old_kpの日記

何事も経験しないと分からないが、感じ方は人それぞれ。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ジャイロXの水冷化
こんばんわ!!
 
K3・K4から時間が経ってしまいましたが、SS専用マシンのカマキリ号に積んでいたCR125シリンダーのエンジンを
周回レース用のジャイロXフレームへの乗せ換えの為のラジエターの設置を紹介します。
というのは
50mを走りきるだけ?のSS1/32mileでは、シリンダーの中に水は入れますが、冷却のためのラジエターはつけていませんでした。
必要ないからですが、ずっと走り続ける周回レースではそういう訳にはいかないのです。
当然、オーバーヒートしてしまいます。

ってことで、
元々空冷のジャイロにラジエターを…

これってですね。
ジャイロに限らずですが、元々空冷のマシンを水冷にするってのは、そうとう大変な作業なのですよ。
ラジエターやリザーバータンク、配管、配線等々等々等々!!!!!
まーーーーったく、そのように出来ていない訳ですから、すべて試行錯誤しながら一つづつ手作りしていかないといけない訳です。
これには、膨大な時間が掛かってしまうので…

水冷の先輩に電話しました!

僕「もしもし?ジャイロXに合うラジエター教えてほしいんだけど、なんでしたっけね?」
のっぶーsan「ZXR250やねん。あれがぴったりやねん。やっぱ、水冷すっきゃねん!」
僕「OK牧場!」


記憶があいまいですが、ざっとこんな感じでラジエターを教えてもらいました。
さっそく、入手して合わせてみると。。。





なんじゃ!こりゃ〜!!
ジャイロX専用か!!??


後は配管だけど、前から水冷ヘッドをやろうと思っていたので、水冷ホースは持っている…
だが、ストレートホースしか持っていない。


なので
水冷の先輩にメールしました!

僕「おつかれサマー!なんかエアコンの配管で良いのあったでしょ?」
キューピーsan「○×ホニャララ…」
僕「良くわからないけど、○mmでエルボーとかよろしく!」
キューピーsan「半田で付くけど○×ホニャララ!」
僕「じゃ、溶接機も貸しといて!」



だいたいこんな感じで宇宙人との交信もOK牧場でした。





ちょっと!銅管すごくない?
だって、簡易バーナーと半田で作れるし放熱性抜群だし、コンパクトに作れるし!!



とまあ、こんな感じで先輩達のコラボで難なくクリアしたラジエターでした(笑)



持つべきものはやっぱり……




お金!だけど!黄金!だけじゃない!

負け惜しみじゃない!!

まだ!負けてない!!!

本気出していないだけ!!!!

















おつかれさまでした〜(^^)/





追加画像







のっぶーさんより参考画像いただきました。
ニッケルさんの製作画像だそうですが、これだとホームセンターに売っているホースで出来ちゃいますね。
銅管なくても全然イケるんだね(^^;;














マニア向け シャコタン専用ロングエンジンハンガー
JUGEMテーマ:車/バイク
 


マニア向けの新型ロングエンジンハンガーの紹介です。



モトチャンプに掲載されていたロングエンジンハンガーです。




最大の特徴は車高調機能です。
プレートの穴位置を変えることでエンジン角度を変更し車高調整が出来ます。
(構造上 1枚7段階調整×3枚=21段階調整

長さは15、20cm25,30cm2種類を用意してあります。


ちなみにシャコタン専用です。


さらに微調整したい人にはこれがオススメ。

KN企画さんのジャイロ専用リヤサスです。
似ているのがたくさんあるのでHPはこちら 
http://www.kn926.net/products/detail.php?product_id=50762

このサスが高いと思ったら大間違いです。
激安です。
機能と性能でいうと今までだったらNSR50用のオーリンズの下側のブラケットをコの字に交換して使うんですが、これだと新品で軽く15万円くらいします。
しかも若干車高が上がってしまいます。
このKNリヤサスは減衰力特性はさすがにオーリンズには敵いませんが、(とはいえオーリンズは使わないところまで調整が出来るというだけです。使わないのだから意味ないですが)オーリンズ以上の機能がついています。


簡単にバラバラに出来ますが、よく見てください。
全車高調システムが備わっています。
ヨダレ物です。

SS1/32mile専用キャノピーに使っています。
私はSS専用でもリヤサスは残します。安定したトラクションが得られるからです。
もちろん、減衰力が足りないヘッポコサスだったら不安定になるのでリジットにしますが、
今はこんなに高性能なリヤサスがたったの25000円で買えるなんてよい時代になりましたね。


おっと、リヤサスの宣伝ばっかりになってしまった。でも、それくらい素晴らしい製品です。今までのリヤサスとは次元が違います。


さあ、シャコタン専用ロングエンジンハンガーってどうなるの???
写真を見比べてみてください。



何かが違いますよ!




わかったかな?
リヤタイヤの大きさが全然ちがいます。
どうですか?それでも、車高は同じに揃っています。

ホンダスカイのフロントサスもあってかなり落ちていますから、今まではどうしてもケツ上がりになっていました。
それがどうですか?ベッタベタに出来ます。タイヤサイズにかかわらずベッタベタ。

21段階調整はやりすぎと思う人もいるかもしれませんが、シャコタンはミリ単位に拘るもんなのです。



あまり、こういうことは言いたくはありませんが 言いましょう。
ジャイロ用ロングエンジンハンガーで車高調機能を初めて付けたのは僕なのですが、広く皆様に受け入れられた結果、パクリ物が出てくるようになりました。
同じようなものが溢れているなら、僕が作る必要はないと判断し製造を中止していましたが、ありがたいことにシンコーメタル製が欲しいというお客様が少なからずいらっしゃいまして、どうせ作るのなら新しいアイディアで作りたいとずっと考えてきた製品です。
しかし、この製品が広く受け入れられたとしたら、またパクリものが出てくるでしょう。
まぁ、僕個人としてはパクリ物自体はまったく問題ありませんが、
ご購入されたお客様の立場なら本物か偽物か?はとても重要だろうと判断し、コストをかけて刻印を打つことにしました。
(ステージ5プーリーも偽物が出てきたので、プーリーにも刻印をするようになりましたが、何度も言うようですが僕個人としては偽物が出るということはそれだけ認められたという証なのでそんなに困ってはいません、困るのは似ても似つかない偽物をシンコーメタル製として売っている事です。たまに見かけますが流石にそれはやめてくださいね)

今のところ、シンコーメタルでは店頭販売のみと考えております。
しかも、ボルトなども付属しません。
タマピットではボルトやら、一番大切なロングパーキングワイヤーとロングブレーキワイヤーは各種揃っているので安心してお問い合わせください。

そうそう、クロームメッキはEXPの黒田氏にやってもらいました。
WJチャンバーのクロームメッキと同じです。
一度ボルトで締めたプレートもほとんど傷すらつきません。
EXPのクロームメッキはとてもお気に入りです。

メッキしていない生地のままも販売しようかな、と思っています。


あ、製品名言ってなかった。

シャコタンハンガー

これで決まり。









スタビダンパー
JUGEMテーマ:車/バイク




むかーし むかし

尾張の国でおもしろいパーツが開発されました。




それがこれです。
フェンダーの前にあるU字の鉄パイプです。
スタビライザーということでしたが当時、写真で見たときはファッションパーツ的な物だろうと感じていました。
(このマシンの詳細は不明)

しかし…
この スタビが付いている車両に乗った時のことです。
そのときの気持ちを文字にすると


なんじゃこりゃ〜〜!!!!!!!!!!!!!!??????????????

って感じでしょうか?

一言で言えば 矢の様に進む と言った感じです。

まあ この文章をさらりと読んでしまえば、ふーん で終ると思いますが、その衝撃は体験した人しかわからない未知の世界といったレベルです。

あまりにも あまりにも! あまりにも!! あまりにも!!!衝撃を受けた僕はパニックになりました。

失礼ながらこんなパイプで左右のフォークを固定したくらいで矢のように進むなどと、どう考えても理解出来なかったのです。

剛性が上がる?仮に上がったとして時速20kmでも矢のように進むというのはどういうことなのか?

わからない… まったく わからない…

わからないのなら、実践あるのみ!



友人のポン太さんに相談しました。


そして、こんなん出来ました。



まずはジャイロXでテスト。
元々、この車両はステアリングベアリングがイカレ気味なのでハンドルのブレはかなりありました。
このスタビライザーをつけた所、ブレはかなり軽減されました。
なぜだ?
剛性?



ならば、いちばん剛性がない アームを出来る限り強化してみました。

結果

まったく、変化なし!!

剛性関係ないのか??

まったく わからない。

実はこのスタビライザーを当時から知る友人達に聞いてみたんですよ。
その中で、「乗りやすくなるけどサーキットではタイムが落ちる」という意見がありました。

そのとき、ふ と思い出したことがあります。
車なんですけど、サーキットのタイムアタックで軽量ホイールと鉄っちんホイールを履き替えたらどうなるのか?という記事です。
なんだったけな?レブスピードという雑誌だったか?
まぁ兎に角、鉄っちんは乗っていて楽しいしコントロールし易かったので、もしかしたらこっちの方がタイムがいいのでは?みたいなインプレだったと思います。
結果は神経質でコントロールが難しかった軽量ホイールの方が最速タイムは速かったのですが、平均タイムは鉄っちんが健闘していたとかいうような記事を思い出したのです。

重さ?

どうなんだ?




それなりにズシリとくるマグネットをつけてみました。
ははは(笑)
軽いことが正義のバイクにあって、これはどうなの??

ブィーンと走り出します。
少し走っただけですぐに解りました。


何が解ったのか?

それは、己のおろかさですかね。
40年以上生きてきて、それなりに 何か解った気になっていたんでしょうね。
40年は長いのか短いのか。 少なくとも僕自身は長く感じましたが、だからと言って自然の摂理に対しては長かったなどというにはあまりにも短い時間だったと再確認させられました。

何言ってんだ!こら! とイラっとされそうなので先に進みますね。

これはね。
ヘビーウエイトバーエンドと同じです。
重いと振動が軽減されるっていう 世にも当たり前な話だったのです。
こんなことも、理解できないなんてまったくもって、どうかしている自分(とか言ってる時点で勘違いもはなはだしい)がですね…
つまり、40年程度の坊ちゃんが何解った気になってんだ!!
と浴びせられたような気持ちになりました。




んで、これがキャノピー
こっちは前に出るんで見栄えを気にしてステンレスで作ってもらいました。



ノーマルのジャイロってのは、こんなもんです。
手なんか離すことはできませんです。はい。





これは以前に貼り付けた動画です。
これだけ見たら、スロットルを紐で引っ張ってんだ。ってだけに感じるかもしれませんが、本当はすごいことなんですよ。
見ていただければわかると思いますけど、前の車が減速しているのに合わせてかなりの低速走行をしています。
その状態で手放し運転が出来ているという事は、本当はすごい事なんです。
すごすぎると普通に見えるという法則を感じる動画だと僕は思っています。

そもそもバイワイヤーシステム(ふざけた名前ですみません)を作ろうと思ったのは、この尾張ジャイロのスタビライザーを体験したからなのです。
本当に矢のように進むとこれってスロットルは足で踏みたくなるんです。
キャノピーの天敵 横風にたいしても強力にサポートしてくれます。
今までの横風に対して うお!!っておもうレベルが …   
え? なんかあった? レベルになるんですもの そりゃ ハンドル触りたくなくなりますって!!


今となってはブレーキすら、フットブレーキにしたいくらいですが、幸い4ストの強力まエンジンブレーキによって、助けられています。

考えても見てください。
福島ツーリングは一日目は20時間も原付に乗っているんですよ?
高級車であっても20時間運転はつらいですよ?
決して僕がタフなのではありません。
どれだけ、この尾張ジャイロのスタビライザーに助けられたかということなんですよ。
僕はどうでしょうファンなんですけど、原付カブの旅なんて特に好きですが17インチのカブと12インチのジャイロで、それだけで12インチのハンデがあるんです。
でも、尾張ジャイロのスタビライザーのお陰でハンデを埋めるどころか、むしろ、どうでしょうでさえ20時間走行は無かったと思いますが、それをこなすことが出来たんです。
ひとえにそれは星家の実力だと感じていますけど…
だって、魅力的な人と飯と猫ですもん。そりゃ がんばって走りますよ(^^)

ちがった いや マー 星家の力 なんですけど、星家をご存じないかたには関係なので、…

そうじゃなくって、尾張ジャイロのスタビライザーがどれだけ〜〜って事なんです。

これはもう パクルっきゃないTO。




ちょっと 、 ちがうお話を


僕は原チャリ好きなんですけど
原チャリは原チャリの良さがあるんですが、際立って悪さが目立つ所があります。
一番気に食わないのが、ハンドルのブレです。
原チャリであっても17インチクラスであれば、ハンドル離してもまっすぐ進みますが、
10インチ〜12インチは車両によっては、ハンドルのブレが酷い場合が良くあるんです。
そういった 理由からステアリングダンパーをつけてブレを解消しようと考えていたのです。

いろんな、ステアリングダンパーを流用してジャイロに使えないか?
こんなことを考えて数年が経っていました。
実際、いろんなダンパーを仕入れてみましたが、どうもスッキリ行かないのです。
いかにも、ダンパーつけました という存在感が許せませんでした。



それが どうでしょう?
尾張スタビがすべて解決してしまったのです。
すべては 大袈裟だったかな。サーキットのラップタイムは悪化するんだった。




ってことで
スタビライザーの要素とステアリングダンパーの要素 この二つをあわせると…


スタビダンパー


これしかない、そう思ったのでした。












ご静聴ありがとうございました。




















ジャイロ専用 ウインドジャマーズチャンバー フルクローム
JUGEMテーマ:車/バイク



今回はこだわりましたよ。
正真正銘のフルクロームメッキです。
エクスプローラインターナショナルジャパンの黒田さんにメッキしていただきました。
黒田さんとこのメッキは分厚いので差込のところが寸法が変わっちゃって刺さらなくなるほどです。
その辺はわたしがひとつひとつ手作業で内径を加工してビシッとしておきました。


サイレンサーのパンチングメタルなんか見えなくなるけどしっかりとクロームかけてるんだから
馬鹿か?(笑)
三本限定です。
分厚いクロームメッキなのでかなり強いですが、さらにこだわります。
巷で話題のサビーズコーティングもしておきました。


これ。
めちゃくちゃ やばい性能です。
ググレばわかるんですが定価はかなりします。
しかし、実際は5000円くらいで買えます。
それでも死ぬほど高い!?いやいや、実力からするとお得感ありますよ。

耐熱性なのでチャンバーもしっかり防錆します。
車、バイク好きは一本買っておいたほうがいいですよ。
ちょっと吹き付けるだけで、サーっと広がるので、かなり持ちますよ(^^)

サスのロッドもコーティングできるんですよ!
こんなの今まで無かった!




 さて、このクロームメッキWJチャンバーに関するお問い合わせは多摩ピットにお願いします。
多摩ピットのブログは現在休止中ですが、ネット販売等は今まで通りの業務となっていますのでご安心ください。




そんな、多摩ピットからの依頼でこんなんつくりました。




ここはどこ?
新多摩ピッ○です。
ちゃくちゃくと準備は整っていますよ!
完璧に準備が整ってから発表するらしいので、詳しくは控えますが…(^^;;
情報を小出しにしないあたりが、サイト○氏の性格なんでしょうね。


あ!
忘れてましたが、このクロームWJチャンバーのフロントパイプはアルミシリンダー用とマロッシ用の二種類あるんですが、両方セットの付属になりますのでどちらのシリンダーも気分で使い分けることが出来るようになりました。


ここまで、こだわったチャンバーがあってもいいでしょ?
メイドインジャパンですよ(^^)
2スト ジャイロ用 新型マフラー ISOリバイブ
JUGEMテーマ:スポーツ
 

ジャイロ用の新製品の開発 がんばってますよ!


まず、ピストン。
これはもう販売しているので、知っている人もいるかと思いますが
マロッシ68ccシリンダーを75ccにできる49mmピストンです。
腰下ノーマルのポンで75ccになる苦労して作ったピストンです。
(ナナゴマロ用ピストン)


その次はロングクランクです。
スーパーロングとミドルロングの二種類を作りました。



もちろん、ナナゴピスと組み合わせが出来るように作りました。
そうするとスーパーロングが約90ccでミドルロングが約85ccとなります。
当然、スペックだけの排気量ではありません。
きちんとポートタイミングを調整できるように作りました。
(設計が悪いと計算上の排気量が多くなるだけで実走行でのトルクが出ないのです)



ニコイチほどではありませんが、排気量は今までに無いほどになります。
そうなると、バランスが難しいのがマフラーです。
ノーマル同等の排圧式ならばどれほど問題になりませんが
チャンバーは排気量に対して、容量が合わないとパワーが出なくなります。
出なくなる。という言葉は良くないですね。
むしろパワーダウンします。
ボアアップしたのに遅くなったなんて事は、2ストでは当たり前なのです。

弊社のチャンバーのWJタイプ3は90ccまで対応できます。
しかし、ハイパーリバイブは80ccまでで開発したので85cc〜90ccでは対応できません。
そこで新しいリバイブマフラーが必要になりました。





これが新型リバイブマフラーで、ISOリバイブです。
(汚い車両ですみません…自分の車両は汚いのが好きなので…これでも掃除してから撮影したんです)


現在、ミドルロングクランク+ナナゴマロ=85ccのテストをするために少しづつ進めていますが
その前に面白い組み合わせをしてみたので紹介しますね。

ジャイロ用アルミメッキセンターリブシリンダーを昔から販売していますが
これにはレーシングチャンバーであるWJチャンバーしか組み合わせで来ませんでした。
とにかく速いその特性はそれはそれで良いと思ってきましたが、ここ数年ゆったり乗りたいという気持ちが強くなってきていたので、
アルミシリンダーにハイパーリバイブが付けられる、フロントパイプを開発していました。

アルミシリンダー+ハイパーリバイブは70ccだけど下のトルクはナナゴマロよりもありました。
75ccより重たいWRじゃないと走らないのです。
その下からくるトルクはこれはこれでアリなんじゃないか?と思えるものでしたが一つ欠点がありました。

まったく上が回らないのです。
MAX7500といったところでひたすら静かに走ります。
それでもハイギヤと組み合わせると簡単に80以上出ますから、ロングツーリングには疲れ知らずです。
リード90のノーマルといった感じといえば伝わるのでしょうか?

それを狙っている人にとっては
良い組み合わせです。
昔はチューニングでそういった特性は意味が無い!と否定していましたが
現在ではこれはアリだと思っています。


そんな中、お願いしていたISOリバイブの試作が送られてきました。
ハイリバならテール部分を変えるだけで付くのでアルミシリンダー+ISOリバイブという組合せを試してみました。


キタコレ!

下のトルクはそのままにオーバーレブ特性が全然違います。
つまり、下から上まで吹け上がる特性でした。
今までこんな経験はないので、きっと皆さんもまったく想像できないと思いますが
運転したら誰もが好きになる特性だとおもいます。
(試乗していただいた皆さんには最高の評価を頂いております)

奇跡の組合せってところでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=6lrx7ZDIYtk

上まで吹ける!といっても8000がいいところなので
今までの常識から言えば回っているほうではありません。
ですのでとても静かです。
それゆえ最高速はそれほど伸びません。
WJチャンバーと比べると最高速は見劣りしますが、下からの加速はむしろISOリバイブの方が上!
これは好みの問題になりますが
選択肢が増えることは良いことですよね。





この動画は
新開発のトルクカムとセンタースプリングとクラッチウイナースプリングのテストも兼ねています。
渋滞も苦にならず
加速もよく
最加速も良いので上り坂もストレスはありません。
機械式ATもついにここまで来たかというレベルになってきました。
(現在はどんなにセッティングしても、高速仕様とか低速仕様とか、どこかが合わない領域があるんです。)


もちろん、アルミシリンダーにミドルロングクランクを合わせることも出来るし
WJチャンバーとハイパーリバイブとISOリバイブが選べます。
マロッシ68ccでもミドルロングで組むことも出来るし
さらにボアを49mmのナナゴマロシリンダーと組合せもできる。
当然、こちらも三種類のマフラーを選ぶことが出来るし、スーパーロングで90ccも狙えます。

ジャイロのエンジンチューンもここまで選べるようになりました。
ジャイロって本当に楽しいですよね(^^)

WJ type2(現在は3)ですが比較動画はこちら

さて、
動画を見てくださった人たちの仲でWJとISOにそれほど差がないと感じた人も居ると思います。
エンジンパワーは圧倒的にWJが上なのは確かですが
大きく違うのが駆動系です。
ISO動画はプーリーがステージ4からステージ5になり、トルクカムもセンタースプリングも弊社オリジナルになっています。
これらのパーツは駆動ロスを減らすことを目的として開発されたので、同じエンジンならこちらの方が加速が良くなるのです。
その辺を加味して動画を見てくださいね。






新製品開発に携わってくれた皆さんに感謝します。
今後ともよろしくお願いします!!




ハイギヤーにWPCをする理由
JUGEMテーマ:車/バイク

ありがたいことに 現在はジャイロ用ハイギヤーがラインナップされています。
僕らがやり始めたころはハイギヤなど無く
大きなタイヤを使ったりして苦労していました。
当時、ワンオフでハイギヤを作った人にお話をきいたところ30万円ほど掛かったとのことでした。
おったまげの価格ですが、歯車製作というものはそういうものなんですね。


この写真はジャイロのギヤBOX内部です。
真ん中のシャフトの入る部分を良く見てください。
かなりきついアタリがついています。
瞬間的に油膜が切れ、金属同士が当たっているということですね。
ちなみに使っているオイルはエステルでモリブデン添加剤を入れてあります。
つまり、普通に考えて最高のオイルを使っているということです。
それでこのアタリですから、安いオイルを使っていたらどうなると思います?

(いやださんより頂きました)
軸受けが楕円に磨耗していますね。
オイル管理が悪いとノーマルエンジンでもこうなってしまうようです。
こうなるとエンジン乗せ変えになってしまいます。


実際に排気量が上がるニコイチなどではここの部分の焼きつきが起こるようです。
私の車両はパーツ開発のテスト車両であり、おおきな負担が掛かっているのも事実ですが排気量は70cc前後です。
100cc〜250ccまであるニコイチエンジンはギヤオイルに気を使ってあげましょう。



とはいえ、
最高のオイルを使っても油膜切れの心配があるのですから
うち製品にはハイギヤに二種類のWPC加工をしてあります。 
(私のテスト車両に組んであるハイギヤにはWPCはしていません。こういったテスト結果からWPC加工するようになりました)

ひとつは歯車部分の強度UP
もうひとつは軸受け部分の油膜保持
をそれぞれ重視したものをフリクションさんに相談して加工して頂きました。


オイルなんてなんでもいいという人には興味ない製品でしょうが、
カスタムが好きな人には必要な加工だと思います。

手の届く範囲で最高のものを作りたい というシンコーメタルのこだわりのひとつでした。

おわり






っと
最後に一つだけ こういったギヤ交換は自分でやることを推奨しているのですが
やっかいな部分がありますよね。
それは、へたすると新車から一度も緩めることなく10年以上の月日が流れて固着してしまったかのようなハブナットです。
整備工場などのインパクトレンチを使うと緩みますので
バラス前に一度緩めてもらってから自分の工具で締めなおして帰宅してから整備すればOKですが
自分で何とかしたいけどインパクトを持っていないという人のために
緩め方を考えたので紹介しますね。



こんな感じでボルトに棒をひっかけて緩めます。
やってみましたが、ボルトがゆがむ勢いだったので、捨てボルトを使ったほうが良さそうです。


スクーターをさわる人なら この工具は持っていても損はしないので買っておいても良いでしょう。
これは一番オススメでした。
奥のタップ部分には掛かっていないので、ねじを傷めることもありません。


こんな工具持っている人は居ないかな?
パイプを回す?ってか固定する工具なんですが
結構傷が付くのが難点です。


緩め方のポイントは
じわーっと力を入れるのではなくて
ふん!ふん!と瞬間的にMAXの力を掛けることです。
つまり、インパクトです。


それでは、みなさん がんばってくださいね〜
4ストジャイロのプラグ交換と駆動系のグリス漏れ
JUGEMテーマ:車/バイク

長野ツーリングの為にしたメンテナンスを紹介したいと思います。
やったことは

4ストジャイロのプラグ交換

2ストジャイロのトルクカムオイルシール交換

の二つです。


M9ネジというかなり特殊なプラグです。
めちゃくちゃ細いですね。


友人のバイク屋で交換させてもらったので専用レンチを使わせていただきました。
13mmなんですが、これ スグレモノです。
トルクレンチになっていました。
そのトルクの低いこと低いこと!
普通の工具で締めたら100%オーバートルクになることでしょう。
よくプラグ交換で折ってしまった!と聞きます。
おそらく、一回目の交換時に締め過ぎているのでしょう。んで、次に緩まず折れる。と。
中古のジャイロは危険なのでエンジンをよく温めてから交換作業をするのは、もはや常識のようです。
みなさん、注意しましょうね。

そうそう、ついでですが
4ストジャイロの乗り方をひとつ教えちゃいます。

レブリミッターに当て続けるな!

リミッターが効くと ぶぶ ぶぶぶぶ とエンジンが吹けなくなります。
そしたら、微妙にアクセルを戻して、速度をキープしつつレブに当てないようにするのです。
レブリミッターは点火カットなので、当て続けるとカーボンが蓄積されてしまいます。
タイミングが悪いとエンジンを止めたときバルブにカーボンが挟まってしまい
圧縮できずエンジンが突然かからなくなることがあるそうです。
(そのせいでマイチェン後のジャイロのバルブスプリングは無意味に強化スプリングになってしまったそうです。BS強化して挟まったカーボンを潰してしまえ!とは…対策といえるのか?)




次は2ストジャイロのトルクカムのオイルシール交換です。
これってあんまり交換しないんですよね。
ところがビックリの落とし穴があったのです。
走行中に突然、まったく走らなくなってしまいました。ベルトが滑ってしまいアクセルを開けられないのです。
超低速走行しかできません(><)


バラしてみると、グリスでベタベタ。


ここです。ボスのところからグリスが…
ここから、ベルト、フェイスとグリスがまんべんなく回ったというわけ。


って事で、新品に交換です。

ある日 突然こうなるので、ツーリング中とかだと最悪です。
たまにはチェックしてあげましょう。



ついでと言ってはなんですが

クラッチウィナースプリングを開発中です。
やわばねタイプです。
ここのバネの話は 意外と小難しいので次回にでも説明致しますね。



今回はおしまい
次回に続く




 
ジャイロX フレーム補強 4スト、2スト
JUGEMテーマ:車/バイク
 
毎度おなじみ
ジャイロXのフレーム補強です。
今回は2ストと新型4ストのフレームを補強しました。
新型はちょこっとですが初めから補強が入っているんですね。


これは2ストフレーム



板を追加しました。
なぜかというと。



新型4ストには ここに補強板が追加されていたからです。
とはいえ、新型4ストもないよりまし程度の溶接だったのでしっかりと溶接しましたよ。

あとはほとんど似たようなもんだったので、同様の補強ですね。


クラックの入りやすいところに板を追加


こんな感じ


これが


こうなる。
しかし、ジャイロXのフレーム見たことない人には どこが写っているのかわからんですね(^^;;


ここは荷台の付け根あたりです。


こんな感じですね。
4ストはこれでおしまいです。





2ストは軽二輪登録をして 二人乗りにするのでリヤステップを追加します。



こんな感じ。



お子さんが乗るということで背もたれや取手もしっかりと取り付けます。




こんなフレームを追加します。



何かと言うと…




フェンダーステーです。
軽二輪のフェンダーって ほんと 悩みますよね。




こんな感じになるわけです。

軽二輪はフェンダーがないと 違反になりますし
かといって強度の問題で適当なものはつけられないしで、みなさん、本当に悩みます。

考えた末、この形になりました。
振動が直接つたわる、バネ下(つまりエンジン側)にフェンダーを付ける場合
フェンダーステーの補強は必要になるし
チャンバーが付いている場合エンジンカバータイプは取り付けができない場合があります。
この車両はモトリペアさんのガリューズ スラッシュカットテール(ヒビが入っても何度も直して使っているオーナーのい気に入り)なので、
そもそもエンジンカバータイプは選択外。

ロングエンジンハンガーによって20cmロングになってるので、
市販のフェンダーではタイヤがうしろにはみ出てしまい、違反車両になってしまうので却下。
バネ上につけるとは言え、やっぱり振動で壊れる可能性が高いのでガッチリしたフレームを追加したというわけです。
とはいえ、これで絶対大丈夫!という保証も実績もないんですけどね(笑)

あと何台も補強していったら、ベストな方法が見つかると思うんですが…
おっと、ジャイロXのフレームは補強しないと使い物にならないんだ と思わないでくださいね。
私自身はジャイロXでクラックが入って困ったことはありません。
配達でハードに使われるフレームではクラックが多いって話です。

でも、子供乗っけて お父さんが走るときくと どこまでも補強したくなりますけどね〜







新年会 2015
JUGEMテーマ:大晦日/お正月
 
すこし前になりますが
新年会に参加してまいりました。
なんの集まりかというと、当然のようにジャイロ仲間の新年会です。
新年会に参加する為に、やっておくことがあります。
それは
軽トラックのオイル交換です。
前回交換してから、それなりに走りましたからね。

以前にもお伝えした通り、私は硬い油と柔らかい油を混ぜ合わせて好みの硬さを作るんですが
なんと!
柔らかい油が残り少なくて、結果として冬なのに若干硬めになってしまいました。

まあ しゃーない。

さて、みなさんはオイルフィルターはどうされています?
当然 オイル交換毎に新品にしていますよね?
そんなの常識です。

わたしも当然のように新品 のようにした中古を使います。







とまあ こんな感じで 灯油で何回か洗浄して再利用です。
うーん エコって気持ちいい!

誰ですか?金がないだけだとか言った人は?しつれいな!


100均の磁石でもいいんですが、なぜかこんな磁石が余っていたので



くっつけます。
鉄粉除去用です。
洗浄するときマグネットを取れば鉄粉も簡単に落ちるというわけ。


さて、準備も出来たし新年会に出発です。
リヤタイヤの外径大きくしたり、変更点もあるのでどんな走りをするのか楽しみです。



ここでお土産を買って。
ひたすら走ります。


やっぱ 静岡はいい!

気持いいですよ。




快調に飛ばしていると気になる部分が。。。


振り返ると荷台のシートが風圧で凹んでます。
リヤウイング的な効果がありそうですが、抵抗になっていそうな感じなので…



トイレ休憩も兼ねて。


こんな感じでロープで補強してみました。
んー ちょっとは変わったような?
変わらんような?
わかりにくいです。
なにせ強風注意でしたし、どちらかといえば横風というよりは向かい風の突風が吹き荒れていて
まっすぐ走らんわ、押し戻されるわで(^^;;



ふう 疲れたが4時間くらいで名古屋に到着!
あれ?
言ってませんでしたっけ?
新年会は大阪の新年会ですよ。
ここから、名古屋組と合流です。

なに??キャスト大募集??20〜45歳位迄とな?
名古屋じゃ ハタチから熟女かよ(><)



滋賀県に入り トンネルを抜けるとそこは雪だった。
ノーマルタイヤなので こわい。。。((((;゚Д゚))))




着いた!(^^)





濃い。
濃すぎる。
このメンバー(笑)


紅しょうがの天ぷら って知ってます?
関東じゃ お見かけしませんが これまたうまいのなんのって!
このために大阪まで来たようなもんです(^^)


うまい棒の天ぷら って知ってます?
関東じゃ お見かけしませんが 大阪でも無いそうです。
特別につくってもらいました。
味?  ま いいじゃないですか!



生卵の天ぷら
といってもあげたら生じゃありません(^^)


ウコンの天ぷら
意外と美味しかったです。


生ウコンのスライス 
これは普通メニューには無いのですが
出してもらいました が! 強烈にマズイ! 後味が最悪です!


大葉と紅しょうがの天ぷらうどん
美味い!
んですが…
この辺で…
わたくし…


ノックダウンしました。
朝飯しか食べずに ここまで来たのが堪えたのか(;;)

着いて 酒飲んで 飯食って ノックダウン!
もっと いろいろ お話したかったのに…

お開きになり 名古屋まで帰ります。
当然 車内でグロッキーでした。
名古屋ついて、バタンキューです。
(^^;;





おはようございます!

朝起きたら とっても 絶好調! 朝飯は味噌煮込みうどんです。女将さんに作っていただきました。
超うまかったです!

さ!しごとしごと!



メイホクさん ところにお邪魔させていただきました。


積荷は内緒(^^)


以前バイクに巻きつけるようにカバーしたら高速の伸びが悪くなってしまったので
今回は考えましたよ。
このカバーの仕方なら 空気抵抗が少ないのでは?
どうなるかな?


さて、次は たこ焼き屋さんの吉川屋に向かいます。

この車をみたら要注意です。
飛ばし屋です。
まったく ついて行けません。


ついた!
相変わらず 屋根の曲線が美しい。

ここで 飛ばし屋さんとも お別れです。
さあ、たこ焼き食いながら戻るとしましょう。


ソースがかかっていないので 運転中も気軽に食べることができます。
実家へのお土産も兼ねて120個買いました。


どうよ?帰りもきれいな富士山が迎えてくれます。


静岡県 いいべ?



っと
いやだね 神奈川県は あっさりと 渋滞ですよ。(><)
すでに暗くなってきましたなぁ…



一旦 会社に帰って郵政Xに乗り換えて やってきました。
関東ジャイロ新年会。
もう みなさん お帰りになられていましたが 濃いメンバーは残っていてくれました(^^)
スリミの話なんかしたりして。


みなさん!
今年もスリミ!やりますよ!
いまのところ5月3日予定となっています。
僕もレース用Xを作り変える予定です。
あくまで 予定ですが(笑)




帰りに記録した最高速です。
下りですけど132.7は中々どうでしょう?


もちろん、携帯ゲームの話ですよ(笑)







軽二輪 ジャイロX 二人乗り仕様
JUGEMテーマ:車/バイク

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm( _ _ )m

みなさん 正月休みはゆっくりできましたか?
暴飲暴食続きで油断していると体調を崩しますのでお気をつけくださいませ。

私はというと正月休みは元旦のみ、2日から作業が入っていたので、生まれて初めてのハードスケジュールでしたが、不思議と充実感がありました。
その作業は一人では出来なかったのでジャイロ界のアイドル しげさんに手伝っていただきました。
正月のほとんどをしげさんと過ごしたことになります。(^^)

どうもありがとうございました。







3年以上前になりますか。。。
高校の同級生にジャイロを作ると約束をしたのは。
気長に待ってくれた友人に感謝していたんですが、ついに!去年の年末に無事納車できました。

って事で
どんな車両かを簡単に紹介していきたいと思います。

 車体   ジャイロX

メーター、ライト   ホンダトゥデイ

フロントサス   リード90

エンジン  マロッシ68cc 

マフラー   フロント太パイプ+台湾テール(後期用)

キャブ    純正改縦長加工 + ディオポンプ

駆動系    キタコプーリー + KNリヤクラッチ一式 + オリジナルセンスぷ

リヤタイヤ  10インチ デカタイヤ

フェンダー  HVファクトリー

フレーム   溶接補強



ハンドルまわりをトゥデイにすると一つ問題があります。
4ストなので2ストオイル警告灯がないのです。
気をつければいい?
それは絶対に無理というものです。
(^^;;


って事で メーターをバラします。


SPEEDを


マジックで消しました。

そう 速度警告灯をオイル警告灯にしてしまえば と思ったのです。

配線と小一時間にらめっこしましたが…
速度警告灯をうまいことオイル警告灯に変換する事はできませんでした(;;)

ならばと


ジャイロXのノーマルメーターから基盤だけを取り出し


メーターの中に仕込みました。


エポキシ接着剤で固めました。


よし!できた!
途中 失敗もあったので3時間以上掛かってしまったが
こういう純正感には満足しています。
ちょうど、オイルなんちゃらというステッカーがあるのでオイル警告灯である事を説明しやすい(^^)


こんな感じになる。









これ なんだかわかりますか?
バーハンドルにしたら これが大活躍するのです。



HVファクトリーさんのスイングレバーカバーです。
(正式名称わからない)
これがあるとないじゃ 月とすっぽん 鯨と鰯





タイヤはどっちさんのところから購入しました。
きっちりとバランス取りしましたよ。



太い!
ですが
直径は少しだけ デカタイヤって感じです。



そうそう、特に右側は新車から外したことがない場合があるので
こういった方法をおすすめ致します。


スプラインにはグリスをね。




軽二輪なので フェンダーは必需品です。
本当はタイヤと一者にフェンダーも購入したのですが
アップガレージにこいつがあったので購入しちゃいました。
これもHVファクトリーさんの製品です。
これかっこいいですよね。

問題があるとすれば、エンジンカバーをつけるフレームが弱くて振動で折れてしまうことです。
そこでフレームを補強しました。


エアクリーナーの脇にバーを追加


コーナーに補強




プレートを追加 肉盛



四角く囲われたのでかなりガッチリになりました。
タイヤとのクリアランスもピッタリ。
余っていたシャーシブラックで塗ったので凸凹です。



キャブは以前加工した純正改
まあ、今となってはリード90純正を使えば済む話なんですがね(^^;;



フェンダーはつや消し黒にしました。
後々 キズが入っても つや消しなら簡単に上塗りできますからね。


だいたいこんな感じですかね。
実は49ccチューンをした白いキャノピー同等
m`sモーターさんに手伝ってもらったので完成することが出来ました。

いつもありがとうございます。






二人乗り用のシーシーバーはスティードです。
どこかで見たことがある?
それもそのはず、もともとこの車体はGAMIXさんが作った車体なのです。
タンデムステップは私の郵政Xから外してつけました。



ステッカーは控えめにここ。



とまあ
皆さんに手伝っていただかないと 何もできないわたくしですが
2015年もお付き合いのほど 宜しくお願い致します。