old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ど素人ゴルフ理論
JUGEMテーマ:スポーツ
 
えーっと。
マロッシ ハイポやステージ犬ありがたいことに
生産が追いつきません。
そのほかにも いろいろ お問い合わせをいただき
うれしい悲鳴をあげておりますが
長くお待たせしてしまっているお客様もいまして
たいへん申し訳ありません。

m(_ _)m

一応 お断りしておかないと 怒られちゃうから…
休みにゴルフで なにが悪い!
(>.<)


先日、コンペに参加してきました。
今年 初です。
コースに向けて
爪先立ちスイング
超オーバースイング
の二つを練習していたので
とっても たのしみでした。

かるく 説明しますと
コースの芝の上に立ってスイングしていると
ふわふわして
重心が定まらなくなり
ここぞ というときに 鬼シャンクが出てしまうという
病気を治すには
つま先立ちでスイングするしかない!?
と思い ずっと 練習していました。
(重心をつま先にかける程度ではなく 完全に踵を浮かせるんです)

そして、ドラコンをやっている友人のとんでもないスイングと
そこから放たれる
とんでもない打球にあこがれて
超オーバースイングの練習もくわえていたのです。

結果は
シャンクは出ませんでした。
それどころか
重心がぶれることなくスイング出来たので
アイアンの精度も昔に比べれば(昔がそうとう悪い)
かなり良くなりました!
うんうん これは間違いないと 勝手に納得しています。

ドライバーはこれ

マルマン エキシムNANO ディープインパクト

ロフトは9.5度
クラブ長さは44.75インチ
硬さはS

これはですね。
めちゃくちゃ叩けます!
44.75は今では短いですが
シャフトのはじきがいいのでしょうか?
ヘッドがしっかりしているからなのか?
とにかく 飛びます。
わたくし 身長161cmですが
273ヤードをワンオンしました。
(となりのグリーンだけど…)
完全にミスショットで引っ掛けでしたが270オーバー

他にも グリーン手前のバンカーに一発で入りました。
その距離 285ヤード。
もう少し左ならグリーン手前の花道まで転がってくれたのに…(タラレバ)
だいたい ミスしなければ これくらいは飛んでくれました。

ちなみにボールは
30個1000円の傷入りボールです。

ワンオンチャレンジでゲットした
新品ボール使ったら
もっと 飛んだ感覚でしたが
距離は覚えていません。

ボールで結構ちがいますね。

もう一つ
やったことは

これは 前にバーナーであぶって ライ角を調整したウエッジです。
地面叩いて
ぶつかる よけいなバンスを削りました。


こんな感じ。
これではじかれることなく
アプローチが出来る。
というのが狙いでしたが
まさに 狙い通り!
芝とボールの間に スッ っとはいってくれて ふわっと上がります。
フフフ
アプローチが楽しくなりました(^^)

そして 一応 ベスト更新しました。

まあ コースがやさしいところだからな。
スコアは今回 気にしません。

とにかく つま先立ちスイングは オススメできると思います。







ど素人ゴルフ理論
JUGEMテーマ:スポーツ
 
そろそろ 暖かくなってきたので ゴルフが楽しい季節になってきました。

覚えているでしょうか?
前回は爪先立ちスイングを完成させる と言っていたのを。
まあ 毎日素振りで練習はしていますが
コースにはいっていないので どうだかはわかりません。

さらに
覚えているでしょうか?
ドラコンソケットなるものをつくったのを。
そのソケットを組み付けた友人と練習場に行ったときのお話しです。


とにかく古いそのドライバーは350ccくらいでしょうか?
ソケット入れたら 
ものすげー 良くなった とは聞いているものの
実際のとこ 体験していないから よくわかりません。
んで
一緒に練習場へ。

からだをほぐしてから 
さっそく その古臭いドライバーを借りて 打って見ると…

ま まじですか!?
たしかにものすごく良い気がします。
しかし
比較するものがないと良くわからないので




彼のエースドライバー(ヤフオクから拝借)
を借りてみると…

逆に難しい。

大型ヘッドであるにもかかわらず ミスヒットが多く出てしまう。
んで
古臭いほうは いい感じで振れる、飛ぶ。

そのときは理由まで考えませんでしたが
とにかく 古臭いドライバーのほうが打てたのは事実です。

しかし そのときはそんなことより
ドラコンをやる友人のスイングと弾道に 大きな衝撃をうけました。

横峰さくらも真っ青の超オーバースイングから放たれる弾道はライジングショット!
後ろから見ていると
90度の急上昇しているようでした。

いわく

吹け上がっちゃうから 5度使ってるんだけど まだ 上がっちゃう

5度? おいおい まじか。
オーバー300も納得のショットでした。
結局 インパクトがしっかりしていれば あとは なんだってOKということです。
あの弾道をみれば ミョーに納得。
それからというもの
爪先立ち+オーバースイングの練習をしています。

さて 
なぜ 大型ヘッドのほうが ミスが多かったのか?
僕なりの考えですが
専門用語はわかりませんが
ヘッドが長いと
ターンさせにくくなるわけで
大型ヘッドは全体的に大きいから ヘッドが長いと同じことなわけ。
上から見ると
300ccで正面からみると 超ディープで460ccというヘッドがあったら
興味ありますが…


今週の雑誌に遼くんの2番アイアンのネックが載っていましたが
ヘッドと反対側に突起をつけて 
相対的にヘッドが短くなるように作ってありました。
さらに 昔のヘッドでオフセットネックのドライバーがありました。
ネックは端っこからじゃないといけない という規則から生まれたんでしょう。
車のサスなどではおなじみの構造です。

どちらもヘッドを短くしたと同じ効果を生みます。
(ドラコンソケットも10gあるので 同効果)

つまりですね。
ヘッドが大きければ 芯を外しても 飛ぶ
というのは
しっかり フェースターンできたことが前提の話です。
フェイスターンが出来ず
開いたまま当たれば
芯もなにも あなた どスライスしかでません。

無理やり ターンさせると どフックになってしまうのです。

フェイスターンって スイングの中でも かなり 難しいほうだと感じています。
一番よいのは
自然にスイングしたら
自然にターンするバランスのクラブ
を見つけることだと 
そう 感じるようになりました。
まあ 当たり前なんですが 本当にフェイスターンでクラブを選ぶことは難しいのです。
だって 新しくて かっこよくて スペックもよいクラブを使いたくなりませんか?
へんな先入観ありませんか?
僕は あります。

いまでもありますが
そんな 中でも 気持ちよくスイングして それでグッドショットが出れば
かっこ悪いクラブでも
それが一番気持ちよいと思って…

いや その 
なんだかんだ うたって 集めたクラブ(アイアン)をね
さくっと 交換しちゃいました。


よくしらないメーカーですが
3〜Pまでそろって4000円くらいだったので
興味で買ったら
なんだか知らんが
とにかく 気持ちよく打てます。
クリーブランドのGC2の6番くらいの感覚で3番が打てます。
打つ前から 打てる気がして
そんで 打てちゃうんです。

なので こだわりのPINGを全部外して これにしてしまいました。(^^;

このセットに 栗ブランドのウェッジ(自分でライ角調整したやつ)を組み合わせました。
あとはウェッジとのつながりをゴルフ5で調整してもらえば完璧!?
だと 考えています。

いけね これはアイアンの話だね。

本当はドライバーの話をまとめようと思っていたんだった。
つまり460ccの最強スペックドライバーだったとしても
フェイスターンが合わないなら 使い物にならない ということです。
それならまだ300ccでターンできるほうが 全然マシなのです。
だって オープンフェイスでヒットしたら100%OBだけど
ターン出来ているけど芯から外れたくらいでは
距離をロスするだけで
OBにならないもの。

コンペでドラコンホールで飛ばそうと力んだ男性はことごとくOBで
ぺコンっとうった 女性のボールがフェアーウェイに…
非力な女性がドラコン賞を獲得 なんて よくある話です。

クリーブランドのライ角調整
JUGEMテーマ:スポーツ

以前 クリーブランド アイアンのライ角調整をショップに出したら

ポッキリー!  シャチョサーン! ヤッスイYOー!

ということで 折れてしまったことがありました。

クリブラは
素材的に硬いようで後から曲げることは出来ないようでした。

ゴルフ専門ショップでは出来ないんです。
専門店ではね。


できないなら 
使うのを諦めていました。

どうせ 使えないなら 死んだも同然!

なら 

コロシテ シマエ ホトトギス。

やー!!


バカヤロー!
こちとら 鉄の専門店でぇー!
やっちまいなー!

あっさり 曲がりました。

どんなもんじゃい! (亀風)

当然 シャフトの接着剤はダメになりますが
んなもん
付け直せば OKです。(ただいま接着中)

明日がたのしみホトトギス。

練習場番長
JUGEMテーマ:スポーツ

練習場とは
いわゆる
打ちっぱなしのことです。

どんなにウチッパで練習しても
コースに出ると
勝手がちがくて
ぜんぜん スコアに繋がりません。

スコア良くしたかったら
コースに行くしかない!
と思っていましたが
いかんせん そうそう 何度もいける訳ありません。

だいたい なんで コースいくと
どうやって打っていたか 忘れてしまい
ふわふわした気持ちでスイングして
大いなるミスを連発してしまうようになってしまうのか?
不思議です。

しかーーし 最近 その理由が分かったような?
分からないような?

たぶん 練習場は足場がしっかりしているけど
コースは芝生の上なので
ふわふわしているから バランスがとれなくなっていた!

のではないかなー…

と思ったわけです。
(あたりめーだ ばかめ と思わないでください。本人はいたってマジメです)

というわけで
今では
かかとを少し浮かせた
爪先立ちでアドレスし スイングする 素振りをしています。
これなら 芝生の上でも バランスを取れるはずです。

成果のほどは
来年 暖かくなったら コースに行って 
しっかりスイングできれば確認できます。

それまでに爪先立ちスイングを完成させねばなりません。 
ドラコン用ソケット
JUGEMテーマ:スポーツ

少し前に
ドラコン用のアルミソケットを作ったんですが
それを組んで使ってみた感想を
お伝えしたいと思います。


友人の持つシャフトのほうが 若干細かったので
ガタがあったようです。
そのガタを ロフトが立つほうに固定(爪楊枝)して作ったとのことでした。
もともと 完成品のシャフトを一度抜き
それにソケットをくっ付けた代物です。
ということは
もともとの性能もよく把握しているわけですね。

もちろん、彼はエースドライバーを持っています。
ドラコンヘッドにロングシャフトを挿したものです。
いきなり それにソケットではなく

こちらの ふるーい普通のクラブで試したということです。

結果

いや 聞いただけですよ。
あらかじめ 言っておきます。

なんだか ものすごーーーく良くなっちゃったそうです。

自慢のエースドライバーと肩をならべるほどだそうです。

申し訳ないですが ソケットいれたドライバーは見た目
昔のドライバーで
現在 使う者などいない といえそうなドライバーです。

それがなんだか知らないが
とても良いそうです。
もう一人の人間にも使ってもらっても 高評価だったそうです。

なので できれば 何個か作ってほしいと言われました。
お世辞なら
追加オーダーはないでしょう。

でも、僕はなんとなーく うまくいくんじゃないかなー?

思っていたんですよ。
ほんとほんと!

なぜなら 5gの鉛シートを
すべてのクラブのネック部分に貼り付けているからです。

以前はトゥー側に貼ったり
していましたが 良くはなりませんでした。
そして 軽いシャフトにすると
途端に 扱いにくいクラブになりました。
しかし、重いスチールシャフトでは 疲れてしまうし 振り切れません。
なので ロングアイアンはカーボンにしましたが(重いけどしなるので楽)
重量は
以前のスチールと同じくらいになるように
ヘッドのネック部分と
シャフトのネック部分に鉛を貼ったら
扱いにくさが軽減されました。
これだ!
と思って サンドから ドライバーまで ネック部分に鉛を貼ったわけです。

ドラコンソケットはまさに
ネック部分に+10gということになります。
ということは
悪くはならないだろうな と想像していたわけです。

結果は 想像を超えたものだったようです。
ドラコン用ソケット
JUGEMテーマ:スポーツ
 
以前からの友人が
知らぬ間に ゴルフのドラコンに嵌っていました。

話を聞くと
シャフトが折れるから
シャフトの付け方を教えてほしい
とのことでした。

シャフトが折れる??

え?って感じでしたが
ヘッドスピードはなんと最高で60オーバーということなので
あの石川遼くんよりも早いスイングです。
しかし ミートが悪いから 折れてしまうということでした。

いやいや
ミスヒットしたからといって
シャフトが折れるという感覚がわかりません。

すごい世界があるんだなーと感心しながら
シャフトの付け方を知ってる限り 教えました。

でも、負担のかかる部分をアルミで作ったら
折れなくなるのでは?
と 思い
ソケットを作ってみました。


ヘッドにアルミソケットを挿してから
シャフトを入れるものです。
ガタがでないように
シャフトのテーパーにあわせて テーパー穴をあけてあります。
これで3cmくらいシャフトが長くなって一石二鳥!?

なるべく軽く
しかし、強度が落ちないようにつくりましたが
重量は約10gでした。
これがどういった影響が出るのかは
まったくわかりません。
というか
作ってて思ったんですが
もしかして、シャフトが折れるくらいだから
アルミなんかじゃ
曲がっちゃうのかもしれません。

どんな結果が待っているのか?
楽しみです。
ど素人ゴルフ理論 (グリップ編)
JUGEMテーマ:スポーツ

まえまえ から 思っていはいたが
スコアUPのためには
簡単にゴルフクラブを変えてはいけない
と思う。
道具に体が馴染んでこそ 道具を使っているといえます。

が しかし
弄り好きは私は 
そういう訳にはいかないので
どんどん 弄り倒してきました。
おかげさまで
スコアは100を切れないというところまできました。

そんなんで
一番やるのが

グリップ交換

ですね。
これは結構自分でやる!ってひとも多いかと思います。
ここで困るのが
グリップの向き
なんです。
というのも 僕が市販のクラブ握ると かなりフェースがフックになってしまうんです。
それで 左に飛んじゃうんです。(バックライン入り)

バックラインなしを試したこともありました。
これなら どこでも握れるので フェースを開いた状態でも握れます。

フェースがどこ向いているのか 分からなくなるので
全然 ダメでした。
(向きなど関係ないバットは丸ですが ラケットなどはグリップが四角です。
実は重要だったんですね)

ということで バックライン入りグリップで自分が握ったら
スクエアー もしくは 真直ぐ飛ぶ 位置に
グリップの位置を合わせる
という方法で落ち着いています。
これはアイアンでも効きますが
ドライバーでは効果絶大です。
シャフトのタイミングが合わなくて
右だの 左だの と安定しないクラブを出会ったら
スイングを変えるのではなく
始めからグリップの向きを変えておくだけで修正できます。

ここで問題になるのが
グリップ交換は失敗したら終わり
ということ。
テープ貼って付けるので この向きじゃなかったー!となったら
カッターでグリップを切って
新しいの買わなければならないのです。
そこで バイクのグリップ交換のテクニックをゴルフに使ってみたら
こりゃ
まじ
すごい!
となったので
紹介します。
(勘のいい人はすぐ分かったかな?)



写真は実際の作業ではありませんが
グリップの後ろの穴から
エアーを入れれば
簡単に脱着が可能となります。
ポイントは両面テープを使わずに
グリップをエアーだけで入れるという事です。
入れるときは
先端だけちょこっと入れたら
少しづつ エアーを入れつつ グリップを押していくと
エアーで膨らみながらシャフトに入っていきます。
奥まで入れれば
意外とキュッと締まって簡単には ずれません。
向きを変えるときは
エアーを入れながら回すと 簡単に回ります。

練習場にはショートコースがある場合が多いので
コンプレッサーとエアーが置いてあります。
実際にボールを打って
少しづつ向きを調整することが出来るので失敗がありません。
位置を決めたら マジックでマークして
そこに合わせ 両面テープを使ってきちんと固定すれば良いのです。
でも、たいしてずれないので ぼくはそのまま使いますけどね。
だって エアー使えば外して 他のクラブに使えるんですもの。

最近 デカヘッドのドライバーをやめて
チョイデカヘッドの中古を手に入れました。
ためし打ちすると
シャフトがSのため タイミングが合わず
引っ掛け連発!
昔なら シャフト交換だな!となりましたが
付いていたグリップをカッターで外し
今まで使っていたドライバーからグリップを外し
エアーで入れ替え
練習場へ。
現場で打ちながら 向きを調整。
アドレスでは かなり フェースが開いていますが
シャフトがしなり 戻ると
インパクトで スクエアになるんでしょうね。
引っ掛けもなくなり
ストレートなボールが出るようになりました。

よくよく 考えると ですね。
最近 シャフトとヘッドをボルトで固定して
入れる時の向きを変えて 
ドロー だの ストレート だの フェード だのと
調整できるなんてもの ありますが、
(それ以外にライ角調整とかあるけど、ひとつのヘッドで何本もシャフトを試すならいいですよね)
別にグリップの向きを変えれば
よくね?




 

ゴルフスイング 練習道具 を 自作
JUGEMテーマ:スポーツ

基本的に金のない 私は自作するのが大好きなんです。

手間とお金を量りにかけりゃー といっても 手間がかかりすぎたらイヤなんですけど。

先日 ついつい
ダイクマでゴルフ練習用マットを買ってしまいました。
これには ボールはついてません。
マットのみ です。
だいたい
プラボールにヒモのついた偽者ボールが売っていてそれを打つんですが
これがまた
打感がまったく違っていて
練習になりません。

なので本物のボールに穴あけて 釘を刺して ワッカつくって紐つけました。



いたって簡単に作れます。

このマットはラフの練習もできる優れもので
アプローチ練習だってできちゃうんですよ。

ゴルフ練習場でアプローチの練習してると なんだか とても 損した気分。
お金がもったいないなーっていつも思います。
だって 目の前にコツンと打つだけなんだから 拾って もっかい打たせてよ!
と思ってしまうので 全然練習にならない。

しかーし!
この練習マットは 本物の打感を再現しつつ 何回打っても タダ!
練習になるし
楽しいし
タダだし。

ちょいと
動画を撮ってみました。
最近のアイアンショットは 力みをなくすことを目標にしています。
(重たいクラブを力任せに振っていたら 左肩痛めちゃって…)
切り替えしはクラブの重みで自然に下りてくるまで すこし待つ感覚です。

http://www.youtube.com/watch?v=DLYQ2POCS8A
これは7番アイアン 自然に下りてくる クラブを腰で導いてあげるだけ 
という気分でのショット

http://www.youtube.com/watch?v=Yb8vNtxcpM0
サンドウェッジでのアプローチは
ボールと芝の間に リーディングエッジを落とすというか 当てるために
切り替えしは自然にゆっくり下りてくるまでじっくりと待つ というイメージ
だが
一発めはイメージよりすこし 芝に多く入ったので 納得がいかず
二発めは少しボールよりに入り うまく打てた(と思う)ショット
(よく見るとマットの動く量が少しちがいますね。二発目の方が少ない)


というように コースをイメージできる この練習道具は なかなか良いと思います。


注 動画は90度首を傾けて 見てください。
  その際 首を痛めても 一切の責任は負いませんのでご注意ください。
 
PING
JUGEMテーマ:スポーツ

 体型別に選べる ゴルフクラブ を作っているメーカー 

PING

こちらのクラブに惚れこんで カタログを見ていたら
気になる
パターを発見。

ヤプオクで探していると
ありました。

ゼロ2
というものですが
まるで アイアンのようなパターです。

で 使ってみると
むずかしいんです。
なんだか 安定した 反発力を得られないと言うか…

よくよく フェイスをみると
ん?
なんだか ゆがんでる?
指でさわると へこんでる?
おいおい
こりゃ あたり場所によって 飛び出しがちがくなっちゃうよ。

ヤスリをあてると

面が出てないうえ
ラインがゆがんでるのがみえるでしょう?
はじめからじゃないとしたら
どんだけ打ち込んだら こうなるの?

まあ
削っちゃいましょう!

えぃ!!



フェイスラインが少し消えましたが
問題ないです。

コースで試していないですが
だんぜん 打ちやすくなりました。

古い道具はメンテナンスしないとね。

ど素人ゴルフ理論
JUGEMテーマ:スポーツ

今回はゴルフねた。

いろいろ やりました。
グリップ換えたり
シャフト換えたり
ヘッドを削ったり 穴をあけて鉛を流し込んだり
その結果
 
ほとんど失敗しましたが
なかには良いモノが出来たりしました。
(ドライバー、ユーティリティー)

しかし どーにもアイアンだけはしっくりこない。
スイングがいけないのだろうと
スイング変えたりしましたが
ぼろぼろになっていきました。
マッスルバックが使いたくて アイアンのダウンブローをキューピーさんに教わって
それなりに打てるようになったつもりですが
練習すればするほど
ボールが左に行くようになります。

フェースを開いてグリップしたり
インパクトの瞬間にフェースを開いたりすると
まっすぐ行きますが
タイミングが合いにくいし
ドライバーが振れなくなってしまいました。

何かが違う おかしいよなー と思っていました。
コースには4ヶ月に一度行くか行かないか程度なので
スイングの確認も出来ませんから
なんとなく時間は過ぎていきました。

ところで僕はチビスケなんですよ。
161cmしかない(1cmは重要)
でも、力はあります。
専門学校時代にでかい奴ら相手に腕相撲で負けたことはありません。

高校時代に友人がFZR400RRを買ったので
またがったら ハンドルに手が届かなかったという悲しい経験があります。
世の中 だいたい175cmを基準に作られているんですよ。
ブーツカットのジーンズがたんなるストレートになった経験はありませんか?(金かえせー)

中古ゴルフショップで売られている
キッズクラブなんて
正直 ピッタリ合うときがあります。
かなしい…

なので 自分でチビ用クラブを作るしかないかなーと思っていました。
どこを弄くるかというと

ライ角

です。
どうもね。左に曲がるのはライ角のせいではないか?と疑っていたのです。
でも、ライ角調整したらボッキリ折れたことあるし
切り込み入れて溶接か?
ってロフトも変わっちゃうだろうし
あー
現実的じゃない。
しかも、ライ角のせいじゃなかったら 戻せないし。

ふ と。
なにか思い出しました。
そういえばpingというメーカー
ライ角がうんぬんかんぬんとかあったような?
調べてみると
まじっすか!!
ライ角が身長147cmから210cmくらいまで10種類も用意されていました。
(ちなみに他社はライ角は一種類のみ)

さっそくオクで入手!
15年位前の古いクラブなのでグリップがカピカピでした。
Zing2
 
というもので ライ角カラーはオレンジ
靴を履いた状態で測定した僕にピッタリのタイプです。

では 練習場へ!

さすがアメリカ製
重い!
でも それくらいの方が振りやすいです。
ロフトは今のと違い かなり寝ていますから
飛ばないのだろうと
おもいきや
7番で150ヤードと十分な飛距離(キャリー)
3番も構えたときに 打てそうな感じで
実際 打てます。
たぶん190前後だと思います。

問題の左ですが
なんのこと?ってくらい ストレートかフェード(右)で打てます。
意識してドローにすると ドローになります。

キューピーさんも高評価。
最新のアイアンに比べれば いいはずはないですが
15年前だったら 異次元の使いやすさだったのではないか?
なにより最新でライ角を合わせられるのは ピン以外ないので(たぶん)
ピンサイコー!って感じです。
ピンの最新モデルを買うのがいんでしょうが
お金の関係で 15年前位のしか買えません。
でも、ライ角のおかげ?で憧れのフェードが打てるようになって 気分は上々。

これでスコア悪かったら よっぽどセンス無いという話をしながら
練習場をあとにしました。