右コーナーは魔物が棲んでいる!
という
お話です。

そんな 大袈裟な話じゃないですが

峠を一生懸命走った事があるかたなら
分かると思いますけど
右って 走りずらいと思います。
でもね
センターラインのない峠道なら右コーナーは走りやすいんですよ。

あら?
もう わかっちゃった?

そうなんですね。
センターラインのある右コーナーは 道全体でみると

アウト→アウト→アウト

というライン取りになります。

安全といわれている サーキットでアウト、アウト、アウトではしれっていわれたら
そりゃ
右でも左でも 激怖ですよ。


コーナーの基本は

アウト→イン→アウト

です。

つまり、インによっているということは
たとえ オーバースピードで外側にはらんでも
まだ 道はある! ということなんです。
なんて安心感なんでしょう!

峠の右コーナーは この安心感がないんです。
ということで
右コーナーはセンターラインを割って インについて安心感を得たくなってしまうんです。
これは 人間なら当然の事だと思います。
しかし、そんなことしていたら
対向車と正面衝突ですよ?
安全運転とはかけ離れた運転方法ですね。

解決策は
ゆっくり走る!!
です。

あほか!
と思ったあなた!
笑う前に私の話をききなされ。

アウト、イン、アウトにたいし
アウト、アウト、アウトというラインで走ると
より小さなコーナーを曲がるという事なのです。
当然のように
小さいコーナーならば
速度はゆっくりになります。

わかっていただけましたか?
右コーナーを苦手とし
ついついセンターラインをわってしまう
なんて方は
もっと ゆっくり走ればキレイにコーナーをクリアできる。
ということなんです。

でもですね。
右には魔物がいるんですよ。
本当です。
科学的に検査した結果
魔物の正体は

砂利

でした。
アウトラインは砂利がいっぱいなので
すこしでもアウトにふくらむと
砂利という魔物に喰われ
ガードレールにキッスするはめになります。
なので 安全運転のためには
右コーナーはさらにゆっくり走ることが必要になってきます。



ところで 視線 ということなのに
ぜーんぜん
視線の話がありませんでしたね。
でも
今までの話を理解していただいてからのほうが
視線のもっていきかたに
説得力があるので 長ーい前置きがあったのでした。

つづく


のですが
タイヤの使い方から ライン取りまできて わかっていただけたか
とっても
心配です。
批判がないとこみると
だいたいOKか
さっぱり わからん
といったところでしょうか?
まあ だれに教わるわけでもなく 一人で経験してきたことなので
分かれという方が 無理なのかもしれませんが
まだまだ
続きます。
よろしく!
安全運転(視線)
JUGEMテーマ:車/バイク
今回からは
視線です。
運転中にナウいギャルなどを発見したら
そちらに目が行くのは当然として
それ以外に
どこをみて走れば安全(つまり周りの状況を把握する)運転ができるのか?
ってのを
お伝えしたいと思います。

そんな たいしたことではありませんが
知っとくと ちょっと 得するかもしれません。
いや 損しない のほうかな。 

では まずは峠の目線です。
人は見たほうに 進む
と言われています。
なので
どこを見たかによって
どこを走るのかが決まってきます。

峠は右へ左へと曲がりくねっています。
日本においては左側通行です。
上りと下りの走り方において違いがあるように
右曲がりと左曲がりにも
違いがあります。

男なら 
わかるな?

ま そっちはおいといて
峠の左コーナーは基本的にブラインドコーナーです。
だいたいは壁に隠されて
コーナーの出口が見えません。

右コーナーはほとんどが コーナー入り口から出口が見えています。

ところで良く聞く言葉に
「出口が見えるまで、アクセルを開けてはいけません」
というのがあります。
これをまじめにそのまま受け入れると
とんでもないことになります。

そのとうり!
左は出口が見えるまで アクセルを開けない走りでOKですが
右は?初めから出口が見えているんですが?アクセル開けていいの?
ちょっと考えれば 答えは見えてくるのです。

峠で一生懸命走っていると なかなか気づかないモノです。



では 右コーナーでの悪い例を

目線は先の先をみろ!
といわれているから
コーナー入り口から出口を見つめて
早めにハンドルを切る

コーナー出口が見えるまでアクセルは開けるな!
といわれているから
出口が見えている右コーナーは
入り口からアクセルを開けてしまう

結果  

センターラインを大きく内側に割って 反対車線に入り込んでしまうのです。

イメージとしては
右コーナーのセンターラインには高い壁がある!
としてくれれば
それほど難しくはありません。

しかし、右コーナーはもっと 奥が深く 怖いのです。

つづく
安全運転(峠編)
JUGEMテーマ:車/バイク
 
今回は

とくに オートマでは 遊びまくっている

左足

を有効に活用しましょう!
ってお話です。

左足ブレーキはとっても便利で安全
ということが言えますが
いきなりブレーキを踏むととんでもないことになります。
左足は基本的にクラッチを踏むんですが
ブレーキに比べ
重くて微調整がいらない
という特徴があります。

その感覚のまま 左足でブレーキを踏むと フルブレーキとなります。
タイヤの使い方イ任伝えしましたが

「練習方法は
ブレーキを掛けるより
緩める練習をしてください。
なぜなら人は
パニックブレーキをしたとき タイヤロックなど簡単にさせられるからです。
練習していないと
ロックさせたまま びびって体が硬直して コントロール出来なくなり大変危険です。」

ということがあります。

つまり 左足ブレーキを使う前に 停車中の車で緩める練習をしてから
本番で使うようにして下さい。



さて 左足ブレーキが使えるようになったという前提で
お話ししますが
正直 赤信号などで停止するためには 別に右足でブレーキを踏んで頂いて
まったく問題ありません。

では どういう時に左足ブレーキが必要かと言いますと

アクセルを踏んでいるとき

でございます。
アクセルを開けながら 同時にブレーキを掛けるんです。

裏技としては
ヒール&トゥーを駆使して
ブレーキとアクセルをコントロールすることができますが
これは結構難しいので
両足を使ってブレーキとアクセルをコントロールしたほうが
当然のように 簡単です。



では

んー ここからが本題ですね。

使い所 です。
アクセルとブレーキを同時に踏むなんて
どんな時?
なんで?

思った方もいると思いますので
簡単に説明しなければなるまい!

車は
アクセルを開けているときは安定
アクセルを抜いている時は不安定

という特性があります。
それは ブレーキを踏んでいるときも有効となります。


ところで
コーナーを曲がる時の一連のながれは

ブレーキ→ブレーキを緩めつつハンドルを切る→ハンドルを戻しつつアクセルを開ける

となります。
ここで重要なのは アクセルを開けていったら戻してはならない ということです。
ということは
タイミングを誤り 早めにアクセルを開けてしまったら?
どうなるのか?
スピードオーバーでぶっ飛びます。
では
アクセルを離す? そうするとコーナー中に不安定になりますから 大変危険です。

もうわかりましたね?
使い所は 
コーナリング中にアクセルを開けたら 思ったよりコーナーがきつく
アクセルを戻さざるを得ない時 
ということになります。


ドライ路面では タイヤのグリップが高いので
コーナー中にアクセルオンオフをしても 普通に走れますが
雨や雪の時は
上記の左足ブレーキは大変有効なのです。
(非常に重要なのは コントロールすることであり、出来もしないのにいきなり使うことは
 逆に危険ですから そこんとこヨロシクです)

僕の場合
どんな時に使っていたかといいますと
峠のリズムは上りと下りで違います。
上りで練習していたから
上りのリズムしか持っていなくて
下りでは どうしても早めにアクセルを開けてしまう癖がありました。
いけないってわかってんだけど 余裕が無くてついアクセルに足がのってしまうんですよ。
「ああー!また アクセルあけちゃった!」ってね。
アクセル戻せば?って思うでしょうが
当時 僕の車は フロントハイグリップ リヤクソタイヤという組み合わせでしたから
(1300〜1600NAはそんな感じですよ)
そんな状況でアクセルOFFったら
確実にぶっ飛びます。
ドリやってんだから コントロールできんだろ!と思うかもしれませんが
クソタイヤを侮ってはいけません。
スピードオーバーにはクソタイヤは何もしてくれないのです。
ただただ 何かに激突するのを待つしかありません。
つまり
絶対にスピードオーバーしてはいけないのです が アクセル開けちゃうんです。
そこで 左足ブレーキなわけです。
車体が全体的にグッと沈む感覚で ピタッと安定するんですよ。
新感覚でしたね。当時は。
左足ブレーキを使えるようになってから
峠の下りも安心して走れるようになりました。

安心=びびらない

びびらない=余裕がある

余裕=安全運転



分かっていただけたでしょうか?

最初から言っていますが
ゆっくり走れば 運転技術が低くても危険度は低いので
みんな とにかくゆっくり走れば事故は減るはずですから
スピードの出し過ぎはやめましょうね。




次回は一般道でも活用できる
目線の持っていきかた
です。








安全運転(峠編)
JUGEMテーマ:車/バイク

僕は昔
遊びで 
右足だけでMTを運転(たまにハンドルもももで)
左足のみで クラッチ ブレーキ アクセル
右足 クラッチ    左足  ブレーキ、アクセル
などなど
いろんな操作方法でころがしたりしていました。

きっかけは 足の不自由なかたの専用車両を運転したからです。

手だけで運転

できるように作られています。
これがまた運転がむずかしいったらありゃしない!
手でレバーを押すとアクセル 引くとブレーキ

ガックンガックン と教習所の初心者か!?ってくらいにうまく運転できないんです。
でも オーナーさんは普通に走らせます。

そこで気づいたのです。

ああ どんな操作方法でも きちんとコントロールできれば問題ないんだな

と。

むかし アクセルペダルを棒をつかってコントロールして 手でコールきってるアンちゃんがいましたが
あれも足より手のほうが器用ということを理解した上での高等技術だったのです。

さて。
今回は きれいなコールのきりかたをお伝えしたいと
いやいや 左足ブレーキの使い所 をお伝えしたいと思います。

思ったけど 次回にします。
安全運転(峠編)
JUGEMテーマ:車/バイク

さて、
いまのところ 
ブレーキングからコーナーに進入するところまでは
お伝えしましたね。
あとは 立ち上がりですね。

簡単にいうと
挙動が乱れない程度に
アクセルを絞るように開けて行く
だけなのですが
意外と気づいていない
峠の走り方があります。

一言で言うと 

リズム

なのですが
才能がある人は その理由も知らないまま
やたらうまく走ります。



さあ
皆さんに質問です。

.▲セルを開けると車の速度は増す。
▲屮譟璽を掛けると車の速度は減る。

正解でしょうか?



答えは 

正しいが その逆もありうる。

でしたー!


アクセルを開けているのに 車速が落ちたり
ブレーキを掛けているのに 車速が上がったり

そんな現象は峠では日常てきに起こっています。
なんでって 重力があるんですよ。
地球には。

上りで 40kmをキープするためには アクセルを開けますが
下りで 40kmをキープするためには ブレーキを引きずるように掛けます。

つまり 上り下り共に同じ速度にするためには
操作方法が全然違うんですね。



だいたいの人が
峠道で練習をすると
のぼり からはじめます。
50kmで曲がれるコーナーだと
そのときのリズムは

ブレーキ→ハンドル切る→すぐにアクセル開ける(50kmキープ!)

となります。

このリズムで下りを走ろうとすると
スピードオーバーでぶっとびます。



下りのリズムは

ブレーキ→ハンドル切る→ブレーキ引きずり(50kmキープ!)


大切なのは車速をコントロールすることであり
そのために ハンドル、ブレーキ、アクセルが付いています。
そのすべてを使って状況に応じて
スピードオーバーしないようにすることが安全運転の基本だと思います。





話かわって
ブレーキを引きずって 車速をコントロールする
といいましたが
最近の車は
ブレーキフィーリングが
いまいちなモノが多いですね。

つーか 車を運転したことが無い人間が設計したとしか思えない。
いや 設計者ではなく 最後にOKする責任者が
ノーナシ野朗
なのでしょうね。
おい 聞いていますか?
ノーナシ!
あんたのおかげで ドライビングが全然楽しくないんだよ。
どうしてくれんのさ?
なになに?
ママさんドライバーを増やせば販売台数が増えるから
免許いじくって
AT限定つくって 車売ったら
ブレーキがまともに踏めないことによる事故がおきただと?
だから、さわっただけでカッチリ効くブレーキにしました?
ロックして危険だから ABS つけました?
これで まともにブレーキを踏めない人が車運転しても 安全になリました?だ?

まともにブレーキも踏めない人に免許あたえちゃだめでしょうよ。
まずそこだよ。

まともに運転を楽しみたい大勢の人達は
まともに運転できない人用に作られた車を運転しないといけないんです。
これは悲劇ですよ。

販売台数を増やすために お上様と手をつないでいるから
しかたのないことなのです。
とか思ってんだろうけど
結局それが 自分達の首を締め付けてるんですよ。

最近の若い人達は車に興味がなくなって
販売台数が激減している。
だと?
現場を知らん人はオメデタイですなー
車が楽しくないから 興味ないんですよ。
目先の利益ばかり追いかけているから
大切なことが見えないんですよ。
あの手この手の小手先で若者の興味を引こうとしてますが
全然ダメ!
そもそも なんで車を運転したい!と思うのか?
単純です。
楽しいからです。
色がかわいいとか エアロがついてるとか オーディオがどうとか
そんなの すでに車に興味を持った人たちが食いつく物です。

遊園地でゴーカートにのっている親子のたのしそうなこと!
うちに来る 原チャリに乗ってる若者たちは
バイクを運転することがとても楽しそうです。
なぜってバイクは余計なシステムなどなく シンプルで
思い通りに動かせるから たのしくて たのしくて仕方が無いのでしょう。

いいですか!?
あなたたちが作っている車が 
くそつまんないから
車に興味を持ってもらえないんですよ!
若者のせいにして いるだけじゃ 解決しませんよ!

馬力がいくつ とか
新素材 とか
そんなことより もっと基本的な部分を大切にして 開発してください。
シンプルでいいんです。
シンプルにすれば 価格が下がるし
シンプルにすれば 運転がたのしい
たのしければ テクニックも向上して しいては安全運転につながるんです。
これを読んだ設計責任者は(いないだろうが)
なにくそ根性で楽しい車を設計してくれたら
うれしいです。
 

まとめると 

峠の上りと下りでは
同じ速度で走るためには
リズムも操作方法も違うので
注意が必要です。

ということです。

次回はヒマをもてあましている 左足の使い方です。







 
安全運転(峠編)
JUGEMテーマ:車/バイク

安全運転を考えると
タイヤの使い方が大切であると言う考えから
ブレーキの使い方を説明してきましたが
それをご理解いただけたものとして
今回からは

曲がり

の方法をお伝えしたいと思います。


峠を速く走るという行為自体は 歓迎されない行為です。
しかし、単なる無謀運転はどこでも出来ます。
無謀と場所(峠)と速度は 関係ないのです。

無謀運転の結果
峠 高速 街中 
どこでも
ひどい事故を見てきました。
だいたいが タイヤの性能を無視して
操作したことによるものと思っています。 
なので
曲がりにおける タイヤの限界の探り方 を紹介します。

それは いわゆる

ソーイング  

でございます。
(ちなみにここからは車の操作方法です)

ソーイングとはハンドルを切ったり戻したりを繰り返す動作です。

なにも考えずハンドルをフラフラさせても
なーんもいいことありません。
具体的にどうするのかと言うと


あるコーナーを曲がっているとき  
もっと速い速度で曲がれるのか?
それともタイヤの限界近いのか?
どっちなのか?

そういったときに 限界を探るために 
ハンドルを0.5〜1こぶし位
ゆーっくり 切り足していきます。
そして、ゆっくり戻して行きます。
(まあ ゆっくりといっても…限度はありますね)

そうすると 二つの現象のどちらかが起きます。

 \擇蠡したぶん 内がわに車が動いた。

◆\擇蠡しても 車は内側の動かず それどころか外側へ膨らみそうになった。


,呂修離魁璽福爾紡个掘,泙世泙斥祥気里△訛度です。(ハンドルが効く)
△呂修離魁璽福爾紡个掘,なり限界の速度です。(ハンドルが効かない)

そのとき 大変注意しなければいけない事があります。
それは

ハンドルの重さ

です。

すこし 話がずれますが
ハイグリップタイヤに交換すると ハンドルが重くなります。
パワステが無い車両などは
明かに重くなり 運転するのがつらくなるほどです。
ところで 加重移動させればタイヤのクリップは上がるとお話しました。
つまり 同じタイヤでもハンドルの重さは一定ではなく
加重移動によるグリップの変化で
ハンドルの重さも変化するのです。

では 話を戻すと

,論擇蠡すと ハンドルは重くなり
△論擇蠡すと ハンドルは軽くなります。



ということは
ハンドルの重さを常に感じることが出来る
運転をしなければいけませんね。
ガチガチにハンドルを握っている人にうまい人はいないのは
そのためなんですね。
試しに 人差し指と親指でハンドルをつまんで 運転してみると
重さを感じることができます。

コーナーを曲がっているとき
ソーイングして
ハンドルが フッ と軽くなったら 「あ!限界だな!」と理解して
そっとハンドルを戻せば
挙動を乱す事は無い!!
というわけです。
簡単でしょ?


これが 誰でもわかる安全運転曲がりテクニックです。
広い場所でグルグル回りながら練習するとわかりやすいです。

注意点は
人間は恐怖を感じると 身体に力が入ってしまうので
自分が怖いと感じた瞬間から
ハンドルの重さを感じるどころではないので大変危険です。
タイヤの限界より先に
ドライバーの限界が来ることも良くあります。
そういった場合
無理せず 速度を落とすことが大切です。




安全運転 (タイヤの使い方)
JUGEMテーマ:車/バイク
 
タイヤの最大グリップを引き出す方法は
ブレーキ時はいわゆる

ポンピングブレーキ

をすれば良いのです。
ただし、教習所でならったポンピングブレーキなど
くそのやくにもたたないので
そこらへんは
ご注意ください。

どういうポンピングかというと
タイヤが滑るまで ブレーキをかけていき
滑ったら 緩める。
そして、また、タイヤが滑るまでブレーキをかけていく。
をくり返す といった感じです。
まさに!
ABS!
なわけです。
一秒間に何回これをくり返せるのか?

最短距離で止まれる鍵となります。
正直
今のABSに人間が勝ることは ないのでは?と思いますので
ABS任せにすればいいのですが
サスのストローク中はグリップが低いので
じわっとブレーキを掛けるのをオススメします。
感覚的に0.2秒くらいじわっと掛けてから
強くかけるといいのでは?
と思っています。

ABSのない車両は ABSに近づけるように(むりだな)
せめて1秒間に三回くらいタイヤをロックできれば
かなりいいと思います。

慣れてきたら
ロック寸前で少しだけ圧力を緩めて
またロック寸前まで持って行く
なんてことにチャレンジして下さい。

人によって やり方は違うと思いますが
練習方法は
ブレーキを掛けるより
緩める練習をしてください。
なぜなら人は
パニックブレーキをしたとき タイヤロックなど簡単にさせられるからです。
練習していないと
ロックさせたまま びびって体が硬直して コントロール出来なくなり大変危険です。

具体的には
雨の日に 後続車がいないことを確認してから
とりあえずタイヤをロックさせてみます。
車の場合は そのまま ツー っと滑ってしまっても大して問題はありませんが
バイクの場合は
そのままではすっころんでしまうので
少しシビアですね。
んで
ロックさせた瞬間に足を離す、指を離す という練習をするんですが
いきなり
走行中にやれといっても出来ません。
つまり
走っていないとき 
停車中にイメージトレーニングをくり返すと
そのうち
あ!おれ 走行中にやってみようかな?
って思うようになるので
そうしたら 走行中に試す。
という流れで練習してください。

そんな感じで練習をつづけるときに
一番感じて欲しいのは

タイヤがロックしたら
ハンドルが軽くなる

という感覚です。
この感覚を磨いていくと
さらなる世界があなたを待っています。

次回は 安全運転(峠編) です。
安全運転 (タイヤの使い方)
JUGEMテーマ:車/バイク
 
長い間 放置プレイが続いていましたが
ぼちぼち
再開します。

えと
ブレーキをかけて
サスペンションが動き始め
サスペンションが縮みきってから
タイヤのグリップが大きくなる。
(ちなみにFRの加速の場合はその逆 アクセルを開け,リヤサスが縮みきってからグリップが増える)

ということを
前回までに説明したんですが
では
グリップは荷重をかければ無限にグリップするのか?
といえばそうではありません。

タイヤはゴムなので
その柔らかさでグリップを出しているので
F1などのタイヤはそうとう 柔らかいのだと思います。
それでも スリップなどを起こしているので
絶対に滑らないタイヤは存在しない と
いうことになります。

ましてや市販車用のタイヤなど
F1とは比べものにならないくらい
グリップ力は低いです。
(F1のったことねーけど)

なので最大のグリップ力を引き出せばいいのですが
これがなかなか難しい。

突然ですが
話かわって
ドリルで穴を開けるときの
回転数って何回転だと思います?
職人は長年の経験から 適切な回転数を知っていて
ビシッと合わせられるのです。
なんて事
あると思いますか?
あるのかもしれませんが
僕はそんな回転数わかりません。
まして速度調整機能がない
ハンドドリルでは 回転数を維持できません。

昔の人はいいこと言いますね。

だましだまし

って聞いたことありますか?
様子を見ながら
作業するってことです。

ドリルのスイッチを
ONして回転数が上昇
OFFで回転数が降下
この動きのなかに
適切な回転数が二回あるんです。

速度調整付きドリルで速度を合わせたつもりで
ONのまま 穴を開けようとした場合
最悪の場合 一回も適切な回転数にならない場合や
一回だけ適切な回転数を通りすぎて
あとはよろしくない回転数で開けようとしてしまうかもしれません。

つまり 完璧に適切な回転数など 分かるはずもないので
だいたい そのへんかな?で
回転を上下させれば
完璧に適切な回転数で効率よく穴を開ける瞬間が必ずある!
ということなのです。

完璧な回転数は 意外と簡単に見つけられる ってことです。



さらに話かわって
ホームセンターの駐車場の二階に軽トラで上がろうとしたときの話です。
雨が降っていて
スロープが鉄板で出来ていたので
4駆以外上ることは出来ないような状態でした。
自分もチャレンジしましたが
タイヤが空転してしまって
前に進めませんでした。
しかし、適切な回転数を探し出す方法を知っていたので
あせらず
一定の間隔でアクセルON OFFを繰り返しました。
そうすると
あら不思議
じわり じわり じわり じわり
てな かんじで少しずつですが 上っていきます。
時間は掛かりましたが
制覇したとき
なんだか知りませんが
勝った!
と一人で喜んでいました。

そろそろ
分かってきちゃいましたか?
最大のグリップ力を見つける方法を?

あ もうこんな時間

おやすみなさい


つづく
安全運転 (タイヤの使い方)
JUGEMテーマ:車/バイク
 
前回でタイヤのグリップを引き出す 理屈は分かっていただけたと します。

では、今回は加重移動にかかる時間の話をします。

ブレーキを掛けたときによく 「タイヤをつぶす」
といいますが
ブレーキした瞬間にタイヤがつぶれるわけではありません。

いや、例外がありますね。
ノーサス であればブレーキした瞬間から タイヤがつぶれていきます。
が グリップ限界が低すぎるし
まともではないので ノーサスは除きます。
(ノーサスでも厳密にはタイヤが荷重を受けて変形しきってからグリップ最大になります)

実験をしてみましょう。
体重計に乗ってください。
いつもの体重になりましたか?
え?ふとった?
それは知りません。

針が安定したら
スッとしゃがんでみてください。
そのときの針の動きに注目です。
一瞬 軽くなるはずです。
別に痩せたわけではありません。
軽くなったあと ドーンと体重が増えるはずです。

しゃがむ速度を変化させると
針の動き方に違いが出ます。

体重計が壊れるかもしれませんが
足の裏が浮くほどに急激にしゃがむと
体重はほとんど0になり そのあと とんでもない体重になります。

ゆっくりしゃがめば 体重の変化は少ないはずです。


まあ こんな実験しなくても わかると思いますが
車やバイクのサスも同じことが起きているんです。
場合によっては
ブレーキをかけたとき 
一瞬ですが、タイヤにかかる車重がほとんど無くなってしまうこともあるのです。
(急加速中にパニック急ブレーキ)
そんなときは当然 タイヤのグリップは低いので 滑ってしまいます。



ところでサスには バネとショックがあります。
実験に当てはめると
バネはしゃがむ量を決めて
ショックはしゃがむ速度を決めます。

しゃがむ速度が遅ければ 体重計の針の変化は少なかったはずです。
つまり、ショックがよく効いていれば 車重の変化は少なく
タイヤにかかる車重が抜けてしまうことがなくなります。
(車重の変化が少ないと言っても 抜ける方向への変化であって、
前への加重移動は起こり タイヤはつぶれていきます)
なので 高性能ショックアブソーバーはブレーキペダルをキックのように踏んでも
しっかりタイヤに荷重を掛け続けてくれるので ブレーキがよく効きます。

逆に ヘッポコショックはたとえハイグリップタイヤであっても
急ブレーキするとすぐに
ブレーキがロックしてしまいます。

高性能サスとヘッポコサス
ブレーキ性能はずいぶん違いますが
どちらもタイヤが潰れてから ブレーキがきちんと効くということに変わりはありません。

ブレーキペダルを踏んでから
タイヤのクリップが出てくるまで
ある程度時間が掛かるということは
体重計を使ってわかってもらえたかな?
タイヤのグリップを感じながら
ブレーキを効かせられるようになれるとおもいます 
いや
なってください。
安全のために。
運転者の義務ですよ。
これは。

次回は 
グリップの限界 
限界の見つけ方